色々と。

色々とあって、なかなか更新できませんでした。


まず、彼と同棲生活を送ることになりました。

それには、理由があって、家をひっこすことになったのですが、

ちょっと学校から遠くなるので、通いきれなくなってしまうということが

問題で、一人暮らしも検討にはいってたんですが、

侑と結婚を前提にお付き合いを~って親挨拶の時に言ってたので

本当にその気があるなら、とりあえず、同棲してみろって

父にいわれました。


で、やっぱり一緒にすんでみないとわからないこととかも

あるし、んなわけで今一苦労してたりもします。

料理もあんまりできないから、侑に教わりながら

色々一緒にやったり分担したりしてがんばってます。


ただ、ベッドが一緒なんですが(侑が大きいので元々ダブル)

それで、緊張していまさらですがねられませんワラ


まだまだあるんですが、拘束時間が多いので

なかなか更新できないかもですが、

またなにかあったら報告しますw!






AD

アウト!!!!

テーマ:

あぁ・・・やっちゃいました(´ДÅ)ょゎょゎ


ついに、予備校という神聖の場所で、侑と

キスしてるのを生徒にみられるという大参事!!


CHU━━━(○´3`(●´3`(○´3`(●´3`(○´3`)━━━!!


まじどうしよう!ですよ。


エレベーターにのってて、8階をおして、途中で

勝手にとまるだなんて忘れてチュウしてたら

5階で開いて、生徒にガンミされて、

そのまま扉がしまるという、いやぁな・・・

シーンを体験。


その後どうしようどうしよういう私に

侑は結構冷静で・・・

大丈夫だよ。みたいなね・・・。


大丈夫じゃないよ!!


それで、そのまま自習室管理のバイトを

していたら、さっきみてしまった

生徒らしき人が来て、すんごい気まづくて

困りました・・・・・・・・。


お願いだから上司に報告しないでね

生徒さん!!ワラ


みなさんも、まずいシーン見られちゃったよ

どうしようなんてことありますか?




AD

怒られますた。

テーマ:

大学初日。
気の合う友達と電車で一緒に登校です。
民法二の先生が入院でかわりの先生が若くて

オールバックでうけた(*´ρ`)


楽しみにしてますよ浩之先生(笑)


で五時まで六時間ほど暇で渋谷センター街へ。

今まで109にいったことがなく友達と探検に(笑)

そしたらファッション雑誌RAYの人にカットモデルを頼まれて

ずっとひきとめられてて困った(*_*)


よく読む雑誌はnon・noって答えたし(爆)

でさりげにかわして109に(*´∇`)したら、

ズームイン朝の羽鳥アナウンサーにあった(笑)

てかインタビュウ(*´∇`)
で109にいったら怖くて友達に電話してきいて

ギャル服しかないらしいので逃げて(爆)


帰りにネイルアートのモデルを依頼されて逃げた(爆)

逃げまくりキタ━(・∀・)━!!

そんで学校戻るとき横断鋪道で

「君ぽっちゃりしてかわいいねぇ」

といわれ怖くて逃げた(*゜ω゜):;*.':;ブッw

おっさん怖い(*_*)

で、授業終わってから、侑の家に遊びにいったら、

というより、次の日授業がないのでお泊り。

そん時に、鞄からいっぱいもらったチラシ

(キャバ嬢に始まり、ロリ、美容院、AVなどなど)

無理やり渡されたやつが入ってて、

それを侑が見てc⌒っ=゚ω゚)っ・:;*.':;ゲハッ


「?!」


って、目見開かれて・・・

今日センター街に友達と探検に行ったって

報告したら、もう行くな(´ДÅ)ょゎょゎ って

いわれて・・・


「なんで?」


「チラシですんでるからいいけど

 連れ込まれたらどうすんの!?!?!」


「そんなことないってばー」


「c⌒っ=゚ω゚)っ・:;*.':;ゲハッ ひなこは甘い!!」


と怒られて、センター街にはいかないことに。

(多分いきそうだが・・・HMVとかあるし・・・)

いく時は、事前に連絡c⌒っ=゚ω゚)っ・:;*.':;ゲハッ

友達複数で必ずいくことc⌒っ=゚ω゚)っ・:;*.':;ゲハッ

話し掛けてきたら無視することc⌒っ=゚ω゚)っ・:;*.':;ゲハッ

ってお約束しました。


で、夜はもちろん、愛の営みがあったわけですが

ちゃんと約束覚えた?っていって

軽くいじめられながらのHで(;゚∀゚)=3ハァハァ

Mな人にはちょっとうれしいけど

そんなに焦らさないでよぉ~って感じでした。


今思い出してもしつこかったな・・・。

そんなに怒ってたのか??

んー・・・?



AD

先日話していた、瑞穂と智のプチ喧嘩ですが・・・

なんかもうどうでもよくなりました(○´д)(д`○)ネー


とりあえず、次の日いったんですよw

それで、瑞穂さんの手料理を食べさせてもらいました。


智「なっちょっとこくね?」


私「んー・・・別に普通じゃない?」


侑「別によくね?っつかうまいwww」


瑞穂「ほらー普通だっていったじゃん!」


智「えーまじかよ・・・しょうがない・・・」


ってなかんじで智が多数決民主主義に勝てず折れました。


でも、私的には微妙でした・・・侑が(○´д)(д`○)ネー 


侑「瑞穂、うまいからおかわりwwww」


瑞穂「はーい」


私・智「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


私の内心は、なんなのこの空気は!?

智の家でしょ!?なのに、なにこの侑の笑顔と瑞穂の

返事は!!新婚夫婦!?


別に、やきもちやくところじゃないんでしょうけど・・・

なんていうか、好きな人が他人にすっごい笑顔みせてると

自分だけにむけられてたわけじゃなかったんだなーってのを

再実感してしまって、プチショック(´ДÅ)ょゎょゎ


まぁ。侑も料理するのが結構得意だから、

どうやったらこの味だせるの!?とか色々話がはずんでて

料理が苦手な智や私はもう無言ですよ・・・。


で、私も智もすねちゃって∵・゚ゞ(゜ε゜o)

二人でぶつぶついじけてましたwwwwwwwww


そんな様子に気づいた瑞穂が早々と片付けをすませて

智に抱きついて機嫌直しよ攻撃・・・。


さすが瑞穂、よくみてるなぁと思いました。

で、肝心の侑は特になにも気づいていない様子。


もう、あきらめますた∵・゚ゞ(゜ε゜o)


そしたら、瑞穂と智に火がついてしまいそうなので

侑と二人で侑の家へと帰省。

侑はいっぱいはなしかけてきてくれたんだけど

侑も瑞穂みたいに気づいてよ!って勝手に怒ってて

(なんて自己中な私∵・゚ゞ(゜ε゜o))


いいかげん、怒り気味な私に気づいたようで

侑の家についてからは、


「なぁ、瑞穂となかよくしゃべってたからすねてんの?」


「すねモード。」


「いいかげん機嫌なおせよぉ?」(後ろから抱き付いてきた。)


実際、そんなにおこっていたわけじゃなかったし、

ぎゅってしてもらってうれしかったから、いいかげん機嫌戻す

つもりが・・・・・・・・・・・。もうちょっとかまってもらいたいなー

とか考えたのがまずかった!


「ひなこ!お前そんな機嫌悪くしなくたっていいだろ?

そりゃ、俺もお前のこと考えてなかったのは悪かったけどさ

たまに瑞穂としゃべったっていいじゃん!」

と、きれだした始末∵・゚ゞ(゜ε゜o)


「もう、いいよ、そんなひなこといても楽しくないから今日は

帰れ。おくってかないから(゚Д゚)、ペッ!! 」


と、言い放ち自室へこもってしまった侑。

そして、呆然としてしまい、怒らせてしまったことに

気づいた私。


どしよどしよどしよ(´ДÅ)ょゎょゎ あんなに怒るのは

久しぶりに見たかも(´ДÅ)ょゎょゎ としょぼーんとなって

とりあえず、帰ろうとか思ったものの・・・

なんか、立てなくて、そのままぼーとしてました。


侑でてこないし、アーもうこれで終わり!?って

ぱにくってたら、涙でちゃって、呆然にたして涙を

流しておりました。かれこれ二時間(´ДÅ)ょゎょゎ


二時間とか今思うとすごいなとか思ったんだけど

その時は時間がとまってるみたいだったから(○´д)(д`○)ネー


そしたら、侑がでてきて、あわわわってなりました。


「なんで泣いてんだよ。ばか・・・」


「だって、侑おこっちゃったか・・ら・・」


「ごめん。別に本気で怒るわけじゃなかったんだけど・・・

そんなに俺のこと信じてくれないのかなーって思ったら

ちょっと頭にきちゃって・・・ごめん。」


「私もごめん。信じてないわけじゃないけど・・・

いつも一緒にいれないし、独占欲つよすぎるから私・・

だからごめん。」


「ん・・・。」(頭なでなでしてくれた)


っていって和解。でもなんか、喧嘩するべきことじゃ

なかったような気もします。

私がすねなきゃよかったんだし(○´д)(д`○)ネー


それで、侑がキスしてくれて、ずっと抱きしめて

くれて、それだけで私は十分充たされたんだけど

彼的には、だめだったみたいで、その後

離してもらえませんでした∵・゚ゞ(゜ε゜o)


これからはお互いいいたいことがあったら

ちゃんと伝えていこうってことになりました。


えーまた?

テーマ:

昨日の夜、携帯にて大学のクラス会があるから

こないかという参加不参加の連絡のメールが来て、

「不参加」返信をしたところ、ちょうど瑞穂から電話が

きました。


ちなみに、不参加の理由は、

侑が、お酒飲むとよってひなこは危なくなるから

やめといたほうがイイよ。ってか、行くなw

っていわれたから。


本当、弱いみたいで、遺伝みたいなんですけどね

少しでも飲むと、赤くなってフラフラしちゃうから・・・。


で、本題は瑞穂

めずらしく、電話かかってきたなーって思ったら、

久しぶりのピクミンの出番です。


「グチを聞くこと。」


あんなに、旅行ではラブラブだったはずの二人が

ちょっともめたことがあってそれをどうにかしてくれ

ってことでした。


それで、何が原因かっていったら、料理の味付け。


基本的に、レストラン風味の味になれきっている

おぼっちゃま智くんは、手料理の味、

まぁ、家庭や地域によっても異なるんですけどね。

瑞穂の手料理の味を濃い目に感じたそうです。

それで、


智:ちょっとこくね?


瑞穂:そんなことない、普通だって。


智:いや、お前濃いよ。ちゃんと味見した?


瑞穂:したよ!したにきまってんでしょ!!


智:ほんとかよ、これはきついぜ?


瑞穂:そんなことないわよ!

    なんなら、ひなこと侑にも食べてもらいましょ!


智:濃いって言うとおもうぜ?


瑞穂:そんなことない!!!!!!!


エンドレス・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ってわけで、私と侑が明日、智の家にいって

料理の味を確認しに行くことになりました。


でも、元々瑞穂はとても料理がおいしいし

多分何度か披露したことがあるとおもうんだけどなぁ。

なんで今回に限ってそんなこといったのかな・・・?

それとも、なれてきたからいいたいこといいはじめたの?

なんて、私には不可解でなりません。


っていうか、私は基本料理のレパートリーが少ないので

勉強しなくちゃいけないって話なんですけどね。

そんなわけで、侑の方が結構料理は得意だったりします。


明日の料理、実際濃いのかどうかまた疑問なところですが

ちゃんと感じた味を伝えたいと思います。

いくらピクミンだからって、正直にいわなくちゃwwww

とにかく、最近はまだ大学が夏休みであり

バイトもそんなにないってことで侑といっぱいあえて

うれしいです。


明日も実は、


料理より侑にあえることの方がうれしかったりします。



那須塩原に旅行に侑と行って来ました。


しかし、二人っきりならよかったものの、今回は四人です(*・ノ3・*) >コッソリ

あの彼らですww瑞穂と智と一緒でした。


すんごく、久しぶりに四人集まったって感じで楽しかったです。


泊まる所も、みんなでテニスとか出来てとか色々言いたいこといっていたら

コテージのあるこじんまりしたとてもいいところにきまりました。


が、問題が。


部屋が、コテージ二つ借りて二人ずつとまるつもりだったんですよ、

そりゃ、きっと(;゚∀゚)=3ハァハァ するんだろうしってことでw

ですが、一つのコテージに四人泊まれるっていうことと、

その日結構予約が多くてラスト一つしかあいてなかったということです。

それで仕方なく、コテージは一つにすることになりました。


智に車を出してもらって(でかいやつなので)四人で、行きました。

那須について、お花の城を見学したり、テディベアを見に行ったり

ちゃっかりジュエリー館で宝石を買っていただきましたwww


それで、早めにチェックインして、テニスをしにいくことになったんですが

さらに問題発生━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚━━!!


その問題とは、チェックインしたときに言われたことなんですが

一つのコテージについて30分露天風呂が貸切になるそうなんです。

こじんまりしているところなので多くても11組。9時までに30分ずつ二つのお風呂で

わりふっていけば、余裕で貸しきれるという計算みたいです。

9時以降には、貸切でなくなるんですが。


それで、貸切、つまりは混浴。ということでして

まぁ、二人っきりならはずかしながらもいっしょに入ったこともあるし

なんとかなるかなーとか思ったんですが、

その時、あいていた貸切の時間帯が5:30-6:00

それで、6:00からは夕飯となっていたんで、女同士男同士二人二人ではいって

15分で割るってことも可能だったんですが、

智と侑が、

せっかく混浴なのに、一緒に入らないでどうするんだよ(;゚∀゚)=3ハァハァ

しておりまして、デタ、結論は。


しょうがない 四人 で入るか。


でした。ええええ智に見られんのはちょっとw

とか言う前に、瑞穂はスタイルがいいので、侑が萌ちゃいそうで心配でした。

男性は、タオル腰巻にできるからいいんですけど女性はねぇ。

それが、バスタオルが置いてあればよかったんですが

コテージww無いんだ(*・ノ3・*) >コッソリ

悲惨ですね。あの長細いタオルいっちょうで女子勝負w

ってわけで、とにかく、智と侑に先に入ってもらって私と瑞穂は

後から入って、お風呂で合流。


しかし、後でいわれて自覚しんだけど、

お風呂貸切で、脱衣所が一つしかなかったから、

私と瑞穂が脱いでるのモロみられてた(´ДÅ)ょゎょゎ

意味ないって。・゚・(゚`д´゚)・゚・。 ウワァ~ンww


で、お風呂入ったら、侑と智は同じことしましたね。

やっぱり、ライバル意識か、彼女の裸は見せまいということか

どういうことなのかわかりませんが、引き寄せてくれて、

広いのになぜかお互い彼に背をあずけてモッサリ入っていました。

でも、タオルの横から胸触らないでwww

しかも、


微妙に侑元気になってる━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚━━!!


これは、普通に談話しながら行われてたんですが、

チラミしたら、智も瑞穂の胸モミモミしてて、

男子は少しの時間も惜しまないのかと変に感心しました。


それで、とくに慌てることなく、お風呂を終えましたが

瑞穂と私のお尻は残念なことに最後の最後で見られました(´ДÅ)ょゎょゎ

見んな!!(ノω・、`)モキュモキュ・・


それで、夕飯を食べて、部屋でまったり。

で、問題はベットですよ。


入っておくの部屋と、手前の部屋にわかれてて、扉がその間に

3枚あったので大丈夫だべ(何のだよ)ってことで、普通にカップルで

寝ることにしました。っていっても結局ベットは計2つしか使いませんでしたが。

絶対掃除の人にはばれてるwwwwwwww


それが、また・・・

結構、侑は人に聞かれたりすると後でからかわれたりするので

そういう傾向を好まないんですが、智は違いますね。

関係ないです。むしろ、聞かせてやれよwって勢いです。

ということで、三枚の扉を無視して、瑞穂喘ぎ声が(;゚∀゚)=3ハァハァ


それに不安になったのは私です(´ДÅ)ょゎょゎ

ですが、予感的中━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚━━!!


「向こうもさ、激しくて気づかないから俺らもしない?」


しないって聞かないで!しかも、その表情弱いのしってるくせに!

それで、逆らうことも出来ないので、

むしろ逆らったら明日歩けない(*・ノ3・*) >コッソリ


そういうことで、始まりました、

愛の大会━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚'★,。・゚━━!!


しかも、その日の侑は一味ちがいました。

多分、隣の部屋で瑞穂と智がHしてる声とか聞こえて

いつもと違う環境に興奮してたのでは?

口調があらかったww


けど、だめですね、自分Mだなって再確認しますた。

侑に限らず、自分もいつもより感じまくってたし(´Д`;)/ヽァ/ヽァ


きまづいのは翌朝ですよね。

しかも、うちらやりすぎで寝坊ですよ(*・ノ3・*) >コッソリ

まったり寝てたんですよ、侑の腕枕気持ちィとか思いながら

そしたら、扉が開いて∵・゚ゞ(゜ε゜o)って感じですよ。


「昨晩はお盛んでこっちまで聞こえたぜ?」


「んなこといったってお前らもしてただろ。」


「はじめからそのつもりだったからな俺らw」


「つか、出てけよ、きがえられねぇだろ。」


「朝食には遅刻すんなよ?俺ら風呂いってくっから。」


って、出て行ったんですが、もう突然のことで

とりあえず、ベットの中にもぐりこんどきました。


そしたら、朝から侑のは元気で・・・

あぁ・・・(*ノωノ)キャー ってことで赤くなってたら

ばれました(´ДÅ)ょゎょゎ

で、彼らが帰ってくる前に、もう一回(;゚∀゚)=3ハァハァ

へとへとです。


それで、まだ朝食まで時間あるので

朝からかいてしまった汗を流しにお風呂に。

そしたら、長ブロの瑞穂はまだいて、

他にだれもいなかったので、二人してゆっくり

してたら、男性風呂にも二人しかいなかった

らしくて、露天風呂でしりとりしてました∵・゚ゞ(゜ε゜o)


それから、朝食を食べて、

美術館いったりして、美味しいもの食べて

帰りました。


帰りはもちろん爆睡です∵・゚ゞ(゜ε゜o).

行きは、智と瑞穂が前でうちらは後ろできたんですが

帰りは、寝て彼女が他の男に(友達なのにね)

よっかかるのはいやってことで、

前に智と侑、後ろに瑞穂と私が座りました。

途中で、智と侑は運転交代とかしたらしいんですけど

知りませんでした。とにかく寝まくりです。

しかも、旅行を一人二泊と勘違いしていた私は

ちゃっかりそのまま侑の家に一泊転がりこみました。


さすがに疲れていたので、Hはしませんでしたが

甘甘モードでくっついてました。


色々とバイトでやきもちやりたり、

もうすぐ学校はじまるし、そういうことを考えると

とっても幸せな時間でした。

また、旅行いきたいと思います。


でも、もう相部屋?はいやです∵・゚ゞ(゜ε゜o)




色々と・・・

テーマ:

久しぶりすぎで、ごめんなさい。


この間に色々とありまして、大変でした。

まず、せっかくの夏休み!京都に旅行もいったし

あとは、バイトを入れよう!!と決意し

八月は結構バイトをいれました。


その決意を彼に説明したときに、

デートとの兼ね合いもあるのでいつ入れるいつ入れる

とか、二人で相談したんですね。


で、バイトに行ったら。

なぜ、彼がバイトスペースにいるのでしょうか・・・?


は!?


って感じでした。

思わず、なんでいるのか!?ってたずねてしまったところ、


「バイト先で、変な虫がついたら困るから

俺もここでフェローすることにした!」


とかいいだしたんです。


基本的に、私は受け付けや自習室の管理で

フェローっていうのが、生徒の質問対応コーナーの

大学生の先生的なかんじなんです。

で、しっかり採用されちゃったらしいです・・・。


ちなみに、自習室とフェロー室は上下なので

すぐ様子をうかがいにいけるということで・・・

基本シフトは同じ時間同じ曜日

(あの相談したときにすでに彼は採用されていた!)

なんですが、フェローは生徒が授業の間とかは

あまりこない、また、予約制なので暇なんです。

それで、自習室に遊びにきてくれるのは

いいんですが・・・。

自習室にくる生徒に見られるとき微妙です。


ってか、変な虫がつくつかないの前に!

私は、生徒からラブラブ光線をうけてる

彼が心配で仕方ありません・・・。


バイトのメンバーにはうちらがつきあっていることは

しっかりばれてるんですが、

生徒ですよ生徒、問題は。


ここ、二、三週間で、彼の予約生徒は

倍増。人気倍増。噂倍増。

あのフェローかっこいいよね!

なんて話すら耳にします。


もう(゚Д゚)、ペッ!! って感じですw

まぁ、同じ大学とか同じ予備校に通えなかったので

そういった思い出が少ないので

ある意味うれしいって思うこともあったんですが

こうも女子から人気あるとねぇ・・・。

やきもちやいちゃいます。


たまに、生徒がいない廊下でのフレンチキッスも

ドキュンですが、監視カメラがあるので

容易にはできません(ぇ


それにしても、せめてバイト決まった時に

早くいってくれって感じでした。

今度からは言うよーって反省してましたが

なんせ策士なので・・・。


学校が始まるまで、バイトデートは続きそうです。



里帰り。

テーマ:

日記に触れるのも久しぶり。

なんだか放置気味でごめんなさい・・・(´ДÅ)ょゎょゎ


実は、7月の28日から昨日まで彼のふるさとに

一緒に帰省していました。

といっても複雑なとこで、なんといっていいかわからない

のですが∵・゜ゞ(゜ε゜o)


彼は、もともと出身地が京都なんです。

で、京都に小学校までいたらしいんですけど

それで、お父さんの仕事が東京の病院勤務になったのを

きっかけに東京に出てきたそうなんです。

それで、まぁ、家族も東京にいるし、かえる必要は

なかったみたいなんですけど、

自分の育ったとこ見に行ってほしいっていわれて

二人で旅行ですo(*・ω・)ノ


ちょうど、彼の家の別荘だか、貸し家だかしりませんけど

なんかあって、そこで生活していたので

旅行代も、そんなにかからなくて∵・゚ゞ(゜ε゜o)

プチ同棲生活を味わえました。


京都にいくにも、新幹線でいったので

まぁ、まったりすごしてたんですけど、揺られてると

ねむくなっちゃうんですよね∵・゚ゞ(゜ε゜o)

彼と話しててすっごいもりあがってたはずなのに

いつのまにか寝ていたらしく、おきたらすでに

京都の一つ前の駅だったってかんじであせりました。


京都について、湯豆腐のお店でお昼をして、

まったり観光∵・゚ゞ(゜ε゜o)

せっかく京都にいくのだから、侑のおばあさんの家

に挨拶にいこうってことになっていたので

二人でたずねました。

とっても気さくな方で優しくて、あぁ京都の女性って

雰囲気いっぱいでした。

でも、話が長くて∵・゚ゞ(゜ε゜o)

おかげで、彼の家の関係がよくわかりました。

なんだか、呉服屋をやってるそうなんですけど

おばあさんの息子、つまり侑のお父さんが医者に

なったんで、継がなかったということで、弟さんが

無理に継いだらしいんですけど、弟の嫁がどーの

って永遠グチですよ∵・゚ゞ(゜ε゜o)

この人に嫌われたらたぶん、結婚したら大変な

ことになると思いましたね∵・゚ゞ(゜ε゜o)

粗相のないように必死でした(´ДÅ)ょゎょゎ


結局、おばあさんから解放されたのは夕方で

二人して、家かえるまでに買い物して

京都侑宅でお料理しました。

京都は物価が安く感じました∵・゚ゞ(゜ε゜o)

ってか、あんまり、料理ができないので

侑がみててあぶなっかしいとかいって

手伝ってくれたっていうより、ほとんど

やってくれた(○´д)(д`○)ネー 

なんか、すんませんって気分で

今度からはがんばりたいと思います!!

料理特訓だ!!

でも、男性は一人暮らししている方は

みんな料理とかできるようで、なんかすごいなー

と思います。


でも、それよりなにより、夜の性生活がハード

大変でした。同棲って大変ですね∵・゜ゞ(゜ε゜o)

そんで、昼から観光いったりして

夜帰ってきて(;゚∀゚)=3ハァハァ で、お風呂一緒に

入ったり、なんだか、妙なところで色々

したんで、普段あじわえないこともあって

新鮮でしたけど体力と持久力が・・・。


けど、2週間近く一緒にいたのに

時間がすぎるのは早くて、残念でした。


旅行の中で一番うれしかったのは

常に体調とか気遣ってくれたのも

うれしかったけど、偶然とおった

京都大学の前で、


「ここ通うはずだったのにね・・・ごめんね」


「ん?いいよ、別に。俺後悔してないし。

1年半前にいった気持ちと変わってないから。」


「本当・・・?」


「なに、心配してんの。っとに・・・

ひなこと一緒にいられればそれでイイっつたろ?」


「ん・・・ありがと。」


ってわけで、彼の気持ちが再確認できてうれしかった。

いつもそうだけど、いちだんと優しくて、甘えさせてくれて

時に甘えてくれてうれしかったです。


また、京都二人でいけたらいいなぁ。




なんで、クラスメイトの男子はあんなにおしゃべりなんでしょうか・・・。

もう嫌になってしまいます。


結局、あれから二日後、テストのため、学校にいったんです。

そしたら、女友達に会うなり、


「ひなちゃんは処女だと思ってた。」


と、散々なことをいわれ、笑ってごまかしましたが。


あげくに、他の男子友達からは、


「処女であってほしかったのに!!」


とか、意味不明な期待を抱かれ、最悪です。


聞いた話によると、あの後すぐに、侑に彼氏宣言されたクラスの男子は

みんなにメール送ったらしいですよ。

どすこ~い!!θ(  ゚Д゚)=θ☆バシーン って感じですよね。

まじで、クラスの男子に、なんですぐにしゃべんのよ!!!!!!

って切れときました。

そしたら、


「だって大ニュースじゃん!!!

みかけによらずに、大胆な生活してるじゃん!

(´Д`;)/ヽァ/ヽァ良い声聞こえてきて俺びっくりだよ。」


貴様!!!!人の声を!!

そら、知らずに喘いだ私が馬鹿ですが。

んな、大胆生活(;゚∀゚)=3ハァハァ までみんなにメールすんなっつの!

声の質とか評価すんなっつの!


怒りゲージ MIN ■■■■■■■■■■ MAX ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'


そいで、テスト終わって侑に会って、そのこと話したら

「牽制のつもりで喘いでもらったのに、逆だったかな・・・。」

とかつぶやいてまして…聞こえるようにわざとあの時、触ったなー(´ДÅ)



もう、無駄な抵抗はあきらめます∵・゜ゞ(゜ε゜o)






あーまずいんかね?

テーマ:

一昨日ですねー、彼んちで、もちろんココカイ?(((*´Д)ノ*ノ▽ノ)ア、ダメ・・・

ってことをしていたわけなんですが・・・。


それで、ココカイ?(((*´Д)ノ*ノ▽ノ)ア、ダメ・・・が終わって、

まったりしていたわけですよ。

それで、私はもうだいぶウトウトしていたんです。

そしたら、私の携帯が鳴って、ちょうどベットの枕元に

彼の携帯と一緒においてあったんですね。

そいで、私ウトウトしてるし、携帯がなっていること

すらあんまり記憶になかったんです。

そしたら、彼が携帯とって、みたら、表示が着信で

クラスの男子だったんですよ。


でも深夜に電話かかってきたので、

クラスの男子なのに?みたいな疑念があったみたいで

彼がそのままでたんです。

私はその時も自分の携帯がなっていることすら、

記憶がやばくて・・・


で、彼が出たんですよ。

そしたら、むこうもきょどっちゃって(゚ρ゚≡゚ρ゚)


またまた、彼が釘刺したらしいんですよ・・・

彼氏だけど宣言したあたりで

私が彼にギュっってねぼけてくっついちゃって

彼もチュチュしてきて、あー電話越しに丸ぎこえです。

最悪ですね。ちょっとあえいじゃったし・・・

もう破滅ですよ。


で、さらに最悪なのが、私はその記憶がほとんどなくて

彼の家からかえって携帯に着信履歴で友達の名前が

あったんであれ?と思って掛け直したら

そのこといわれたんです・・・。


ええええええええええええええええええっておもって

彼の家に戻って、聞きました。

したら、笑って、

「俺と付き合ってることかくさなくったていいだろ?ラブラブなんだし?

それに、隠したい理由でもあるの?」

っていわれて、そりゃ隠す理由ないし、否定しといたけど。

微妙にやきもち?結局その後また(・:゚д゚:・)ハァハァで・・・

なんか、どっとつかれました。


あーやだなー学校にもうすっげひろまってんだよ・・・

あいつおしゃべりだもんな・・・。