SAI dining *おうち薬膳*

野菜の菜、おかずの菜、彩りの彩。
おいしいSAIをいろいろ発信して行きたいです。
中医薬膳士の知識も使って体によくてきれいになれる
野菜たっぷりのヘルシーなレシピをご紹介。
脂肪・糖分を極力押さえて低カロリーなのでダイエットにお勧めです。

レシピブログさんで連載始めました。










4月はキッチンメーカーのクリナップさんのサイト、
Dreamia Club
のサロン検索サイト、Dreamer
ピックアップサロネーゼ
に選んでいただき、
4回に分けて教室のご紹介をいただいています。





お問い合わせはこちらのメールフォーム
からお願いいたします。


現在渡米研修中のため、薬膳おもてなし教室はお休みをいただいております。

コラム執筆、薬膳メニュー監修などのお問い合わせは shimizu_yakuzen@yahoo.co.jp までご連絡ください。
   
教室HP
La Table de Eri

2013.7月号のSALUSにてご紹介いただきました。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村
ランキング参加中。
よかったらぽちっと応援お願いします。

マイナビウーマンさま、美レシピコーナーにてレシピコラム連載中です。

第1回は美肌や冷え症に効く、おもてなしにもぴったりの
クイックローストビーフ。

第2回体を中から温め、アンチエイジング効果も高い
サーモンのサクサクジェノベーゼグリル

第3回は美肌と潤いに
とろ~りチーズのサルティンボッカ
第4回は五臓の働きをよくし、美肌にいい
クリームチーズとサーモンのふわとろオムレツ

第5回は脂肪燃焼スープ
第6回は胃腸の働きを活性化
カリカリ小梅ピクルス
第7回は話題の大麦でデトックス
大麦の塩レモンサラダ
第8回はミネラルたっぷり美肌&デトック
ゴーヤココジュース
第9回は楊貴妃も愛した?美肌デザート
梨と白キクラゲのぷるぷるジュレ

よかったら見てみてくださいね~。
料理教室検索クスパ

テーマ:

レシピブログ連載、

体にうれしい!おうちで楽しむ♪薬膳ごはん、更新しました。

 

今年は日本も猛暑になりそうということで、夏バテ対策にぴったりのドリンクですラブラブ

 

 

中国でも昔から不老長寿の果物と言われ、五果の一つでもある桃。

 

薬膳では体に潤いを補う食材ですが、潤いだけでなく、

エネルギーの元となる「気」も補ってくれます。

 

汗を掻くと水分とともに「気」も消費されます。

それが夏バテの原因の一つ。

 

夏が旬の果物や野菜は体を冷やすものが多いのですが、

桃は温性なのもうれしいポイント。

 

つい摂りすぎる冷たいもので冷えた胃腸や体に優しいのです。

 

そんな桃を使った夏バテプラス美肌&夏冷え対策にオススメのレシピはこちらからどうぞサゲサゲ↓

 

夏バテ対策に、美肌に!桃のビネガードリンククリック

 

夏の薬膳 桃と冬瓜の冷製スープクリック

過去レシピではこんな爽やかスープもご紹介しています。

おもてなしにもオススメ!

 

ぜひお試しくださいね~。

 

ご訪問ありがとうございます。

ポチッと応援していただくと喜びます。


にほんブログ村クリック

 


にほんブログ村クリック

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先月ナパダウンタウンにオープンしたIzakayaスタイルのレストラン、ミミナシに行ってきました。

ベイエリアには美味しいカジュアル和食が多いのですが、ナパは日本食death area.
ちょっと期待してしまいます

{793CD465-5749-4805-8BF2-00105FD2A6BA}

スタッフはみんなこのミミナシT-shirt。

オープンしたてなのと、シェフがナパの人気レストラン、Oenotoriの前のシェフとのことで、話題性もあって予約でいっぱいです。

ナパエリアにはここと、来月あたりにもIzakayaスタイル?の焼き鳥レストランがオープンするのですが、
両方ともシェフはアメリカ人。

サンフランシスコでもアメリカ人シェフのお寿司屋さんや和食のニューオープンが続いています。

{A9965BE4-8FFE-4035-B9E7-19628994665C}

SF eaterによると、神社をイメージした内装。
天井が高く、明るい雰囲気です。

{F2192C43-D86D-4EC7-8E9B-D68F770C7BAB}

焼き鳥が看板メニューの1つで、炭火焼グリルの前もカウンター席になってます。

{06F0BB00-600C-47A0-94C4-93FD134B7A11}

お通しは出汁スープ。

かつお節がそのまま入っているのが、
日本人的には微妙…

{0D5A9495-2B4C-4563-BA55-3C1D5645D1C0}

Little Gem Lettuce のサラダ。
3色のカリフラワーとスナップピー、ブルーレイクインゲンの味噌ドレッシング。

シャキシャキ甘みのあるレタスに
香ばしく炒めたカリフラワー達。

ボリュームもあります。

和食というより、Japanese Taste のカリフォルニア料理かな?

{976E94A5-3F22-4E1F-AB31-3E6867B8E744}

Binchotan Grilled Squidと日本きゅうり、アボカド。

備長炭炭火焼のイカと見て、
丸焼きみたいなのかと思ったら、
イカとはかなりのミニサイズ。

アボカドぎ強くて、あまり炭火の風味はしません…
ちょっと残念

{1C4068A8-C776-46C5-B97B-819C7AD61B8D}

Shredded Cabbageサラダ。
さっぱり。

{773C48CB-14D0-4BF3-8CB1-74DE02DB457F}

焼き物です舞茸。

基本的には1オーダーで2本です。
これは備長炭ならではのおいしさ!

{7FDD69FA-99A2-4FE9-B783-D2940DB71524}

鶏胸肉。

ふっくらやわらかくてこれも美味しかったです。

{7B24D360-28ED-4A11-9457-BC1EBEE879EE}

醤油ラーメン。

巨大な海老しんじょ入りで、柚子の香りがします。
麺は黄色のちぢれ麺。

かなりオリジナルです。

{02D06F60-A137-440A-A931-0F2D641A8F05}

こちらがメニュー。
週替わりくらいで変わりますが、焼き鳥は定番です。

{DFCD2602-0F4F-4D11-91C4-6759D98B43EC}

こちらの売りの1つはデザートの抹茶ソフトクリーム。

これはテイクアウトもできるみたい。

{0C2B29D0-C134-4CB5-832D-E007C4FB001F}

日本の居酒屋を期待すると、全く違うし、
日本人からすると和食でもないですが、
アメリカ人には受けそうかも。

アメリカ人のクラスメイトは結構気に入ってました。

お値段もナパ価格ですが、
サラダは2人でシェアしてちょうどいいサイズです。

ご訪問ありがとうございます。
ブログ更新が出来てませんが、
ポチッと応援していただくと喜びます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メディタレーニアンの3週間のブロックも終わり、今週からアジアンですが、ブログでは続きです

北アフリカに続いてはスペイン、イタリアの南ヨーロッパ、
そしてフランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ハンガリーのセントラルヨーロッパ、
それからイギリス連邦とかオランダとかをやり、
さらにロシア、スカンジナヴィアまでカバーしました。

数回に分けてレポします。

まずはスペイン。

{CBF65E38-90A3-42D3-B990-3C7CA8E010EF}

毎回レクチャーの時にテイスティングトレイで
特徴的な食材を学びます。

これはオリーブオイルとシェリー酒、
バルサミコいろいろ。

産地や製法の違うものを味比べ。

これだけいろいろオイルだのビネガーだのを試すのは正直キツイ

{CE851EC7-04ED-44A0-8429-AE57434FDA9B}

スペインといえばタパス!
ということで、一日目はタパスをいろいろ作ります。

シンプルで、シェリー酒に合う料理が多いのが特徴。


{18B25B0B-3F94-47ED-904E-D41604F1F9AD}

二日目はメインディッシュ。

パエリアは外せませんね!
各チーム違った種類のパエリアを作ります。
イカスミや、パスタを使ったパエリア、
代表的なバレンシア風にはウサギとシーフード、
Cured Porkがはいります。

手前のスープもスペインの代表的な魚とポテトのスープ。

強火で魚の骨からエキスを煮出すことで、
クリーミーな仕上がりになります。

{9B247A86-5563-4DEC-BE5D-8624EB1557A9}

{28C359D6-E873-4CE0-B6E0-7CB1CA2436C3}

スペインの次はイタリア。

イタリアも地方によってかなり特徴がありますが、
ざっと南部、中央部、北部の地域に分けます。
 

{A5C73FFC-461B-4A85-8C6F-0EDF5A0FEBEF}

この日はチーズやまたしてもオリーブオイル、
牛の生ハムなどテイスティング。


{C82E29A5-5319-403D-8846-D3682EE9E431}

北部は乳製品を多く使うので、
オリーブオイルよりバターだとか、
肉料理も多く、牛や豚の他、ウサギやベニソン、
野鳥なども多いです。

それから豆料理も。

パスタは乾麺より生パスタが多いということで、
手打ちパスタも何種類か作ったり、
ポレンタにワイルドマッシュルームを合わせたものとか。

馴染みのある料理から、あまり日本では食べたことのないものまで、楽しいです。

{6CF08714-D7AE-4D68-B2E7-5ED7E4583784}


南部はよりおなじみのものが多く
オリーブオイルや魚介類、野菜を多く使います。

肉魚より野菜やお豆が多くて、ヘルシーな感じ。
米より小麦文化ですが、パスタは乾麺中心です。

ピザは外のピザ窯を使って、
それぞれ余り食材でオリジナルを焼きました。

私はリコッタチーズにレーズン、松の実、レモンゼストのシチリア風。

仕上げにシチリアの海塩とオリーブオイルをふりかける香りの良いデザートピザです。

{6688CD3C-AF23-4FDF-B2CB-B09ED7643402}

2週間めともなると、
レフトオーバーの食材もかなり溜まるので、
チーズやシャルキュトリーは盛り合わせボードにしたり、
まかない的に即興の料理を作ったりと、
かなり自由度が高いです。

それも1年めとは違うところですね

あまりブログ更新が出来てませんが、
ポチッと応援していただくと喜びます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)