皆様

3月中旬にこちらのブログを始めたばかりではありますが、
別のブログで綴ってきた「Treasure Box」と一緒にすることとし
新しいブログに引っ越しすることと致しました。


新しいブログもタイトルは同じく「Happy Family Therapy」になります。

    http://ameblo.jp/happy-family-therapy-sun/


こちらのブログでも「子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️」をキーワードに
一人の妻、母、女性として、またプロの視点からの「食•体•心•魂」の話を綴ります。
従来通り海外の便利生活情報や、Treasure Boxで綴った情報もそのまま引き継ぎますので
こちらのTreasure Box同様に、ぜひご覧いただけると嬉しく思います。


そしてまた、新しいブログでもお会いできますことを楽しみにしております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ファミリーセラピスト  田中瑞恵

今日は朝から打ち合わせ。
こ~んな美味しいものをいただきながら💞

{B9659CD2-3CD1-4C52-BEA7-112F7470C033:01}

お友達によると「死ぬまでに、一度は食べた方がいい!」
ちまたでも大評判のクイニーアマン💖

はい、そのサクサクぶりに撃沈しました(笑)
シンガポール発のお店ですが、朝の開店と同時に多くの西洋人も並びます!

{56C74900-2814-47D6-A739-5558D1ECB22E:01}

カプチーノと一緒に。
朝から美味しいものをいただけて幸せ~~

{C34EF3CC-AF4C-486B-992E-3948E385A194:01}

今日の打ち合わせは、新しいブログの改造計画!
ちょうど堀内瑠美さんのブログセミナーにも参加して、ステキなアイデアをたくさんいただいたところ。

センスのよいデザイナーさんが「妥協することなくやりましょう!」と言って下さって
何度も打ち合わせやメールのやりとりをして下さっています!



そんな美味しいパンがいっぱいのシンガポールのお店、
次のブログでご紹介します✨

昨日は、なんと記念すべき海外発!
堀内瑠美さんのウーマン朝食会@シンガポールに参加してきました!

こ~んな素敵でエネルギッシュな女性達に囲まれて、朝からエネルギーをチャージ!

夢にキラキラ✨と輝いている方とご一緒していると、自分も自然に心がワクワク!
そして「よ~し、自分も一歩前に進むぞ~」と元気をいただけるんです。



「10年前から世界を股にかけて仕事したい!」
瑠美さんはそんな風に考えていたそう。

「こうなりたい!」「こんなことをやってみたい!」
そんな強い思いを持ちながら、やるべきことにきちんと向き合って進んでいると
ある時に、まるで神様がプレゼントをくれたかのように
自分に最適なタイミングで、向こうからちゃ~んとやってくるんです!
強い思いを持ち続けることって、本当に大事!
 *それを証明しちゃう(笑)瑠美さんがシンガポールにいらっしゃる事になった、
  ステキなお話はこちらから♪



そして、もう一つ、瑠美さんが今回おっしゃっていたのが、
何を学ぶかも大切だけれど、それ以上に誰と繋がるかが大事
これ、本当にそうなんです!

今回の朝食会でも「私がちょうど思っていたこと、大切にしていること本当に同じ!」
そんなステキな出会いが沢山あって、また新たな展開が開けそうです♪



「そんなエネルギッシュな奥様たち(笑)がたくさん集まるようなところには、
 私なんてとってもじゃないけど、恥ずかしくて行けないわ。。。」
本当はちょっと気になっていたり、行ってみたいなあと思っているのだけれど、
なんだか気が引けて尻込みしてしまって。。。と、そんな話もよく聞く事があります。

でもね、これって、本当にもったいない!
だって、せっかく神様がくれたチャンスなんですから!!!
そんな話や情報が目に入ってくるのって、自分に必要だからなんです♪


そして、キラキラ自分らしく生きている方と繋がることで、
自分の内面、そして外面もどんどん感化されて変わっていって
自分も本当にキラキラと輝いて、自分らしく生きられるようになる法則があるんですから♥️



パワースポット巡りやパワーストーンを身につけるのももちろんいいけれど
キラキラ輝く人たちからも、たくさんのエネルギーやパワーをもらえます!

ぜひ「ピピッ!」と来た会には思い切って出かけて、ステキなご縁を作ってみませんか?

今日は私にしては珍しく、何だかちょっとお疲れぎみ(笑)なんでだろう。。。
そんな時こそ、自分のココロを見つめてみたいなあと思うところ。


実はワタクシ、8種類の香りを嗅ぎ比べることでココロの声を聞く「心の定期検診」
そんなアロマを使った新しいココロケアであるアロマリーディング
協会代表の笹本英恵さんから伝授していただいたアロマリーダーなんです。



今日は自分のココロの声を聞いてみようと、8本の香りを嗅いで中から
とても気になったのがこちらの香りでした。
五感のうちの嗅覚だけは、分析する間もなくダイレクトに好き嫌いを判断するので、
考えたり分析する間もなく、自分の心にウソがつけないの(笑)



イランイラン。
催淫作用があることで知られるこの香りですが、官能、女性性の開花もキーワード。

しかし、どうやら私に関係しているのはこちらではなく(笑)
「ゆったりした呼吸や、緩めること」
「ゆったりりした呼吸を取り戻して、自分のペースで歩きたい」時にも
こんな女性らしい香りに魅かれるんです。

孤独感、不安を解消したい時や、感情をありのままに入れたい時、
そしてインナーチャイルドなどにも関連するともいわれています。


そうかあ、最近、私、ちょっとある作業に終われ、体が硬くなっていたのかも。
そして寝不足も続いていたから、身体がゆっくり呼吸を取り戻して欲しかったのね。。。


子どもたちが部屋に入って、自分が一人になった時に、
リビングでキャンドルと一緒に、イランイランのアロマを炊いてちょっと瞑想を。
揺れる炎をゆっくり見ていると、なんだかとっても心が落ち着いて癒されます。

1日中子供のお世話に追われていたり、ずっと仕事の事が頭から離れないでいると
自分が一人の女性であることを、時には忘れてしまうことも。
こんな香りでゆったりと癒される、そんな時間も必要かもしれませんね♪

タイで買い求めたこちらのアロマとディフューザーは、
日本でもネットなどでも販売されて、現地の方や駐妻からも人気の
Harnnのもの。
一時帰国のお土産などにも、とっても喜ばれるブランドでオススメですよ♪


さて、たまにはゆっくり寛いで、美容のためにも早く寝るとしますか♥️

今日、明日と楽しみにしていたセミナーへお出かけ!
朝から掃除、洗濯と、ワンコのお世話と、パパっと済ませて出かけたいところ。


そして、今日のセミナーは夜の6時に終了。
子どもたちはもう大きくなっているので、お留守番の心配はあまりないけれど
何より気がかりなのが夕ご飯。。。

家に帰ってから作るとバタバタとなるし、最近では4時ぐらいに学校から帰ってくると
「今日のご飯は~?」と聞いて、すぐに食べたがることもある子どもたち(汗)
もう、お菓子などでは間に合わない、ただ今、成長期真っ最中!!!でございます~


そんな時間がなくて忙しい母を、優しくサポートをしてくれているのがこちらなんです♪




保温調理ができる、Thermosの  Shuttle Chef

今日はサッと作った豚のスペアリブの野菜煮込みに、青梗菜とセロリのスープを入れて。
普段のおうちご飯は何より簡単でないと、毎日ですから続きません(笑)

お昼は学校のキャンティーンで、肉や炭水化物ばかり食べてしまう子どもたち(涙)
その分野菜をしっかり取りたいので、夕飯は10種類の野菜を使うとルールを決めました。
足りない分はかぼちゃとブロッコリーのサラダを、タッパーに入れて冷蔵庫でスタンバイ。

忙しくて時間がない時には、この内側のお鍋に材料を入れて一度コンロで煮立て
そのままこのシャトルシェフに入れておくと、数時間後には真空保温調理のパワーで
お料理がほっこり出来上がっているんです。

我が家のシャトルシェフは小さなお鍋が2つ入り、大きな長い鍋1つもついてきました。
いろんなタイプのシャトルシェフがあるので、家族の人数や使われる用途を考えて
どれを選ぶか決めたらよさそうですよね♪



子どもたちが赤ちゃんの時、夕方の忙しい時間になると決まって泣いてしまって
ずっと抱っこにおんぶで、なかなか思うようにお料理が作れないこともありました。
そんな時にもササッと煮立てて、このシャトルシェフに入れて真空保温調理しておけば
親子ともに笑顔になれて便利だったかも。

今では子どもたちも大きくなって、自分で料理もできるようになったけれど
やはり母がいない時にガスコンロを使われるのは、まだ怖いなあと思ってしまうもの。
電子レンジも電磁波の影響を考えると、使う頻度を少なくしていきたいと思っているところ。
子供が自分でお皿にも盛りやすい煮込み料理などは、こんな時に本当に便利なんです。

お仕事で忙しい方にも、朝にちょっと時間があれば簡単に用意ができてしまうので
帰ってきたらすぐに夕ご飯を食べる事ができて、美容や健康のためにもオススメです!



慣れるまでは、どのくらいの時間がかかるのかなど、戸惑うこともあると思いますが
こんな便利なレシピ集もあるので、利用してみるのもいいかもしれませんね!


さて、しっかり子どもたちに愛のメモを残して(笑)、ママはこれから行ってきます♪

かみさまとのやくそく

テーマ:
昨日のブログの「ママにこんなこと思わせてしまう、自分は悪い子なんだ!」の話
読まれてどこか、胸がチクチク痛んだ方もいらっしゃったと思います。
なぜって、私がそうだったんです。。。

子育てやパートナーシップの勉強を現在しているのですが、これがもう胸が毎回痛いのなんの!
「あ~、私って、今までこんなことして来ちゃった。。。」
「もう、ここまで大きくなってしまって、取り返しがつかないんじゃないか。。。」
毎回、そんな思いにさらされてしまうことも。。。


邦画で「かみさまとのやくそく」と言う映画があって、私も一度ぜひ見たいのですが、
「体内記憶がある子どもたち」の話です。

体内記憶を持つ子どもたちに生まれてきた理由について尋ねると、
全員答えるのが「人の役に立つため」だそう。
「自分が生まれて、お母さんが幸せ。これが子どもたちにとっての幸せ」
これが子供たちが話すことなんだそうです。


実は、我が家にも体内記憶がある子供がいます。

生まれて10日目の息子。
本人の強い希望で顔出しNGですが(笑)ここまで違えば誰だか全然分からないかなあ♥️


ある日、突然、5歳の時にこの子が言ったんです。
「あのね、ボクは生まれる前にね、お空の上でパパとママを見ていてね、
 ママが結婚式に持っていた花がとてもキレイだったから、
 あそこのうちに生まれようって決めたの。
 
 でね、その後、ママが毎日、悲しい顔して泣いてたから、
 神様が「今、ママのところに行ってあげて」って言ったの。
 だからお空から滑り台で降りて、ママのお腹に入ったんだよ~」って。

他にもその状況などをいろいろと話してくれたのですが、新婚でジャカルタに駐在し
慣れない生活で毎日で「日本に帰りたい」と泣いていた私。
でもみんなを心配させるのがイヤで、当時、親や友達にも話した事がなかったのですが、
息子はこの時、私たち夫婦しか知らないことを話していたんです。


「ママのお腹に入る前にね、生まれたら何をやってくるのか、
 かみさまとやくそくをしてくるの。
 でもね、そのやくそくは忘れて生まれて来るようになってるんだよ」


「なんで?」

「だって、もしね、そのやくそくを覚えていたら、何も勉強することがないからだよ。
 初めから分かっていたら、みんなそれをやろうとしないから。
 だからわざと忘れるように出来てるの」


「それにね、空の上でボクたちからはパパやママが見えてるけど、
 ママたちから僕たちは見えないの。
 だってね、もし見えたら、あの子がいいなあって選んじゃうからね」


5歳の子供がいきなり話しだしたにしては、あまりに内容がしっかりしていて、
すごくビックリしたのだけれど、最後には、こんなことまで言ったです。

「でもね、おかしいんだよね~
 お空の上では、◯◯(妹)と、もう一人、一緒にあのうちに行こうねって約束したのに
 もう一人の子はうちにはいないんだよね。。。」

実は私は息子と娘の間に一人流産をしているのですが、きっとその子だったのだと思います。
そんな話をしたこともなかったのに。。。
体内記憶って聞いたことがあったけれど、本当にあるんだなあと思いました。


子どもたち、そして私たちはみんな
自分で親を選んで生まれてきています。
自分の学びを得るために、
そしてその親や、家族の学びを共にするために。



以前、私のスピリチャルの先生でもある後藤志果さんが言った言葉で
今でも忘れられないことがあります。
「私たちはみんな使命があって、それを学びに来ているの。
 その学びを学ぶためには、
 そこから一番遠いところに生まれてくるのよ」と。


初めからそれが与えられていれば、何も学ぶことがないんですよね。
だからこそ、一番困難なところに生まれてくるのだと。。。


もし、子供に「こんなことをしてしまった!」と辛く思う事があったり
「子育てがうまくいかない。。。」と嘆くようなことがあったとしても
その痛みや辛い出来事から自分が学ぶことがそこにあって、
実は子供がその役を買ってでてくれているのです。

それはまた、その子にとっても必要だったからなのです。
これはパートナーとの関係も実は同じようなことが言えるのだそうです。


いつからでも本当に向き合って、自分が変わば子供、そしてパートナーも変わる。
まずはお母さんが幸せを感じて生きることが、子供にとっての幸せでもあるのです


私も自分が生まれて来る時に交わした「かみさまとのやくそく」を
家族との関わりを通して、もう一度しっかりと見つめてみたいと思います。

バンコクから娘のお友達がお休みでシンガポールに遊びに来ていて、
1日我が家にお泊まりをした後に、一緒にユニバーサルスタジオへ。

ここまで仲良くここまで来たのはいいけれど、気がつくと何だか不穏な雰囲気に。。。
うん???どうしたんだろう。。。


どうやら子どもたちを見ていると、娘のお友達が
「あれは怖いからイヤ! これは濡れるからイヤ!」
何を提案しても、そんなこと言いだしているようです。

しかも段々気分が乗らなくなってしまったのか、どんなに娘が話しかけたとしても
全然返事までしなくなってしまって。。。


結局、乗ったのりものは、たったこれだけでした。



先週のユニバーサルスタジオは人手も多く、全然乗り物にも乗れなかったので、
今回も行く前からとても楽しみにしていた娘。
だから、本当はちょっと残念だったんだけど、さすがに11歳ともなると、
何とかお友達の気持ちを取り直そうとしていたんですよね。



そのうち、娘の表情もブスッとしてきたのを見て、私、ついつい言ってしまったんです。
「お友達はなかなか来れないんだから、
 やりたいことを優先させてあげなさい」

そうしたら娘は、とても悲しそうな顔をしたんです。
「ママ、全然、私の気持ちなんて全然解ってくれないんだね。。。」って顔をして。。。


そこで私が思い出してしまったのが、子どもたちが小さい時にお友達と遊んでいて
我が子にとってとても大切で、渡したくないものをお友達が使おうとしているのに
よく言ってしまっていたのがこんなセリフ。
「◯◯ちゃんに貸してあげてなさい。
 あなたはいつも遊べるでしょ?」って。

ああ、またやっちゃった(泣)



子供、特に0歳から7歳までの子供は
「自分中心、世界は自分が中心」と考えていると言われています。
そこから「自分のものは自分のもの、人のものも自分のもの」と思ってしまい
自分と人との区別がつかないことは、全く普通のことなんだそう。
だからおもちゃの取り合いなんて悪気はなく、日常茶飯事なこと。

そして他人との境界線がないので、親の気持ちにも敏感にキャッチするんだそう。
もしママに「ちゃんとした親だと思われないのが怖い」と恐れや
「きちんとした子供に育てていない私が悪い」などと言う罪悪感などがあるとしたら
「ママにこんな風に思わせてしまう、自分は悪い子なんだ!」
そんな風に思って育っていってしまうのだそう。。。


小さい時にあまりにも「~しなさい」「~しちゃダメでしょ」と抑えられて
「いい子でいないと、ママやパパに愛されない」と無意識にガマンしていい子を続けると
思春期あたりで爆発して、親が戸惑うこともあるそうです。

そして埋められない心の空洞を、異性や携帯、過食や拒食、ゲームなど何かに依存したり
大人になっても恋愛や結婚、子育てや人間関係などにも影響をすることがあるんだそう。
それでもその事に気づいた時が、やり直すことができるチャンスなんです!


そこで娘にこっそり、日本語で言いました。
「本当はいろんな乗り物に乗りたかったのに、お友達のためにガマンして
 一生懸命お友達とうまくやろうとしているのを、ちゃんとママは解ってるよ。」
そうしたら、娘が「ふう~っ」とため息をついて、ちょっと嬉しそうな顔をしました。


もちろん本当に悪いことをした時には、愛情をもって叱ることも必要ですが
決して思い込みから怒るのではなく、ちゃんと事実をみることが大切ですよね。

大人だって身近で大切な人には絶対的に自分の味方となって、気持ちを解ってもらいたい。
もっと子供たちの心に寄りそっていかないと。。。そんなことを思った週末でした。

今日はnico Labo5月号の撮影を終えて、
「さて、来月はどうしようかな~??」などと考えていたところ
「いつ、◯◯の兜を飾るんだ」と主人が(汗)
そう、もうすぐ端午の節句なんですよね~~


新婚当初、「全く、仕事ばっかりで、全然記念日も覚えていないんだから~」と、
あまりに激しいブーイングを妻から受けたからなのか、
ここ数年はしっかりと手帳につけて、記念日を管理するようになった主人(笑)
そしてこれは歳のせいなのか、すっかり記念日を忘れてしまうことが多くなった妻(汗)


さて「今年の端午の節句のテーブルはどうしようかな?」と、昔の写真を見ていたら、
「うわ~っ、私、こんなんだったっけ。。。」と、改めてビックリしちゃいました!

2011年のテーブル。
ホームパーティスタイリストや、食空間コーディネーターの資格を取ったころです。
お料理が乗っていないので寂しいこともありますが、うん、やっぱりイマイチ(笑)
自宅用にささっと仕上げたため、クロスのシワなんかも目立ってるなあ。。
(当日、バタバタとクロスやお皿、カトラリーなどを用意するのではなく、
プランニングをすることの大切さをが改めて学びました)

2012年、これも自宅でのホームパーティ。
この時はバンコク、一年中で一番暑い季節なのにお花を放置してしまって管理に失敗し
思うようなコーディネートに仕上がらなかったんだったっけ。
(それからお花を前日に買う時は、冷蔵庫の中で保管することにしました)

それに写真の色味、アングルもイマイチだしなあ。
(光の入り方や色味、何をメインにして写真を撮りたいのか、そんなことも注意するように)



そして、2013年。
ちょうどnico Laboで日本の歳時記についてコラムを書き始めた年です。

ねっ、少し、変わってきていませんか?
もちろん未だに毎回、「あそこはああしておけばよかった~」って、未だに思う事もしばしばですが。。。。


このnico Laboで食のコラムを書くお話をもらった時、実は本当はドキドキものでした~(笑)
私なんて、そんな実力ないし、どうしよう。。。。って。

そして、そんな気持ちの奥には、こんな気持ちがあることに気がついたんです。
こんな下手なテーブルの写真やレシピなんて
「よくこんなレベルで、表に出れるよね~~」
誰かにそんなことを言われるじゃないかと。。。

そう、私は自分を謙遜していたのではなく
批判されるのが怖かったんです!
(でもね、実はこれって、自分の中に他の人に対してそう見てしまう
   その「種」があったからなんですよね。。。)


それでも「やってみたい!」そんな気持ちを大事にして、ここまで続けて来たんです。



私のように「何かやりたい」と、ずっと思っている方って結構いらっしゃると思うんです。
でも、「そんな私なんて、実力ないし。。。」と思ってしまうことも多いと思うんです。
仕事や習い事、他にも本当はやりたいのに「私なんて絶対無理~~」って思ってしまったり。


資格を取ったからといって、すぐにみんな実力があるわけではない。
みんな誰しも始めから上手に出来るわけでもない。
だからさらに自分で勉強もしたし、実践していろんな工夫もしてみました。
とにかく1つずつ誠実に、自分がその時にできるベストを尽くす!
これだけを頭において、ここまで続けてきました。


そしてこの写真を見ていて気がついたことは
1年ごとに家が変わっていること!(私って、引っ越し好きなんです)
では、なくて。。(笑)
続けること、そしてアウトプットし続けることって本当に大事

まずは自分の周りの友達だけにでも、ちょっと勇気を出してやってみる。
それが出来たらブログやFace Bookなどでも、自分の活動について書いてみる。

怖くてもアウトプットしていくことで、そこに相手の反応を見ることで分かるんです。
「あっ、私、ここが足りてないのね」
「みんな、ここが知りたかったのかあ」
「次はこうしたら、もっとよくできるはず」
こんなことって、やっぱりやってみないと分からないことなんですよね!


かの天才発明家のエジソンは、多くの失敗を重ねた時に、
「また1つ、成功しないやり方を見つけたぞ!」と思ったそうなんです。
失敗はなく、全てがフィードバック
そうしてよりよい方法を学ぶ経験を重ねるうちに、本当に実力もついてきます!



あれから時が過ぎてコラムを2つ掲載するようになったり、人前でセミナーをするように今も
「あらら…こんなことが。。。」と思うこともまだまだたくさんあるけれど
「私には、まだまだ伸びしろがあるってことね!」と、捉えられるようにもなりました(笑)
これは子育てもパートナーシップも同じですね、主人が手帳に記念日をつけ始めたように(爆)



そして自分の料理やコーディネートを見る視点も代わり、もっとシンプルになってきました。
みんなが本当にやってみたいと思う、「家庭の等身大のテーブル」を作ろうと思っているから。
やり続けることでちょっと自分に自信がついて、自分を好きになってきたのだと思うのだけれど
「かっこつけて素晴らしくみせなくても、等身大の自分でいいや~♥️」と思えたのだと思います。


さて、今年はどんなテーブルにしてみようかなあ。



シンガポールは季節感がないからか、気がつけば4月もとっくに10日以上過ぎていて、
今更ながらビックリしているところです(笑)


さてワタクシ、バンコクの海外での子育てを応援するフリーマガジンnico Laboで「From Treasure World」と題して、その月にあった食とレシピのコラムを執筆しています。
 * nico Labo 4月号の電子書籍はこちらから♪ →


今年で3年目を迎えておりますが、1年目は日本の歳時記のテーブル、2年目はキッズパーティをテーマに、
そして3年目は「子供も大人も笑顔になる幸せごはん」と題して、家族みんなが楽しめる、お料理の食材とレシピのコラムを綴っています。


私は「月のリズムで食べてキレイに なりたい自分になる」を伝える美恵先生と、「自分らしく輝く魔法」を伝える後藤志果さんから学び
「宇宙のリズム X 太鼓の叡智 X 食物の力」から夢を叶えるドリームナビゲーター養成講座を受講しました。
そのメソッドからその月にあったエネルギーを持つ食材や調理法などを取り入れて、
メニューやレシピを提供しています。
(今後、このお料理教室をシンガポールでも開催する予定です!)



そして今月は4月号ということで、日本はやはり「桜」の季節。
バンコクでもタイの桜が咲いている頃かと思いますが、今月はちょっと「桜」を意識した、春のエネルギーいっぱいのテーブルに仕上げてみました。

「桜」の花を思い出す、春のエネルギーがいっぱいのテーブルコーディネートで。

同じピンクでもソメイヨシノの桜の花びらのような、柔らかな優しい色合いを意識してみました。
海外に暮らしていると、どうしても季節感をなくしてしまいがち。
時にはこんな風に、家族で日本の季節を演出してみるのも楽しいと思います♪




一人ずつのお膳にはこんな赤の正方形の折敷を使って。この折敷、実は裏は黒のリバーシブルの優れもの!

ガラスで出来た桜の花びらの形の箸置きと、お箸にはお椀の中の手鞠麩と同じイメージのものを使ってみました。

今月は、この春のエネルギーを持つ「たけのこ」を使った「たけのこの和風コロッケ」にしてみました。
子供はたけのこは固くて嫌がることもあるのですが、食べやすいように細かくたけのこを刻んで、コロッケの食感を楽しめるようにしてみました。
しっかりと和風のお味がついていてソース要らずなので、お弁当などにも便利だと思います。

たけのこの話や、こちらのレシピについては、nico Labo 電子書籍のP11をご覧下さいね♪

たけのこコロッケに使ったたけのこの穂先は、柔らかさを生かして玄米と一緒に「たけのこご飯」にして炊き込みました。

春らしい菜の花に見えるのは、実は南国野菜の「広東菜」
シンガポールやバンコクなどでも、スーパーや市場で手に入れることができるし、クセもないのでオススメです♪



こちらは、「鯛の桜蒸しマナオ風味」
鯛の切り身の間に昆布をはさみ、桜の葉で巻いてお酒と塩で蒸し上げました。

蒸し料理は春のエネルギーを持つ調理法で、同じエネルギーを持つ芽ネギやライムを絞って爽やかにいただきます。


バンコクではこの時期にしか出回らない、タンオー、大葉春菊を使った「大葉春菊とオレンジの和風サラダ」
春のエネルギーには柑橘系の酸味があうので、オレンジから出たジュースは醤油やオリーブオイルとよく混ぜてドレッシングにして使ってあります。
ここでは春らしいイチゴやアスパラガスを加えて、色鮮やかに仕上げました。

もし違う葉物でつくるなら、大人だけならルッコラもオススメなのですが、子供にはちょっと苦みが強いかなと。
サラダほうれん草などの葉先が柔らかい上に伸びていくような葉や、春は芽吹くエネルギーがあるので、スプラウト系のものもオススメです。

タンオー、大葉春菊はシンガポールでもマレーシア産のものが手に入ります。
柔らかな葉はとてもクセになるお味で、我が家の子どもたちも大好き。

せっかくの柔らかさを生かしたいので我が家ではサラダや酢の物などにすることも多いのですが、フェタチーズやくるみなどのナッツ系などとも相性も抜群!
バルサミコ酢などと洋風のお味にもマッチしますよ♪



撮影の頃がちょうどひな祭りの時期だったので、蛤の潮汁も一緒に用意しました。
春らしく、茹でた広東菜を添えていただきました。
お椀の中にも春が来たようで、ちょっと嬉しい♥️



物には全て振動、エネルギーがあり、それは食べ物も同じこと。
レメディーなどと同じように、食べ物も取り込む体や心にも影響を与えるんです。

そして昔から「旬のものを食べると体によい」と言われますが、それは地球と同じエネルギー、月と同じリズムで食事をすると、そのエネルギーを味方に付けることができて
体だけでなく心のバランスもとれて、自分の夢も叶いやすくなるんです♪


ぜひ、春のエネルギーがいっぱいの、食卓を意識してみて下さいね♥️

「えっ! あの方が、本当にシンガポールに来るの?!」
「ズッル~いっ!!!」
と、バンコクの友たちにまで言わせたこの方々(笑)

日本でもなかなか参加するのが困難だと言われている 「あの方たち」のセミナーが、

本当にお友達の 中澤めぐみさん 主催で開催されます!
しかも、そのセミナーは、なんと来週なんです!! 急がなくっちゃ!!!



と、もったいぶらずに、ご紹介したいと思います(笑)

【 ご縁をつなぐ☆人が集まる ブログ&Facebookセミナー in シンガポール】

株式会社 朝型美人.com  代表取締役  堀内瑠美さん
その堀内さんが主催するウーマン朝食会には述べ1600人以上!
そして朝型美人塾には2000名以上!! が参加されているそうです。

今回シンガポールで開催されるブログセミナーは受講生も200名を超え、
ご自身のブログは月間25万PVを超えるそうなんです!


そして、このセミナーに参加される方は、こんな悩みをお持ちなんだそうです。
*  何を書いていいか分からない
*  集客に全くつながっていない
*  書くネタに困る
*  趣味ブログからビジネスブログに変えるのに勇気がいる
*  アクセスが少ない
*  ガツガツ集客してる感じのブログにはしたくない、けど人は来て欲しい
*  ブログの構成をどう作っていけばいいのかわからない
*  ブログとFacebookの使い分けについて悩んでいる
こんなあなたのお悩みが、スッキリ解決できるセミナーです!


今回のセミナーに参加するにあたって、今すでにブログを始めている必要はありません。
これからブログを始めてみたい方、情報発信したいけれど、どうしたらよいのか分からない。。。
そんな方もこの講座でを聞けば、「よし、やってみよう!」とブログを始めたくなるはず♪
そして既に情報発信されている方は、 さらに読者の心に届くブログが書けるはず♪♪
(もちろん、ワタクシも参加させていただきます♥️)
          

日時: 2015年4月15日(水)  
ホテル朝食会    7:30-09:30   
ブログセミナー  10:00-14:00
 
会場 : ホテル朝食会   The Ritz-Carlton, Millennia Singapore
   ブログセミナー ドビーゴート駅徒歩すぐ
   お申込み頂いた方にご連絡差し上げます  

講座料: $170 (日本での講座料と同等)   
オンライン決済のみ お支払手続き完了で正式お申込みとなります   

★朝食会のみのご参加は参加費は無料   朝食代のみ各自実費精算となります。

お申込みフォームはこちらから→
 


堀内留美さんのブログ、「朝方美人®.com」のブログはこちら 

 ブログを見ていると、「ああ~、出たい講座がたくさんありすぎる~!!!」と
 今すぐ日本に飛んでいきたい気分にさせられてしまいます(笑) 

写真は笑顔が爽やかな堀内さんと、ブログにも登場する可愛らしいお嬢さんのうさこちゃん♥️
そのやりとりが微笑ましくて、うさこファンは日本のみならず、すでにシンガポールにまで!
お二人にもお会いできるのがとっても楽しみです♪




そして、さらにもう一つ!

【ライフデザインメソッド®講座 シンガポール開催 】
~ 理想の人生にもっとも早く近づく方法  それはインスピレーション力®を磨く事~ 

ライフデザインメソッド®代表 堀内恭隆さん
その堀内さんのライフデザインメソッド®講座は、日本では満席!
キャンセル待ちで、簡単に予約がとれない人気講座なんです。
(もちろん、こちらも参加させていただきます♥️)

ライフ・デザイン・メソッド®は創始者の堀内恭隆さんが22年間に渡り、
2万時間に及ぶ認知心理学、脳科学、コミュニケーション、セラピー、コーチングなどの
膨大な研究を統合し、セッションするための技術として体系化したのが始まりだそうです。

さらに4年間で27業種、524名のクライアントに対して現場でセッション重ねた結果、
『インスピレーション力®』がハイパフォーマンスなセッションを提供するカギになることを発見。


今回のこのセミナーに参加すると、こんなことを得ることができるそうなんです!
* 『インスピレーション』と『思い込み』の違いを分別できるようになります
* 『自分にあった目標』と『自分に合わないズレた目標』を見分けられるようになります
* 『自分に合わないズレた目標』への対処法もわかるようになります
* モチベーションを上げなくても、湧いてくるモチベーションに気付くことができます
* 自分の『インスピレーション』との付き合いかたがわかります
* 自分自身がインスピレーションにつながっている感覚を確認することができます
* 今、自分が、どうしてこの状況にいるかがわかります
「たった1日で、人生を変える!」 ぜひこの機会に参加してみませんか?


日時: 2015年4月14日(火) 13:00-18:00 
会場 :  ドビーゴート駅徒歩すぐ
    お申込み頂いた方にご連絡差し上げます  
講座料: $235(日本での講座料と同等)   
オンライン決済のみ、お支払手続き完了で正式お申込みとなります。
お申込みフォームはこちらから♪  →

ライフ・デザイン・メソッドの公式ブログはこちらから 

どちらのセミナーも Singapore Style 中澤めぐみさんが主催されています。       
問い合わせ先:singaporestyle.info@gmail.com 
ご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいとのことです!


こちらのセミナー、シンガポールからだけでなく日本から、そしてシンガポール近隣国から
シンガポール観光を兼ねてのご参加も大歓迎とのことです(笑)

私も最近、バンコクまで飛行機通学していましたが、なんとたったの2時間ちょっと!
十分、日帰りでも行けちゃう距離なんです。

なかなかこんな機会もないと思うので、ぜひこの機会をお見逃しなく!!!