ファミリーツールのブログ

このブログはファミリーツールの公式ブログです。


テーマ:

店長のナオです。


先日のシルバーウィーク中に地元燕三条地場産業振興センターにて、華麗(カレー)なる燕三条食の陣に株式会社中條金物ファミリーツールとして出店致しましたクラッカー


ちなみに、サブタイトルは~身近な食と道具の再発見~です!!


9月20日・21日ともに、晴天に恵まれ昨年以上の来場者がありました走る人



作家の林真理子さんや海上自衛隊の横須賀基地の方々、更にはご当地ゆるキャラ達が会場内を賑わせていましたヾ(@°▽°@)ノ



食の陣ということで、地場産品展示・物販として18店舗出店しており、今回の出店はキッチンウェアーを中心に展示しました。


野田琺瑯と地元三条の家庭用包丁、青森ヒバのまな板、燕製のおろし金など飛ぶようにとはいかないまでも、それなりにお買い求め頂きましたヽ(゚◇゚ )ノ


↓オープン前準備の様子①

↓オープン前準備の様子②



お買い求めになるお客様の中には、野田琺瑯ファンの方が何人もブースを訪ねてこられ、今使っている感想など貴重なご意見をお聞きする事が出来ました。



[野田琺瑯の製品一覧] ファミリーツールの売り場へ



また食の祭典だけあって地元有名飲食店の出店ブース店数は34店舗も出店していて長蛇の列ができてました。


↓会場屋外①

↓会場屋外②


↓会場屋内①


毎年大人気の横須賀海軍カレーは無料配付(数量限定)だけあって長蛇の列が出来ていました目(写真は有りません・・・あせる



海上自衛隊のブースでは砕氷船の案内とともに、南極の石が展示してありました。




↓南極大陸の石の拡大の画












AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
社長です。

前回からちょっと間が空いてしまって申し訳ありませんしょぼん

前回試作1号がボツりましたので、今回は早速試作2号を紹介します(^^)どうぞ!!

色が1号と違うのは木材が違うからです^^;前回はウォールナットという木で、今回はホワイトアッシュという木を使いました。
先端をご覧ください↓↓↓

1号に比べバターへの刺さりを意識した形状になりしたーアップ

テスト結果!!すべてが中途半端な結果に終わりましたダウン

上からストンッとバターを切ると、先の形状からイマイチな切れ味で切り残りが出ます・・・
バターへの刺さりは1号に比べ良いものの、イマイチの安定感・・・

さあ困った・・・

その後2週間、他のアイディアを出したり、自分で先端を削ったりしながら真剣に考えました!!そして出した解答が・・・無理だ諦めよう叫び

すみませんまだ続きますよ~

そして少し凹みながら過ごすこと数日、今回試作をお願いしていた木工屋さんから「ちょっとサンプル作ったよー」という軽い感じで連絡が!!僅かな希望を胸に訪ねると“2つ”のサンプルが・・・

なるほどひらめき電球採用決定グッド!

↓↓↓正式採用された縦型バターナイフをご覧ください↓↓↓

縦型バターナイフ ウェーブ(ネーミングはどうかと思いますが)あせる


縦型バターナイフ ストレート

!?
そうです2つの形を正式採用してしまいました・・・^^;

[ウェーブ]はバターの刺さりに重点を置き![ストレート]は綺麗にバターを切ることに重点をおいた形なのですビックリマーク

それでは早速[縦型バターナイフ]の使い方を見てください(^^)



ケースに入ったバターを必要な分、上からス~と切ります。

2つの形の切れ方の違いは↓↓↓



切ることを考えると[縦型バターナイフ ストレート]の圧勝ですねアップ
薄めに切って一口づつパンに乗せながら食べたらバター好きにはたまりませんよ音譜

ご覧のとおり[縦型バターナイフ ウェーブ]でも切れるんですが、[ストレート]に比べると下の部分の切れ残りが目立ちます~
ですが[ウェーブ]の形は違う部分で約に立ちます(^^)

切って→刺して→フライパンでくるくる↓↓↓


切って→刺して→トーストでくるくる↓↓↓

※トーストでくるくるする場合は、焼きたてに乗せて溶け始めを少し待つと塗りやすいです(^^)

そしてバターケースに入れて置ける大きさですビックリマーク


結局我が家では、2つの形の[縦型バターナイフ]が1つのバターケースに入ることとなりました。
今のところまだマーガリン君は復活していませんニコニコ

結局、材料も1つに絞れずに、“ホワイトアッシュ”と“ウォールナット”の色味の違う2種類の材料で作りましたあせる

[縦型バターナイフ]は2種類の形と、2種類の材料で、計4つの商品が発売されましたクラッカー

オリジナルの[縦型バターナイフ]はファミリーツールで絶賛発売中ですラブラブ

“縦型バターナイフはこちら“

“野田琺瑯 バターケース 200g用 BT-200“も絶賛発売中です!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
社長です。

我が家でのバターVSマーガリン抗争に終止符を打つべく、また同じ悩みを抱えた仲間たち(居るかなー?)のためにこれまでに無い新しいバターナイフの開発に着手しました。

開発費予算0円→そもそ卸売業の弊社に開発費などという枠はありません(T_T)

構想1
グリップに単三電池1本いれて、スイッチオンで先のナイフ部分が熱くなりバターもス~て切れて、熱で溶かしながらトーストにも塗りやすい・・・

いやちょっと待とう、開発費予算0円で借金して製品化出来たとして、それが誤作動してバターケースの中のバターが全部溶けたら・・・バターの1個くらい弁償できますが、お客様が火傷をしたら・・・それが製品回収になったら・・・止めよう・・・背伸びはよそうかお

構想2
現実を踏まえ構想の練り直しです。

まずバターケースにバターをどんな状態で入れておくか?を考えました。

あらかじめさいの目に切って入れておく?我が家でもそうしたことがありますが、断面が少し黄色くなってちょっとな~それと使いたい分量はそれぞれ違うと思うんです!?

銀紙に包まったまま入れておくのは絶対やだ!(個人的な感覚でスミマセン)

ある程度の妥協は必要だ^^;まわりは少し黄色くなるが銀紙を全部とって切らずにごろっと入れておこう!!

と言うことで、

①バターケースの中のバターを必要な分、簡単に綺麗に切れるバターナイフがイイね!
②トーストにも簡単に塗れるとイイね!
③バターケースの中に入れて置けるサイズがイイね!
④電池とか危ないから止めようね^^;
⑤プラスチック(樹脂)とか金属製は金型が高価だからとりあえず木製がイイね!

そして出来た試作1号がこれです↓↓↓

あれっ?皆さん何これ!?って感じですか^^;

ご説明します!
この形状は、ケース内のバターを上からストンッと切ることを想定した形です!!そうです!縦に使う縦型バターナイフの誕生の瞬間でした(^^)

先の形状をご覧ください!少しくし形の凹凸があります!



この凹凸で、切ったバターを刺して持ち上げトーストの上に置き、トーストの熱で少し溶けるバターを上から垂直に押さえてバターを塗るんです!!というつもりでしたが・・・

実際にテストした結果、
・バターを上から切る機能は、まずまず切り口も綺麗で合格でした(^^♪
・先端のくし形の形状に難有りで、まず切って持ち上げるときに刺さりません(T_T)
 おまけに刺さらないのでバターを垂直に抑えても引っかかりが悪くバターを滑らすことが出来ません・・・

という事で試作1号は残念ながらボツという事に致しました汗

ですがこの試作1合を改良していく方向に決めて、2号の作成にとりかかる事となりましたアップ

次回完結編へつづく^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
社長です。

しばらく店長に任せっきりで更新出来ていませんでした^^;
私も店長宅の野菜の成長を出張中でも楽しく見ていますが、今回は少し違う話題で更新します!!

当店(ファミリーツール)ではキッチン用品も販売しておりまして、“野田琺瑯”というメーカーさんの商品も沢山品揃えしています。

ホーロー製の“レクタングル”という保存容器とか“キリンコーヒーポット”などが有名なメーカーさんです。

で、今回はその野田琺瑯のバターケースについての話題です!!

野田琺瑯 バターケース 200g用 BT-200

真っ白なホーローの容器に桜の木のフタがとても素敵です!!そして私も自宅用に購入し、我が家の台所に導入しました。導入当初に我が家では今後バター1本で行くという基本方針を奥様と確認した後の導入でしたが3ヶ月後に我が家の小さい冷蔵庫に野田琺瑯のバターケース様とマーガリン君が隣同士で並んでいるのを発見したのです(*_*) 交わされた基本方針は永遠ではないのですね・・・

問題点は大きく2つ
・バターの価格が高い(T_T)
・冷蔵庫から出したバターはパンに塗りづらい・・・

そもそもバターVSマーガリン抗争はビールVS発泡酒抗争に比べ簡単な問題では無かったのです!!
ビールVS発泡酒は、味VSコスト
バターVSマーガリンは、味VSコスト&面倒くさい、少し問題が複雑化します。

そして後に引けなくなった私は商品開発へと突き進むのでした・・・

次回へ続く^^;



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。