東京都は12日、開会中の都議会に提出する子供との性行為を描いた漫画など“2次元”児童ポルノを規制する青少年健全育成条例の改正案について、都議会予算特別委員会で説明し理解を求めた。2次元児童ポルノの規制は全国初の試みで19日の総務委員会で採決される。

 改正案は、漫画やアニメ、ゲームに登場する服装などから18歳未満と想定されるキャラクターを「非実在青少年」と規定。こうしたキャラクターとの性行為を主題とする2次元児童ポルノの販売について、業界に自主規制を求めた上で、婦女暴行などの場面がある悪質な商品を「不健全図書」に指定、青少年への販売や閲覧を禁じる。

 一方、識者や漫画家などの間では、改正案に対して「行政による表現の自由の侵害」とする反発も根強くあり、12日の都議会予算特別委員会でも民主都議が改正案への反対を訴え、議会が紛糾した。

【関連記事】
規制強化か、プラス活用か…「子供とケータイ」めぐる動きが活発化
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
「神待ちサイト」乱立 家出少女が“援助”持ちかけ
疑似児童ポルノ摘発 成人が剃毛し少女役
【News解説】児童ポルノ摘発過去最多 935件

開港の茨城空港に神戸から第1便が到着(産経新聞)
<国連>東ティモールの川上副特別代表、自宅で死亡確認 (毎日新聞)
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側-東京高裁(時事通信)
Facebook、訪問者数でGoogleを抜いて1位に
AD