2007-06-30 00:19:36

リブラ / ムック

テーマ:一曲レビュー
リブラ(初回盤)(DVD付)/ムック
¥1,425
Amazon.co.jp


個人的な2007年度上半期ベストソング。


ムックの暗と明の部分を見事に共存させた一曲。

重苦しい雰囲気のイントロとメロを初めて聴いた時は一体どうなるのか・・・と思っていると。


サビで一気に視界が開けます。まさに暗闇に差し込む閃光。


最大の聴きどころは、激情のCメロからドラマティックにラストのサビに繋がる二番。この曲構成が素晴らしい。

ムックの持つ、負の側面と正の側面。その一番肝心の部分を連続で叩き込まれた日には、それはもう感涙ものです。本当にここは最高。


これは曲をただ聴くだけでなく、歌詞、PV。全ての曲を構成する要素を一度は体験してみることを推奨します。そして自分の中でこの曲を完成させてみてください。

それでようやくこの曲の魅力を全て堪能した、ということになるでしょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-24 17:25:32

COCOON / PIERROT

テーマ:一曲レビュー
Pierrot, キリト, 西脇辰弥
COCOON

クリスマスソング特集を組もうとしたら、全然曲数が無くて焦ってました(笑)。という事で急遽一曲レビューへと変更。


それでよりにもよってPIERROT?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いやいやこの曲はダークさの感じられない爽やかなクリスマスソング、と見ていいのかな?とにかく明るい曲です。まぁ彼らのことだから裏の面に腹黒さを出してるのかもしれませんが(笑)。サラっと歌詞を読んでもクリスマス気分を味わえるようなものになっているのではないでしょうか。


バラードナンバーでしっとりと浸るクリスマスソングもいいですが、こういう爽やかな曲も味があっていいかと。とりあえず僕としてはこの曲を薦めさせていただきました。

それでは皆さまよいクリスマスをお過ごし下さい~。


*収録アルバム:「HEAVEN-The Customized Landscape-」、「DICTATORS CIRCUS-A variant BUD-」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-28 23:19:13

Colors of the Heart / UVERworld

テーマ:一曲レビュー
UVERworld, TAKUYA∞, Alice ice, Satoru Hiraide
Colors of the Heart

このバンドは明らかに若手のレベルを超えている・・・それでいて、若手らしい勢いも兼ね備えていて、次の作品が楽しみになります。まさにこの曲はそんな感じでして、希望に満ち溢れている若い、しかし必要以上の楽観的ではない歌詞に、勢いがあるが相当の完成度を誇る曲との組み合わせという若々しさと、緻密さを両方持った名曲です。


つまりはバランスが良いのです。若手なんだからある程度勢いに任せた曲を出してもいいとは思います。しかし、それだと飽きがすぐに来てしまいます。かと言って若手ならではの特長である勢いを殺しすぎた、下手に気取り過ぎた曲もどうかと思います。

その点で彼らは凄くいいと思います。かなり緻密な曲に勢いのある演奏を乗せたこの曲は、キャッチーだし、深みもあります。自分達の良い点をとても解っているなと思います。


歌詞にしてもそうです。無駄に楽観的で熱いだけの歌詞に僕は何の魅力も感じませんし、ただ悲観的なだけでは胸を打つものは無いでしょう。

どちらの要素も重要なのです。若い目でしっかりと事実を見たこの歌詞は非常に共感できます。熱い気持ちが伝わってくるし、それだけではない頭を使った部分にも納得。胸を打つフレーズが様々にあります。


今年も精力的に活動を行ってくれた彼ら。昨年よりも成長を続け、あくなき探究心には敬意を表します。まだまだ新たな一面を見せてくれることを期待。依然として最注目な若手バンドと言えるでしょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-15 23:46:04

最高の片想い / タイナカサチ

テーマ:一曲レビュー
タイナカサチ, 藤井丈司, 小山晃平
最高の片想い

久々にMステを見ていて電撃が走りました。特に好きなアーティストも出ておらず、チャンネルが合っていたからただ何となく見ていただけでして、彼女についてはその時点では名前すら知りませんでした。しかし彼女の歌が終わった時・・・


すでに僕は彼女の歌声に完全に魅せられていました。


正直に言えば、曲自体はどうっていう事はない・・・は流石に言いすぎですが。特に目新しいものでもない、ゆったりとした美しさを強調しているバラードです。まぁ、よくある曲ですね。ただ、こういう曲ってボーカリストの上手い下手が如実に現れる、ごまかしの効かない曲です。つまりは曲構成などはもちろん、ボーカルの力が重要となるわけです。

思いっ切り主観的な観点になりますが、彼女相当なレベルに達しています。特に包容力や表現力に関しては、若手とは思えないほどの領域です。これが曲とマッチングしてるんですよね~。不覚にも安らぎを覚えてしまいました。う~む、このタイプの曲はかなり聴き込んでた筈なのですが。


すでにこれでデビュー後シングルが3枚発売。と言う事で、近々アルバムが出るかな?出たら即買いを決め込んでいます。本当にここのところはイキの良い若手が多く出てきて、嬉しいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-10 00:01:31

Starting Over / DEEN

テーマ:一曲レビュー
DEEN, 池森秀一, 葉山たけし, Steve Good, 小松未歩
Starting Over

デビューしてすでに10年を越えて、ベテランの域に達してきたDEEN。もうすっかり貫禄のようなものもついてきて、今作も安定感のある、まさに王道なバラード曲でした。昔から彼らの曲を聴くと本当に心がやすらぐものが多いですね。


彼らの曲は「闇」の部分がほぼ0と言っていいほどなので、気分が沈むことなく安心して音楽を楽しむことができます。それにより、音楽の幅がやや狭く飽きやすいのかもしれません。しかし、そういうバンドが一つぐらい居てもいいかと。自分を見失わずに活動を続けることって凄く難しいことだと思いますし、芯がブレてない証拠であるとも言えるでしょう。それに個人的な意見ですが、彼らの曲は飽きません。これが飽きるのなら、今流行ってるJ-POPの大半は僕にとっては聴くに耐えないものです。


この質を維持し続けられるのなら、固定ファンは離れることは無いでしょう。もっともっと活動を続けて、良い曲を世に送り出し続けて欲しいですね。その実力があるバンドだと思っていますから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-09 23:05:50

REDEMPTION / Gackt

テーマ:一曲レビュー
Gackt, Gackt.C, Chachamaru
REDEMPTION(通常盤)

ここのところ、少しGacktから気持ちが離れていました。と言うのも、優しい曲や壮大な曲などももちろん好きですし、良い曲だとは思います。けど、少し、ほんと少しですけどちょっと飽きてたのです。ちゃんと音源を全て入手はするものの、何処か物足りなさを感じていました。


しかしこの一曲はその不満を見事に吹き飛ばしました!こんなハードロックナンバーは久々ではないでしょうか。イントロから「オッ」と思い、サビでの激しい演奏とGacktの相変わらず上手い歌声とが凄く良い。ここまでで今までとは違うぞ。と良曲の予感。


そして、間奏が非常に秀逸で、ラストへ向けて気持ちは最高潮へ。一つメロを挟んだ最後のサビ直前の「make it up!」素晴らしいです。締めは「REDEMPTION~!」とシャウト。一気に畳み掛けるような終わり方は好きですよ。


そう。何処か物足りなかったのはこの曲のようなダークさ、重さだったんですよ。明るい曲も確かに好きな曲は多いのですが、その類の曲にやや飽きがきていたんですね。そんな中で世に放たれた今作は文句無しに良い作品でした。再び彼にハマるきっかけとなるかも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-30 17:15:04

D-tecnoLife / UVERworld

テーマ:一曲レビュー
UVERworld, TAKUYA∞, 平出悟
D-tecnoLife


何かここんところ若手とか新人で、個人的に気になるアーティストが増えてます。ちょっとずつまた好みの曲が売れてきてるのかな、と少し嬉しくも思っています。最近はめっきり売れてる曲が気に入る事が少なかった物で。

そんな中個人的に特に注目してる若手アーティストはこのUVERworld。「ごちゃまぜバンド」との肩書きですけれども、上手い事まとめてると思います。変に変わった音を出そうとして、ぐだぐだにもなっていないし、聴くのに抵抗を感じる事は無い曲を作っています。

今の所、シングルしか聴いていないのですがその中で一番気に入ってるのは、彼らのデビューシングルの「D-tecnoLife」です。第一印象から完全にヤラれました。よく新人でこんな曲が作れるなと、驚かされました。落ち着いて聴いてみるとベタかもしれないけれども、何か別の味みたいなのがあると感じ、未だにヘビロテ中です。

発売中のアルバムにも手を出そうと思っています。この独特の味を保ちながら成長していって欲しいですね。これからも個人的に期待のバンドです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-24 17:28:19

衝動 / B'z

テーマ:一曲レビュー
B’z, KOSHI INABA
衝動

「OCEAN」以来のB'zのニューシングルですが、個人的な感想としては、
「あ~・・・またこっち方向に行ってしまったか」と言った感じです。

まぁ決して悪い曲ではありませんね。むしろ「BANZAI」とか「愛のバクダン」とか、最近の同路線の曲よりは一つ飛び抜けて好きですし。何となくフレッシュさみたいなのも感じる佳曲だとは思います・・・が。本音を言うと、こういう路線の曲を出すにしても、「もうちょっと出来るんじゃないか?」とも思ってしまいました。例えば「ギリギリchop」みたいな、あのぐらいの激しさが入った彼らの曲も久々に聴いてみたいんですよね。我が侭だとは解っていても・・・

それでも前述のように、ここ最近の曲の中でかなり良い方だと思いますし、歌詞もかなり良いと思えました。まぁ、この曲を出したのがB'zだからああいう言い方になってしまったんですがね。これを新人バンドがやってたりしたら即ファンになったのは間違いないですし。
これからのB'zに期待出来る内容の曲ではありました。2ndbeatの「結晶」も佳曲。併せてどうぞ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-14 20:37:29

CLEVER SLEAZOID / Dir en grey

テーマ:一曲レビュー
Dir en grey, 京
CLEVER SLEAZOID

物凄い曲がキターっ!昨年の「朔-saku-」を聴いた時の衝撃も凄かったですが、今回はそれを超えた!あれを超す事は無いと思ってたんですけどねぇ・・・と言う9月発売の新曲です。

最近、またラウドミュージックの方に好みが流れて来ている僕にとっては最高の曲です、が・・・誰にでも薦められる曲かっていうと・・・そうではないですね。ってかこの曲が全員に受け入れられたら怖い(爆)。いや、完璧にブチ切れまくってる曲でして、普通の人が聴くと「何だこりゃ」ってなること間違い無し。曲の90%程で叫びまくってたり、無茶苦茶なPVだったり・・・と、流石にこれで一般ユーザーに理解を求めるのは無理・・・でしょうね。

とにかくハードコア好きならば文句無しに納得できる曲でしょう。と言った感じの、今回は(いつも?)ファン向けの新曲でした。これもDirの魅力なのかな?たま~に、凄くキャッチーな曲を出したりもしますしね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-01 16:45:14

Mizerable / Gackt

テーマ:一曲レビュー

Gacktも音楽性が大分変わったアーティスト(そうでもないか?)の一人ですよね~。初期の頃の彼は、徹底的に美的な旋律が多かった風に思います。最近は親しみ易い曲が多いですよね(どっちが良いかは置いておいて)。

さて、この「Mizerable」はあまり知られてませんが彼のソロデビュー曲。所属していたバンドを脱退してからの初リリースであり、ここからGacktのソロ活動が始まった訳です。そして、僕もこの曲で彼を知りました。
当時、CDTVを見ていた僕は確か3位にランクインされていたこの曲に妙に魅かれ、そのままレンタル店に直行。そのまま彼のファンとなってしまいました。と言う事で、偶然にもデビューからファンをやってる事になるんですよね。自分としては非常に珍しい事例です。

デビュー初期の彼の音楽性が現れた、本当に美しい旋律。それに切ない歌詞を乗せた彼の歌声がより一層曲の美しさを増す。でも、聴き易い曲でもあると思う。だから、最近彼を聴き出したファンの方々にも是非とも聴いてもらいたい。今の彼が悪いとは言いませんが、昔の彼の音楽も出来れば好きになって欲しいと思いますね。

アルバム「Mizerable」、またシングルとしても同タイトルでリカットされています。後者は限定盤なので入手は少し難しいかも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。