テストマッチ、ベルギー戦

テーマ:

昨日は、日本代表がベルギーと戦いました。

観ましたが、シュートを決めていれば勝てた試合でした。

 

前半は0-0でしのぎましたが、後半、ゴール前でドリブルされて、決められた。

ブラジル戦よりは、良かったけど、ランクが上のチームのドリブルを止めることができない、これがワールドアップ1次リーグ突破に向けての課題。

もっと強いチームと頻繁に試合をしないと。

 

日本のレベルは、欧州の中堅くらいだけど、強いチームと戦えないという弱点が克服できない限り無理でしょう。

 

まずは、協会が強豪チームと戦う覚悟がないから。

 

チームを強くするよりも、懐を暖めたいそれだけですからね。

 

本田と香川はもう要らないので、スポンサーを気にせずに、選手選考をして欲しいな。

香川が居るのは、ユニホームが売れるからだけ。

 

香川を使えって言うメーカーとは契約を切るべき。

 

それが日本が強くならない、もうひとつ原因。

 

さて、ベルギー戦は、相手の攻撃をしのぐのがやっとだったけど、チャンスもあった。

それを決めていかないと、なかなかベスト16にはたどり着けない。

 

本番でも昨日のように、防戦が予想される。

守備をもっとしっかりとしないと、本番は危ない。

 

後、フォワードは、浅野を外して、ほかの選手を試すべき。

杉本も、大チャンスでミドルシュートとかありえんだろ。

 

まぁ、杉本は、東アジアでは呼ばれるだろうから、そこで圧倒的な結果を出さないと、召集されることないかな。

まぁ、対戦相手しだいだけど。

 

日本0-1ベルギー

 

 

AD

テストマッチブラジル戦

テーマ:

日本代表は、ブラジル戦とのテストマッチを行いましたが、案の定負けました。

 

ただ、前回よりは良かった。

それだけですね。

 

前半で力の差を見せ付けられて、何もできなかった。

後半は、選手交代もあり、1点を返すことができたが、結局は何にもできなかった。

 

ワールドカップへいけば、ブラジルと近い戦力との対戦が待っている。

しかし、歯が立たないところを見ると、ハリルホジッチも計画の見直しをしないとダメだろう。

 

今回外した3人。

本田・香川・岡崎。

 

たぶん、岡崎は復帰するだろうけど、本田は、メキシコで4人抜きしたとは言え、代表ではもう輝けないでしょう。

 

香川は、代表に入ると、能力を発揮できない。

今回は、メンタル面で外されたようだが。

 

日本じゃなかったのが大きいだろう。

 

日本1-3ブラジル

 

なんにしても、あと1試合でふるいにかけるかもしれないね。

そこでなんらかの結果を出すでしょう。

 

確か、東アジア選手権、名前を変えたような?

それがあった様な気がするので、杉本など当落線上の選手がどの程度結果を出すか。

 

海外組みは呼ばれない様なので、国内の選手のふるいかけでしょうね。

 

ただ、強いチームと戦うと、ハリルの戦術が機能していないので、少し作戦を変えるかもしれません。

 

 

2017年ドラフト

テーマ:

昨日は、2017年のドラフトが行われました。

注目の清宮は、7球団の競合の末、ファイターズへ。

 

そして、ジャイアンツといえば、迷走しています。

 

キャッチャーの指名が4人、外れも入れれば、5人です。

 

1位     鍬原 拓也     中央大     投
2位     岸田 行倫     大阪ガス     捕
3位     大城 卓三     NTT西日本     捕
4位     北村 拓己     亜細亜大     内
5位     田中 俊太     日立製作所     内
6位     若林 晃弘     JX-ENEOS     内
7位     村上 海斗     奈良学園大     外
8位     湯浅 大     健大高崎高     内
     
育成1位     比嘉 賢伸     盛岡大付高     内
育成2位     山上 信吾     常磐高     投
育成3位     笠井 駿     東北福祉大     外
育成4位     田中 優大     羽黒高     投
育成5位     広畑 塁     立正大     捕
育成6位     小山 翔平     関西大     捕
育成7位     折下 光輝     新野高     内
育成8位     荒井 颯太     関根学園高     外 

 

確かに、キャッチャーは補強対象ですが、それでも取り過ぎですね。

 

問題は、誰だけ使える選手が出てくるのか。

ここまで1位は、連続してこけていますので、今年もこけるのではないかと思います。

 

なぜ清宮を指名したのか?

おそらくナベツネの差し金でしょうね。

あるいは、来年の布石のために。

 

来年は、早実の野村と花咲の野村がメインになるので、そちらの布石で、早実を指名したのかもしれません。

 

ただ早実の野村君は背が低く、キャッチャー。

ちょっとこれはとるには厳しい。

しかし、清宮よりもチャンスに強いので、率を残すかも知れない。

 

また、もう一人の野村君もかなりの打者なので、どちらかを獲りにいくのではないかと思う。

 

レッズ久しぶりにACL決勝へ

テーマ:

レッズが勝ちましたよ。

まさか勝つとはね。

 

相手は、 上海上港、かつて日本でプレイしたフッキなどが居るチーム。

 

見事フッキを抑えてこの試合に勝利した。

 

ただ、パスミスとか、トラップの精度が悪るすぎ、あれじゃ決勝が心配だな。

 

レッズ1-0 上海上港

エアレース世界選手権 が、行われていましたが、どうやら終わったようです。

 

そして、ついに・・・

 

日本人初の総合優勝です。

室屋義秀さんが、今季4勝を挙げる活躍をみせて、見事年間総合優勝です。

 

おめでとうございます。

 

これはかなりすごいことだよ。

 

2009年だったかな、初めて出たの。

その時は、ダメだんと思ったけど、機体も良くなって、優勝できるようになり、さらには、頂点に立つとは。

 

まぁ、ライバルが急死したのが、きっかけかもしれないけど。

最近テレビで放送ないから忘れてた。

 

来年も連続優勝を期待したい。

 

 

ジャイアンツ来季のコーチ陣発表されました。

 

高橋由伸 監督
村田真一 ヘッド兼バッテリーコーチ
吉村禎章 打撃総合コーチ
斎藤雅樹 投手総合コーチ
豊田清 投手コーチ
木村龍治 投手兼トレーニングコーチ
二岡智宏 打撃コーチ
小関竜也 打撃コーチ
井端弘和 内野守備走塁コーチ
大西崇之 外野守備走塁コーチ
伊藤博 トレーニングコーチ

 

結局村田はヘッドのまま、これじゃ意味がない。

 

豊田も1軍に上がってきたけど、前回あまり意味なかったでしょ。

 

二岡もコーチとしては不足。

 

これでは来季も勝ち目がない。

 

そして、菅野は、タイトルを取った。

 

最多勝などのタイトルだ。

 

菅野17勝

テーマ:

先発菅野は勝てばほぼ最多勝が確定。

 

先制点をもらうと、6回を0点に抑えて降板。

打線はこの日スタメンの中井の活躍などで3点取り勝利した。

 

菅野はハーラートップに立つ17勝目を挙げた。

2位と2勝さとなり、ほぼ最多勝を確定させた。

後1回は投げるだろうから、18勝できるか。

 

18勝てれば、沢村賞が転がり込むだろう。

 

ジャイアンツ3-0スワローズ

ジャイアンツは先発田口が、そうそうに2失点で、幸先不安だったが、4回に4点取り逆転。

 

その後追加点を上げて、追いすがるスワローズを破る。

 

田口もラッキーな1勝が転がってきた。

これで13勝目。

 

今年は2倍はアップするだろうね。

 

スワローズ3-5ジャイアンツ

 

 

菅野完封で、タイガースに勝利。

打線の援護はわずか2点だったが、菅野にはそれで十分だった。

 

9回を投げきり4度目の完封。

そして、最多勝もほぼ手中に収めた。

 

後1勝すれば、トップで確実だろう。

 

後は、防御率のタイトルも取れる可能性があるので、そちらも念頭に入れて欲しい。

 

タイガース0-2ジャイアンツ

打線の援護でマイコラス13勝目

テーマ:

スワローズに相性がいいようです。

マイコラス。

 

味方打線の援護もあり、7回を0点に抑えた。

 

今日は、1番から5番までがヒットを放ち、打線に勢いをつけた。

 

坂本は猛打賞の活躍。

 

終わってみれば6点を取り圧勝だった。

 

代打で出た岡本は、まだまだだな。

 

ジャイアンツ6-1スワローズ