テーマ:

 

嗚呼 全部 全部 滝口のせいかも

 

この世界はまるで依存だね

 

嗚呼 全部 全部 滝口のせいだ

 

見るものすべてが恐ろしいよ

 

 

嗚呼 全部 全部 滝口のせいかも

 

僕を惑わせる怖い女さ

 

嗚呼 全部 全部 滝口のせいだ

 

さあ責任とって 僕の洗脳解いてよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という曲で御馴染み、滝口ひかりとかいうトンデモない女から

昨晩恐ろしい連絡があった。

 

 

 

 

 

「病みますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を2日前に戻す。

 

その日、僕はバタバタと作業や打ち合わせをしていた。

 

忙しい日だった。

 

何かを忘れるため敢えて忙しくしている、

そんな風に見えなくもなかった。

 

 

 

 

 

そんな中、とある人物から一通の連絡が入る。

 

 

その人物とは元アイドルグループ・dropのメンバーであり

2000年に一人の美少女と呼ばれていた滝口ひかりである。

 

https://twitter.com/wyenra_hikari

 

 

 

 

 

かなり久しぶりであった。

 

昨年の卒業公演以来かもしれない。

 

 

 

 

 

知らない方もいると思うので簡単に振り返る。

 

当時、僕はアイドルグループdropの番組を作っていた。

 

 

その中で滝口ひかりとかいう奴の

たまに、いや、良く出る「戦慄つぶやき」に震えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖いのだが一度これにハマると抜け出せない。

 

ずっと頭の中に滝口が入り込み、マインドコントロールをされたが如く

drop関連の番組やイベントを辛くても大変でも頑張ってやってしまう

症状に侵されるのだ。

 

 

それを僕はM(メンヘラ)ウイルスと名付けた。

 

 

ちなみにウイルスの感染レベルは以下の通りである。

 

●感染レベル1:滝口のSNSがついつい気になり見てしまう

●感染レベル2:滝口のつぶやきに心が動揺してしまう

●感染レベル3:1時間に1回は滝口の事を思い出してしまう

●感染レベル4:滝口に会いに行いきたくなり会いに行く

●感染レベル5:現場で滝口しか見えなくなる

 

 

 

 

当時はもうどうにかなってしまいそうで・・・。

でもどうしていいか分からなかった僕は

誰にも相談出来ず、Mウイルスに脳を毒されていった。

 

 

 

 

しかしだ!

 

そんな中ニュースが。

 

 

 

滝口ひかりがdropを卒業する事になったのだ。

 

これが昨年の11月。

 

 

当時の5人メンバーだったdropが無くなる。。

 

寂しい気持ち半分、dropはもちろん滝口に会わなくなるので

Mウイルスの治療に専念出来ると思いホッとした。

 

 

そして、これで僕の役目は終わりだと思い

それ以降番組を作る事はもちろん、彼女達の事をブログやSNSで

発信するのも止めた。

 

 

現在、dropに残った3人のメンバーは7人になりナナランドというグループに。

dropを卒業した三嵜みさと、滝口ひかり、そして滝口の妹の3人は

「ゑんら」というグループで活動中だ。

 

 

 

もはや僕の出る幕ではない。

 

正直言って僕は5人時代のあの時のdropが好きであった。

 

もちろん、それぞれのメンバーも好きだし

今の彼女達の活動も気になっている。

 

 

 

 

だけども何かが違うのだ。

 

僕の中でdropという青春は終わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、滝口からの連絡だ。

 

 

4/30(月・祝)に代官山で「ゑんら」のライブがあるようで

全国ツアー最終日との事。

 

だから、それを見に来い

 

との事であった。

 

 

 

 

 

 

いやいや、滝口さん。

 

僕はね。

5人体制のdropが好きだったんだよ。

 

分かる?

 

drop

 

英語読めるかな?

 

 

ドロップ

 

 

どろっぷ

 

 

アンダスタン?

 

 

 

 

いくらあなたのMウイルスに感染した経験があっても

「drop」ではない「ゑんら」のライブには行かんがな。

 

しかもこの日、祝日だぜ。

 

俺は、お前に惑わされてねーし、マインドコントロールされてねーし

だから「うん行くね!」とは絶対に言わない。

 

 

「お久しぶりです。ちょっとまだ予定が分からないので伺えたら」

 

 

と返した。

 

 

 

しかしこれは自分なりの強がりだ・・・。

 

滝口からの誘いに、収まっていたMウイルスが

少しザワついた事は内緒にしておいてほしい。

 

 

 

 

 

そんなこんなで昨夜。

 

例の連絡が来た。

 

 

 

 

 

 

「来ないとか無いですよね。病みますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見た時刻は深夜2時。

 

丑三つ時だ。

 

 

 

恐怖と戦慄が全身を貫いた。

 

再発だ・・・完全にMウイルスが発病してしまった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何なんだよ、お前は。

 

何でそっとしておいてくれないんだよ。

 

 

もう俺とdropとの青春は終わったんだよ。

 

「バカヤローまだ始まっちゃいねーよ」

 

とかもねーよ。

 

本当に終わっちゃったんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

今だから言うよ。

 

dropが無くなって寂しいよ。

 

悲しかったよ。

 

本当に。

 

何でこうなるんだよと思ったよ。

 

 

 

 

だからこそ、僕みたいなdrop老害は声を挙げちゃ行けないし

今のメンバー達の活動を大人しく見守り、

老害は次の青春に向けて走り始めなきゃいけなかったんだよ。

 

 

 

 

 

 

にも関わらずだ。

 

僕の決心は完全に消し飛んだ。

 

いや、消し飛ばされた。

 

 

 

 

 

もう止まらない。

 

夜中だと言うのに滝口の最近の活動や言動をSNSでチェックする俺。

 

スマホを動かす指が止まらない。

 

その指を動かしているのは僕の意志ではなくMウイルスだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこんなつぶやきしてた。

 

 

 

 

リプしようかな?

 

と一瞬でも思った俺は本当にヤバい事になっている。

 

 

 

そして僕は4/30のライブに行くつもにりなっている。

 

 

 

 

 

おい、滝口。

 

このブログ、俺の個人ブログじゃねぇからな!

 

ファミリー劇場の公式ブログだからな?

 

企業のブログだよ。

 

 

仕事にも何もなってねーのに

気付いたら何で「ゑんら」のライブの告知してんだよ俺は。

 

 

もう止めろよ。

 

止めてくれよ。

 

勝手に手が動いちゃうよ。

 

 

 

 

 

 

という事でライブは以下。

 

これ、マジでファミ劇なんも関係ありません。

 

滝口にやられた哀れな社員が勝手にやった事です。

 

どうか私の事が嫌いになってもファミ劇と滝口の事は嫌いにならないで下さい。

 

 

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

http://t.livepocket.jp/e/e89gm

 

 

 

 

 

滝口さん。

 

dropの番組、以下でこっそり配信してるぞ。

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

ライブの告知したしライブ行くから代わりに番組の告知しろ。

dropとしてじゃなくていいよ。

「私を観ないと病むよ」という言い方でいいから告知しろ!!

 

 

 

 

 

 

それでは以上、こすけでした。

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

明日からナナランド始動という事で

今日はギリギリ、dropを語れると思いますのでブログを書きます。

 

 

先日、木乃伊みさと(元:三嵜みさと)さんが描いた

番組イラストの生原稿プレゼントを当選者にお送りしました。

 

 

この人です。

 

 

 

 

 

 

この遙(ハルカ)さんですが元メラリストです。

 

今年の1月に開催されたファミ劇お偲び会

(赤坂の料亭に、各番組の視聴者の代表1人を招いて飯を食べて語る会)でも

drop視聴者の代表として当選しました。

 

 

 

おめでとうメッセージを送るミイラさん本人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしです。

 

 

どうやらお偲び会もイラストも当たる遙さんに

他サクマー(dropファンの総称)から

 

ヤラセだ!

 

という声が上がってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん誤解です。


しかし皆さん欲しかったイラストです。

 

このような誤解を抱くのも無理はないでしょう。

ヤラセと思われても仕方ありません。

 

 

しかし困るのは、これ以上の誤解を招く事です。

 

 

 

それは、


プロデューサーという立場を利用して一般人に手を出してんじゃね?


って事です。

 

業界では、そんな奴をゲスPと呼びます。

 

 

「ハルカ、俺の言う聞いてくれたらミイラのイラストやるからさ」

 

 

と言って業界人を武器に口説こうとするのです。

 

 

 

これだけ不倫だヤラセだと騒がれてるご時世です。

 

私も迂闊でした。

 

何故こんな事に気づかなかったのでしょう?

 

 

同じ人に、特別なプレゼントを当選させたら

明日から私はサクマーパパラッチに狙われるに決まってます。

 

 

あー違う人にすればよかった。

 

 

ですが、今回のプレゼント当選の基準は

応募の際に頂いた熱いメッセージです。

 

 

メッセージだけを見て

 

「このメッセージ書いた人に送って下さい」

 

と担当に伝えたため、気づきませんでした。

 

 

 

もう送ってしまったので後の祭りです。

 

 

今回は特別に遙さんの熱いメッセージをノーカットで掲載します。

 

今後、似たようなプレゼント応募が他でもあった時用に

是非参考にして下さい。

 

そして僕と遙さんのパパラッチは止めて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲斐国特別編に併せて妄想告白デート、どちらも楽しく拝見しました! 

 

一日丸っと通して仲良さげな雰囲気とメンバー同士の普段の様子、

わちゃわちゃ感が伝わってきて本当に良かったです!

 

ダウンロードしてからそれぞれ軽く50回は観ています。

 

大げさに言っているわけじゃないですよ!

事実です。

 

何回観ても「あぁ…いいな…」って思いますし、

見る度に新しい発見とか新事実とか、たくさん得られます。  

 

ここで、私の気に入っているシーンを挙げたいと思います

(ちゃんと観ましたよアピール)

 

 

 

 

02:24 

ロケ地が富士急だと分かり、奇妙すぎる動きで喜びを表す三嵜。

 

08:55 

後ろにいる誰かに愛想良く手を振る可愛い小日向

 

16:42 

女の子の放つ、重厚感ある「やる」

 

19:51 

滝口と小泉の半ベソ感(可愛い)

 

21:40

三嵜の輝くおでこタイム

 

22:48 

泣く小泉を抱擁して慰める大場のお姉さん具合

 

26:02 

人が来ただけなのに無駄にビビって跳ね上がる三嵜

 

29:30 

パニック滝口「どこ?ここ?どこ?」

 

30:26 

アンタが取り憑かれてるんじゃ…って

観てるこっちが怖くなるくらいのビビり方をする三嵜

 

39:48 

トウモロコシで目玉ビョーン

 

46:20

自らインスタントカメラを持ち込み

楽しむ気&思い出を残す気マンマンの大場

 

48:35 

料理慣れてない感満載の包丁さばきの覚束無いクッキング組

 

49:37 

大場がピーマン食べられるという新発見

 

50:08

dropに入ってなかったら何してたかトーク

 

01:01:05 

普段料理するか、という会話からのLINE画像の流れ

 

01:02:17 

小日向のナチュラルストーカー感

 

01:06:37 

お腹いっぱいで責められる小泉   
 

 

 

 

 

まだまだいっぱいありますが一部を書き出してみました。

 

そして上には載っていませんが、もちろん絶対的に一番好きなのは

BBQ後のメンバーが座って話すシーンと手紙のシーン。 

 

なぜdropに入ったのかの経緯、メンバーへの思い、

これからどうしていきたいのか… 見る度に胸が熱くなります。

 

このシーンだけで何回も何回も再生しました。

 

dropの仲間感も再確認できましたし

5人がdropになってくれてよかったな、会えてよかったなって思います。 

 

私はやっぱりdropが好きです。

 

dropを気になっている人みんなにこの番組を見てほしいですね。

 

気になっている、から好きに変換されると思います。

 

いつかdropが今より大きくなった時に伝説の番組になりますね(^ν^)!   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず目を引いたのは、スゲー長ぇっ事です。

 

こんなに長い文章を書く人は余りいません。

 

もちそん長ければいいってわけじゃありませんが

短くて素っ気ないと傷付きます。

 

 

好きな子に長いLINEやメールをして

めっちゃ短いレスだった場合、生きていきません。

 

 

 

 



 

次にdrop愛に溢れてるって事です。

 

 

もちろん、このプレゼントに応募する人は

全員がdrop愛に溢れてると思います。

 

しかしメンバー1人1人、番組上で良かった点を

それぞれ書いてくれた方は余りいませんでした。

 

 

 

 

 

 

最後に番組愛を感じたという事です。

 

わざわざタイムまで書いて、

このシーンのここが良かった、なんて書いて頂けるのは

作り手として大変嬉しい事です。

 

しかも何か所も。

 

 

作ってよかったと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上3点の理由で遙さんを当選させて頂きました。

 

 

 

いや、俺・私も3点の理由をクリアしたわ!

 

 

 

という方。

 

すみません・・・。

 

こればっかりは私の好みです。

 

私の感覚で、私が良いな、と思ったのです。

 

 

なのでクレーム等を付けないで頂けると助かります。

 

 

 

 

 

 

もっと言いますと、恐らくですが

遙さんは私の事が好きです。

 

 

 

お偲び会で

 

「ライブの時、こすけさんを探してます」

 

と言っていました。

 

 

その時は、

 

「私がブログでdropの事を書いていたから

どんな人が書いているのか気になって探していた」

 

と言ってたのですが、多分嘘です。

 

 

 

間違いなく私に恋してます。

 

だから探してたのです。

 

 

 

 

私は遙さんにプレゼントを挙げた代わりに

遥さんから大切なものを奪ってしまいました。

 

 

遙さんの心です。

 

 

 

 

 

 

なので遙さんの恋心を「ヤラセだ」などと言わないで頂きたいのです。

 

 

どうか宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にスペシャルサンクスです。

 

drop最後の夜に

甲斐特番に関わって下さった全ての皆さまの

名前を掲載致します。

 

※無記名の方が沢山おりましたので、その方々はご了承ください。

 

 

 

 

 

のり

ゆき坊

遙*

けんぢくん。

はるぴ大好きマン

ゆーき

にゃおき

もえ

もしゅー

ひで

ひろむん@じゃぶっきー

ゆうぴー

たいちゃま

まさのり

よーなみ

でらちゃん

じゃすや

こうめ・プーさん

ひで

おかぴー

まいまい

はるき

にゃおき

ひろむん

ありがとう

ゆーき

全部の「侵略drop」に参加したいけどネ

上映会に2回とも参加しました。

からす

くまもん

riverside-777

けんぢくん。

りかこ

レオ
 
けん
 
ゆーきSP

ごっしー

でらちゃん

とよひろ

たくみぃ

長崎のかずお


みお
 
けんぢくん。

黒猫の人

スコッチ

鈴木 英裕

まらかに

ひげさん

あちゃぽん

ごっちゃん

じゃすや

けんけん@増殖中

部屋とワイシャツとみさみさがすきなたっく

かねもとこうじ

りょうすけ

かぽーれ

ますと

 

 

 


 

 

 

 

 

 

dropの番組が過去作から新作まで全て配信中です。

記念アルバム的に是非。

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨晩ツイッターでこんな事を言いました。

 

 

 

 

で、色々考えました。

 

このタイミングで番組を見る必要性ってなんだろう?と。

 

 

すでに番組をご覧になった方は、お分かりかと思うのですが

今回の番組、一番見るタイミング的にベストなのは卒業ライブ前です。

 

 

 

今更これを見て欲しい、というのは

新たな道を歩み出した3人と2人の邪魔をしてないか?と思うのです。

 

 

だっていつまでも5人の最後の姿を見せて

そこで思い出に浸っても仕方ないじゃないですか?

 

 

大切なの思い出ではなく今ですよね。

 

 

♪この一瞬を全力で~

 

 

というように。

 

 

 

 

なのでメッセージを考えました。

 

ファンの中には

卒業公演で時が止まっている人もいるのではないか?

と仮説を立てました。

 

3人dropの初日ライブに行った人も含め

まだ5人を引きづっているのではないか?とも思いました。

 

 

今回の番組のテーマは「歩く」です。

 

メンバーは一生懸命歩きました。

 

 

そして今も歩いてます。

 

ディファで止まらずに歩き続けています。

 

 

そんな彼女達の姿を見て、新たな一歩を踏み出すエネルギーを

貰ってほしい、というメッセージに出来ないか?と考えたのです。

 

以下DMで送ろうと思うメッセージです。

 

番組を見た皆さん。

宜しければご覧になって頂き、ご意見下さい。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「新たな一歩を踏み出す為に5人のdropを振り返ってほしい」

 

 

突然のメッセージ、失礼致します。

私はCS放送局ファミリー劇場のこすけと申します。

 

私が担当しましたアイドルグループ・drop主役のドキュメントバラエティ番組

『ウワサのdrop!最後の5人歩き Road to Differ』が配信中です。

 

※視聴はコチラから↓

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

SNSでのつぶやきを見させて頂いて、dropないしメンバーの誰かしらを

お好きなのかなと思い、番組の事をお伝えしたくご連絡致しました。

 

 

この番組は11月11日でdropを卒業した

三嵜みさと・滝口ひかりの2名を含めた

5人体制時代のdropを描いた最後の番組です。

 

 

dropが誕生した原宿の事務所から

卒業公演を行ったディファ有明までの道のりを5人がひたすら歩きます。

 

道中、5人それぞれがメンバー全員でやりたかった事にトライします。

 

山登り、運動会、ゲリラライブなど。

 

5人が笑い、はしゃぎ、悩み、泣く、素の姿がタップリ描かれています。

 

 

そしてラストのディファ有明で5人が見たもの。

 

それは、メンバーの大場はるかさんが

道中に撮影して制作したショートムービーでした。

 

映像に収められていたのは

卒業する2人とdropに残る3人の正直な気持ちの告白。

 

drop5人にとって、本当の宝物とは何かを?ショートムービーの

テーマに考えた大場さんが、メンバーに本音をぶつけて引き出したものでした。

 

dropに残る3人。dropを卒業する2人。

 

dropという青春を全力で駆け抜けた気持ちが

メンバーの口からそれぞれ語られます。

 

 

 

5人で歩き切ったディファ有明までの道のり。

その一歩一歩が、この5人でしか作り出せない輝きの滴を生みだしました。

 

その輝きは、これからのdropにとって

そして卒業する2人とって、大きな力に変わるはずです。

 

 

ディファ有明での卒業ライブ以降、

dropは3人体制となり新たな一歩を踏み出しました。

 

卒業した2人もそれぞれの道を歩み始めました。

 

 

卒業を悲しみ、新たな一歩を踏み出せない方。

この番組を見て、5人の輝きの滴を感じ取って頂きたいと思います。

 

そこで得た力を自分の物として歩き出してほしいと思います。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

★★★dropの番組の無料配信中★★★

 

『ウワサのdrop!最後の5人歩き Road to Differ』

5人体制としての最後の企画は、「みんなで沢山歩く」事。コースはdropがデビューするキッカケとなった原宿の事務所から5人での最後のライブになるディファ有明まで!東京のあらゆる場所を歩きながら、行く先々でメンバーそれぞれの5人でやりたかった事にトライ。ショートドラマの制作、運動会、ゲリラライブ、山登りなど・・・。果てしない歩き旅の行方と、ゴールのディファ有明で待ち受ける感動のラストとは!?

 

その他にも過去配信中

『ウワサのdrop 初めての5人旅 in 甲斐の国 みんな見せちゃうぞSP』

『ウワサのdrop 全力妄想デート 大好きな人に‘愛の告白’in 甲斐の国』

『アイドルユニット「drop-ドロップ-」箱根でアレシテ、アレサレタイノ?』

 

視聴はコチラから↓

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

=======================

 

 

 

どうでしょう?

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

先日、この2人の卒業ライブを見届けた僕は

午後10時頃に、有明テニスの森駅を目指して歩いていた。

 

僕の中で何かが終わったと思っていた。

 

では何が終わったのだろうか?

 

それを考えながら帰宅していた。

 

 

 

 

ふと思い出した。

 

以前にもこういった経験がある事を。

 

あれは学生時代だ。

 

 

僕はとある体育会系の部活に所属していた。

 

そこまで強くはなかったが

それでも当時は毎日、厳しい練習をしていたし

体育会系特有の面倒な上・下の関係もあった。

 

楽しい事もあったが、それと同じくらい辛い事もあった。

 

時には涙を流し、時には頭を抱えて悩み、

同期と共に苦楽を共にしてきた。

 

 

辛い練習、面倒な人間関係を嫌い

辞めていく同期もいた。

 

私も何度か辞めようと思った。

 

 

しかし結局辞めることが出来なかった。

 

最初15人だった同期だが

最終的に残ったのは僕入れて4人だ。

 

 

この4人とは今でも繋がっている。

 

もう2年以上会っていないがたまに連絡を取り合ったりするし

いつか会っても昔と同じように話せるだろう。

 

 

 

泥水をすすりながら、地べたを這いつくばり、

みじめになりながらも、仲間と共に過ごしてきたあの時間は

紛れもなく僕の青春である。

 

僕の中で青春という名の炎が燃えていた。

 

 

では、今の僕の中に青春はないのだろうか?

 

 

 

そんな事はない。

 

青春の炎は僕の中にある。

 

 

 

よく、「私の青春終わった」と言う人がいる。

 

青春とは一過性のものであり

若い時の一定期間だけのものであるという認識をされがちだ。

 

 

 

しかしそれは違うと思う。

 

何かに夢中になり、没頭してさえすれば

どんなに年を取ろうとも青春は終わらない。

 

 

僕は学生時代、部活とバイトに夢中だった。

 

授業中は部活の事を考えていた。

 

そしてバイトは可能な限りシフトを入れ正社員並みに稼いだ。

 

 

 

楽しかったのだ。

 

辛い事もあったが、それ以上に楽しく

夢中にさせて没頭させる何かがそこにはあった。

 

仲間であり、やりがいだ。

 

 

 

学校を卒業して次の環境に移っても

僕は別の何かに夢中になった。

 

目の前の何かに没頭した。

 

 

その度に、あの時と変わらない青春の炎は燃えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年半前にdropを知った。

 

当時、僕はアイドル文化を

 

「日本人のロリコン化を加速させるもの」

 

という偏見で見ていた。

 

 

 

なので後輩スタッフからdropの話しを持ちかけられた時

正直言って乗り気ではなかった。

 

しかし、アイドルはお金になると思っていたので

興味ないながらもdropのライブを見に行った。

 

 

 

 

 

 

そこは異様な空間だった。

 

 

300人程度のハコで満員のライブ会場。

 

観客の熱気は凄まじい。

 

当時4人のdropのパフォーマンスが始まる。

彼女達の歌と動きに合わせ、全力で応援するファン。

 

歌とダンスのクオリティはさておき

あの熱狂はホンモノだったと思う。

 

 

 

そう、あの会場にいたメンバーとファンが

皆全力で、夢中で、没頭していたのだ。

 

 

 

自分のやってきた部活やバイトなどで得た熱と

ライブ会場での熱を当時は結びつける事は出来なかった。

 

 

しかしこの熱に可能性を感じた僕は

dropのライブを撮影し放送する事にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は惨敗だった。

 

あの会場にいた300人が全員見てくれるだろうと思っていたが

4分の1も見れてくれなかった。

 

 

何故か?

 

色々な要素が考えられる。

 

 

 

だが今思うのは

僕がdropに夢中になっていなかった事が大きいと思っている。

 

 

 

あの時、僕は人のせいにしていた

 

 

 

・メンバーが告知してくれない

・ファンが全然見てくれない

・しずりん(杉野静香)が脱退したからだ

 

など。

 

 

 

 

だが、今思えば完全に負け戦のマインドである。

 

 

本来は僕がdropに夢中になり

その熱を人に伝えていかなければならない。

 

見られない事を誰かのせいにして

誰かに依存している限り、この状況は変わらない。

 

 

 

ある時そう思った僕はdropを好きになろうと思った。

 

毎日メンバーのツイッターをチェックした。

過去の動画やブログ、インタビュー記事なども見た。

 

たまにライブに行き、ファンの熱を感じた。

 

そしてファンはdropの何が好きなのかを考えた。

 

ファンがdropに何を望んでいるのかを考えた。

 

 

 

そして、そこから得た自分なりの考えをブログで発信する事にした。

自分の熱をファンとメンバーに伝えていく事にした。

 

 

●●があれしてくれない、これしてくれない、

 

 

こんな事を言っている暇があったら

自分が行動した方がいい

 

とにかく行動して発信して、人に伝えていく。

 

これに全力を注ごうと思った。

 

 

 

するとツイッターなどでファンの人が

僕に絡んで来てくれるようになった。

 

新しい番組を楽しみにしてくれたり

面白かった、と感想を言ってくれるようになった。

 

 

新たなに番組を作れば作るほど、

見てくれる人、反応してくれる人の数は増えていった。

 

メンバーもリツイートや、自ら告知をしてくれるようになった。

 

 

 

もちろんdropのファンに向けて作っているので

爆発的に視聴数が伸びるわけではない。

 

だけど、ファンとメンバーの心を本気で動かせないようでは

本当にいい番組にはなれないと思っている。

 

ファンのいるタレントやアイドルを捕まえて番組を作れば

ほっといても見てくれる、と思っていたがそれは間違いだ。

 

 

例えば100人のファンがいるタレントの番組を作ったとして

Aという番組は30人しか見ない、でもBは100人が見る。

 

 

この違いは、ファンに作り手の本気が伝わるかどうかだと思っている。

 

面白いかどうか、宣伝したかどうか。

 

これが基本であり当たり前。

大切なのは、その当たり前の上に本気があるかどうかだ。

 

 

 

 

ライブに何故あんな熱があるのか?

 

それはメンバーのパフォーマンスが本気だからだ。

 

その本気に応える形でファンも本気になっている。

 

そこに熱が産まれる。

 

 

番組はライブと違い、作り手と観客のいる空間が違う。

なので熱が伝わりにくい。

 

 

そのため、とにかく熱意を伝える作業をしなければならない。

 

作る作業と同じくらい、伝える作業を一生懸命した。

 

 

 

卒業ライブの会場では

 

「こんな素敵な番組を作ってくれて本当に感謝しています」

「また新しい番組作って。ファミ劇しかいない」

 

など、本当に嬉しい事を言ってくれる人が何人もいた。

 

 

中には、僕が会場の入り口付近の寒い場所でチラシを配ってるのを見た

ファンの一人が、暖かいペットボトルのお茶を奢ってくれた。

 

そして、最後にファンの人達との記念撮影の中に入れてもらった。

 

 

 

 

 

 

嬉しかった。

 

その時思った。

 

 

 

あ。俺、dropという青春に夢中になってたんだなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンの人が言っていた。

 

 

「dropで経験した全てのことは俺の宝物です」

 

「みさとが卒業してもう来ないかもしれない。

 でも沢山の愛を貰えて、これからも頑張って生きていけそう」

 

「来年から忙しくなるからもう来れないかもしれない

 でもdropの現場で出会った仲間と思い出は絶対に忘れない」

 

 

 

 

 

今回の卒業を機に、

dropを離れる人、残る人、それぞれだと思う。

 

それぞれが考えて決断した

次の青春に向けてまた走り出そうとしている。

 

まだ立ち止まっている人もいるだろう。

 

でも、その時間ははいつか動く。

 

dropに夢中になったあの青春の炎がある限り。

 

 

 

 

もう会えない人もいるかもしれない。

 

でも僕はこの1年半で経験した事、出会った人々、

かけてもらった有りがたい言葉を忘れないだろう。

 

dropという青春を共有出来た、熱狂を忘れない。

 

 

 

僕と5人のdropとの青春時代は終わった。

 

でも青春の炎は消えない。

 

また別の青春にその炎が移り変わる。

 

そこでまた生きていける。

 

 

何かに没頭し、夢中になれる。

 

ここで得た最高の思い出を持って、明日から歩く。

 

 

 

 

 

 

ありがとう。5人のdrop。

 

 

ありがとう。サクマーさん。

 

 

ありがとう。番組を作ってくれたスタッフ。

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dropの番組が過去作から新作まで全て配信中です。

記念アルバム的に是非。

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨晩放送した「ウワサのdrop!最後の5人歩き Road to Differ」。

 

 

本日11/11(土)13:00~より

同番組がファミリー劇場CLUBにて配信開始となります。

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

 

卒業ライブは15:00~から。

 

ライブ前に番組を見て、涙を流し気持ちを切り替えてから

ライブに臨みましょう。

 

僕も今からディファへ向かいます!

 

 

 

 

昨日の放送での皆さんの反応が気になりエゴサーチしてみました。

 

その一部を無許可で載せます。

悪しからず。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ウワサのdrop!最後の5人歩き Road to Differ


いかがだったでしょうか?


急遽DMで視聴方法を皆様にお伝えしましたが、かなりテンパッてしまい、結局放送に間に合わなかった方などいらっしゃるかと思います。

本当にすみません。

出来るだけ多くの方に見て頂き、この番組を共有出来ればと思ったのですが…。



そして見て頂いた方は本当にありがとうございます。





明日は卒業ライブです。

DMでは個々にお伝えしましたが、本日13時から、ファミリー劇場CLUBにて同番組のネット配信をスタートする事になりました。


開演は15時から。

宜しければ開演前までご覧になって頂ければと思います。

私も会場に伺い、チラシ配りをしますので是非受け取って頂ければ幸いです。









いよいよですね。

いよいよ、その時が近づいてきました。

卒業です。

その瞬間を一緒に見守りましょう。




ファミリー劇場スタッフこすけ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

私は悩んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

 

 

複数のサクマーから求愛されているのです。

 

 

 

しかも、ほぼ男です。

 

いくらお客さんを大切にする私でも

同性からの求愛は受ける事が出来ません。

 

 

私がつぶやけばつぶやく程、告白されてしまうのです。

 

しかし、つぶやくのを止めてしまうと情報発信が出来ません。

 

一体どうしたらいいのでしょうか?

 

 

この人なんてSNS上で堂々と不倫宣言です。

 

 

なんてゲス民なんでしょう。

 

 

 

 

この人は「同志として」などと言い訳を言ってます。

本当は私と語り合って飲んで酔った勢いで・・・を狙っているに違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

困りました。

 

本当に困りました。

 

 

一部女性のお客さん方からも好きと言われています。

 

 

 

なぜこの数が増えないのでしょうか?

 

 

 

私は知っているのです。

 

dropの現場には女性客が沢山いる事を。

 

後輩スタッフからdropをやろうと誘われた時に

「女性ファンも多いんすよ」とも言わました。

 

 

 

なのに私に求愛リプを下さる方は恐らくほぼ男ばかりです。

 

 

 

私は女性にモテたいのです。

 

なのでモテるためにもファンサービスをどんどんして行こうと思います。

 

 

放送前ではありますが、番組の一部映像をチョイ見せします。

 

音楽・ナレーション・テロップの入っていない状態ですが

雰囲気は伝わると思いますのでご覧になって下さい。

 

これを見た女性の方は、私に好きとメッセージを下さい。

 

 

絶対ですよ!?

 

 

今夜24時15分放送

「ウワサのdrop 最後の5人歩き Road to ●●」

https://www.fami-geki.com/drop/

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

私は怒っています。

そして悲しいです。

 

 

「ウワサのdrop 最後の5人歩き」に関して

ツイッターのタイムラインに放送を見れない方が

録画などの呼びかけをしているのを見てしまったのです。

 

 

 

 

ファミリー劇場は有料放送です。

 

皆さんから頂く加入料で番組を作ったり買ったりしてるわけです。

 

 

 

 

dropの番組の視聴数が少ない

この番組ではお客さんが付かない

制作費がペイ出来ない

もう番組出来ない

 

 

という事になります。

 

 

 

 

 

番組は無料では作れません。

 

出演費、スタッフ人件費、撮影機材費、編集費など

様々なお金がかかります。

 

色々な事情で、どうしても見れないという方が

いらっしゃる事は重々承知しておりますが

悩みや改善してほしい点などあればDMにご連絡を下さい。

 

また、録画等の呼びかけをするのは絶対に止めて頂きたいのです。

 

見たいために、このようなつぶやきをする気持ちも凄く分かるのですが、

これを観ても私はもちろんメンバーも喜びません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ私も、より多くの方に番組を見て

楽しんで頂きたいという気持ちはあります。

 

様々な事情からどうしても見れない、という方。

 

そして番組の放送まで待ちきれない、という方。

 

 

 

放送前ではありますが、番組の一部映像をチョイ見せします。

 

音楽・ナレーション・テロップの入っていない状態ですが

雰囲気は伝わると思いますのでご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

http://drop-collet.com/2017/09/20/drop1111/

 

 

 

いよいよ今週末に卒業です。

 

私も当日は会場にお邪魔して

この2人のdropとしての最後の雄姿を見届けようと思います。

 

 

 

そんな卒業公演前夜(24時超えているので当日ですが)に

この番組がCSファミリー劇場で放送されます。

 

 

https://www.fami-geki.com/drop/

 

 

「ウワサのdrop!最後の5人歩き Road to ●●」

 

 

タイトルの一番最後の部分である「●●」ですが・・・

実は番組開始3分でバレます。

 

速攻で場所が分かります。

 

 

 

なのに何で隠したと思いますか?

 

 

それが私も分からないのです。

 

 

まぁ言うならば、ノリってやつです。

 

とくに意味もないです。

 

すいません。

 

 

 

しかしです。

隠してしまった以上は、放送までは隠し通します。

 

隠す事で、それが凄い場所なんだと思ってもらう演出です。

 

 

なのでこのブログを読まれた皆様は

何となく分かっていても言わないで頂きたいのです。

 

 

「どこに行くんだろう?」

 

「全然想像も付かない」

 

 

とか言っておいてほしいのです。

 

 

ちなみに最後の場所(バラしたくいのに引っ張るなー)で

待ち受けるドラマは、どんな映画よりも感動します。

 

前回の「甲斐の国」特番の時も、泣けたとか感動したなどの

お声を聴きますが、ハッキリ言ってあんなレベルじゃありません。

 

 

もうビチョビチョです。

 

涙もしたたるいい男&女になって下さい。

 

そしてその涙を経てから卒業公演に臨んでほしいのです。

 

 

何故なら、卒業する2人は涙涙の卒業公演よりも

楽しく笑って送り出してほしいと思っている可能性もあるからです。

 

いや、別に泣くなと言ってるわけじゃありません。

 

しかし泣くレベルにもよると思うのです。

 

多分、皆さん泣くでしょう。

 

大泣きです。

 

そんなファンの姿を見たら、あの2人も凄く辛いと思うのです。

 

 

なのでこの番組を事前に見る事で

泣いて、涙を体から出しておいてほしいのです。

 

減量です。

 

試合に向かう前のボクサーみたいなもんです。

 

減量しないと試合に出れません。

 

 

その先にある試合(卒業公演)に臨むための準備として

番組を見る必要があるのです。

 

 

 

 

そんなこんなで

「ウワサのdrop!最後の5人歩き Road to ●●」の

放送まで待ちきれない!という、ほしがりな皆さんのために

本日は写真と合わせて番組ストーリーの一部をご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き出発!

 

 

 

歩きます。

 

 

 

横断歩道渡ります。

 

 

 

地図を確認します。

 

 

 

カメラを持つ大場さんです。

 

 

 

笑う大場さん。

 

 

 

これから登ります。

 

 

 

若者なので自撮りします。

 

 

 

またまた歩きます。

 

 

 

ひたすら歩きます。

 

 

 

楽しいですね。

 

 

 

ね。

 

 

 

運動します。

 

 

 

パン食い競争です。

 

 

 

2000年に一度の爆笑

 

 

 

余裕の表情を見せる女

 

 

 

再び歩きます。

 

 

 

 

チラシ配りします。

 

 

 

ライブします。

 

 

 

歌いました。

 

 

 

語ります。

 

 

 

語ります。

 

 

 

そして・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お楽しみに。

 

 

 

 

ファミリー劇場CLUBにて過去作を配信中。

登録すればいつでもどこでもスマホでdropが見れちゃいます。

https://club.fami-geki.com/category/idol

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日より、現役アイドル・グループdropのメンバーから

日替わりで告白されている私です。

 

 

 

大場からの罵倒と告白

 https://ameblo.jp/famigeki/entry-12325051697.html

滝口からの告白

https://ameblo.jp/famigeki/entry-12324753904.html

小日向からの告白

https://ameblo.jp/famigeki/entry-12324687983.html

小泉からの告白

https://ameblo.jp/famigeki/entry-12324683369.html

 

 

 

 

 

同じグループのメンバーから告白されるってどういう事なんでしょう?

 

困った人達です。

 

 

 

しかしです。

 

そんなdropでも、この人だけは大丈夫と思ってましたよ。

 

リーダーの三嵜みさとさんです。

 

なんせ、この人はリーダーです。

 

 

少し頼りないところもありますが何と言ってもリーダーです。

 

 

dropの事を考えたら

いくら私の事が好きでも

告白なんてバカな真似はするはずがありません。

 

 

 

 

 

 

 

しかしです・・・。

 

なんと本日、三嵜さんからも告白されてしまったのです。

 

 

 

三嵜・・・お前もか・・・!

 

 

 

 

全く本当に困った人達です。

 

 

 

 

 

ですが、この辛い現実から目をそらすべきではありません。

 

本当はこんな事したくないのですが・・・

 

三嵜さんから受けた告白の全てを

一言一句省かず公表したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり大場さん、滝口さんに告白された場所と同じ

箱根のとある公園という私のスマホの中。

 

 

これも寒い時期でした。。


 

 

 

 

 

 

 

歩きながら

 

 

 

あー疲れたねぇ

ちょっと歩き過ぎたし。

 

 

ねぇ、ちょっと座ろ、ここベンチあるし。

 

 

 

私の腕をグイっと引っ張る三嵜さん。

 

そして隣同士に座る。

 

 

 

 

あー疲れた

 

 

 

疲れすぎだろ

 

 

 

 

今日さ、私達さ・・

付き合って1年目くらいで

やっと箱根旅行にね、初めて来たじゃない?

 

 

 

あれ?

 

もう付き合ってんの?俺たち。

 

知らなかったわ、パラレルワールドかもしれないな・・・。

 

 

 

 

でぇ、、、

本当に君の事・・ずっと好きだし、、

 

 

これから、もっともっと

一緒にいい思い出作りたいって

思ってるから・・・

 

 

 

本当にずっと一緒にいてほしいなって

思ってるよ

 

 

 

ハニカム三嵜さん。

 

 

 

えへ(照れ笑い)

 

 

 

 

僕の頬を両手でそっと掴み顔を近づける三嵜さん。

 

 

唇を重ね・・・ようとしたその瞬間、

 

 

 

 

あっ!

 

 

 

 

顔をパっと離す三嵜さん。

 

え?

 

 

 

 

でも人に見られるかもしれないから・・・

 

 

続きは・・・旅館でね❤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上だ。

 

 

ていうか最後のセリフは一体何なのか・・・?

 

明らかに私の知っている三嵜さんではない。

 

キャラが違い過ぎる。

 

マジでパラレルワールドなのかもしれない・・・。

 

 

 

これ以上は記憶がない。

 

小泉さん、小日向さん、滝口さん、大場さんの時と同様で、

記憶がないというか、この続きという存在がないのだ。

 

 

でも告白はされた。

というかすでに付き合ってる。

 

間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと気づくと違う場所にいた。

 

場所は、富士急ハイランドという私のスマホの中。

 

 

またここか。

 

 

 

 

 

 

 

私と三嵜さんは修学旅行中らしい。

 

三嵜さんに腕をグイグイ引っ張られ(よく腕を掴む奴だ)走る僕達。

 

 

 

メリーゴーランド前で立ち止まる

 

息を切らしながら・・

 

 

 

やばい・・・大丈夫かな?

 

 

大丈夫、見つかってないよ。

 

 

 

上手く抜け出せたね。

 

 

 

あぁ。

 

 

 

はぁ。。

 

なんか私、集団行動とか

すっごい嫌いだからさ・・・

 

ちょっと落ち着いた所にいたかった・・。

 

 

 

 

どうして、俺なんだ?

 

 

 

ん?

 

 

なんで俺の事連れ出したのかって?

 

うーん、別になんでもいいじゃん。

 

 

 

 

よくない。

どうして俺なんだ?

答えてくれ。

 

 

 

 

ん?

 

だから何でもいいじゃんって言ってるの。

 

 

静かなところに来たかっただけ。

 

 

 

そっ・・・か・・・。

 

 

もうちょっと2人でいてよ。

 

 

 

あぁ。

 

 

行こ。。

 

 

 

 

歩き出す僕達。

 

 

 

しかし・・すぐに立ち止まる三嵜。

 

顔をうつむいている。

 

 

ゆっくり顔を上げて僕を見る

 

その顔は恋する女の顔だ

 

 

 

 

好きなの・・・

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで終わりだ。

 

やはり、この続きは何故かない。

 

記憶がないというか、この続きという存在がないのだ。

 

 

 

 

 

5人に告白されて今、気づいた。

 

これは夢だ。

 

幻だ。

 

 

パラレルワールドだ。

 

 

 

いつ迷い込んだんだ?

 

 

告白される時だけパラレルワールドに迷い込み

告白が終わると元の世界に戻ってる。

 

 

なんてこった。。。

 

 

このブログをメンバーやサクマーさんが読んだらポカーンだ。

 

 

 

なんせメンバーは現実世界では私に告白なんかしてないからだ。

 

 

 

 

滝口の口癖である

 

 

ヤバくない?

 

 

を全員が俺に向けて言うだろう・・・。

 

 

 

 

皆さん、すまない。

 

俺の勘違いだ。

 

 

許してくれ。

 

 

 

 

そしてサクマーの皆さん。

 

 

俺がパラレルワールドで体験した告白は

映像にしっかり押さえてある。

 

そんな彼女達の告白映像を見たい方は以下よりご視聴ください。

 

 

 

 

 

会員制サービスファミリー劇場CLUB

https://club.fami-geki.com/

 

富士急の告白映像は無料登録で見れちゃいます。

箱根の告白映像は、どうやらパラレルワールドに入らきゃいけないらしく

その次元転送代として500円かかるらしい。

 

 

それでは皆さん、良き時空の旅を。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

ファミリー劇場スタッフ こすけ

いいね!した人  |  リブログ(0)