なでしこラジオ presented by 日本フードアナリスト協会

食の親善大使「食のなでしこ」が贈るなでしこラジオのホームページです。



時計2014年1月より水曜日19:00~20:29 生放送
ヘッドフォンFM Salus (84.1MHz)

フードアナリスト原アンナのなでしこラジオは、ここからお聴きいただけます


番組内容


フードニュースヘッドライン
1週間に起こった食関連のニュースをピックアップ。食の情報の専門家、日本フードアナリスト(R)アナリスト教会の横井理事長と一緒に鋭く切り込んで解説を試みます。
1週間分の食のニュースは、これを聞いておけば大丈夫。

週刊サルースジャーナル
特集。横浜市青葉区、渋谷、東京を中心に、新しい食の息吹、トレンド、面白い店舗や伝統の食べ物などを、飽くなき好奇心で「食のなでしこ」メンバーがレポートします。

なんでもフードランキング

松田陽菜子の「陽だまりフード研究所」

ドクターMegumiのラジオ診療所

原アンナのアンナの食べたい!

手紙番組へのメッセージをお待ちしています!
メールはこちら



番組で読み上げられた方には、もれなくなでしこラジオオリジナルステッカーをプレゼント!




テーマ:
このコーナーでは、食べ物のトレンドや大切にしたい食べ物の思い出など、
様々な食シーンを彩るレストラン、食材、食品のちょっといい話を
原アンナが紹介・インタビューします。

今週は、1級フードアナリスト泰地由佳理さんにお話しを伺い、
休日のランチによく利用されるという、
浅草の老舗うなぎ店、前川さんを紹介していただきました。

前川さんのしょうさいはこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003666/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「週刊サルースジャーナル」では、
新しい食の息吹、トレンド、面白い店舗や伝統の食べ物などをレポートしております。

今週は、7月30日の土用の丑の日にちなんで、
栄養たっぷりで美味しいうなぎ料理について、お話を伺いました。

そもそも土用の丑の日になんで鰻を食べるようになったのか?

これは、日本では古くから、
丑の日には「う」のつくものを食べると夏バテしないという言い伝えがあったんです。

当時は「梅干し、うどん、瓜などを食べていた様です。
ある時、夏にうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋が、
江戸時代の蘭学者・平賀源内さんに相談したところ
「本日、土用の丑の日」という看板をだすようにすすめられ、
その通りにしたうなぎ屋さんは大繁盛店になりました。

このことがきっかけで、次第に他のうなぎ屋も真似した結果、
「土用の丑の日がうなぎの日」と定着したとされています。

本来、うなぎの旬は秋~冬ですけど、
夏バテ予防に栄養豊富なうなぎを食べるということは理にかなっているかもしれませんね。

疲労回復効果が期待されるビタミンAを始め、
B1・B2・D・Eやミネラル・DHA・EPAなど栄養が豊富なので、
真夏や季節の変わり目におすすめです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
松田陽菜子の「ひだまりフード研究所」のコーナーでは、
心がほっと暖かくなるようなお話を、紹介しています。

今週は、「カツ丼好きな母親」という話です。
はじまり。はじまり。

-----------------------------

大学に進学しなかった俺が、20代半ばで就職活動を始めた頃の話。
ある会社の正社員の面接行った。その時はもうその会社で20数社目で、高卒の俺を受け入れてくれるところはなく、全部駄目だった。



それで、その日は車でしか行けないところだったから、母親が仕事を休んで車を出してくれた。
母親は、俺が面接してもらっている間も、帰らずに駐車場で待っていてくれた。
出てきたのは、社長と人事課長。社長は、絵に書いたような怖い顔で。
面倒くさそうに履歴書見て「高卒で職歴なし?」
「バイトなら経験あるっていったって職歴なしは職歴なしだろう?」
「うちでそんなの雇うわけないだろ?もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」


面接どころか、きっぱりと切られてしまった。



車に戻ると母は面接には触れず、
「また寒くなるんだって、今ラジオで言ってた」
「ごはん食べて帰ろうか」って。
無言のまま、定食屋に入って、カツ丼好きな母親は、カツ丼頼み、食べていた。
そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃって。
いろんな言い訳考えた末に、正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。
そしたら母親が、
「今日のカツ丼、あんまりおいしくなかったね。今度はもっと美味しいの食べたいわ。」ていいだして、
「もっと美味しいカツ丼食べがてら、また送ってくよ。」
て言うんだ。
俺は申し訳なくて、目に溢れる涙を隠すのに必死だった。

あれから3年、あの後、内定をもらった就職先で今は働いている。初給料がでて、母親に美味しいカツ丼ご馳走したときの笑顔は今でも忘れない。
-----------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週は、全国1万5000人のフードアナリストの皆さんを中心に、
「好きな鰻料理といえば?」というアンケートを実施しました。


1位 蒲焼き 579票
2位 ひつまぶし 177票
3位 白焼き 43票
4位 肝の串焼き 20票
5位 肝吸い 12票
その他 28票

その他の回答(例)
鰻重、せいろ、うざく


☆ みなさまからのお便りを紹介します。

●イエス・ノー(40代男性東京)

「アルバイト募集」の貼り紙を見て、何も知らずに鰻屋さんに入ったのが
たまたま、なんと「土用の丑の日」。
彼はそのまま面接もなく、条件も聞かされずに、
てんてこ舞いの鰻屋さんを手伝ったのでした。
その鰻屋さんを紹介されたのは、彼の結婚式の当日。
もうとっくに、いいお父さんになりましたが、
今でも付き合いは続いているそうです。
土用の丑の日をきっかけに、長い長?い付き合いをしている
鰻のような…お話しでした。

●ぺこ (女性/東京/30代)

みなさん、こんばんは!
この時期になると、スーパーにもたくさんのうなぎが並びますね。
我が家は毎年、自宅でかば焼きを楽しんでいます。
我が家のオリジナルは、ごはんを酢飯にしていること。
「うなぎの押し寿司」のようにして食べています。
普通のごはんより、さっぱりしていて、紫蘇を間に挟んで食べると
香りも良く、モリモリ食べられます。
なんかパワーがつく感じがしておすすめですよ。


●れごりーた(40代男性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、これは、私が小学校に入学したてのころの話です。
夏休み、私は祖父に連れられて、姫路の街に映画を見に行きました。
映画を見た後で、祖父が私をうなぎやさんに連れていってくれました。
今から、30年ほど前の話ですから、その当時のうなぎといえば高級品で、めったに口にすることもできないご馳走です。
私は大変喜んで、わくわくしながら祖父の後について、うなぎやさんの暖簾をくぐりました。
さあ注文というとき、祖父が私にいいました。
鰻丼には、上・中・下の三つがあるけどどれにする?(並みだったかどうか、記憶があいまいですが)
うなぎの下というのは、うなぎのしっぽを使ってあって、ちょっと硬くて量も少ない。
うなぎの中というのは、うなぎのおなかの部分で、やわらかくて量も多い。
うなぎの上というのは、うなぎの頭の部分が使ってあって、大人が食べるとおいしいけれど、子供にはちょっと苦いかもしれない。
それに頭しか使っていないから、量も少ない。
と、こう前置きしたうえで、
さあ、どれにする?と私に聞きました。

私は、すぐに
「僕、中がいいや」と答えました。
純真?だった私は、その後中学生になるまで、ずっとそれを信じ込んで、いつも中を注文していました。
そして、親戚中でうなぎやさんに行った時に、その知識をひけらかし、大恥をかいてしまいましたとさ。
今では、いい思い出になりました。


●愛ちゃんママ(30代女性横浜)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。ウナギ、高いですね。スーパーで買ってたまにですが食べます。フライパンにクッキングシートをひき、鰻をのせてお酒をふりかけて温める。お酒は大さじ3杯くらい。お酒が蒸発するくらいまで暖めます。食べるときにもう一度もらってきたタレを塗ると、暖かくてたれにコクも加わって美味しいですよ。高いものだから一番美味しくして食べたいですね。
こてっちゃん(40代オトコ東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。うなぎのさばき方について少し。
商人の町である関西では、「腹開き」にすることが多いようです。
「はらをわって・・」という商売気質らしさがでています。
武士の町である関東では、「腹を裂くとは何事か!」と、「背開き」することになったとか。
なんとも、武士の町らしい話ですが、江戸の小噺にでもでてきそうですね。
うなぎ包丁も地方によって様々な形があります。あんちゃん、ひなちゃん、知ってましたか。


●かずりんこ(40代女性東京)

昔、浜松に住んでいました。うなぎが有名なので、遊びに来てくれた父が鰻を所望したのですが、私はそれほど好きではありませんでしたから、職場の方から聞いた鰻屋に連れて行きました。
その後好きになり、色々食べ歩きました。
数年後父は亡くなりました。
あの店にも、この店にも・・・色々連れて行きたかった。
今でもうなぎを食べると苦い涙がこみあげてきます。ほろ苦い思い出です。

●邪魔な手線(30代男性東京)

あんちゃん、ひなちゃん、こんばんは。名古屋にうなぎのひつまぶし、という食べ物があるのを知ってますか。あんちゃん、ひなちゃんは、普通のうな重とひつまぶしならどっちが好きですか?俺は食べ方にバリエーションが多いひつまぶし、やっぱ食べたいな。最近は東京でも食べられるようになってきましたね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週のフードニュースヘッドラインは、
泥沼化していたノンアルコールビールの知的財産訴訟問題について、
全面対決していたサントリーとアサヒが和解した
というニュースを取り上げて解説しました。


・ノンアルビール特許訴訟、サントリー・アサヒ和解

ノンアルコールビールに関する特許を侵害されたとして、サントリーHDがアサヒビールに主力「ドライゼロ」の製造や販売差し止めを求めた訴訟の控訴審は20日、知的財産高裁で和解が成立しました。


<その他のニュース>

・ウナギ味の近代ナマズ、イオンへ出荷

近畿大学は20日、開発したウナギの味に似たナマズの蒲焼をイオンが取り扱う事を明らかにしました。30日の土用の丑の日に向けて23日から順次、一部店舗では計7000食を提供します。ナマズの小売店での販売は初めてです。

・バター流通量、前年度並み

牛乳や乳製品の生産者団体やメーカー団体で構成するJミルクは22日、2016年度の需給予測を改定しました。冬になると店頭で不足しがちなバターは、国内の流通量が7万4800トンと、前年度並みとなっています。計算上は、バター不足にならない計算になりますが実際に小売店や町の菓子店に供給されるかはまだ不透明な部分もあります。

・日本マクドナルド株、15年ぶり高値

21日の東京株式市場で、日本マクドナルド株が一時、360円高の3875円まで上昇し、時価総額は5000億円を上回りました。株価、時価総額ともに15年振りの水準にまで回復してきました。任天堂のスマホゲーム「ポケモンGO」とのコラボが明らかになり集客への期待が広がっています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。