あなたの、あなたの目が怖い。

テーマ:
 ひとはなにゆえ他人のことを放っておこうとしないのだろうか。
 ひとはなにゆえ他人の暮らしに一枚噛もうとするのだろうか。
 HOTTOITE!!!
 梅子です、こんばんは。早いものでもう今年も終わります。そういえば何年も前のノーベル賞受賞した日本人の学者さんがマイクを向けられ
「LEAVE ME ALONE!」
 と叫んでおられましたが、ほんとそう。

 文集だとか鍵アカだとか色々と暴かれておるようですが、そのへんをここであげつらってもどうしようもないですし、昔から家の境の板垣を透かし、長屋の障子に穴を開け、などと逸話が残っているわけでもないがそうかもしれないと思うような業界のことなぞただの主婦がブログで嫌味を言ったところで蚊ほどの威力もないのですから、言わないことにいたします。
 そうじゃなくて、ご近所さんとかなんだとか、もっと身近なそのへんについて。
 住宅地の真ん中に夜中、救急車と消防車がやってきた場合。あっという間に家々の門灯が灯り寝間着姿の奥様ご主人様がぞろぞろ出てらして、サイレンが過ぎ去った後までざわざわと話し込んでいる(「こんばんは、冷えてきましたねえ…」「明日は雨だそうですねえ…我々も年寄りだから気をつけないと」「やっぱり心臓でしょうかねえあそこのご主人心臓悪いって言ってたから」)、そんな光景があるとしますねよくあります。
 そっとしとけよと思うのです。けれど、どうしてでしょうね、「あの晩顔を見せなかったあのおうちのひとは冷たいひと」というひそひそ話が、床下に満ちる湿気のようにじわりと広がっていくものなのです。
 我々は心配しているのです! 心配してくれてありがとうございます、ひとってやさしい!
 自然に湧き上がるべきそれらの感情を、何かのポンプで一生懸命どこかから引っ張り出してきているような気がするのです。
 それと同じようなところに、「放っとかない」はあるんじゃないかなという気がします。
 町内で浮いている変人一家があるとして、彼らが事件の加害者になっても、被害者になっても、
「なんだかね、そのうちこうなるような気がしていたのよ」
 というようなひそひそはやってくるのでしょう。
 彼らが何かで有名になれば
「ちょっと変わったひとだと思ってたけど、やっぱり才能あるひとは違うものなのねえ」
 なんてひそひそも出てくるのでしょう。

「わたし、あのひとのこと知ってる!」

 知らないということは不審であり、開けっぴろげは安心なのである。ひとが知らないものを知っているというのは安心の独占販売といったところであろうか。ひとことごめんくださいよと声さえかければずるずる縁側から出入り可能ないなかのおうちは、死後一年気付かれずなどということにはならないのではないかと思うのです。そこで鍵をかければそのおうちは「変!」ということになる。変は不審であり、安心のためにひとの手によって暴かれる。

 書いてて滅入ってきました。ただこのご時勢に、鍵をかけずにお出かけできる地域なんて限られていて、普通に鍵をかけ門扉を閉めてお出かけするおうちばかりのご町内で「町内の連帯が」「助け合いが」などと言うても矛盾しているのではないかと思うのです。
 両方望むのは、欲張りだと思うのです。
 自分が鍵をかけるのであれば、他人の生活を少しほったらかしておく。
 家と家との間に塀が配されているのはなんのため。

 つまり、ママ友って響きがわたしは怖い、ということなのであります。
AD

忘れた頃に。

テーマ:
 よそ見していたら四年近く経過してました。皆様お元気ですか。そうですか。こんなに寒くても腐るものは腐るあたり日本は温帯なのだとしみじみ。
 変わりましたね。色々と変わりました。何が変わったって、子供のサイズが変わりました。わたしのサイズも旦那のサイズも変わりました。お薬の量も変わりましたし病名も色々増えました。
 変わることは、生きるということ。
 変わらないのは足の小指をぶつける角くらいのものであります。

 近頃青い鳥にのせてぶつくさぶっ飛ばしてばかりいたのでブログって何書いてたんだっけと暫く悩みました。
 丸々としていた子が人間の形になり、息子など就学前から腹筋六つに割れており、おかげでわたしはまいにち大半を台所で過ごしているというあたり変わらずにおるわけです。
 妖怪、お米とぎ。

 息子は竜太郎つまり父親を、兄弟とおなじポジションとして認識しているようでして、買い物に行くと自分ら姉弟の分に加えて「おとーさんのおやつ」と言いながら、あたりめだの柿ピーだのを籠に入れます。ベビースターを食べるときは「おとーさんみたいに食べる」と言いながらベビースターを飲んでいます。
 そんな彼のお気に入りは「焼き林檎+近所のパン屋さんのめちゃめちゃおいしいクリームパン」です。
 昨日は風邪っぴきなのに給食のメニューを確認して登園いたしました。「ぎゅうにくおいしい」と言い残して。
 矢鱈味にうるさいのです。
 肉も部位で好みが分かれます。野菜は唯一苦手なほうれん草も調理法次第で食べます。お魚はアレルギーが発動してしまいましたが、臭みがなければ食べることはできるそう。
 臭みがなければ。
 臭みがなければ。

 肉の脂身のにおい、魚の脂のにおい、古い油のにおい、中途半端に火が通ったキャベツのキャベツくささなど。

 誰に似たんね。

 一家それぞれめんどくさい我々ではありますが、今年も進化を続けます。

 尚、明日のお昼はトマトリゾットのリクエストが入りました。
 頑張ります。
AD
あたしと俺の骨。-20110308164837.jpg

あたしと俺の骨。-20110308164815.jpg

【ミニハンバーグ】
昨日の残り半パックの挽き肉を、たまねぎと赤ピーマン混ぜてハンバーグにしました。直径4cm。真ん中に、ダイスに切ったチーズを埋め込んでます。

【塩きのこ】
しめじ1パック(半株)
エリンギ1パック(3本)
えのき1袋(普通のサイズ)
塩小匙1ちょい強(心持ち、盛る)
切ったり割いたりほぐしたりしたきのこと塩を混ぜ、ラップかけてレンジで3分。取り出してまた混ぜ、あら熱をとって冷蔵庫へ。
応用がききそうですし簡単に出来るので、恐らく我が家では頻繁に作ることになりそうです。
AD

ど近況

テーマ:
気付けば6月なんである

一家揃ってわたしの実家へ引っ越し
母と亭主が同じ会社勤務となった次第
なにこのサザエさん



現在わたしの肺炎は殆ど治ったと思われるのですが
むすめが幼稚園か何処かで水ぼうそうを拾ってきた疑惑
むすこは火曜に熱を出し、怪獣大小揃えて近所のじいさま先生の医院へ連れて行き
其処でむすめの赤いぷつぷつに言及されたものの
たまになにもなく蕁麻疹を出す子なので気にとめて居らず

したら水膨れ
おまけにものもらい状態
眼のまわりは掻き壊してどうも広がりつつある模様

ついてないというか
事故づいてるというか



遣りたいことも
遣るべきことも
捗りませぬ



そんなもんかな厄だもの
厄だものと云うてあたまを低くして通り過ぎようと企んでおる近況でございました



土曜日は
不動産管理会社に夫婦で立ち向かいます

ああ言って遣りたい
昔おまえんとこ取引あったんだよと
ぜんぶ知ってるぜと
たぶん言わんけども

テーマ:
あたしと俺の骨。-20100507185847.jpg

色々あった夕焼けと今宵の血痰

守られ愛され繋がって居て
お互い様がんじがらめのリボンだとして

すべてわたしが引き受けるから
きみには
きみたちには
今後少しのイタイも感じてほしくない
そんな有り得ないわがまま

でこぼこは続くけど