2005-07-31 10:20:22

ウソツキ / Something Else

テーマ:一曲レビュー

え~・・・このバンドをまだ覚えている方、どのくらいいらっしゃいますか?テレビ番組の企画でリリースされた「ラストチャンス」が大ヒットし、次作のシングルもそこそこのヒットとなったもののその後は何時の間にか売れなくなってしまった・・・と言う印象の方が多いのではないでしょうか。かくいう僕もそんな印象を持っていたので、少し調べてみるとまだ活動を続けているみたいですね。地道に頑張って欲しいものです。

その時に何曲か彼らの曲を試聴もしました。そして「ラストチャンス」が彼らの中で飛びぬけた名曲では無いと思いました。確かに「ラストチャンス」は名曲ですが、他の曲も負けず劣らずの質を持った曲が多くかなり実力を持ったバンドだと思いました。

で、この「ウソツキ」は僕が彼らのCDの中で唯一所持しているものです。思い切って言うとこれは「ラストチャンス」を遥かに凌駕する名曲だと思います。自分の過ちに対する後悔が曲と詞に現れていて、とても切なく感じられるバラード。本当に丁寧に作ってあるなぁと感心してしまいます。最近ではこういうタイプのバンドがとても貴重なので、どうか腐らず頑張って欲しいと思います。

アルバム「ギターマン」、ベストアルバム「TICKET」にも収録されています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-20 16:20:11

お知らせ

テーマ:ブログ

この度、管理人の学業が大分切羽詰った物になってきてしまいました。そこで、勝手ではありますが更新速度を今より落とさせていただきます。具体的には週に一度の更新を目指すという事にさせていただきます。コメントなどの返信も遅れる事になります。
本格的な復活は受験終了後・・・になったらいいなぁと思っています。本当に合格がヤバいラインまで成績が落ちてきたので、勝手ながら学業にもっと力を入れようと思います。
レビューを楽しみにしてくださっていた方、どうやら少しはいてくださっていたようなので、申し訳ありませんがこのままレビューを書き続けても、今以上に支離滅裂な物にしかならないと判断し、誠に勝手ではありますが今回の更新で一旦停滞、と言う事にさせていただきます。本当に申し訳ありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-20 16:14:10

Conspiracy Of One / The Offspring

テーマ:音楽レビュー(洋楽)

実に解り易い。何と言うか、収録曲の印象を表すとそう言うしか思いつかないような感じ・・・とにかく聴き易くて解り易い。以前紹介した「IXNAY ON THE HOMBRE」みたいに爽快なロック(パンク?)チューンな曲のオンパレードで、何も考えずに聴くには最適と言うか・・・

まぁ曲の良し悪しでしか正直このバンドを判断する手段が無いと思うので・・・もし視聴できたら一度聴いてみて、気に入るかどうかで購入を検討してくだされば良いかなぁ・・・本当にレビュー者泣かせなんですよねぇ、このアルバム。カッコイイ曲だったりポップな感じだったりと違いはあれど、とにかく「聴き易くて爽快なロック」としか評せないと言うか・・・まぁ、結局は完全に好みの問題でしょうね。

え~と、個人的なオススメソングをいくつか挙げておくと、「Come Out Swinging」、「Million Miles Away」、「Dammit,I Changed Again」と言った所。どれも特にカッコイイと感じた曲です。どちらかと言うと序盤の流れの方が個人的に好みかな・・・


Most Favorite Song   
Come Out Swinging

一番カッコイイと思った曲。特にBメロ→ラストのサビへの流れがカッコよくて、好き。ま、どれを好きなるかは人それぞれかと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-19 15:35:01

CD購入記

テーマ:ブログ

少し金銭的に余裕が出てきたので、新譜CDを購入。


え~と、世間の評価はやや微妙?と言った所でしょうか。ま、このバンドはどちらかと言うと大衆向けなので、どうしても高い評価は受けづらいんでしょうか?とは言え、やはり売れてるからには理由があるわけで、非常に美しい旋律ばかりの曲が一杯収録されていて、僕は大好きですね。バラード調の曲が多いので、飽きてしまう可能性もありますが、それを補って有り余る曲の良さだと思います。
現在のベストトラックは「SPEED OF SOUND」。サビがあまりにも美しすぎる。感動的な名曲。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-17 10:15:52

GREEN / B'z

テーマ:音楽レビュー(邦楽)

発売時期が夏だったからかどうか、とても夏に合ってる曲が一杯収録されています。そして、前作「ELEVEN」ではもうこれ以上ないってぐらい、どヘヴィな曲だらけだったのと対をなすかのように、爽快でポップな曲が多い。まぁ収録シングルが「ultra soul」と「熱き鼓動の果て」って事で大体のアルバムの内容は想像がつくんですけどね。

う~む・・・正直言って取り立てて紹介するような曲は無いかも。いや、質が悪いって事ではなくて、もう何処を取っても「B'zソング」ってのが躊躇に出てると言うか・・・ここんところ実験作のアルバムが続いてたから、ファンへのサービスって感じかな?オープニングの「STAY GREEN~未熟な旅はとまらない」なんて、前作には欠片も見られなかったポップなロックチューン。他にも「SURFIN'3000GTR」、「Blue Sunshine」などのこれぞ夏!みたいな曲なんかも入ってて、ここんとこの反動かとにかくポップ。まぁ、質が悪い訳では決して無いので、ケチをつける箇所もなくて、何かコメントがし辛い・・・

まぁ僕としては大作志向のバラード「Everlasting」で満足してますし、充分良いアルバムと評価してます。それに前作、前々作のアルバムとかなりヘヴィやハードロック路線が続いてたんで、ややマンネリ観も薄れてるような気もします。たまにはこういうアルバムも良いですよね。

Most Favorite Song   Everlasting
はい。壮大に仕上げた王道バラード。ま、ここまで王道だとコメントがし辛いですが・・・切ないピアノバラードと評しておきましょうか。ま、僕はB'zのバラードが大好きと言う事ですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-15 14:18:27

Ne / 河村隆一

テーマ:一曲レビュー

河村隆一が、LUNA SEA終幕後に初めてソロでリリースしたシングル。・・・と、共に多くのLUNA SEAファンの方々が彼に見切りをつけたであろう曲・・・だと個人的に思っています。

もうこれは彼が元LUNA SEAのボーカルで、「ROSIER」や「END OF SOLLOW」を歌っていた人だよ。と言っても彼を知らない人には信じてもらえないのではないでしょうか。「ロック」と言う感じが欠片も無くなってしまっています。完全にポップスに移行しちゃいましたねぇ・・・そして、この一年は路線を変える事無く、5枚のシングルとアルバムを一枚リリース。ですが、どんどん売上が落ちていくその様子は見てて哀しい物がありました。いや一番哀しいのはLUNA SEAを昔から好きだった人達でしょうけどね。

ん~・・・ただ僕はこの曲がかなり好きです。僕はポップスが嫌いな訳ではないし、キャッチーな曲だってちゃんと聴きます。バックのオーケストラも良い味を出してますし、こういう歌声の彼は好き。それでファンが求めてるかどうかは別にして、吹っ切れてますよね。彼。こういう曲がやりたかったのなら、それはそれで良かったのかな、と思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-11 18:27:59

ミュージカルバトン

テーマ:ブログ

極東のインテリスタ のinternazionale-32さんが回してくださりました。結構流行ってたみたいなので、存在だけは知っていました。

では始めますね。

○コンピュータに入っている音楽の容量。
7.74GBです。ちなみに1840曲で、139時間でした。他の方々を見ているとそれ程多いと言う訳でもないようです。

○今聴いている曲
Janne Da Arcの「Mr.Trouble Maker」です。最新アルバムJokerより。最近のジャンヌにしては珍しくかなりハードな楽曲で、久々に見るカッコよさにハマっています。

○最後に買ったCD

え~と、L'Arc~en~Cielの「AWAKE」です。とても素晴らしい出来のアルバムです。hydeの作曲能力の高さを再認させられました。

○よく聴く、または特別な思い入れのある5曲

Forever Love / X JAPAN
多分、この曲を聴いてなかったら音楽にこれ程ハマる事は無かったと思います。実に壮大なバラードで、YOSHIKIのバラード作曲能力が存分に炸裂。特に演奏がオーケストラだけになる箇所は最高。僕の中で一番好きな曲でもあります。

HONEY / L'Arc~en~Ciel

正直、これより好きな曲はラルクの中でも一杯有ります。ただ、僕が一番好きなアーティストであるラルクにハマるきっかけとなった曲なので、思い入れと言う点ではこれが一番ですね。発売当時は本当に良く聴きました・・・

プラネタリウム / Plastic Tree

フッと聴いただけで好きになる曲って僕はあんまり無いんです。ただ、これは本当に少し聴いただけでどうしても耳から離れなくなって・・・その一年後ぐらいにやっと入手しました。初めてフルで聴いた時は「Forever Love」に匹敵するぐらい感動しました。

もう一度キスしたかった / B'z

この曲を聴いてから僕の中での音楽の好みがバラードに傾いていきました。こんな切ない曲が有るんだなぁ・・・と当時は思いましたね。

Let Down / Radiohead

これは洋楽にハマるきっかけとなった曲。非常に無機質な印象を受けるんですが、その中に美しさを感じます。ラストでボーカルの声が重なっていく様子は、もう芸術。

○バトンを渡す人

遠くまで。 のwakuさん。
Killertunes-Yoohey's Playlist- のkillertunesさん。

すいません。勝手ながら回させていただきました。お忙しいようでしたら、無理していただかなくても大丈夫ですよ~。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-11 13:17:55

Lhasa / La'cryma Christi

テーマ:音楽レビュー(邦楽)
このバンドに魅かれた理由の一番はボーカルです。ボーカルの声がよく通る綺麗な高音の持ち主で、僕の好みと非常にマッチしていまして、シングルの「未来航路」はそのボーカルの良さを前面に押し出していた爽やかな曲で、アルバムの購入を決意しました。

序盤は非常にキャッチーな曲が多いですね。もう一つのシングル曲「With-you」はサビでの高音ボーカルがとても印象的。力一杯に歌っていない感じなのも好印象。タイトル曲「Lhasa」は泣きのバラードでしっとりと聴かされる佳曲。と、まあボーカルの歌唱が目立たせる爽やかな曲が多く、一般受けが良い曲が並んでいます。

が、終盤はかなりマニアックな曲が多い。多分彼らが本当にやりたい曲ってのはこの辺りなんでしょうね。突如世界が変貌したかのように曲の印象が変わっています。特にラストの「Zambara」は物凄く変わった曲で、何度か変調したりして一番メンバーがやりたい放題やってます。4分半を越えた辺りでの裏声での歌唱が個人的には最大の聴き所ですね。

・・・ま、序盤~中盤は非常にキャッチーで良メロな曲が多いので、終盤でのマニアックモードも僕はすんなり受け入れる事が出来ました。二面性と言う面では中々面白いアルバムだと思いますよ。

Most Favorite Song   未来航路
まさにタイトルが曲の内容を表してますね。非常に爽やかな曲に、クリアなボーカルが上手くマッチしていてとてもキャッチー。セールス面でも好調だったのにも納得です。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-09 11:57:57

KID A / Radiohead

テーマ:音楽レビュー(洋楽)

恐ろしい物を聴いてしまった。CDについてきたライナーノーツでこのアルバムを「パンドラの箱」と評していた方がいましたが、それがこのアルバムの概観を表していると言っても過言ではないでしょうね。もしかしたらこのアルバムを好きになれないと言うのは幸福な事なのかもしれません。

僕自身の概観は、これは人間が作った物なのか?と疑ってかかってしまう程に隙が無い。と言うか「人間っぽさ」が無い。前作「OK COMPUTER」以上にふんだんにデジタルサウンドを散りばめ、まるで機械が作ったかのような超精密な曲が詰め込まれています。・・・ここまで来ると聴いてて恐怖を感じてしまう。

曲のレビューも少し書こうかと思ったんですが、どの曲も「凄い完成度」、「無機質な感覚」などなどありきたりに評する事しかできないんで止めました。ただラストの「Motion Picture Soundtrack」だけは何処と無く癒しみたいなのを感じる事が出来た曲なんですが・・・歌詞は一番救いの無い物と感じました。・・・ハッピーエンドで終わらせないのは彼らの拘りなんでしょうか。

ただ僕はこのアルバムは大好きですけどね。色んな物を抜きにして不思議とこれに収録されている楽曲達に魅力を感じるんで。賛否両論が起こりまくってるみたいですが、まぁ当然でしょうね。もしかしたら好きになれないのが普通かもしれませんから。

Most Favorite Song   Everything In Its Right Place
オープニングを飾る何とも不気味な曲。徹底的に無駄な音を排除し、異常なまでの完成度を得ています。感じ取れるのは無限の深みと言ったところ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-05 13:23:14

2005年度上半期総括

テーマ:ブログ
今年も半分が過ぎましたね。その間音楽シーンも色々有った訳ですが、ちょっと振り返ってみようかと。

まず、今年話題になった曲はびっくりする程僕の好みに合っていませんでした。一応これでも音楽の嗜好の範囲は広いつもりでいましたが・・・今年は本当に駄目だった。別にだからと言って、そのアーティストやリスナーを批判するつもりはないですけどね。そりゃ音楽の好みは人それぞれですし、たまたま今年は僕の好みな曲が売れなかったと言うだけでしょうから。

チャート関連で嬉しかったのは、ジャンヌがやっとブレイクしたことですね。まあその「月光花」はそれ程評判が高くないですが、僕は好き。ただ、昔からのファンの方が不満なのは何となく理解できます。もっと良い曲はたくさんありますからね~。満を持してリリースされたアルバム「Joker」は週間で4位とあまり振るいませんでしたが、自己売上は更新しました。ここからが彼らも勝負でしょうね。

そして何と言ってもラルク。今年は本当にやってくれました。シングルをすでに3枚も発売し、アルバム「AWAKE」は本当に素晴らしい出来。早くも7月20日にニューシングルも発売され、物凄い働きっぷりですね。でも、働きすぎじゃないかと少し不安も・・・

と、まあ個人的にはとにかくラルクな上半期でした。何だかんだで個人的に好きなアーティストはかなり良い曲を出してくれた上半期だったと思ってます。下半期も期待!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。