SAI dining *おうち薬膳*

野菜の菜、おかずの菜、彩りの彩。
おいしいSAIをいろいろ発信して行きたいです。
中医薬膳士の知識も使って体によくてきれいになれる
野菜たっぷりのヘルシーなレシピをご紹介。
脂肪・糖分を極力押さえて低カロリーなのでダイエットにお勧めです。

レシピブログさんで連載始めました。










4月はキッチンメーカーのクリナップさんのサイト、
Dreamia Club
のサロン検索サイト、Dreamer
ピックアップサロネーゼ
に選んでいただき、
4回に分けて教室のご紹介をいただいています。





お問い合わせはこちらのメールフォーム
からお願いいたします。


現在渡米研修中のため、薬膳おもてなし教室はお休みをいただいております。

コラム執筆、薬膳メニュー監修などのお問い合わせは shimizu_yakuzen@yahoo.co.jp までご連絡ください。
   
教室HP
La Table de Eri

2013.7月号のSALUSにてご紹介いただきました。


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村
ランキング参加中。
よかったらぽちっと応援お願いします。

マイナビウーマンさま、美レシピコーナーにてレシピコラム連載中です。

第1回は美肌や冷え症に効く、おもてなしにもぴったりの
クイックローストビーフ。

第2回体を中から温め、アンチエイジング効果も高い
サーモンのサクサクジェノベーゼグリル

第3回は美肌と潤いに
とろ~りチーズのサルティンボッカ
第4回は五臓の働きをよくし、美肌にいい
クリームチーズとサーモンのふわとろオムレツ

第5回は脂肪燃焼スープ
第6回は胃腸の働きを活性化
カリカリ小梅ピクルス
第7回は話題の大麦でデトックス
大麦の塩レモンサラダ
第8回はミネラルたっぷり美肌&デトック
ゴーヤココジュース
第9回は楊貴妃も愛した?美肌デザート
梨と白キクラゲのぷるぷるジュレ

よかったら見てみてくださいね~。
料理教室検索クスパ

テーマ:
先週はワインクラス+サービスのクラスもあり、
木曜日にはプラクティカルの試験がありました。
10月からCIAのレストランで実際にサービスが始まるので、
これをパスしないといけません。

で、無事終わったので、
金曜日はクラスメートとテイスティングへ。

{01A75F56-2E89-4644-A87E-3C50C8C2C06C}

穴場といってもCalistogaタウンの29線沿いです。

でも、ここがテイスティングルームとは知らなかった!

{319EB605-0A51-491D-92F1-2AC7C4F49CC8}

ガソリンスタンドか車屋さんのような佇まい。

{15679008-F9C9-4E04-9EE5-E06094A47149}

Calistogaタウン自体古きよきアメリカンオールドタウンな雰囲気ですが、
こちらもそんな感じ。

{E4685EBC-6558-430E-A416-28E180FEF0E8}

{2589FD3E-8103-45E8-801D-F04C442DD156}

カウンターの右奥にはメンバー用の?
ナイトクラブ風の部屋があります。

私は後から合流したのですが、
みんながこのChardonnayを絶賛するので、試してみることに。

ボトルもおしゃれですが、
Chardonnayが苦手な人がよく言う
oakっぽさが強すぎず、フローラルな香りで
味わいはドライ、これはお寿司とかにも合いそうです。

{41CE64A2-6D7D-47A2-A091-16643BE6334D}

もう一本はオレンジワイン。

白ブドウを赤ワインと同じように
皮ごと一定期間抽出して作るようです。

これも美味しい!
こちらのはフルーティでフレッシュなのに
ドライで香りも甘すぎないので、
food friendlyです。

{3C0F9E10-1E79-42A3-AAA3-408EBD3B51C6}

久しぶりにクラスメートとリラックス

ご訪問ありがとうございます。

ポチッと応援していただくと喜びます。


にほんブログ村クリック

 


にほんブログ村クリック


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週からワインクラスが始まりました。
たった3週間で世界の主なワインカントリーをカバーしようという、
ブートキャンプ的なクラスです。

{419730C2-E5DE-447D-A30D-F0DAB1FAC9C4}

初日はブドウ栽培やワインメイキングの基本の基本と
テイスティングのことについて。

そして毎日6種類ずつテイスティングをします。

{DCAECB84-6EB1-4BA2-A781-F9BBF89D5A47}

まずはブラインドテイスティングで
先入観なしでアロマや味の特徴をつかむ練習。

{ED18AC07-2493-42F3-B7F7-EE5887F67931}

{03E5D9D6-D22E-4C2C-8D58-984F55A0B407}

{E06246A3-47D5-4711-B231-C6FD9B49FBB7}

アルコールがダメなので、始まる前は不安でしたが
うまくスピットするやり方を教えてもらって
味わいを楽しめるようになりました。

一週目はアメリカ、カナダのワインをカバー。
ワインカルチャーやそれぞれの特徴を知るのは
すごく面白くて、意外にもワインが好きなことを発見!

{A59EA3D9-78B3-40B9-9A4E-5FC2FD4FC249}

金曜日にはフードペアリング。
とはいっても、料理よりも、
どんな食材やフレイバーのものと合うかを知るために
食材とのペアリングです。

全部を試すと大変なので、
2人ずつ1つの食材について6種のワインとの相性を見ました。

私は醤油。

今回のワインにはどれも、恐ろしく合いません。
醤油の旨味成分がタンニンを強く感じさせたり、酸味を強調してワインの味わいのバランスが悪く感じられたのと、
白ワインの場合、醤油の醗酵臭を強調してしまいました。

よく、アスパラは難しいと言われますが、
チーズや生ハムとアスパラを合わせると
若いピノやリースリングといい感じ。

あと意外だったのが、甘口のムスカデが割とどの食材とも合ったのです。

今までも、ワインを飲めないと食の楽しみをミスしてると思っていましたが、
ワインも他のお酒も食文化の欠かせなパートだなぁと実感しました。

今週は南半球のワインとフランス、イタリアを終わり、
来週は残りのヨーロッパワイン、そして試験です。

ご訪問ありがとうございます。

ポチッと応援していただくと喜びます。


にほんブログ村クリック

 


にほんブログ村クリック



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ソノマの散策の後はこちらへ。

タウンスクエアから5分ほどのショッピングセンターの一角です。

{7FB310CB-C472-4766-AE27-8B197BDB6109}

Shiso Modern Asian Kitchen
http://www.shisorestaurant.com/

観光客はおそらく来ない感じですが、
アジアンレストランの少ないワインカントリーでは貴重です。

{BF2C1444-747A-4F11-85BA-DCD1265C1D0A}

カジュアルなアイランドリゾート風?店内。
パティオもあります。

{F6D912FB-A150-46D2-A99A-D1A884546FF5}

ちゃんとスシカウンターも。
ですが、こちらはオーナーもシェフもクックも日本人ではありません。

アメリカの田舎では普通ですし、
意外に悪くないところもあります。

{AE2FE164-16B4-4F47-9272-83DC29A48629}


{E317AC14-2A57-49A0-A6A1-846EF12085EB}

メニューはカリフォルニアン・アジアンフュージョン

{8BB6E834-F461-406C-9E07-F297B0E9F6D1}

酢の物サラダ

{FF1A03F1-7196-4446-B730-95550FA88653}

ヒラメ(Halibat)
梨(Asian Pear)とカイワレにポン酢風ソース

お魚の質が良いので嬉しい♪

{388C3FEC-5DAF-477B-A5EF-A55218EE957B}

Today's Specialの甘エビ

身はお寿司で、頭はフライ、アボカドサラダが添えられた
アメリカらしいプレゼンテーションです。

{944E1752-1EB5-4B2B-80F5-BF41D2D59E57}

Hoisin Pork Lettuce Cup
ホイスンソースは甜麺醤プラスオイスターソースみたいな味で、
アメリカ人に人気の味付け。

{940E550A-1FF7-4BEA-ADC2-ABC48AB8B55E}

タコも普段なかなか食べられないので、握りで。

こちらの嬉しいところはお米が美味しく炊けていることです。
whole foodsやほかのグローサリーでもテイクアウトのお寿司はありますが、
お米がべたっとしてるか、パサパサで
しかもぎゅうぎゅうと巻くので残念なお味のことが多いのです。
ナパ市内の某和食でもお米が残念だった経験が…

サンフランシスコやバークレー、
さらにもっと南では美味しい和食も多いですが、
うちから40分圏内で悪くないお刺身とごはんが食べられるお店は貴重です。

これだけ和食のお店は人気なので、もっと多くても良さそうですが。
ワインクラスでフードペアリングをした時に
醤油が恐ろしくどのワインにも合わなかったので、
そのせいかもしれません

ご訪問ありがとうございます。

ポチッと応援していただくと喜びます。


にほんブログ村クリック

 


にほんブログ村クリック

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)