家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」美人

「家計整理アドバイス」サービス。
家計簿は家計の整理、お部屋と家計を整えて自分が満たされる暮らしのお手伝いをしています。

北海道千歳で、「家計管理ができない」お悩みの解決と「もっと素敵に暮らしたい方のお部屋を整える」お手伝いをしている、家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。

「家計管理の不安解消」と「お家が好きなる暮らし」を手に入れて、楽な暮らし「ラ・暮らし」はじめませんか。


【おススメの記事】
家計簿が苦手なあなたに贈る家計管理上達のステップ

家計管理メールレッスンで不安解消、お客様喜びの声

【フォローお待ちしております】
☆Facebookはこちら
NEW !
テーマ:

家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。

 

スマホのアプリのアイコンの並べ方に、何かこだわりはありますか?

 

ライフオーガナイザーの関口晶子さんの「左左脳のスマホTOP画面」という記事をみつけたので、興味津々。晶子さんの並べ方は、私にとっては驚きでした。

 

メッセージをやりとりさせて頂くと、私のアイコンの並べ方に、晶子さんが驚かれていました(笑)人によって、どんな形が理想なのか個性が現れるんですね。

 

そうです「みんな違って、みんないい!」

 

ご自分の脳タイプが知りたい方は、こちらを参考にどうぞ。

 

ちなみに私は「左右脳タイプ」使用頻度が高いものは、1ページ目に置きたいのが基本。そしてキレイな色に並んでいるのが好きなので、色別で分けてあります。

 

image

1枚目の一段目は、緑のグループ。2段目は青のグループ。3段目は虹色、カラフルなグループ。

 

使用頻度が少ないアプリは2枚目の画面に。

 

image

 

3枚目の画面は、画像省略しますね。

お買い物系のアイコンを入れています。

 

私の分け方の優先順位は、①使用頻度②目的別という分類。それをさらに、色で揃えて並べると、何となく場所で覚えているので、探さなくて済みますよ。

 

綺麗に並んでいるのを眺めると、気分があがるんですよね。これは私だけに使えるマイルールなのかもしれませんが(笑)

 

スマホを使うたびに「どこだっけ?」と探さないように、使いやすい場所に定位置を決めると便利ですよ。

 

あなたも、ご自分の使いやすいスマホのアイコンの並べ方、工夫してみてはいかがでしょうか。

 

 

■家計につよくなるレッスンのご案内■

 

 

 ラ・暮らし/札幌・千歳【サービス時間】9時~17時
サービスメニュー家計管理メールレッスンお片付けサービスお申込みお問合せ

※お片付けサービスエリア・札幌・千歳・恵庭・北広島・江別・長沼・苫小牧・追分・千歳市内から車で片道1時間以内。他にお住まいの方はお問合せくださいませ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。

 

家計簿は一応つけているけれど、「これって意味があるのかしら?」と感じたことはありませんか?

 

子供時代には「お小遣い帳をつけましょう」と教わりましたよね。お金をムダにしないように、何に使ったのか記録するのがお小遣い帳。もしかしたらあなたの家計簿、大人になった今でも「お小遣い帳」の延長になっていないでしょうか。

 

お小遣い帳と家計簿の大きな違いは、「予算管理」するかしないか。お小遣いの場合は、お給料とは違い「予算」を立てることはほぼないですよね。定額でお小遣いをもらっている時は、予算も立てられるかもしれませんが、不定期に頂く「臨時収入」のようなお小遣いまで、もらえる計算しているとちょっと怖い(笑)

 

家計簿の目的は「家計管理すること」なんですよ。

ただの「記録簿」では、管理できているとはいえないんですね。

 

私も新婚時代は、お小遣い帳の延長のような家計簿でした。

 

若くして結婚。固定支出とやりくり費用を予算していたら、もらったお給料が予定より下回っていて、最初から予算が足りな~い(汗)なんて月もありました。

 

一日ごとの記入欄があり、細かく一つ一つの品目を記入して、合計でいくら使ったのか。累計でいくらになったのか。計算するタイプのものでした。

 

日にちごとに、収入の欄がついていて、これも混乱する原因だったんですよね。お給料の締めの時は、いつも計算が合わなくてイライラ。記録はしていても、お金を計画的に使うことができなかったのです。

 

ステップ1は、予定が立たない家計簿=記録簿(お小遣い帳レベル)

 

夫が少しずつ昇給して手取り額が増え始めたころに、「余ったら貯金時代」が訪れます。

これが第二のステップ。

 

マイホーム購入目指して目的意識を持って頭金を「先取り貯金時代」へと、ステップアップ。これが第三のステップです。

 

家計簿を活用すると、こんなメリットがあります。

 

●目的意識を持って貯金ができるようになる。

●日々の生活で、穏やかな暮らしができること。

●まとまった支出(車検・税金)などの資金の準備がきちんとできること。

 

財布にパンパンになったレシートを出して、綺麗にノートに貼るだけじゃ意味がないと思いませんか?オシャレにファイリングしても、見返すことはまずないでしょう。レシートは、家計簿に転記したら不要のモノです。

 

ただし購入した商品を交換してもらうときは、レシートが必要。レシートに「返品交換は○○日以内に」と記載されている場合もあります。気になる方は期間を決めて保管してくださいね。

 

期日を過ぎたら、即処分ですよ~。

 

お小遣い帳の家計簿を卒業して、家計管理ができる自分にステップアップしませんか?

 

image

(袋分けでやりくりが楽にできる家計簿です!)

 

家計簿がなかなか続かない。家計管理の基本的なことを知りたい方は「初級者編」で。

 

家計簿をつけているけれど、管理ができない。頭のなかがゴチャゴチャして、いつも困っている方は、「上級者編」でレッスン受付中です。

 

お金の流れと、頭の整理をして「家計管理」をマスターしませんか?

 

■家計につよくなるレッスンのご案内■

 

 

 ラ・暮らし/札幌・千歳【サービス時間】9時~17時
サービスメニュー家計管理メールレッスンお片付けサービスお申込みお問合せ

※お片付けサービスエリア・札幌・千歳・恵庭・北広島・江別・長沼・苫小牧・追分・千歳市内から車で片道1時間以内。他にお住まいの方はお問合せくださいませ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。

 

「家計管理が得意になる。」「やりくり上手になる」3つのポイントご存じですか?

 

できている人にとってはアタリマエかもしれませんが、ご存じない方のためにご紹介しますね。

 

①家計の期間を決める

②予算を決める

③やりくりを意識する

 

この3点です。

 

私は家計管理が苦手だな。と感じている方は、このポイントを外している可能性があります。

 

●家計の期間を決めていない。

●家計簿をつけていないし、予算を立てていない。

●お金は足りなくなったらATMに行く。

 

あなたは、月に何回「生活費」を下ろしに、ATMに行きますか?

 

過去の家計簿講座の受講生さんで「ATMが私のお財布代わりです」とおっしゃっていた方がいましたが、実はこれがやりくりできない原因のひとつでした。今は、しっかりと家計管理のコツをつかんでくださいましたよ。

 

ATMでお金を下ろす回数を、月に1回に減らすことがやりくり上手の第一歩。長年の習慣を変えるのは、大変かもしれませんが、挑戦してみませんか?

 

月に1度しか「行かない」と決めると「一ヶ月にかかる生活費はいくらだろう」と、計算が必要に。これが予算を立てることにつながります。


そして1度おろしたら、次のお給料日までは足りなくなっても下ろしに行かないと、自分で決めませんか?

 

現金が足りないからと、クレジットに逃げるのは避けてくださいね。急な支出で慌てないためにも、家計簿をつけて計画的にお金を使いましょう。

 

あとはモチベーションを維持して、続けていくことが大切ですよ。

 

楽しく家計管理ができる、家計簿とっても好評です。

 

 

■家計につよくなるレッスンのご案内■

 

 

 ラ・暮らし/札幌・千歳【サービス時間】9時~17時
サービスメニュー家計管理メールレッスンお片付けサービスお申込みお問合せ

※お片付けサービスエリア・札幌・千歳・恵庭・北広島・江別・長沼・苫小牧・追分・千歳市内から車で片道1時間以内。他にお住まいの方はお問合せくださいませ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)