【2014年の終わりに。】
 
この1年は挑戦してもなかなか努力が実らず、
結果に苦しむ日々が続く前半でしたが
それでも私の周りには、
応援してくれる方や仲間がいたので頑張ることができて、
後半になってようやく見えてきたものがあったような年でした。



そんな1年間を振り返っているとつい先日、
両親からの教えで大切なあることに気が付きました。


それは
【いいものを長く、大切に使いなさい】
ということです。


この言葉は、幼い頃からよく言われました。

「欲しい!!」
というと
「本当に欲しいの?」
「これは長く使えるの?大切にできるの?」

と。

そしてYesを伝えると
「じゃあ、いいものを買ってあげるから、長く大切に使ってね。」
と与えてもらっていました。

ランドセルも質のいいものを買ってもらえたので大切にして
(なるべく傷つかないようにして、
置き場所は一定のところにするなどして使用したり)
ピアノも当時はほとんど練習しなかったのに
いいものを買ってもらったから大切にして
家こそ一生ものなので、
いい場所へいい家に住ませてくれたりしているなと。


なので気がついたら私は、
何かを判断するときに
《これは長く、大切に関わっていけるのか》

ということを軸に考えられるようになっていました。


ただ、頭でわかっていてもNoが言えないという自分の不甲斐なさから
人へ迷惑をかけてしまうこともありました。


けれどそのようなことを、自分も体験することによって
本当に大切なものが何なのか見えてきました。


感情で走らない。
本質で考える。



自分が信じた ひとやもの、そして環境に
【選択と集中】をする。


2015年はそんな1年間にしようと思います^^*
AD