なでしこラジオ presented by 日本フードアナリスト協会

食の親善大使「食のなでしこ」が贈るなでしこラジオのホームページです。



時計2014年1月より水曜日19:00~20:29 生放送
ヘッドフォンFM Salus (84.1MHz)

フードアナリスト原アンナのなでしこラジオは、ここからお聴きいただけます


番組内容


フードニュースヘッドライン
1週間に起こった食関連のニュースをピックアップ。食の情報の専門家、日本フードアナリスト(R)アナリスト教会の横井理事長と一緒に鋭く切り込んで解説を試みます。
1週間分の食のニュースは、これを聞いておけば大丈夫。

週刊サルースジャーナル
特集。横浜市青葉区、渋谷、東京を中心に、新しい食の息吹、トレンド、面白い店舗や伝統の食べ物などを、飽くなき好奇心で「食のなでしこ」メンバーがレポートします。

なんでもフードランキング

松田陽菜子の「陽だまりフード研究所」

ドクターMegumiのラジオ診療所

原アンナのアンナの食べたい!

手紙番組へのメッセージをお待ちしています!
メールはこちら



番組で読み上げられた方には、もれなくなでしこラジオオリジナルステッカーをプレゼント!



松田陽菜子の「ひだまりフード研究所」のコーナーでは、
心がほっと暖かくなるようなお話を、紹介しています。

今週は、「3つのアンパン」という話です。
はじまり。はじまり。

-----------------------------
僕が大学生になり、上京し、一人暮らしを始めた時の話。
もともと家も裕福ではない家庭で育った僕は、両親に無理言って、大学に進学させてもらった。
そのこともあり、親から仕送りをほとんどもらわず、アルバイトで家賃や生活費を稼いでいた。だけど、大学生がアルバイトして稼げるお金なんてほんのすこし。
ぼろアパートに住み、食費も削り、今思うとかなり、貧しい生活だったと思う。


僕の住んでいたぼろアパートの近くには商店街があり、いくつものお店が栄えていた。その中に、パン屋があった。
特に繁盛している訳ではなかったが、そこのパンは美味しくて、地元のひとには愛されていた。もちろん俺もそこのパンがすきだったし、毎日でもたべたいくらいだった。


だけど、お金のなかった俺の財布の中身は常に空っぽ。たまに100円玉が入っているくらいだった。
だから、パン屋に毎日通えはしなかった。
100円玉が入ってる時は、軽い財布をにぎってパン屋へ向かった。食べたいパンはたくさんあった。でもいつも、1番安い80円のぱんを1つ買うだけ。



僕のそんな姿を見ていたオバちゃんはきっとさっしてくれたのだろう、ある日、
店のオバちゃんが「ペット用にパンの耳どうぞ、パンの耳たくさんだから、もらってくれる?」って言って袋一杯のパン耳を僕に手渡した。
たぶん金のない僕を傷つけんようにペット用って言ったんだと思う。
実際、食事もちゃんととれてなかった僕にとって、とても助かるものだった。
3日は食いつなげる量だった。
家に帰って袋あけたらアンパンも3つ入ってた。
大好きなアンパン。ひさしぶりに、食べた甘いアンパンと、オバちゃんの優しさで胸がいっぱいになった。


あれから10年以上だって、僕はもう社会人になった。家も引っ越して、あの商店街にはもうそれ以来、訪れていない。
けど、アンパンを見るたび、オバちゃんのことを思い出す。あの時の甘いアンパンは絶対忘れない。
オバちゃん、ありがとう。
またオバちゃんの店に行きたいな。



-----------------------------


優しいパン屋さんのお話でした。
男性を思いやってくれたオバさん、の営むパン屋さんが、地元のひとに愛されていた意味がよく分かりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週は、全国1万3000人のフードアナリストの皆さんを中心に、
「お父さんの料理といえば?」というアンケートを実施しました。

お父さんの料理といえば?

1位 チャーハン 205票
2位 カレー 192票
3位 焼きそば 159票
4位 ラーメン 128票
5位 そば 39票
その他 114票

合計回答数 837票

その他の回答
おにぎり、お好み焼き、目玉焼き、豚汁など

みなさまからのお便りを紹介します。


●焼きそばパンマン(30代男性東京)

お父さんの料理といえば焼きそばでしょうか。
普段台所に立たない父親が焼きそばに限っては両手にフライ返しを持って、焼いていたのを思い出します。何か思い入れがあったのか、今度実家に帰った時に聞いてみます。


●バナナ燃ゆ(40代男性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、おばんです。
私の家族は、母のほうが残業が多かったので父親が毎晩夕食をつくってくれてました。
おでんは朝に作っておいて夜は暖めるだけで簡単&味がしみてておいしい
カレーは必ず週1回
野菜が少なくて母親にたまに文句を言われる
常に大皿でだす
などいろいろ思い出があります。今思えば父も苦労してたんだなあ、と感謝の気持ちです。

●かにかに合戦(横浜市)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。2年まえに旅立ってしまいましたが父の趣味は狩猟でした。父がしとめてくるきじ料理がすきでした。今は伐採が進んで森がなくなって、きじもいません。でもたまに居酒屋できじ料理が出ると父の味を思い出します。思い出の味っておぼえてるものなのですね。あんちゃん、ひなちゃんのお父さんの味って何ですか?

●昭和っ子(50代女性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。父の料理の思い出といえば、土筆です。
小学生のころ、学校帰りに田んぼ脇に生えた土筆をたくさん摘んで帰りました。
特にどうしようと考えていたわけでは無く、ただ摘むことが楽しかったのだけど・・・
帰宅後、摘んだ土筆を家に置いて遊びに出かけて戻って来たら・・・
その日ちょうど休みで家に居た父に『バター炒め』にされた土筆がテーブルに乗っていました。
土筆が食べられる物だと知らなかった私は驚きました(笑)
内心は『私のつくしに何するんじゃ~?!』と思いつつ、言葉が出ずに口をぽっかり開けていたと思います(笑)
父はニコニコしながら「いっぱい摘んだな~♪上手いぞ♪食え~」と。
その日、初めて土筆を食べました。美味しかったです(笑)。
今では、土筆も中々見かけないし、見つけても流石に摘む気になれない(衛生面で)ので貴重な体験です。あんちゃん、ひなちゃんは土筆、食べたことありますか?

●戸惑うペリカン(40代女性東京都在住)

父の思い出はリンゴジュースです。子供の頃に私が風邪をひいて熱を出すといつも擦ったリンゴを絞っただけのジュースを飲ませてくれました。
当時は家のことはすべて母に任せて深夜や明け方まで遊んでいるなんてことがよくありました。
そんな父がいつも風邪の時に限ってリンゴジュースを作ってくれていたので、実は風邪をひくのが楽しみでもありました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週のフードニュースヘッドラインは、
来年からビールの税金が引き下げられる、ということもあって
ビール各社がビールを増産し始めている、というニュースについて解説しました。

・また再びのビールへ

ビール各社が発泡酒や第3のビールから、ビールに回帰する動きが鮮明になってきました。税制改革で2017年からビールの税率が引き下げられるという観測が追い風になっています。

<その他のニュース>

・豚肉、1年4ヶ月ぶり高値

国産豚肉の卸値が高値となっています。東京食肉市場の指標となる加重平均卸値は6月上旬で1キロ700円台と、1年4ヶ月ぶりの水準に上昇しました。5月上旬からの上げ幅は2割に達しています。供給がやや減っているのと気温の上昇に伴い焼肉屋中元用の加工原料需要が増えたためと言われています。

・ロックフィールド最高益16億円

惣菜販売のロックフィールドが9日発表した2016年4月決算は、純利益が前の期比37%増の16億円でした。健康志向や産地をアピールした高付加価値商品が好調で客単価が上昇し、売上高に占める原材料の比率が低減しました。

・マクドナルドが無料Wi-Fi

日本マクドナルドは7月末までに全店のほぼ半数にあたる約1500店に無料の公衆無線LAN「Wi-Fi」を導入します。スマートフォンの利用者が増えて無料Wi-Fiのニーズが高まっていることに対応します。2020年の東京五輪に向けて増える訪日外国人客を取り込む狙いもある、との事です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
松田陽菜子の「ひだまりフード研究所」のコーナーでは、
心がほっと暖かくなるようなお話を、紹介しています。

今週は、「お母さんのお弁当」という話です。
はじまり。はじまり。

-----------------------------
高校生の頃とにかくバイトと遊びではしゃぎまくってた。
無免で中型乗って警察に捕まったりしてお母さんに迷惑かけまくった。
バイトもキャバクラと他に掛け持ちして学校も公立の普通科で超多忙で
通学費だけは自分で払ってた。
そんな中、高2~3までダイエットと忙しさで拒食症になった。
すごいガリガリになって普通の生活が、辛くて眠くてイライラがずっとあった。
でもバイトも学校もしっかり行っていたが、毎朝おかんが作るお弁当を
全く食べずに家においていったままにした。
ほとんど食事をとらず友達にも、家族にも相当心配かけてた時期。
家族との仲に溝ができて、会話がほとんどなかった。
しかしやっぱり人間の本能。
いずれ食欲は出て来て、普通の生活が出来るようになり、今ではその反動がきてるw
拒食症の症状も軽くなった頃の高校卒業間際、学校最後のお弁当がある登校日。



久々の朝の会話
「お弁当忘れてるよ。」
その日学校で丁寧に包まれたお弁当ばこを開けた。
母からの手紙が。
あなたがダイエットをする頃から
母はお弁当を作らなくなり、
悲しいような…楽チンだったような…
一時期は本当にどうなるのか不安で仕方ありませんでした。
たくさん心配かけることをしてくれたあなたですが、体だけは健康にね。
いずれあなたにも子供ができて、文句を言いながらお弁当を作る様子を
思い浮かべると笑っちゃう。
でもあなたはママの娘。何があっても大丈夫。これからも頑張ろうね。
学校で泣いた。友達に自慢しまくったw泣きながら手紙入ってるよーって。
そのお弁当には私の大好きな、母の手作りだし巻き卵焼きが入ってました。
うちのお母さんは本当に料理がうますぎて、ピザも生地から手作りで、味噌とかも家で作ってます。絶品。
今私は19歳。
就職して1人暮らししています。
お母さんのお弁当、
なんでなんでもっと欲張って食べなかったんだろう。



人生最大の悔い。
今更だけどお母さんのお弁当って
どれだけあったかくておいしかったのか
思い知らされました。
あの愛情に勝てるものはこの世にないでしょう…
お母さんみたいなお母さんになることが私の夢です。

-----------------------------

お母さんからの手紙、愛が詰まっていてとても感動しました。高校生の多感な時期で親に沢山迷惑をかけてしまったかもしれませんが、お母さんはすべて受け入れてくれていたんだろうなと感じました。今回の女性は19歳で、私と同い年だったので、お母さんに対する、さまざまな感謝に共感できて感動しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週は、全国1万3000人のフードアナリストの皆さんを中心に、
「好きなクレープの具は?」というアンケートを実施しました。


好きなクレープの具は?

1位 チョコバナナ 394票
2位 いちご生クリーム 274票
3位 ハム(チーズ)サラダ 130票
4位 カスタードクリーム 95票
5位 キャラメル生クリーム 88票
その他 53票


<みなさまからのお便りを紹介します>


●匿名希望(30代女性東京)

好きなクレープの具は、ちょっとマニアックですが、グリュイエルチーズとハムです。
グリュイエルチーズのナッティな風味とハムが、そば粉の風味と相まってなんとも言えません。
ガレット生地、それだけでは感じられない、そば粉の素朴で控えめな甘みが、チーズとハムの塩気に引き出され、全体がバランス良く調和する組み合わせだと思います。


●アンナ・ドロン(20代男性東京)

僕にとって一番美味しいクレープは給食のクレープです。もちろん冷凍食品でしたが、それはふんわり焼き上げたクレープです。ほんのりヨーグルト風味のチーズクリームを包みました。チーズクリームの程良い甘さがおいしかったです。あんちゃん、ひなちゃんは給食クレープ食べましたか。


●おいとまけ太郎(30代男性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。クレープの生地にビールを入れるのは知っていますか? ずいぶん前に知り合いが、ドイツ人に教えてもらったと言う事で、クレープの中にビールを入れると大人クレープが出来る。。と言って作ってくれました。ちょっとパンの味が勝った感じの大人の味でした。あんちゃん、ひなちゃん、やったことありますか?
銀紙チェック(20代女性東京)
あんちゃん、ひなちゃん、クレープと言えば夏ですね。夏と言えばお祭り。そうです。私がクレープを食べるのは大体、花火大会。でもあまりいい思いではありません。クレープの中のアイスを落としてしまったり、財布なくしたり、迷子になったり。でもクレープを食べながら花火を見るのが何よりも楽しみでした。


●木村カエル(20代女性東京)

あたしの家は共働きで家に帰ったらいつも一人でした。
毎日、お菓子は台所に袋菓子を分けたものが姉の分と二つお皿に
置いてありました。今考えるとそれだけでも十分うれしかったはずなのに、
よその家では母親がケーキなど焼いてくれてるって思っていた私は、
作ってってわがままを言ってました。
休みの日、不器用でお菓子なんて作ってくれなかった母親がクレープを作ってくれました。
焼いたクレープ生地にチョコレートシロップをみたいなものを塗っただけのものでした。おいしいものではなかったけど、それが初めて食べたクレープでした。なんだかとっても嬉しかった。
クレープを見たら思い出します。
母親は今も元気で働いてます。今度、田舎に帰った時、覚えてるか聞いてみようかな。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。