名古屋市千種区の東山動植物園の桜が見ごろを迎え、ポカポカ陽気に恵まれた4日、今年最高の約3万5500人が来園した。園内では、桜の下で弁当を広げる家族連れの姿が目立った。

 東山動植物園によると、園内にはソメイヨシノや松前桜など約110種類2800本の桜が植えられている。ソメイヨシノは3月19日に咲き始め、4月1日に満開となった。今後、1週間程度見ごろが続くという。【式守克史】

【関連ニュース】
サクラ:花見の週末 東京・六義園
姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か
女・上司の本音:いまどきのお花見=小林洋子
桜:青空戻り、お花見週末--東京・六義園
さくらまつり:中国人も「花見」の楽しさ知る 日本の習慣に距離縮め--松戸 /千葉

若林氏「魔が差した」、青木氏「想像できぬ」(読売新聞)
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長(医療介護CBニュース)
手配写真を更新=日本赤軍メンバー-警察庁(時事通信)
チューリップ900株無残…花博記念公園でまた(読売新聞)
御茶ノ水のカザルスホール、最後のコンサート(読売新聞)
AD