売上アップに直結する3つのポイント ~売上を上げたいならコミュニティをつくろう!~

『 食事会 』を通じて見つけた、「仕事ごころが動きだす方法」でスタッフが活き活きと動き出し、売上げがアップする、お店のコミュニティづくりをお伝えしています。


テーマ:

今あるものに目を向けると



こんにちは

コミュニティづくりで売上アップの専門家

藤田茂です。




ついですね、

私達は隣の芝は青く見える

ように感じます。




あの人にはアレもあって、


コレもあって、いいな~~、と。




でもですね、逆の立場から見ると


あなたにはアレもあって、


ソレもあっていいわね~~。


と思われていたりします。





つまりですね、

すでに今、自分が手にしている物、環境、資源、

人脈などに目を向けて、

そこを大事にすることで

セルフイメージを高めることが

できるのです。


なにも周りと比べなくても。






常に不満と、嫉妬と、イライラ感を胸に抱いていては、

どんな知識やノウハウを手に入れても

満たされた安心感はおとづれませんよ。





自らの成長やレベルアップを

目指すことと、

今ある環境に感謝することは

相反するものではありません。




今日1日、元気に目覚めて

健康にお仕事を

できることに感謝しつつ、

より良い仕事ができるよう

研鑽に励みましょう!!





私も頑張ります!!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
伝わる値打ち感



こんにちは、
コミュニティづくりで売上アップ
藤田茂です。




先日、店舗オーナー様と
個別コンサルティングを実施。

{B450FB24-8C5A-4517-9A3F-392C63A753CE}





前回からの進捗を確認しながら、

今月優先的に取り組む課題を、

浮かび上がらせていきます。




そこである商品の
価格の話になったのです。




今まではスタッフさんたちも
この商品は良いことは
知っておられたのですが、
高価格帯のイメージがあり、



主力商品としては
とらえておられませんでした。





しかし、とあることを経ることで

店内にその高価格帯の商品も

別に普通のラインナップであり、

質も良いのだから、自然体でご案内

できるように変わられました。





そうなられた結果、どうなったと思います?






結果、






売上げ個数、ウン倍、

しかも、値引き無し

しかも、価格だけなら
もっと安い商品もあるのにです。






商品を提供している側が

「 これ高いよな~~~ 」
「 買いにくいよな~~~ 」

と思っていると、お客様にも
伝わってしまいます。








提供する側が自信をもって

自然体でご案内できると

受け手も、安心してご購入されるのです。











良い商品であるのでしたら、

自信をもってご案内致しましょう!



顧客もその値打ちあるご案内を、

楽しみにされておられますから。





 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コミュニティレターの活用例(講師編)


こんにちは、
コミュニティづくりで売上アップの専門家
藤田茂です。



今日は、講師の方が
コミュニティを立ち上げられた時のことです。



人も集まってこられて、
ひとまず形になった後。




ここからが、本番です。





このメンバーさん達との関係性を深めながら、
メンバーさん達に活躍して頂くことが
次の局面です。




で、具体的に何をするかですが、




コミュニティレターを
発行します










なぜ書くのかといいますと、
受講の成果を見える化ができるからです。





イベントもいいのですが、
都合の合わない方、
まだそこまでコミュニティに気持ちが入っていない方、
など、たくさんいらっしゃいます。






そんな時も、レターで
コミュニティの活動状況や、
各メンバーさんの出来事、
小さな成功例を
お知らせしていきます。





セミナー・講座で学んだことを、
やってみたら、こんなことになりました。
とレターにのせて、共有していく。
そうすると、体験の共有ができます。




この体験の共有をすることで、
コミュニティ内のつながりが
深まっていきます。







つながりができてきますと、
頑張っているのは、私一人じゃないんだ。
あの人も、つまづきながらも
続けておられて、あそこまでいかれたんだ。




と身近に達成者を感じることができます。
これができると、
私もあんな風にできるかも、と
行動できる人が増えます。





最初は、レターを読んでいるだけの方もいます。
それでいいのです。情報を増やしていって、
様子がつかめてから、ようやくそろ~と
動き出す人もいるのです。


因みに、わたくしもそうです。(笑)
怖がりやさんなのです。。。





セミナー講師は、面白いセミナーを
することが目的ではありませんよ。



なぜならば、

「今日の話は感動したな~。」

となっても、翌日には7割忘れてしまうのです。

で、結局何から動けば分からず、
後回しになり、仕事に追われているうちに
1週間もすれば、
あのセミナーの感動もいずこに。。。




そして、受講者さんは
何も変わらなかった、、、残念。
となってしまうのです。




講師のあなたにとって大事なことは、
受講された方に、気づきを得てもらい
その人の行動が変わり、
その人が課題を解決されることです。




であるならば、セミナーの学びを
続けやすいコミュニティを作って
おかれることで、受講者さんも
成果を出されるようになります。




セミナーとコミュニティは

両輪なのです。





もうお分かりですね。




受けの良いおもしろいセミナーができる講師と、


受講者が行動を続け、成果を続々と出す講師と、


どちらが社会に必要とされるでしょうか。






受講者さんが、ほかの受講者さんと
経験を共有できる場を作ることで、
受講者さんのためにもなり、
それがあなたの
社会的信頼を高めることに
つながるのです。






さあ、もうプレゼンスキルは充分です。






その前に、受講者さんのために、
コミュニティレター書いてくださいね。


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コミュニティの活用事例



こんにちは、
コミュニティづくりで売上アップの専門家
藤田茂です。



さて、先日とある地域の
コミュニティのお集まりに
行って参りました。




このお集まりは、地域の活性化のために
経営者、事業主の方が中心となって
ボランティアで活動されています。



各メンバーの方は、本業は別にあって
その仕事の合間をぬって会議や
打ち合わせ、準備を進めていかれます。




ですから、役職が当たっておられる方は
大変です。
会の準備・運営がありますので、
仕事を2つ抱えておられるような状況に。。。





ボランティアで。。。
(本当に頭が下がります)






それでも、集われておられるには
理由があるのです。





それは、「 ビジョン 」に共感されているからです。






出た!


 と思われたあなた、
もう少しだけ聞いてください。(笑)





「 ビジョン・理念 」は確かに大事です。

表向きに、響きも良いですし、
きれいで突っ込みようもありません。

しかし、これだけでは本業もある忙しいみなさんが
継続的に集まっては来られません。




そこで、大事なのが
つながり作りを楽しめる
仕組みを作っておくことです。





その会として、直接的な受注は無くても、
会の運営を通じて各メンバーさんごとに、
お仕事内容や、人柄や、大事にされていることなどは
分かってこられるのです。





そうなると、ご自身の本業で
何か依頼されたい状況になったとき、
第一候補として声をかけてもらえる
ようになってこられます。








ですから、コミュニティでは直接的なお仕事ではなく
人が行事運営を通じて、
楽しみながら交流できる仕組みを
作っておくことが大事なのです。






そうでないと、本業のあるみなさんです。
大変な事ばかりなら、会の運営から遠ざかられる
のも時間の問題ですよ。






せっかく、共感を通じて
生まれたご縁です。


大事にしていきましょう。






 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)