WBC日本代表は、今日は、最後の強化試合として、ジャイアンツと対戦。

結果は1-6で圧勝だった。

ただ、これはジャイアンツの自滅といったこともありますが。

それでも、去年活躍した投手から点を取っての勝利は、価値はあるでしょう。

打線は、少し上向いてきたのかもしれない。

後は、投手ですね。

沢村は、どうもぴりっとしない。

これでは、大事な場面での投球をまかせることはできないでしょう。

さて、残りわずかで、WBCが始まります。

先発投手は、しっかりと3回を投げきってもらいたい。



AD
なんとこんな情報が入ってきた、それは。

ジャイアンツが、球団創設80年の節目に、再びアメリカへ。

球団発足当初?、アメリカに武者修行に行って以来でしょうか。

候補地として、ロサンゼルスが上がっているようです。

時季は、来年の3月を予定。

もちろん相手は、宿敵阪神との一戦になりそうだとか。

ということは、阪神は初のアメリカでの戦いってことかな?

WBC日本代表ですが、今日は、阪神との試合。

先発は、内海。
3回を無失点で、キューバ戦へ向けて仕上がりが、順調のようだ。

しかし、2番手の涌井が、失点で、阪神にリードを許すと、チャンスを作るも、後一本が出ずに、完封負けとなった。

この結果、投手は、そこそこ点は取られない、すべると言われうボールを使っているが。

これは、好材料。

しかし、以前からの懸案だった、点が取れないということが、阪神戦ではっきりとした。

まぁ、オーストラリアが、AAのチームならば、阪神は、AAAのチームと言うことなのでしょう。

なので、打線をどうやって動かすかと言うのが、最後のジャイアンツ戦へ向けての課題となった。


WBCのオーストラリアとの第2戦目は、打順を入れ替えた。

今日2番に入った稼頭央が、大活躍。

5打数2安打4打点の活躍を見せて、日本の勝利に貢献した。


まさか、稼頭央が、打てるとは思っていなかっただけに意外。

ただ、相手のオーストラリアの投手が、レベルが昨日と比べて低くなっていたというのあるでしょう。

たぶん、オーストラリアの力的には、AAくらいでしょうね。

マイナークラスの選手なら、稼頭央は対応できるということが、分かった。

しかし、他の選手でそのレベルにも対応できない選手がいることも確か。

ブラジル戦へ向けて、あと2試合かな。

そこで、また打線を少しいじってくるとは思うけど。

後は、先発の人は、どうしようもなかった。
本日は、WBC日本代表が、オーストラリア代表と対戦した。

序盤、先発の田中が2失点で、リードを許したまま8回まで進み。

2人ランナーをためて、途中交代で入った相川が、値千金の逆転ホームランで、オーストラリアを寄り切った。

3-2でした。

まぁ、結果としては、勝ちましたが、内容が良くない。

戦前は、投手陣が、球に対応しているとか言う選手もいましたが、この結果を見てもわかるとおり、投手陣が、すべるWBC球に、大苦戦している。

これが、今後の流れを白湯すうることは、明白。

田中は、先発を外して、中継ぎにした方がいいと思うが。

ブラジル戦で、先発となると、打たれる気がする。

打線が、点を取れないので、先制せれるときつい。


WBC日本代表28名暫定?

テーマ:
さて、来月から行われるWBCへ向けて28名の代表が発表された。


【投手】
11涌井秀章(西武)右投右打26歳
14能見篤史(阪神)左投左打33歳
15沢村拓一(巨人)右投右打24歳
16今村猛(広島)右投右打21歳
17田中将大(楽天)右投右打24歳
18杉内俊哉(巨人)左投左打32歳
20前田健太 (広島)右投右打24歳
21森福允彦(ソフトバンク)左投左打26歳
26内海哲也(巨人)左投左打30歳
28大隣憲司(ソフトバンク)左投左打28歳
35牧田和久(西武)右投右打28歳
47山口鉄也(巨人)左投左打29歳
50摂津正(ソフトバンク)右投右打30歳


【捕手】2相川亮二(ヤクルト)右投右打36歳
10阿部慎之助(巨人)右投左打33歳
27炭谷銀仁朗(西武)右投右打25歳


【内野手】
1鳥谷敬(阪神)右投左打31歳
3井端弘和(中日)右投右打37歳
5松田宣浩(ソフトバンク)右投右打29歳
6坂本勇人(巨人)右投右打24歳
7松井稼頭央(楽天)右投両打37歳
41稲葉篤紀(日本ハム)左投左打40歳
46本多雄一(ソフトバンク)右投左打28歳


【外野手】
9糸井嘉男(オリックス)右投左打31歳
13中田翔(日本ハム)右投右打23歳
24内川聖一(ソフトバンク)右投右打30歳
34長野久義(巨人)右投右打28歳
61角中勝也(ロッテ)右投左打25歳

年齢的には、ちょっと高めかな?

それにしても、中日勢は、結局今回もあまり参加しないってことになりましたね。

まさかわざと怪我とか言っているわけじゃないよね?

怪我で外れた人は、開幕から2週間くらい、出場禁止にして欲しいわ。

さて、今回は、ベテラン勢で、松井が、入りましたが、私は、なぜ選んだのかと思います。

打てないし。

松井よりも井口を入れるべきだったのでは?

なぜ名前がなかったのか不思議。

監督は、また代走などを考えた選考ではなかったみたいですが。

打てないのに、足を封殺してどうするんでしょうね?

代走は、必要ですけど。

まぁ、外野では、走れる人もいるので、その人を代走にと言うことなのかもしれないけど。

内野人は、ちょっと不安ですね。

果たして、3連覇をすることができるのか、監督の手腕にかかっている。

でも、期待はしませんが。

監督としての実績がないので。

投手力中心に3連覇を=抑えは流動的―日本代表【WBC】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130220-00000173-jij-spo