なでしこラジオ presented by 日本フードアナリスト協会

食の親善大使「食のなでしこ」が贈るなでしこラジオのホームページです。



時計2014年1月より水曜日19:00~20:29 生放送
ヘッドフォンFM Salus (84.1MHz)

フードアナリスト原アンナのなでしこラジオは、ここからお聴きいただけます


番組内容


フードニュースヘッドライン
1週間に起こった食関連のニュースをピックアップ。食の情報の専門家、日本フードアナリスト(R)アナリスト教会の横井理事長と一緒に鋭く切り込んで解説を試みます。
1週間分の食のニュースは、これを聞いておけば大丈夫。

週刊サルースジャーナル
特集。横浜市青葉区、渋谷、東京を中心に、新しい食の息吹、トレンド、面白い店舗や伝統の食べ物などを、飽くなき好奇心で「食のなでしこ」メンバーがレポートします。

なんでもフードランキング

松田陽菜子の「陽だまりフード研究所」

ドクターMegumiのラジオ診療所

原アンナのアンナの食べたい!

手紙番組へのメッセージをお待ちしています!
メールはこちら



番組で読み上げられた方には、もれなくなでしこラジオオリジナルステッカーをプレゼント!




テーマ:
今週は、全国1万3000人のフードアナリストの皆さんを中心に、
「岩手の食べ物と言えば?」というアンケートを実施しました。


岩手の食べ物と言えば?

1位 わんこそば 581票
2位 冷麺 293票
3位 じゃじゃ麺 106票
4位 かもめの玉子 68票
5位 乳製品 15票
その他 13票

合計回答数 1076票


みなさまからのお便りをご紹介します。


●タンスにゴーン(20代男性横浜)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。一度だけ岩手に行ったことがあります。ここの方言は、何言ってるのかよくわからず、食堂でオーダーしたモノと違うモノが出てきて首を捻ったことが思い出となっております。あんちゃん、ひなちゃんは岩手の方と話してどうでしたか。

●スナッピー(20代女性久留米市)

あんちゃん、ひなちゃん、銀座の銀河プラザは、関東にいた際に、元彼が盛岡出身だったので、よく行きました
岩手、盛岡は民芸品、工芸品に優れた街だなぁ~とよく思います
食べ物はやっぱ冷麺かな。
現在九州にいますが・・・九州の方からすると、岩手県は場所はおろか、あまり知名度が無いようで仙台と勘違いされています・・。
主人も私も盛岡育ちですが、岩手は広く豊かな街に思えてなりません。
もう少し、外に盛岡のよさ、岩手のよさをわかっていただけたらと思います。

●サッカーマン(30代男性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。
スポーツの試合で前沢にいった時
温泉の食堂で何気に食べた500円の牛丼の
あまりの美味しさにびっくりしました
場末の食堂程度の雰囲気でしたが今まで食べた
どの牛丼より美味しかったです
調子にのって次の年もいってみるとあいにく定休日で
もちろん、腹をすかせた野郎どもが
あの味を諦めることなど出来ようはずもなく
とにかく「前沢牛」と看板が出ているお店に入ってみると
メニュー表が
「梅コース20000円」
「竹コース30000円」
「松コース40000円」
といたってシンプルなこと、シンプルなこと…。
あわててコーヒーだけ飲んで退却してまいりました(汗)

500円の牛丼が美味しすぎて値段の概念が吹っ飛んでおりました
多分、店のヒトは大の男が20人も来てなにやってんだ?っと思われたことでしょう(笑)

●うしうし(名古屋市30代男性)

あんちゃん、ひなちゃん、岩手は僕のお気に入りの場所です。
久慈市内早朝営業の清水食堂さんで戴いた郷土料理「まめぶ」おいしかったぁ。
なんといっても北山崎の景観は忘れられません。
松島も城ヶ崎も東尋坊も能登金剛も
笹川流れも北山崎にはかなわないでしょう。
三陸鉄道北リアス線に一区間島越=>田野畑まで乗車しました。
遠野のりんごもおいしかったしわんこそば店の名前は忘れましたがおばちゃん達の優しさも嬉かったです。北上の回転寿司清次郎だったかな、うまかったなぁ。それと宮沢賢治のこと郷土の誇りとして思っていること感心しました。
私の住んでいるところからは10時間程かかりますがこれまで4回訪れました。
しかし岩手県は広い。まだまだ行きたいお気に入りの大好きな場所です。

●埼玉万蔵(大宮市40代男性)

岩手県盛岡市内に10回ほど行きました。花巻行きの小さな飛行機にガラガラのときは二三人の乗客しかいない時もありました。
私は生まれ故郷の次に大好きな街です!
盛岡冷麺は本当に大好きで、行く度に焼肉屋さんで食べてました!盛岡冷麺食べたら他は食べられませんね。
定年になったら盛岡に住みたいなあ。

●町田の58歳児より

まず思い浮かぶのは「わんこそば」ですね。
社員旅行で行ったわんこそばの有名店「東屋」の駅前店で、わんこそばを108杯食べた記録を持っています。最初から「煩悩の数108杯をやりとげるぞ。」と念頭において挑戦しました。わんこそばというのはだいたい10杯でかけそば1杯分とのことでしたので約11杯のそばを食べたことになりますね。まともに丼でたべると、とても食べきれる量ではありませんが、わんこそばになると周囲の目もあるので「いいところを見せてやろう」という気持ちと一杯の量が少ないので「これなら食べられそうだ」という脳の錯覚が結果的に記録に結びつくんですね。だからわんこそばのコツは脳をいかにだませるかということのようですよ。アンちゃんひなちゃん、脳をだまして100杯に挑戦してみませんか?ちなみに男性の平均は60~80杯、女性は30~60杯らしいですよ。


●【ゆかりん】

みなさん、こんにちは!
去年のことですが、高校生の甥っ子が岩手県に研修旅行にでかけました。
その際に、わんこそばにチャレンジしたのですが、見事に”100杯達成”!!
100杯を超えた人がもらえる認定証として、絵馬のような形をした記念札を自慢げに私に見せにきたのです。
男性でも、平均60杯ほどを食べるようですが、さすが柔道少年!
「家でもやりたい」と、意気揚々だったのですが、こればかりはお断りです(笑)
AD
いいね!(10)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週のフードニュースヘッドラインは、
(社)日本フードアナリスト協会が盛岡市のアグリフードヒルズ協会と提携し、
北東北食文化大使を創設するというニュースを紹介しました。

北東北食文化大使任命のために盛岡を訪問した際、
生産者の方々との交流する機会がありましたが、
そのときの様子について、改めて紹介しました。

北東北食文化大使、岩手ブランドの架け橋に

盛岡市のアグリフードヒルズ協会と東京都千代田区の日本フードアナリスト協会は提携し、北東北食文化大使を創設、食文化に造詣の深いフードアナリストを中心に今後、任命を任命予定です。


<その他のニュース>

● 熊本産のトマト、メロン、アサリの出荷量が回復

熊本県産の生鮮食品の出荷量が徐々に回復してきています。トマトやメロンはと東京都中央卸売市場の入荷量が前年同時期の実績を上回りました。アサリの入荷量も通常に戻りました。トマト、メロン、スイカについては2月~3月の好天で大きなサイズの商品が増え、出荷増に影響したと見られています。


● びっくりドンキー改装
外食チェーンのアレフが運営する「びっくりドンキー」は店舗の標準化に乗り出します。今後3年で老朽店舗を中心に60店舗を改装。従来の個性重視から、落ち着いた内装や広めの座席などで統一することで、急脚力を高めます。出展コストの上昇が一段落する東京五輪後の500店体制構築へ布石を打つと発表しました。


● 牛丼すき家のゼンショーHD、黒字40億円

牛丼店「すき家」を展開するゼンショーHDの2016年3月期連結業績は、最終損益が40億円の黒字となった模様です。昨年4月に牛丼を値上げして以降も客足が当初の想定ほど落ち込む事がなかった事が要因と見られています。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このコーナーでは、食べ物のトレンドや大切にしたい食べ物の思い出など、
様々な食シーンを彩るレストラン、食材、食品のちょっといい話を
原アンナが紹介・インタビューします。


今週は、1級フードアナリストの谷口信江さんにお話を伺い、
中目黒にあるモダンフレンチ、CRAFTALE(クラフタル)さんを紹介していただきました。
フードアナリスト協会認定講師で、2013年度 食のなでしこにも輝き、ご活躍されている方です。




※店情報
中目黒 【CRAFTALE(クラフタル)】

2015年9月オープン。
クラシックなスタイルをベースにオリジナルのメニューを提供するフレンチレストラン。
技を意味する「CRAFT」と、物語を示す「TALE」を重ねた店名には、
生産者・お店・そしてお客様で1つの物語を創作したいとの思いが込められています。
無機質に統一された内装に、ウッディ―なテーブルを配置した店内は、
シンプルでありながら自然や大地とのつながりを感じることができる空間。
また、目黒川沿いという好立地。コースメニューを堪能できます。
AD
いいね!(19)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
松田陽菜子の「ひだまりフード研究所」のコーナーでは、
心がほっと暖かくなるようなお話を、紹介しています。

今週は、「娘からのプレゼント」という話です。


俺は高校までずっと都立で給食だったし、大学も学食やらコンビニやらで済ませて来た。
母親の手作り弁当の記憶なんて、運動会か遠足、それも遠すぎて覚えてない。
就職しても、社食が当たり前で妻も俺に弁当を作ったことはない。

俺自身も、弁当箱持って歩くのも荷物になるし弁当への思い入れも何もなかったある日
今年中学生になった娘が、「はい。オヤジさん(←娘は俺をこう呼ぶ)」と
バンダナで包まれた弁当箱を手渡した。


「なんじゃ?これ?」と俺が言うと
「だって、今日オヤジさんの誕生日じゃん」と・・・・。
俺、絶句。
「何だ、お前弁当作ってくれたのかよ。食えるのか?」と、
恥ずかしさのあまり悪態をついてしまった。
だが、娘は「一生懸命、早起きして作ったよ」と笑顔だった。
素っ気無い顔しときながら、気になって弁当箱の中身を会社について確認したら
ご飯には、鮭フレークでハートが描いてあった。
おかずはハンバーグと、ウインナーと、ベーコンポテト。俺の好きなチーズも入っていた。
胸が詰まった。
2450グラムと小さく生まれてきた日のこと、夜中熱を出して夜間診療所に駆け込んだこと
運動会の徒競走で転んだこと、父の胸に幼い日の娘の姿がよぎる。
あいつ、こんなに大きくなりやがって。
娘からが作った弁当は幸せの味だった。

--------------------


誕 生日プレゼントってなにをもらってもとても嬉しいものですが、男性にとって娘さんの作ったお弁当は、成長を感じられてさらに嬉しいプレゼントになったのが 感じられました。男性の好物なものばかりを詰めたお弁当から、お父さんのことを大切に想う娘さんの愛が伝わってきました。相手を思って作るお弁当、素敵な 誕生日プレゼントだなと、暖かい気持ちになれました。
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週は、全国1万3000人のフードアナリストの皆さんを中心に、
「好きな柑橘類は?」というアンケートを実施しました。

好きな柑橘類は?

1位 みかん 563票
2位 グレープフルーツ 228票
3位 オレンジ 210票
4位 はっさく 89票
5位 レモン 72票
その他 96票

合計回答数 1258票

<みなさまからのお便りをご紹介します。>

●桃栗8年(30代男東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。柑橘類といえばレモンです。
中学高校時代、バスケットばかりやっていました。毎朝、母がタッパーいいれてくれたのがレモンスライスにハチミツをかけたもの。部活で疲れた体には最高でした。

●バナナ燃ゆ(40代男東京都)

あんちゃん、ひなちゃんは寝台列車に乗ったことありますか?
寝台列車と言えば小さい頃に寝台列車に乗る前に東京駅で買った冷凍みかんの事を思い出します。
たぶん寝る前に食べたと思うんですがはじめて冷凍みかんを見た気がします。

●ドンペロリン(40代男横浜市)

子どもの頃、近くにみかん園があり、よくみかん狩りに行きました。園の奥さんがみかんを絞ってホットジュースを作ってくれたんですが、体が温まるし、甘酸っぱくておいしかったです。

かずりんこ(20代女性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。聞いた話ですが、おいしい柑橘類の見分け方ってあるって知ってましたか。柑橘類には、温州みかん、甘夏みかん、はっさく、いよかん、などかんきつ類にはさまざまな種類がありますが、選び方は共通。皮肌のきめが細かく、横幅が広く平べったい感じのものほどおいしいです。背の高いとがった感じのものは避けたほうがいいみたいです。知ってましたか?

かにかに合戦(40代男横浜市在住)

イタリアに住んでる時に、よくレモン狩りに行きました。イタリアでは普通です。レモンはシチリアの近郊のバゲーリアという町が有名です。
農家がやっている民宿に泊まって山のようにレモンを持って帰りました。帰りのクルマはレモンの匂いでいっぱいでしばらく匂いが取れませんでした。

●木村かえる(20代女性)
最近、広島の友達にお土産でもらったはっさく大福が最近広島で人気らしいです。結構何店舗か作っているのよね。元祖だったり、弟子の店舗だったり、へぇ~~です。あんちゃん、ひなちゃんは食べたことありますか?
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。