ツェーイーメン ~福本漫画感想日記~

カイジ・アカギ・トネガワ等
福本伸行先生の漫画作品
について意見するブログ。
熱い三流を目指します!


テーマ:
年越し蕎麦を啜りながら書いています。
2017年ラスト感想は・・・やはりこのエピソード。
 
舞台はまさに今日・・・12/31、大晦日。
地下でもこの日ばかりは、作業も早上がり。年の瀬をゆっくり過ごすことは許されていました。

 

列を組んで引き上げる住人達ですが、ここでも小さな報労が。

いつもはワンプッシュのボディソープが、今日だけは2回!

 

モコモコ・・・ではなく モコモコモコモコ・・・・・・

当然泡立ちも倍。

 

普段の待遇が劣悪なだけに、微かな配慮が嬉しいようです。

 

しかし、班長は地下生活のプロ。

裏ルールも把握しています。

羊の如きモコモコ・・・!(^◇^;)
ここぞとばかりにネタにしてきますねw
 
さらに・・・この日は現場も解放され、各々が好きな場所での飲食が可能。
消灯時間も25時、多少の器物破損も不問など、酔い祝い明かすことが許されている状況。
 
まさに特例のオンパレード!
ガス抜きにすぎない・・・!
 
しかし黒崎さんの悪魔的な嗤い顔は珍しいな。

 

それでも貴重な羽を伸ばせる機会には違いありませんから、裏の事情はどうあれ嬉しいよね。

 

 

そして・・・この特例日には財布のヒモも緩みます。

班長がこの機を逃すはずもなく、セールでペリカをさらいに掛かります。

 

3万ペリカ以上でおもち付き、浮付いたムードも相まって大繁盛!

 

さらに、食堂でも行列が出来ていました。

おお・・・多くの仲間と共に温かい蕎麦で年越し・・・
地下の亡者に対して、帝愛もなかなか粋な事をしますね。
 
単純労働の繰り返しである地下は年月の流れが平坦ですから、年末感に浸れるのは素晴らしい配慮だと思う(^∇^)
 
 
元々週1で休日は設けられていましたが、会長の誕生日を祝ってカレーが振る舞われたり、小田切によって映画も見られたり、狭く堅苦しいだけに思えた地下生活がハンチョウの連載によって大きく良化した印象です。

 

しかもこの蕎麦、つゆも関東風・関西風を選択でき、薬味のネギも乗せ放題・・・!

だからって調子に乗るなよ・・・w(  ゚ ▽ ゚ ;)
 
これは越えていいラインなのか・・・?
石和は容赦ないな(^_^;)
地下では損をしない性格かもね。

 

地下の食にうるさい班長ですが、この蕎麦だけは別。

チーム利根川しかり、ハンチョウでは宮本もしかり、黒服一人ひとりの個性が描かれているのが楽しいですね。

 

普段の食事からはレベルの違う一品に・・・班長以下、一同大好評!

 

地下こそお世辞もありえない、素直な評価が得られる場。
そこで好評を得たのはいっそう嬉しい事でしょうね。控えめなガッツポーズが似合います。
 
その後は黒服の音読による「ゆく年くる年」もあり、順調に年越しの空気が高まっていきます。

 

そしてついに・・・この時が。

黒服の号令と共に、カウントダウン開始!

まさか地下の年越しがこれほど爽快なものだとは!
黒服も一緒に大盛り上がり・・・!
この日は帝愛監視下でのおふざけも無礼講かな。
 
石和もこの行為も当然、セー・・・

・・ウト!

これはアウトか・・・!(^o^;)

 

 

2018年も波乱必至、それを予言しているようですね。

しかし・・・思い通りに行かないからこそ面白い。

 

私も2018年・・・来年はマイペース且つアクティブに、多方面で挑戦する一年としたい。

思い通りとならない事も、貴重な経験として人生に刻む一年としたいです。

 

そして・・・その来年、2018年が、ちょうど書いているこの瞬間、今年となりました。

 

今日を頑張った者にのみ明日が訪れる・・・今年を頑張った者にのみ来年が訪れる。今年を頑張ります・・・!(⌒▽⌒)

 

・週刊ヤングマガジン№4・5合併号(1/13・15日号)より。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

何とか年内に更新できました。

 

※修正が加えられる可能性を考慮し、雑誌掲載時ではなく単行本を参照しています。

 

カウント対象は「ざわ」又は「ザワ」が含まれている物。

「ざざ・・」「ざ・・」「わわわ・・」等は対象外です。

 

また、「ざわざわ・・」については「ざわ」と「ざわ・・」の複合と見なしてそれぞれにプラス。

 

 

天は福本先生の作風の変遷が如実に表れている作品ですが、それはざわ傾向についても言えること。

 

人情ものであった序盤にざわは登場せず、ギャンブル中心となってカタカナのザワが登場、中盤に差し掛かると入れ替わるように平仮名系のざわの数が増え、すると徐々に点無しの「ざわ」は減少。

 

基本的に2点の「ざわ・・」と3点の「ざわ・・・」の2種類となり、その比率は徐々に3点の「ざわ・・・」に傾いたところで完結しています。

 

その後・・・最近の福本作品では、ざわ自体が減少。

比率では再び2点が逆転し、3点は明朝体のみに限られていますから、ざわの歴史も奥深いですね。

 

 

以下、他作品についてのまとめ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、先日発売されました新黒沢12巻では「ざわ・・」を3つ(全てゴシック)、「ざわ・・・」を1つ(明朝体)を確認。

 

これまでのざわの総数は、

 

カイジ=1814個

アカギ=901個

天=548個

黒沢=392個

銀と金=331個

新黒沢=257個

零=248個

トネガワ=204個

涯=188個

零 ギャン鬼編=120個

銀ヤンマ=24個

ハンチョウ=19個

 

読切系=計24個

(ヌマカワ、カイジ・マカオ編、トネガワVS.ハンチョウ、遠藤、ガン辰)

 

現在、計5070個確認済み。

比較するのは間違っていますが、イチローの通算4358安打は軽く超えてしまいましたね。

 

残るは辺ちゃん、天馬等の短編・読切。

今回で大体の主要作品のざわカウントは終了したので、今後は年別などの傾向についても調べてみようと思います。

 

2018年はどのような ざわが見られるのか・・・楽しみ。

再び増加傾向に転じてほしいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
箱で買ったった。
デカデカとトネガワとのコラボが強調されていますね。

 

フタ裏でもきっちりと広告が・・・!
いやぁ・・・凄い。
まさかここまで国民的な程の人気になるとは誰が予想できただろう。
 
昨今の漫画界はスピンオフブームですが、その中でもひと際抜きんでている存在ですね。

 

 

それはともかく・・・まずは頂きました。

私はペヤング派でしたが、UFOの方が麺にコシがありますね。まだ10食残っていますが、飽きずに消費できそう。

 

そして・・・フタに記されたアクセスコードを↓のHPに入力。

https://digimaga.ufo-cp.jp/

 
ある日・・・昼食にU.F.O. BIGを選んだ利根川は、いつもの利根川ルームで頂こうとしますが・・・
 
思い詰めた表情でやって来たのは、チーム利根川ではない一人の黒服。

まだ入社して数週間ですが、既に退社を考えていました。

 

何故なら帝愛はエリート企業には違いありませんが、紛うことなきブラック会社。ここで身を削るよりも、自分に向いている環境があるのではないかと不安を抱いているようです。

 

しかし、この手の相談は利根川にとっては慣れたもの。

 

利根川は笑みを浮かべると・・・U.F.Oを作りながら、その行程を会社生活に喩えて行きます。

 

入社して1か月も経っていない黒服は・・・麺のようにまだまだ固い状態。世間知らずのカチカチです。

 

そして・・・確かに熱湯のようにぬるくはないのが帝愛。

誰でも、突然の環境変化には戸惑うことでしょう。

 

しかし・・・そんな過酷な日々に耐えている内に、嫌でも会社の水には馴染んできます。

 

時には湯を流したシンクのように、凹むこともありますが・・・

取りあえず3年は働こう、とはよく言われるように、U.F.O.も3分で湯切り。その頃にはすっかりほぐれた状態となり、学生気分も完全に洗い流されるものです。

 

しかし、そこからが人として味の見せどころ。

帝愛はソースのように特濃のブラックですから、それは組織で、人の手によって揉まれ・・・かき混ぜられるうちに中の中まで染み込んできます。

 

たとえふりかけの如く無理難題が振りかかろうと、それは更なる成長のチャンス。

 

愚直に、そして麺のようなストレートなメンタルで挑んでいけば・・・打たれ強く、かつ柔軟なコシのある男になれるのです・・・!

 

 

そして美味そうにU.F.O.を頬張る利根川に、黒服は一礼。

真摯な言葉のおかげで心は固まったようです。

 

流石の弁舌によってまた一人、若者が道を拓くのか・・・

と思われましたが、

 

こうして・・・

迷える黒服・・・

ズコーッ_(┐「ε:)_
 
結局退社しちゃったよ・・・w
 
せっかく心機一転して、見込みがありそうな人材だったのに。
この黒服にとっては激励よりもU.F.O.の魅力が引き立ってしまったようです。
 
利根川の喩えが上手すぎて、裏目に働いてしまったね(^▽^;)

 

 

今回は単なる比喩ネタではない、真剣な仕事論としても為になりました。

利根川自身の豊富な経験に裏打ちされた言葉ですから、上司としての威厳も感じますね。

今回も絶妙の匙加減でした。

 

 

トネガワとU.F.O.それぞれの魅力が存分に伝わるナイスコラボだったと思います(⌒▽⌒)

 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。