横浜市は5日、2004年度から09年度までに、不正経理が623件、総額約2億9700万円に上ったとする調査結果を発表した。

 関与したのは計435人の職員と約160の業者で、私的流用は確認されなかったという。

 発表によると、内訳は、翌年度に納入されたのに現年度に会計処理する「翌年度納入」が約2億6450万円(263件)、請求名目以外の物品を納入させる「差し替え」約930万円(119件)、物品を架空発注して業者に現金をプールする「預け」約620万円(24件)など。

 預けは、健康福祉局、安全管理局、教育委員会などで確認され、いずれもプール金で事務用品などの納入を受けていた。「差し替え」では、職場で使うコーヒーメーカーやポットを購入したケースもあった。

 調査は、昨春に同市立大付属市民総合医療センターの前病院長による約4000万円の預けが発覚したことから、昨年10月から行っていた。

国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ(医療介護CBニュース)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
進次郎氏、貴理事当選に“感動”(スポーツ報知)
秋田で伝統の奇祭「掛魚まつり」(産経新聞)
【著者に聞きたい】太朗想史郎さん 『トギオ』(産経新聞)
AD