STYLE OF

グラフィックデザインとファッション・・表面上のことと言われがちだけど、実はとっても中身のいる分野。その奥深さをちょっとでも感じてもらえると嬉しいです。


テーマ:
※前回の続きになります

「自信」をつける『考え方』とは

 ・物事に対し、何を思い、どう捉えるか
 ・事象に対し、どのように取り組むか



前者についてはこのBlog上でも これまでに多々語ってきたので
今回は後者「事象に対し、どのように取り組むか」


つまり、『思考の順序』(思考のプロセス)を
クローズアップしてみようと思います


そこで重要なキーワード
「思考の順序を逆にする」


多くの場合、まず何か提示されれば
「問題点」や「達成できる可能性の“高低”」を考えるのではないでしょうか?


それをできない理由にする



そうではなく可能性が 0(無)か 1%以上(有)か
それだけを考えて

「有」なら「できる」

→その障害となるもの「問題点」、
 その対策の成否の「可能性の高低」を考えて
 潰していく

 ネガティブな考えを後回しにする ということです


一つ例を挙げてみましょう
この『考え方』で好転した良い事例でしたので紹介させて戴きます

数日前のコンペの時の話です

担当者:「●●で●●な問題があるんだけど、
      それだけに相当難しいと思うよ?
      改善できる自信ある?」

 僕 : (即答)「あります、お任せ下さい」

→ その場で交渉成立


こんな感じでした

話を聞いて、こちらが出来ること・その裏付け
を数点話しただけ・・ものの20分ほどのことでした


決め手は何だったのか
後で話してくれました

「君みたいに自信のある人が少なくてね
 皆、しり込みしたり『はっきりしない物言いをする』
 だから『あります』と すぱっと言い切るのが気持ちがいい
 期待できる」



 できるかできないかその「確証」は正直ありません
 けれど「不可能」とは思わない

 ならば「できる」


このような思考回路

・・中小企業の社長さんと同じようなものですね


 「とにかくまず『できる』と言う やり方はその後で考える」


できない理由を考えるのは
「改善策」を考える時の“障害の可能性”として考えればいい

こうすることで、向き合っている時の
曖昧な態度や姿勢が消え
それが相手には「自信」と映るのです


 『考え方』は 態度や姿勢 言葉など
 アウトプット表現に表れます


考え方を変えるだけでも、結果は変わります



Please Click & Cheer me
in BLOG RANKING
人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

深井 学 by Glitter Styleさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「 ∟観点」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。