離婚後300日問題-民法772条による無戸籍児家族の会

離婚後300日問題、相談無料。
この世から『無戸籍児』をなくしたい・・・
心からそう願っている、家族と支援者のブログです。


テーマ:


民法772条


① 妻が婚姻中懐胎した子は、夫の子と推定する。

② 婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。




民法が施行されたのが明治29年、遅れること3年、明治31年(1898年)、家制度  (wikipedia参照) がはびこる時代に、父子関係を確定し、子供の福祉と権利を守るために772条が制定されました。


ちなみに家制度は昭和22年に廃止されましたが、この772条は110年前に制定されてからほとんど改正されていないヨボヨボ民法です。


例えば、身重の状態のお嫁さんが婚家を追い出されても、子供の父親に扶養義務をきちんと負わせるようにという趣旨らしいですが、跡継ぎが居ないと 『お家断絶』 と言われた時代のことですので、生まれた子供は家のもの・・・という解釈もあったのかもしれませんね。




①の婚姻中に懐胎・・・これは夫婦間ならあたりまえの事ですよね。

しかし、妻が夫以外の男性との間に子を儲けた場合も同様に扱われてしまいます。

離婚調停が長引いていた、離婚を前提とした別居中だったというような、事実上夫婦関係が破綻していたような場合でも、妻の不貞行為によるものであっても、一律 『夫の子』 として扱われ、有無を言わせず夫の戸籍に入ってしまうのです。


夫は、その子の出生を知ったときから1年以内に「嫡出否認」の訴えを起こし、自分の子ではないと調停や裁判で証明せねばなりません。

出生を知らないまま1年以上経ってしまったら、訴えることができなくなります。

結果として、「夫」には他人の子供の扶養義務が発生することになります。

「夫」にとったら忌々しき問題ですよね・・・


一方で男性は婚姻中に他の女性との間に子供を儲けた場合、認知という方法で我が子と認めることができます。

しかし、女性が婚姻中の場合には、胎児認知や生まれたわが子を実の父に認知してもらうことは認められてはいません。

男はいいけど、女はダメという事なんでしょうか???



では、②の前項、婚姻成立の日から200日を経過した後・・・おや?っと思った方、鋭い!

いわゆる、できちゃった婚のことです。

文面通り解釈すると、妊娠が分かってすぐに婚姻届を提出しても200日に足らず、夫の子とされない・・・という事です。

ですが、できちゃった婚が多発した昭和15年(1940年)に自治体の質問に回答した民事局長の見解は、「結婚中に子が生まれたら、結婚前の内縁関係を調査せずに出生届けを受理すべきである」 というものでした。

戦前のこの見解により、現在も 『できちゃった婚』 で生まれた子供が夫の子と認められる根拠になっています。


次に、②の後項部分、これが最近問題になっている300日問題ですね。

離婚して300日以内に生まれた子は「前夫」の子として扱われ、早産ケースなども例外は認められず一律の取り扱いでした。

2007年5月21日以降は、法務省通達により、離婚後の妊娠であるという医師の証明書を添えて出生届を提出すれば、現夫の子として取り扱われることになりました。


では、現在無戸籍の子は離婚前に作った子供なのかというと、答えはNOです。

この『懐胎時期に関する証明書』の通達にも様々な問題があり、実際は離婚後妊娠なのに、医師証明が取れないケースが多々あります。


「特定できない」として、医師が証明を断った・・・

胎児の大きさから推測したら、医師により見解が違う・・・

初診の産科が閉鎖され、証明してくれる施設が存在しない・・・


といった報告もされています。

妊娠週数は最後に生理のあった初日から数えられること、受精した可能性のある日に前後2週間の余幅を持たせていること、「妊娠」とされる状態が医学的と法律的では状態が異なることにも問題があります。


この法務省通達、『懐胎時期に関する証明書』 に関しての不備は、また別の機会にご説明します・・・







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。