4つの局面とは?

テーマ:










フィールドのどの位置で、攻撃しているのか❓守っているのか❓攻守の切り替えが起こっているのか❓





そこを考えずしてゲームは成り立たない。それがサッカーというゲームだと思います。





きちんとシュチュエーションを設定し、練習を行うことで、実際のゲームでスムーズにプレー出来るようになると思います。ただこのレベルのことは、5・6年生になり取り組むことではないかと思います。3・4年生では技術体力がまだ足りず、また理解することが難しいため無理があるかもしれません。





現在参加する子によりますが、こうした考えを持って練習をしてもらっています。その結果がマリノス戦の5ゲーム目だと思います。自分達で良く修正しプレーしてくれたと思います。良いゲームだったと思います。







導き方ひとつで子供達はいくらでも伸びると思います。





須藤
AD

仮に

テーマ:
もし仮に来年度小学生チームを発足させることが出来たら❓


時間は必要ですが、マリノスやバディに対抗出来るチームを作ることが出来ると思います。勝つことが全てではないと思いますが、個の能力を上げる自信はあるんで、いずれ対抗出来ると思います。(いや個の能力を地道に上げなければ対抗は出来ません。)火曜日に間違いなくやれると思いました。ただ自分の考えは世間一般的な考えとは違います。だから大丈夫なのか?と多くの方は感じるかもしれません。でもなにが大切なのか?と考えたら、サッカーというスポーツを子供達もより深く知ることだと思います。ただ知るだけではダメで状況に合わせプレー出来るようになることです。それには時間がかかります。今日明日頑張って出来るものではありません。1つのプレーが出来るようになるのに、半年一年かかるかもしれません。我慢が必要です。子供達の可能性を信じ共に現実に向き合う忍耐強さが必要です。



今抱えている問題は以下の通りです。

1.週末の活動する場の確保(必ず借りる場所の確保は難しい状況です。)

2.自分をサポートしてくれるコーチ(金銭的な問題により常勤で雇うことは出来ません。)

3.金沢区協会に入会させてもらえるのか?

最後に

4.子供達が集まるのか?です。


自分は挑みたいと思っています。金沢区を代表するチームとして、横浜で神奈川県で、いつの日か関東で、全国で戦えるチームを‼️と思っています。金沢区のサッカーシーンを活性化させたいと思います。


1つだけ作った資料を公開します。



須藤
AD