メジャーを目指せ!

スポーツの話題を中心に書いていきます。


テーマ:
2008のドラフトはどうなった?


ということでジャイアンツは、監督の後輩大田君を獲得した。

長野君はならず。

『ドラフト指名選手』
  1. 大田 泰示 内 東海大相模
  2. 宮本 武文 投 倉敷
  3. 斎藤 圭祐 投 千葉経大付
  4. 橋本  到 外 仙台育英
  5. 笠原 将生 投 福岡工大城東
  6. 仲沢 広基 内 国際武道大
『育成枠』
  1. 杉山 晃紀 投 綾部
  2. 尾藤 竜一 投 岐阜城北高卒
  3. 山本 和作 内 大経大
  4. 福元 淳史 内 NOMOベースボールクラブ

というこになりました。


ちょっとニュースを見ると、3位の斉藤君のコメントに、契約金でおじいちゃんい船を買いたいとかあったが、すばらしいね。

そういった姿勢がある子は伸びるよ。

あとは尾藤君というのが、ひじを壊して大学を退学したそうですが、獲る際には大学にいろいろ確認もしたそうです。

なんかあるみたい、規約で、それの確認を。


そいえば、ロッテ1位指名の子は、結局は念願叶ったな。
遠回りしたけどね。

それでいて長野も獲ったけど。

長野君は、自分の気持ちを大事にすれば良いと思うよ。

誰かにアドバイスをもらうのではなくてね。

例えば、ハムに言った、須永君だが、結局思ったような活躍を見せていない。
確かノムさんの奥さんかなんかに相談してなかったけ?
ノムさんだったかな?

それが裏目に出たのかどうか。
まぁプロとして一歩を踏み出したことにはなったけどね。

西村のみだね、あのとき巨人入りを熱望して成功しているのは。


結局は自分がどのような選手になりたいのかってことが大事なんじゃないかな。


どこにいてもね。

プロは入ったら成功じゃなくて、そこからスタートするんだからね。


さてこのドラフトの成果は5年後ぐらいには分かるだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて懸案だったWBC監督問題がひと段落着きました。

監督には、ジャイアンツ監督の原さんが就任することに。


これでやっと船出となる。

ここまでが長かった。

そもそも星野氏で決まりといった流れがおかしかったのに。
また選ばれてもいないのに、固辞もないでしょ。

それが既定路線だったと言う証。

この事態を招いたのも星野氏からというのに。

金しか要らないから、メダルさへ要らなかったんですものね。


さてこんな話はもうどうでもいいですが。

これで監督も決まったわけですからね。

原さんが、快諾してくれてよかった。

渡辺さんは自分が選ばれるかもと思っていたようですが、さすがにそれはないでしょ。
1年しかやってないのに。

自意識過剰です。


さて、次は選手を選ばないといけないです。

どういったチームを作るのか、しかしまだ原監督にはやることが多い。

まずは日本シリーズ、勝てば、アジアシリーズと。

シーズンがまだ終わりません。

それに来季以降の契約も気になるところです。
一体どんな契約となるのかここも注目していかないと。


ここで選手に関してですが。
WBCに出たい選手は、手を挙げるべきだと思います。

やる気がある選手を選んで戦った方がやはりチームとして勢いが付くからですね。

野村さんが言っていた方法でななく。(ノムさんじゃないよ)

また2年前から候補選手を選ぶといったわけの分からん方法はどうにかしてください。

意味が無いから。


あっそれと、原さんをサポートするヘッドに国際経験豊富な方をリストアップしないといけないでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ということで今日のお題はこちら↓

ロボちょびんくんに退治して欲しいもの・うるおして欲しいものとは?


ほほ~退治して欲しいものですか。

これはなんでも良いのかな?


乾燥などは退治して欲しいですが。

他には、金融危機を退治して欲しいですね。

うるおしてほしいものは?

お肌に潤いを。

ということと。

やはり景気をうるおしてほしいの、あき。





ロボぴちょんくん トラバキャンペーン参加中!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レッズは新潟相手に勝利。

これで勝ち点差が3差となった。

この日は、細貝のシュートが決まっての勝利だった。

それにしても鹿島が負けてくれて助かった。。。

まだ優勝の望みがあるっていうのが不思議ですが。

これをチャンスをととらえて、次戦いこうも勝っていかないと。
まずは勝ち点でならぶこと。

レッズまで5チームが、3点差圏内だから。
今年はなんでこんなにも混戦となるのか分からんが。

まぁそれもレッズがこけすぎたのが原因でしょうけども。

それと差があまりなくなったということなのだろうか。

とにかく次勝たないと。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャイアンツ昨日、勝利でCS制覇した、これで去年の借りを返したことになる。

先発のヒサノリが好投したのが大きいだろう。

ただ8回に山口を投入したのはいかがだろうか?

越智でよかったと思うけど。

その裏にジャイアンツが逆転をして大差をつけた。

それにしても豊田でなかった理由が今ひとつ。

CSのMVPにはラミレスが選ばれた。

まぁ良いところで打ったしね。

原監督は涙で会見をしたようです。

去年を思い出しての涙か、それと苦しい今季の戦いかたその他いろんなことを含めた涙だったのだろうか。

なんにせよ、これで日本シリーズへ行けることになった。
これは喜ぶべきこと。

土曜からは、ライオンズとの一戦。


かつてのコンプレックスはもうない、だって選手が入れ替わっているし。

それに、若手の台頭が今のジャイアンツの強さの象徴なのだから。

日本一へ向けて、慎之助・ラミレス・小笠原らの活躍が鍵となるでしょう。

最後のクルーンを使うのか使わないのかなどの判断もありますが。

おそらく使わないのではと思いますが。

来年への布石を考えつつのシリーズとなるのかもしれない。

さぁ日本一となって銀座でのパレードをしよう!

待ってるぜ!!

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2008年 11月号 [雑誌]
¥500
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は結局引き分けとなりましたが、それでもジャイアンツは王手のようです。

これで今日勝てば決まるってことですか。

昨日は奇襲のダブルスチールが決まったあの瞬間で勝ちを確信したのだが。
そのあとの3・4と打てず、李が一発で逆転したが、その後のまずさで引き分けに。

課題の後ろ2枚を今後どうするかだろう。

いくら監督がクルーンを信頼しているかたといってあの投球ではままならん。

若手の台頭が目覚しいので、ここは配置転換をすべきだろう。


さてあとは先発のヒサノリがどう7回まで乗り切るかだ、1点でいければ勝てるだろう。

後2回は、豊田とクルーンで様子見、そして越智ということになるだろう。

また西村が復帰したのがジャイアンツにとっては大きい。

来年は、越智と二人でストッパーをやっていければ良いのだが。

さぁ今日勝って日本シリーズへの切符を奪取しろ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、上原とガッツの活躍で勝利しました。

相性の問題で上原だったのだと思いますが、見事に役目を果たしてくれました。

これでこそ上原です。

ナイスピッチングでした。

あれだけ投げられれば文句なしです。

そしてそれを助けたのが小笠原ですね。

2本のアーチで上原を楽にしました。

ホームラン攻勢で中日を圧勝した試合となりました。

これで2勝1敗となり、今日はリーチを掛けた試合。

今日勝って明日につなげたいところですが。

内海がしっかりした投球が出来るのかが課題です。

コントロールに不安がある内海がどこまで投げることが出来るのかに掛かっています。


意地を見せることができれば勝てるでしょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて昨日は、セ・リーグのクライマックスシリーズが始まりましたね。

ジャイアンツと中日との間で。

この戦いの勝者がライオンズと戦うことになります。

第1戦は、中日がクルーンから点をとり勝利しました。

この試合は、グライシンガーがハンブルして失点をしたのが原因で負けました。

あのようなつまらないミスをしているようでは去年の二の舞です。

それを防ぐために補強した選手達が、つまらないミスを連発しました。
これは大舞台に慣れていないことの現われかもしれませんが。

クルーンにいたっては、予想通りの展開に。

さて今日は勝たないといけない試合、先発は山井なのか?川上か。

ジャイアンツは誰が来ても相手の先発をノックアウトして流れを変えるしかない。

そのためには打線の奮起が大事となってくる。

小笠原とラミレスに掛かるシリーズとなるだろう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
されレッズですが、やはりと言うか、その事態が起きてしまいました。

ガンバとの一戦で負けたし待ったのです。

今季を象徴しているかのようです。

新規の選手も余り機能していなかったのもありますが、監督問題でゆれた1年となってしまいました。

この敗戦でACL連覇も消えました。
世界と戦えるチャンスを逃してしまった。


これで残るは、Jで優勝できるかといことでしょうか。
ただそれは限りなく難しいことです。

ただ試合数が減ることになるでコンディションは整へやすくなるかもしれませんが。
これをチャンスと見て、体制を立て直すしかないでしょう。


ということでもう一つどうやら監督交代のようです。

エンゲルス監督が辞任となるようです。

浦和の売りの一つだった守備力もかげりを見せていたし、FW陣の機能があまりなかったのも大きいですが。

さて次期監督は一体誰になるのでしょうか。

報道では、一時オシムに要請していたようですが、断れたようです。

となるとドイツへ帰ったあの人が第一候補となるでしょうか。

今月再び来日する予定があるとか。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてみなさんもご存知のように、今巷ではWBC監督問題でゆれています。

それはなぜかと言うと、言わなくてもお分かりですね。

えっ?

わからない。。。

それはこまりんこです。


なぜなら出来レースだと言う噂があるからです。


そうあの人が監督になる予定です。
誰あろう、星野氏ですね。

なぜ彼が監督をしないといけないのかまったく持って分かりませんが。

WBCをリベンジの場にしたいようです。

うん?

でも火中の栗を拾わないはずじゃ?

拾うのか?


ということでこれはイチローのメッセージがもとでさらに混乱をきたしているようです。


なぜ現役監督を候補から外すのか?

それに対して王さんは、理解をしめしていますが、おそらくこのまま星野で決まりでしょうね。

なぜならば、それは既定路線だからです。


先ほどリベンジと書きましたが、リベンジしたのは星野氏だけであって、選手は世界一になっているチームです。
リベンジの意味が分かりません。


もしリベンジしたいのならば、勝手にチームを作ってどこか違う国でやってください。

こんなところだろう。

だって関係ないでしょ、選ばれる選手にとっては。

個人的な問題をなぜ、持ってくるのか分からない。


とここまで長くなりましたが、実はもう一つ気になる発言が。


それは会議に出ていた、野村謙二郎さんに対してです。
なにやら会議で、所属チームの監督が出す選手を選べばいいとのことを言ったとか。


ノムさんがそんなことを言っていましたよね。


えっ?

どうして?

何で選ばれた監督に権利がないの?

そうしたら結局北京と一緒ジャン!

個人的にかっていた人だけに残念でなりません。

この発言が本当ならば、もう解説も聞きたくない。


もし自分が監督にらばれてもそんなことで満足するんでしょうかね、野村さんは?

密室で会議をしている感があるWBC監督問題。
もっとオープンにして、国民に分かるように監督を選んでもらいたい。


監督候補は、何も星野氏だけではないでしょ。
もっとふさわしい人がいますよ。

日本にはたくさん。


誰か?

それは、ノムさんでも良いし、原監督でもいいし。バレンタイでも。
問題は、チームとしてまとまることが出来るかってことです。

今のままでは到底そこまでは行かないでしょう。

なかなか決まらない監督人事がそれを象徴しているわけです。


力いれすぎたかな?(;´▽`A``
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。