ツェーイーメン ~福本漫画感想日記~

カイジ・アカギ
トネガワ・零
黒沢・天・銀と金
プロ野球
について意見するブログ。
熱い三流を目指します!


テーマ:

テスト等が近づいているので、当分は連載作品の感想のみとなります。

以前予告していましたカイジのざわカウント、赤木の和了一覧の小ネタは調査自体はほぼ終わっているので、ひとまず落ち着く2月下旬頃に載せる予定です。

 

さて、ハンチョウは連載2回目。

カイジの載っていないヤンマガを買うのは初めてだな。

 

前回の新橋編から数か月、今回大槻が解放されたのは武蔵野市の井の頭公園。

グルメ漫画で「井の頭」・・・どうしても孤独の方を連想してしまうなw 狙ってはいないでしょうけど。

これで判明したローテは上野公園→~→日比谷公園→井の頭公園ですね。あと何回で一巡するのかな。

 

ただ場所は井の頭でも、今回の大槻は孤独ではありません!

おお、沼川!久しぶりに顔が見られて嬉しいな。

ジャンケン編の北見、沼編の村上もそうですが、沼川も地下編の名脇役ですよね。

「で?つまみは?」、「馬鹿丸出しですね・・・」印象的なセリフも多いですし、班長にとっては右腕、参謀役でもあります。

もう一人の取り巻き、石和はいないようですが・・・ちょっと彼は短絡的な性格ですし、ペリカを貯めただけ散財してしまうタイプなのかもな。

 

班長も認めるほど慎重派の沼川ですが、始まった24時間のカウントダウンに大慌て。

しかし、班長は外出を満喫するには焦らぬことが肝要、心の余裕を取り戻そう・・・と枕代わりに置いてあったヤンマガを渡しました。

 

二人はその後、1時間以上も雑誌を熟読。

漫画談義にも花が咲きますが、辺りは既に暗くなってきました・・・!

タイトルだけは聞いたことあるけど・・・そもそも話題が渋いな。

確かに福本さんはちば賞出身ですけど・・・トネガワでも「あした天気になぁれ」が出てきましたし、ここまでちばてつやさんを推す必要はあるのかな(^_^;)

てか素直に福本作品で好きな漫画は・・・?で良くないかw 別にいいけどね。

 

そして二人はようやく動き出し、のたり西荻窪へ!

入ったのは普通の居酒屋でした。

 

沼川はせっかくの機会と、2000円の刺身盛り合わせを注文しようとしますが・・・班長は「へたっぴ・・・!」と一蹴!(心はゴム毬だよ・・・カイジ君・・・!)

これは1日外出初心者にありがちなミステイク、外に出たという興奮で本当に食べたいものを見失っているのです。

 

これはあるよね・・・。食以外でもあるある。

ディズニーランドに来た興奮でアトラクションに乗りすぎて、楽しみにしていたパレードの開始に気付かず後列でチラッとしか見られなかった・・・みたいな。

・・・例えとしてはおかしいかなf^_^;

 

班長は地下ではここ数日、パサパサの焼き魚続きだったことを思い返します。

よって、ここではまず肉の揚げ物が鉄板!

 

あれ、普段は二人も鮭なりメザシなり、班員と同じ通常のメニューを食べているのか。本編でこれ見よがしに特注のTボーンステーキを食べていたのは日常的な事ではなかったんだね・・・。

 

さらに班長はなぜか出身を尋ね、沼川は宮崎出身であることが判明。

へえ、そうなんだ。言われてみると九州男児っぽく見えてきたな。

 

ククク・・・なるほど・・・

お前が食べたい物はズバリ・・・

うわあ食べたい(><;) チキン南蛮か、久しく食してないな・・・。

しかし沼川は宮崎出身なのですね。私のいとこは宮崎住みなので、ちょっと親近感が湧きました。

このように、本編では明かされなかった裏設定が分かることもスピンオフの醍醐味ですよね。

 

そして、今回入った居酒屋「白太屋」・・・もちろん白木屋のもじりですけど、そういえば・・・破戒録5巻で、カイジが地下を脱出した時に入った店もそうでしたね。


店員の制服や店内の構造も全く一緒!細かいですね。

原作愛に満ちた小ネタは物凄く嬉しいな。さすが萩原さん、ファンの気持ちを分かっています。

 

カイジが解放された上野公園から西荻窪は少し遠いですが、当日に坂崎の住んでいた練馬へ向かっています。練馬と西荻窪は近いので、カイジがカジノを探してあちこち移動していたと考えれば矛盾もしないね・・・。

セコセコGoogleマップで調べました(^_^;)

 

そして2時間後・・・班長は本腰を入れるため、事前に調べていた小料理屋へ沼川を誘いますが・・・突然足が止まりました。

重大な何かを見落としているような・・・何か違和感が心に引っかかります。

ふと見かけた、浴衣の親子。それはつまり・・・!

 

沼川・・・!楽しいなっ・・・!

ぶっちゃけ踊りとか太鼓の音とかで分かる気もしますけど、さすが班長、洞察力があります。ちなみにこれは本編でシゴロを出した際の台詞、「カイジくん....恐ろしいなっ...!本当に 博奕は恐ろしいっ......!」 のセルフパロディですね。

 

これには二人もテンションが上がります!

ぐああっ・・・美味そうすぎる・・・!ヽ(;´ω`)ノ

何でこんなに福本絵で描かれる食事は美味そうなの?w

何というか・・・高級食材ではなく、ジャンクであればあるほど魅力的に見えるんだよね。そのイカ焼きをよこせ!w 決めた、次の買い出しで絶対買うわ。

 

二人も大満足で腹九分目。

最後は粉物で締めようと考えますが、目の前にはたこ焼きとお好み焼きの二店がありました。

さすがに両方は食べられないところ、沼川は選択を班長に任せますが・・・

班長はなぜか両方を3つ買い込み、丸ごと見ず知らずの人々に差し入れ!

沼川は全くその意図が分かりません。

 

しかし・・・情けは人の為ならず、善意は帰ってくるもので、差し入れのお礼として飲みの輪に誘われるのでした・・・!

そう、これこそが班長の狙い。

これによって二人は両方の粉物にありつくことができ、且つ・・・

マジシャン姿は似合わないな・・・w

大賑わいのお祭りを終え、二人は大満足。翌朝を待たずに前倒して地下へ戻っていきました・・・。

 

いやあ・・・今回は原作ネタも豊富で班長らしい洞察もあり、何より美味しそうな料理があり、前回の不満点が全て解消されていますね!

和気あいあいとした清々しいラストですし、和みます。単なるグルメ漫画ではない、福本作品である強みが前面に出ているのがいいね。

 

次回は1/30、錦糸町編。この調子で軌道に乗ってほしいです(^∇^)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が16話(6回戦東2局途中)まで制作していた「アニメ後のアカギ」動画シリーズは諸事情により、昨年春に打ち切りとなりました。

しかし、昨年11月にtwitter上でその話題に触れた際、うおさん(ニコニコアカウント名はmadaoさん)が・・・何と!お忙しい中で制作の引き継ぎを申し出てくださりましたヽ(゚◇゚ )ノ

改めて、ありがとうございます・・・!m(_ _ )m

 

その後も少し情報交換があり・・・遂に今日、その新シリーズ第1話が完成!\( °∀° )/

ぜひご覧ください・・・!

 

私の第1話目とは比較にならない、素晴らしいクオリティですよね。

些細ではありますが、私も編集についての情報提供や一部BGMの提供で協力させて頂いています。

 

また・・・以前制作していた者として勝手は分かるので、素材の活かし方、アイディアに感服する部分が多くありました。

今回は岡本と鷲巣の問答がメインとなる回ですが、二人が会話するシーンや岡本が口を開いているシーン自体、かなり素材が少ないのです。飽きないカット作りに骨が折れたことと思いますが、セリフに合致する表情のシーン選定が上手ですね。

鈴木の素材はさらに希少なのですが、北を持っていた鈴木の反応を原作の「ニッ」から「コクッ」に変えることで、アニメ内にあった素材で再現することに成功しています。原作から語感を変えている箇所のセンスがいいですね。

madaoさんのお気に入りも、岡本が鈴木に「もうアカギに回すな!」と叫ぶシーンとのことで、こちらも原作に即しながら、より切迫感の伝わる言い回しとなっています。

全体として、非常に原作愛が伝わる編集ですよね(⌒▽⌒)

 

所々ミスはあったようですが、これは慣れによって解決する問題。今後も全力で応援させていただきます!

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけおめ・・・!と言うには少し遅くなってしまいましたが、ことよろです(・∀・)/

2017年も福本作品・福本先生への敬意を第一に更新していきます。

 

ちなみに、新潟・実家の山形共にテレ東が見られない地域なので、話題のドラマ銀と金はAmazonのプライムビデオで2話まで視聴しました。

地上波では放送されない有賀編も、プライムビデオ限定で配信が予定されているようですね。話によると、この先のどこかで福本先生が出演されるとのことなので、今後の展開も含めて楽しみです。

 

内容のレビューを書こうとも思いましたが、世間的には好評な映画カイジの出来にも私は批判的な方。今回の銀と金についても惹きこまれますし基本的には面白いのですが、主にセリフや演出・配役の改変部分での不満が少ないわけではないな・・・。

 

どうしても原作との差異を粗探ししてしまうので、書き出すとキリがなくなって駄文必至なので控えることにします。プライムビデオは1週先取りなので、地上波で流れる前にネタバレを書いてしまうのもどうかと思いますしね・・・。

純粋に面白いと視聴されている方も多いはずですから、ここは沈黙は金・雄弁は銀に倣います。銀と金だけにね( )

 

・・・m(_ _ )m

 

 

○=提出カード
カイジ/和也 LIFE(2・10) 1ライフ=2億円 []=隠しBOXカード
1回戦
D・D U・U
2○・4 A○・A 1勝/0勝 LIFE(3・9)
Bet1→コール
2回戦
D・D U・D
2・4○ A・3○ 2勝/0勝 LIFE(4・8)
Bet1→コール
3回戦
U・D U・D
Q・2○ A○・6 3勝/0勝 LIFE(5・7)
Bet1→コール
4回戦
U・D U・D
Q・6○ 9○・6 4勝/0勝 LIFE(6・6)
Bet1→カイジBet2→和也ドロップ
5回戦
U・U D・D
K・Q○ 6○・3 5勝/0勝 LIFE(7・5)
Bet1→カイジBet2→和也ドロップ
6回戦
U・D D・D
K・6○ 3○・3 5勝/1勝 LIFE(5・7)
Bet1→カイジBet2→和也Bet3→カイジドロップ
7回戦
U・D U・D
K○・7 9・3○ 6勝/1勝 LIFE(6・6)
Bet1→コール
8回戦
D・D U・D
7○・5 9・3○ 6勝/2勝 LIFE(5・7)
Bet1→和也Bet2→カイジドロップ
9回戦
D・D U・U
5・4○ J・9○ 6勝/3勝 LIFE(4・8)
Bet1→コール
10回戦
D・D U・U
7・5○ Q・J○ 6勝/4勝 LIFE(3・9)
Bet1→コール
11回戦
U・D U・U
K・7○ Q○・A 6勝/5勝 LIFE(2・10)
Bet1→コール
12回戦
U・U U・U

KK○ A○・A 6勝/6勝 LIFE(0・12)
Bet1→カイジコール→和也Bet2→カイジコール

~~~赤ライフ登場・生死を賭けた闘いへ~~~
13回戦 LIFE(1・12)
U・D U・D
K○2 A○・6 6勝/7勝 LIFE(0・12+1
Bet1(カイジ)→自動的にコール
~~~チャンマリの赤ライフ2つを追加~~~
14回戦 LIFE(212+1
U・D D・D
82○ 7・6○ 7勝/7勝 LIFE(3・12)
Bet1()→カイジBet2→和也ドロップ
15回戦
U・D U・D
87○ J7○ 7勝/1分/7勝 LIFE(3・12)
Bet1()→コール
16回戦
U・U U・D
J○・8 J○・4 7勝/2分/7勝 LIFE(3・12)
Bet1()→コール
17回戦
U・U D・D
Q・8○ 5・4○ 8勝/2分/7勝 LIFE(1+3・11)
Bet1()→コール
18回戦
U・U D・D
Q○・9or8 5・3○ 9勝/2分/7勝 LIFE(2+3・10)
Bet1→コール
19回戦
U・U U・D
9○・9or8 Q・5○ 10勝/2分/7勝 LIFE(3+3・9)
Bet1→コール
20回戦
U・U U・U
9・8○ Q○・9 11勝/2分/7勝 LIFE(5+3・7)
Bet1→カイジBet2→和也コール→カイジBet4(3+1)→和也ドロップ

21回戦

U・U U・U
K○・9 Q○・9 12勝/2分/7勝 LIFE(6+3・6)

Bet1→カイジBet2→和也ドロップ

22回戦

U・U U・U
J○・9 9○・8 13勝/2分/7勝 LIFE(7+3・5)

Bet1→カイジBet2→和也ドロップ

~~~チャンマリ後退~~~

23回戦

U・D U・D
9○・3 A○・5 13勝/2分/8勝 LIFE(5+3・7)

[未発見] [A・A・8]

Bet1→カイジコール→和也Bet2→カイジコール→和也Bet3→カイジドロップ

~~~カイジ・隠しBOX発見~~~

24回戦

U・D U・D
A・3 A・5

[A・A・8] [A・8・4]

Bet1→カイジBet2→和也Bet3→カイジコール→和也Bet4→カイジコール→和也Bet5→カイジコール→和也Bet6→カイジコール(5+1)→和也Bet7→

 

前回、和也の暴走により勝負は7ライフ賭けへ。

カイジのライフは自分の命を含めても6、チャンマリの命を張るか、自らの死を受け入れるか・・・究極の二択に迫られました。

 

受け入れがたい選択に煩悶するカイジですが、和也からするととんだ善人芝居。チャンマリを守るために降りて死ぬなど、そんな事は狂気の沙汰もいいところです。

 

ことここに至れば勝負するしか道はない・・・と気圧しますが、


絞首台の前!

 

刑の執行は不明とはいえ、当然道連れは避けたいこと。

和也は三人が泣きながら切羽詰まっている状況に満足げですが・・・実は裏の目、カイジの自己犠牲にも期待しているようです。

無論、100人いたなら99人は我が身を捨てるなどできずに勝負に出る場面。

しかし・・・だからこそ、カイジはその残りの1人だという可能性があると読み、和也は敢えて促すように言及しているわけですね。

 

このワン・ポーカーは遊びではなく、24億を獲るか否かの博奕。少しでも確率が上がるのであれば、無慈悲な吹き込みも当然ですね。それらを含めて真剣勝負です。

 

そんな悪魔の囁きにもカイジは口を結んだまま、不動を保っていましたが・・・

その時、マリオが降りるくらいなら自分を張ってくれと懇願。

カイジはマリオに、価値観として命よりも上に人生を置くように教えました。

あれほど命以上のものは無いと、常に訴え続けていたマリオが・・・遂に人生に賭けた瞬間ですね。

 

さらに言えば、その命自体がカイジによって救われたもの。ここでカイジを見殺しにするなど、それこそマリオのポリシーであった命の重要性に反する行為です。

 

マリオの言葉に、カイジはもちろんチャンも強く心を打たれた様子。

そして・・・

遂に・・・この展開を迎えたのですね。迎えてしまった。

 

皆まで言わせずに、それでいいのかと念押しするカイジ。チャンは力強く、何度も同意します。

その迫力に、意図が分からないマリオと和也は違和感を覚えますが・・・カイジの肚は決まりました!

これは・・・本当の全張りが確定したと言っていいでしょう。

手持ちライフ+カイジ自らの命+チャンマリ2人の命、都合8ライフを積み、7ライフ積んでいる和也にとって8ライフ目となる、和也自身の命を賭けさせる最後の一手です。

 

和也が降りるか否か、それは分かりませんが・・・カイジは受けてきたときの準備はしているはずです。

現時点での布石を再確認すると、

 

23回戦・204話・和也がカードを左手で提出(8と隠しボックスのAを交換)

24回戦・214話・和也の左手出し&考えづらいA降臨という違和感から、カイジがイカサマを確信

215話・テーブル横に・穴を発見、和也のマニキュアを疑う

216話・穴に和也から渡されていた爪楊枝を差し込み、隠しボックス(A3枚)を発見

217話・カイジからは見えない和也の手元のライトの点灯によって、カイジが隠しボックスを発見したことに和也が気付く

218話・カイジが8と隠しボックスのAを交換

219話・カイジが8とAを交換したことで、和也の手元のライトが消灯。それによって和也はカイジにAが渡ったことを知る。

和也が24回戦のカード配布直後に2度目のカード交換(Aと4)をしていたことが判明。

カイジがテーブル側面に∴穴を発見。再び爪楊枝を手に取る(差し込んだかは不明)

220話・和也の爪に∴穴と対応する凸凹があることが判明(恐らくカイジは知らない)

以降はレイズ合戦に突入、新情報は無し。

 

つまり・・・カイジのA入手をライトで知った和也は、提出されるであろうAを刈るために∴穴を用い、更なる隠しボックスを発動させて2を入手。カイジはその裏を取り3を提出する・・・というのが予想される基本の展開ですね。

疑問となっているのは、和也がカイジのA入手に気付いたという事実を、いかにしてカイジが察知したかという点。それを知らなければ、和也が更なる隠しボックスを使用して2で裏を取りに来ているかもしれない・・・という発想に繋がらないため、3を提出できません。

 

カイジは∴穴の存在を知っていますから、A以外で隠しボックスを作るなら、そのAを殺すための2しかない・・・と考えて3出し。和也がある程度レイズを仕掛けてくるならば、それは恐らくAを入手したことを知る何かしらのイカサマがあり、2で確実に勝てる確信があるからできるのだろう・・・と読んだのかな。

しかし、そもそも∴穴が2の隠しボックスである事からして確定ではありませんし、やはり憶測に頼る割合が高い戦略となってしまいますね。

 

実はカイジは既に決定的なネタを掴んでおり、後に種明かしがあるのかもしれませんが・・・現在の煩悶が演技とは思えませんので、必勝の確信は持っていないはず。

 

とはいえ、過去を振り返ってみると・・・限定ジャンケンで北見が最後にパーを残すこと、別室で岡林の絆創膏に宝石が隠されていたこと、鉄骨でガラスの階段が割れないこと、Eカードで最後に利根川がすり替えを疑うこと、チンチロで班長が普通の賽でいい目を出さないこと、沼で最後に玉が詰まること、17歩で偽装の白が社長の手に渡らないこと、これらはカイジに絶対の確信があったわけでも、保証があったわけでもありませんでした。

 

つまり全てを理詰めによって勝利してきたわけではなく、最後は自分の戦略を信じ切るメンタルの強さによって生き残ってきました。

どちらが上というわけではなく、ライアーゲーム辺りとの違いがここです。100%理詰めで勝てるなら、それはもうギャンブルではなく競技・・・戦略の最後のピースは運で埋める、カイジの勝ち方はそれでいい。むしろそれがいい。

 

24回戦、最終戦、ワン・ポーカー編も遂に最終局面を迎えました。予断を許さない展開ですから、次回も注目ですね。

来週は休載ですが、ハンチョウが掲載されます。

 

※アニメ後のアカギ動画について、新たな制作者の方による新作が近日公開の予定です。私も微力ながらBGM提供等で協力させていただいています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

(6回戦オーラスに至るまでの簡単な流れ↓)

http://ameblo.jp/fake-or-bluff/theme-10093607504.html

南家・アカギ65800点 血液-2300cc (実質-1800cc)

北家・鷲巣104800点 血液-1900cc 失った資金・6億円

6回戦・南4局


ドラ表示牌西 (ドラ

裏=鳴き等による巡抜け 裏裏=暗槓


赤木(南)



南ポン


暗槓南三索



安岡(西)



裏東


裏


東


鷲巣(北) ※現在切り番



裏裏裏裏東


裏裏裏裏


  


鈴木(東)



裏裏一筒裏裏    


八筒裏裏裏


一筒

※PC向けの表示なので、スマホ等ではズレが生じます。


鷲巣はツモにより、鈴木との連係による和了(↓)が確実となりました。

oror

同時に決定したアカギの死に絶望しましたが、ここで曲げては勝負、アカギ、そして自分の運命に対する冒涜。

その先には抜け殻の人生があるばかりだとしても、鷲巣にはただ執行する選択肢しか残されていないのでした。


互いの命を賭けた博打!

ついに決着の時!


え!19年間降り続いていた雨が止んだのか。個人的には結構な衝撃だ。

若干空も明るくなり始めたように見えますし、ナレーションの通り・・・とうとう決着の時が近づいてきたのですね。


虚無感に襲われることも含め、勝負とは不自由なもの。

鷲巣自身の意志や感傷など、勝負の定めに比べればちっぽけ。ここで和了へ向かうことは、この状況で曲げられぬ法則なのです。


決心した鷲巣は不要牌のに手をかけますが・・・ここで異変が起こります!

ええ・・・w そんなバカな(・・;)

心情的には分からないでもありませんが、ついに理論的・精神的・心理的の要素の枠さえ飛び越えて、物理的に牌を切れないところまで来たか。

本当に、考えうる中でのあらゆる引き伸ばし方を見せてくれます。


それでも、苦心しながら何とか牌を倒すことには成功した鷲巣。ウイニングランを進めたいところですが・・・牌は巨石のごとく不動のまま。

トンデモ理論すぎるw 傍から見ればとんだ茶番ですよ。

まず墓石を動かす行為はアカギ殺しには繋がりませんから、比喩としてもおかしくないか?


それでもアカギに止めを刺すため、鷲巣は執念でを河に運びきりました。

そして白服たちの大声援を背に、鈴木は打

遂に決着へのコンビ打ちが動き出します・・・!


場の空気にも押され、安岡は既に観念。役に立てなかった自らの不甲斐なさを呪いました。

そして同じ絶望の渦中にいるアカギに目をやりますが・・・

まっすぐ前を見て

静かに逝こう・・・と


いやいや、安岡さんは最もアカギとの付き合いが長いのですから、最後まで信じないでどうする。アカギのいかなる苦境でも営為を紡ぐ信念を、最も知っているのは貴方でしょ('-'*)


それに・・・このオーラス、安岡さんはアカギに清一色の材料を3度鳴かせていますし、潰しのツモも決めています。十分貢献していますよ。過去の失態はアカギも責めていませんし、自分を卑下する必要は全くない。

それでなくても、安岡さんにとって最大の見せ場が訪れるのですから・・・気持ちを切らしちゃダメだよ。


鷲巣は鈴木の切りを受け、当然ポンしたいのですが・・・なぜか動かず。

いや、動けず!

懸命に2枚を倒そうとしますが、先ほどの以上の重さがその行為を阻みます。

脂汗混じりの苦悶の表情を浮かべる鷲巣に、安岡や仰木は困惑。

岡本は必至の声援を送りますが・・・果たして鷲巣は圧力を打ち破り、鳴きを進めることができるのでしょうか。


まさかポンの過程で見えない障壁にぶつかるとは思わなかったな。

これでは安岡がを鳴いて鷲巣にを掴ませるまでもなく、今すぐにアカギがツモってしまえばそれで済むこと。鷲巣の和了は次巡以降に持ち越されます。

しかし・・・285話でアカギはもう次巡が回ってこないと直感していますから、その予言は守られるはず。アカギとしても鷲巣は一目置いている存在ですし、鳴きの横槍を入れて間隙を突く勝ち方は本意ではないでしょう。

紆余曲折はあれど、鷲巣はこの姿なきプレッシャーを乗り越えるはず。


そう考えると、鷲巣がまずを切ったのは幸運でした。安岡はまだ鳴きの手筋を発見していませんから、もしも鳴けるが出ていても見逃していたことでしょう。

アカギは当然気付いていますが、恐らく目の前の現実をただ受け入れるのみ。安岡に直接指図しないと思うので、やはり早くポン材に気付き、最後の可能性に託す準備を整える必要がありますね。


鷲巣の精神推移にも注目したいですが、現時点で全ての命運を握っているのは安岡。もう一度、神ってる貢献を見せてほしいですね(・∀・)


そして・・・来たる2017年は、福本先生が鷲巣麻雀編の決着が訪れると公言された年になります。今のペースを考えると正直微妙ではありますが、予断を許さない最後の駆け引きが繰り広げられることでしょう。

私も全力でその死闘の行方を見守ろうと思います(⌒▽⌒)


最後に・・・2016年も閲覧やコメント等、当ブログへの応援を頂きありがとうございました。来年も福本作品への感謝を忘れずに、マイペースに更新し続けます。\( °∀° )/

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

空前のヒット作となったトネガワに続き、カイジのスピンオフ企画第2弾が始動!

2月にヤンマガサードで一度だけ掲載されたハンチョウが、週刊ヤンマガで戻ってきました・・・!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

※前回感想↓

http://ameblo.jp/fake-or-bluff/theme-10095296849.html

読み切り時と同じグルメ、飯テロ路線で隔週連載スタートです!

 

原作はトネガワと同じ萩原さん、作画担当の上原さんは福本さんの元チーフアシスタント。新たな制作チームですが、既に実績は十分ですね。トネガワ同様に素晴らしいクオリティが期待できそうです。

 

地の底の底、帝愛の強制労働施設。

そこでは今日も、債務者たちが地上の光を夢見ます。

1日外出券を・・・1枚・・・!

 

叶わぬ権利に絶望する亡者たち。

しかし・・・その溜め息を尻目に、今日も軽々と外出券を手にする男がいました!

※カイジ本編での1日外出券の値段は50万ペリカでしたが、ここでは10万ペリカとなっていますね。誤植でしょうか?

それとも・・・あまりに班長の外出が頻繁だった為、後に値上げされたのかも?

 

これは・・・

地下にいながらもチンチロで大金を稼ぎ・・・

「1日外出券」を利用しては・・・

外で悠々自適な1日を送る

E班トップ・・・

班長はチンチロでの収入や基本の給与を除いても、売店の利益によって月に約72万ペリカを得ています。

外出券が10万ペリカとすると、班長なら週2のペースで外出可能。仮に50万でも月2は出られます。他の者にとっては悲願の対象ですが、班長は日常の息抜きとして利用できますね。

 

そういえば、本編ではカイジに敗れた時点で約2000万ペリカを貯め込んでいました。ここまで来ると・・・借金を完済して単なるフリーターとして娑婆に戻るよりも、ある程度の地位を築いた地下生活の方が快適なのかもしれませんね。

地下に堕ちていて世渡り上手と表現するのは語弊があるでしょうが、班長の強かな立ち回りがあってこそなせる蓄えでしょう。

前回の読み切りでは、解放場所の公園にローテーションがあると明かされました。

前回の班長と本編でのカイジは上野公園での解放でしたが、今回は日比谷。今後の連載を追う事で、そのローテも判明するのかな。

 

目覚めを確認した黒服の操作により、腕時計のアラームが鳴動。24時間のカウントダウンが始まりました。

一秒でも無駄にしまい・・・と走り出す人間が大半ですが、班長は余裕そのもの。

それ今やる事かよw

焦りがないとしても他に時間の使い方はあるでしょ(^_^;)

 

几帳面に靴下の毛玉までも取り除いた班長ですが、既に数時間が経過。

辺りが暗くなり、ようやく動き出した班長ですが・・・向かったのはごく普通の牛丼屋でした。簡単な夕食を済ませると、すぐに格安ビジネスホテルで就寝。せっかくの外出にも関わらず、毛玉と牛丼で半日を潰してしまいました・・・!(・・;)

 

翌日、班長が向かったのは新橋。

あら、意外に似合うね。

というか結局セーターから着替えるのなら、なおさら毛玉を取っていた時間がもったいないな(゜д゜;)

 

意図が分からない黒服たちですが、ここは新橋。

ドレスコードの必要な高級店に向かうのだろう、と予想しますが・・・

持てる資金の全てを一食に注ぎこむわけでもなく、昼休みのサラリーマンで混み合う普通の立ち食い蕎麦屋へ。

瞬時に食べログ確認か・・・w よく利用してまっせ、って感じだね。

 

慌ただしい店内ですが、班長はゆっくりとテーブル席へ着席。

生ビールひとつ・・・

以上で!

 

何とそばを先に頼まず、最後にシメで頂くと言い出しました・・・!

明らかにランチタイムには異端といえる注文。

店内の注目を一手に受ける中・・・班長はジョッキビールを一気飲み!

堪らずビールを注文しようとするサラリーマンたちですが、彼らには午後にも外回りが控えています。

羨望と苦渋の表情に満ちた人々に囲まれながら、お構いなしにジョッキをおかわりする班長。

 

その様子を見守っていた黒服は、ついに一連の班長の行動の意図に気が付いたようです・・!

他人の苦しみを愉悦とする班長らしい発想だな・・・w

しかもその方法は誰も責められないというのが憎いね。

 

しかも、秀逸なのはこの日に揃えたスーツ姿。

もしも同じことを普段着で行っていても、ロクに仕事もない男が飲んだくれているとしか思われません。

しかし、スーツを来た班長は・・・

うわあ・・・悪魔じゃ!コイツは悪魔じゃ!ヽ(;´Д`)ノ

やっている事はセコイのに、手際が良すぎて感心してしまうな・・・w

 

君臨した!

この店の中で・・

そこまで大層な贅沢なのかw

まあリーマンたちの気持ちはさておき、班長が至福なのであればそれでいいけど。

 

班長の権力欲、憎いながらも強かな性格がよく表れていましたね。

しかし、今回に関してはシチュエーションをネタにしていただけで、グルメ漫画ではないような・・・w

注文にしても、贅沢を言えば前回のように「し」しとう・「ご」ぼう・焼酎「ロ」ックでシゴロに結び付けるような必然性がほしかったな。

今回は黒服が狂言回しを務めていたために班長のセリフが少なかったので、次回以降は班長目線で進めばもっと面白いと思います。

とはいえ今回は連載第一回目。探り探りの部分もあるでしょうし、次回以降の爆発に期待します!(^∇^)

 

次回は1/16、西荻窪編に続きます。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。