花 LIVE PAINTING

テーマ:

 

彼女は描いていた─

前夜はミニスカートにパンプスという

会社帰りのままギャラリーにかけつけたよーな姿だったけど、

次の日は休みだったらしく

ジーンズに裸足だった。

 

パネルに絵筆を走らせ、塗りつぶす。

昨日の絵の上に、きょうの絵が重なる。

聞こえるBGMによっても絵が変わると言う。

 

花を題材にする人は多いだろう。

でも、彼女の花は、彼女にしか描けないんだ。

 

植物に詳しい人なら、

「花びらを誇示するだけでは生き続けられない」

と言うだろうし、私だってそう思う。

 

生命の表現として、咲けば咲くほど

茎や葉も根も見つけられない花は

刹那的に過ぎるかも知れない。

 

したたり落ちる時間を

一体だれが止められよう?

あるいは全体

止める必要もないものか?

AD