2006-07-31 22:21:07

HORIZON / レミオロメン

テーマ:音楽レビュー(邦楽)
レミオロメン, 藤巻亮太, 小林武史
HORIZON

粉雪」で大ブレイクするも、固定ファンの評判があまり良いとはいえない。更に、続いてリリースの「太陽の下」もコア層からの評価は低目。と、前からのファンの方々は嫌な予感がしていたであろう今作のアルバムは・・・予想通りコア層の評判は低くなってしまった作品となってしまいました。


それもある程度は仕方ないかと思いますけどね。どう考えても「粉雪」のヒットもあり、今作への需要は明らかにライトユーザーが楽しめるポップ寄りな作品でした。彼らがこのようなアルバムを製作したのはある意味必然とも言えます。


そして、それによって失われてしまった彼らならではの独創性。以前の作品での香りの残る曲もあるとはいえ、これでは「これをレミオロメンがやる必要があるのか?」という意見が出てきてしまうでしょう。


余分なことを考えなければ、これが新人の作った作品だと思えば充分過ぎるほど楽しめる作品ではありますがね。例えばオープニングの「スタンドバイミー」は幕開けに相応しい、爽やかで心地良い名曲。そして正直ライトユーザーな僕は「粉雪」も「太陽の下」も大好きです。素直に名曲だと思えます。


大ブレイクしてしまったのは元からの彼らのファンにとって、そして彼ら自身にとってはあまり嬉しくない出来事だったかもしれませんね。売れるということはそれだけ良い仕事をしていた証ですが、それにより余分なプレッシャーや気持ちが入ってしまったのかもしれません。作りたい曲を作る。ということが出来なかったのかな。ただ、僕がこんな事を言うのも何ですが、いつかまた「朝顔」や「ether」みたいな、いえそれを越える彼らの作品が聴ける日が来ると思いますよ。今作にしてもその才能が衰えたということは無いはずですから。


Favorite Song スタンドバイミー

ポップ過ぎだろうが何だろうが、こんな爽やかな幕開けには感動。今夏の代表曲にしてもいいんじゃないでしょうか。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-20 16:20:15

PRIVATE ENEMY / PIERROT

テーマ:音楽レビュー(邦楽)
Pierrot, キリト, 西脇辰弥
PRIVATE ENEMY

まず一番言いたいことから。このアルバムの一番美味しいところは、オープニングの「THE FIRST CRY IN HADES(GUILTY)」と、ラストの「THE LAST CRY IN HADES(NOT GULITY)」です。とにかくこの二曲だけでも聴けば、このアルバムの半分は味わえたと言ってもいいかと。


他の曲が悪いと言うわけでは決してありません。収録されているシングル曲はどれも素晴らしく、特に「AGITATOR」と「神経がワレル暑い夜」は彼らの中でもトップクラスに好きな曲。アルバム曲もテンションの上がる「ENEMY」や傑作と呼べるバラード「パウダースノウ」など、単品でも楽しめる良作が詰め込まれています。


ですが、どうしても前述の二曲の引き立て役に見えてしまいます。この二曲のために他の曲が有るみたいな・・・

まずオープニングからラストの曲までは余りに苦しさや、哀しさ、絶望などが描かれた歌詞にダークな曲が続きます。そしてラストはこのアルバムに不似合いなほどに明るい曲、ではあるのですが、歌詞を見るととても「NOT GUILTY」には相応しくないように救われているように感じない。結局、未だ主人公は絶望の淵・・・?


Favorite Song THE FIRST CRY IN HADES(GUILTY)

この世に産まれること。それが地獄かのような歌詞。生きていることが罰かのような絶望に溢れています。余りに重過ぎる・・・

音楽のほうではサビに入る直前のギターが印象的。そこから一気に激しくなる展開も好き。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-09 23:05:50

REDEMPTION / Gackt

テーマ:一曲レビュー
Gackt, Gackt.C, Chachamaru
REDEMPTION(通常盤)

ここのところ、少しGacktから気持ちが離れていました。と言うのも、優しい曲や壮大な曲などももちろん好きですし、良い曲だとは思います。けど、少し、ほんと少しですけどちょっと飽きてたのです。ちゃんと音源を全て入手はするものの、何処か物足りなさを感じていました。


しかしこの一曲はその不満を見事に吹き飛ばしました!こんなハードロックナンバーは久々ではないでしょうか。イントロから「オッ」と思い、サビでの激しい演奏とGacktの相変わらず上手い歌声とが凄く良い。ここまでで今までとは違うぞ。と良曲の予感。


そして、間奏が非常に秀逸で、ラストへ向けて気持ちは最高潮へ。一つメロを挟んだ最後のサビ直前の「make it up!」素晴らしいです。締めは「REDEMPTION~!」とシャウト。一気に畳み掛けるような終わり方は好きですよ。


そう。何処か物足りなかったのはこの曲のようなダークさ、重さだったんですよ。明るい曲も確かに好きな曲は多いのですが、その類の曲にやや飽きがきていたんですね。そんな中で世に放たれた今作は文句無しに良い作品でした。再び彼にハマるきっかけとなるかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-01 20:23:56

買いすぎて聴けない・・・

テーマ:ブログ

忙しいくせにCDを買いまくり、借りまくり・・・聴いてないCDがたまりまくった6月。


  


アンジェラ・アキ 「HOME」
B'z 「MONSTER」
Plastic Tree 「シャンデリア」

という相変わらずバラバラな組み合わせの3枚を購入しました。

まだ、聴いてないPlastic Treeは置いといて、後の2枚は非常に良いですね。特にB'zは非常にキタ、と思える出来。こんな勢いのあるオープニングナンバーも久々な「ALL OUT ATTACK」が見事な起爆剤。そのままの流れで聴けてしまうような良作でございます。

アンジェラ・アキはFFでのテーマソングの「Kiss Me Good-bye」でハマりました。まぁ、所謂にわかなのですが、今までのFFの曲って僕は好きじゃなかったんですよね。聴いて「あ、いいな」って思ったのは初めてで。それでアルバムも買ったんですが、これも期待通りの良い作品で。多分これからもファン続けます。


レンタルした分は・・・正直覚えてないんですよね。本当に大量の物を借りてきましたから。

どんくらい大量かと言うと、先月だけでPCの音楽が25時間増えました(汗)。これどうしよ・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。