きづきのマエストロ 宮城アキラ

宮城アキラ オフィシャルブログ


心理カウンセラー,ヒプノセラピスト,イタ女研究家 宮城アキラ

クライアントが求めるものは十人十色
何に気付く必要があるのかは全く違う

 自分のダメなところに気付く 有能なことに気付く
 自分の醜さに気付く 美しさに気付く
 自分の冷たさに気付く 優しさに気付く
 自分が愛に飢えていることに気付く 愛されていることに気付く
 自分が不幸であることに気付く 幸せであることに気付く 

カウンセリングの本質は「気付くこと」
カウンセラーは、クライアントの気づきのプロセスを促進させる指揮者みたいなものだと思う

個人セッション・講座はこちらをご覧下さい。




テーマ:

まさに、三つ子の魂百まで(o^^o)

 

50歳を過ぎても何も変わってないし、これからもっと自分に戻っていくんだろうな〜

 

 

今週の金曜日21日、仙台で個人セッションをお受けいたします(^。^)

 

 http://ameblo.jp/faith-katsu/entry-12237081381.html
 

○ 11:00〜

○ 13:00〜

○ 15:00〜

○ 17:00〜

○ 19:00〜

 

インナーチャイルドに触れるセッション、いかがですか?


 お申し込みは、こちらのメールまでお願いします。

 

miyagiakira.jp@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

旅というと思い出すのが、中村雅俊さんが歌っていた「俺たちの旅」。

 

まだ10歳にもなっていなかった自分が、意味なんか全く理解できないながら、すごいインパクトを受け、今でもそのフレーズは色あせていません。

 

なんだかよくわからないけど、「これから人生の旅に出かけるんだぞ!」的な思いになり、胸が熱くなったり、キュンと切なくなったり、ちょっと怖くなったり。

 

これからの自分の人生はいったいどうなっていくんだろう?と漠然とした何かにワクワクと、不安を同時に感じていたように思います。

 

あのときの自分に、「ぼくの未来はどう?」って聞かれたら、

 

 いろいろ大変な事もあるけど、けっこう面白いよ

 君が想像もしていないことがたくさんあるから、楽しみにしておいて(^_−)−☆

 

と答え、これからの人生へのワクワクと不安を一緒に共有できそうな感じがします。

 

10年前の自分だったら、「人生なんたこんなもんさ」ということをもっともらしく説いて、彼の不安を消してあげようとしていたことでしょう。

 

 

「旅」は、日常から離れ、普段と違った世界に触れる機会です。

 

日常は、安心感があり、起きることがある程度予測でき、対処方法もよく知っている世界。

 

旅は、その安心感から離れ、予測できない、対処方法もわからない未知の世界に踏み出すことでもあります。

 

なんで、そんなリスクを負ってまで、旅にでかけたくなるんでしょうね?

 

単純に、人生が日常だけなら、飽きてしまうからなんでしょうけど。

 

毎日が非日常になった今、毎日が旅に出ているようでもあります。

 

それでも、というより、だからこそさらなる未知の世界への旅にとても惹かれてしまいます。

 

子供の感じたあのワクワクと不安が入り混じった感覚と、今も何ら変わっていません。

 

 

4月15日「旅」をテーマにしたトークイベントを開催します。

 

トークのお相手は、「私らしさ」のスペシャリスト石澤裕子さん。

 

彼女、こんなにほんわかして見えて、実はかなりの冒険家。

 

いつも旅の話で盛り上がります。

 

彼女の妄想の旅とリアルの旅、そして人生の旅、どんな話が聞けるのか私も楽しみです。

 

日 時 : 4/15(土) 10:00〜12:00(入場9:45〜)

場 所 : 中央区日本橋馬喰町イベントスペース

(JR総武本線 馬喰町駅徒歩1分)

(東京都中央区日本橋馬喰町1ー9ー1加瀬ビル165 5階 旧KNビル)

定 員 : 20名様

参加費 : 5,000円

 

お申込みはメールにてお願い致します。

 

詳しくは、こちらをごらんください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日から4月。

 

近所の桜も少しずつ開き始めています。

 

 あっという間の1年 何年分もの出来事が凝縮した1年

 

 あらゆるものを手放した1年 なくなるものは何もないことを実感した1年

 

 全てが変わってしまった1年 何も変わっていない1年

 

 うまくいかないことばかりの1年 完全に守られていた1年

 

もう、今までの常識は全く通用しない世界に突入して久しいけど、特にこの1年は、これまでの人生では体験したことのない濃厚な1年でした。

 

 これでもお前は、自分の望む自分の人生を生きるのか?

 

と自らに課した最終試験を淡々と生きた1年だったように感じます。

 

 

昨年の今日、名古屋で、最後の宝石の会を開催し、帰る道すがら、ポルシェで富士山に行ったのが遠い昔のようです。

 

あの宝石の会で、モルガナイトをお買い上げいただいたお客様が、念願の子宝に恵まれ、先日無事ご出産されたとの報告を受けました。

 

あのとき、この世に影も形もなかった存在が今この世界にいる不思議と喜び。

 

そして、その翌日、宝石の素晴らしさを語り合った尊敬する先輩であり、先生であり、同志であり、父でもあった方はもうこに世にいません。

 

命というものの儚さと悲しみ。

 

生まれて死んでいくという自然の流れの中で、喜び、悲しみ、繁栄し、衰退し、うまくいったり、うまくいかなかったりを繰り返しながら生きている。

 

ものすごい喜びも、身を切られるような悲しみも、歓喜に沸くような成功も、死にたくなるような失敗も、それこそが生きている証しなのかもしれません。

 

そんな大きな波の中で「自分」を見失わずにいられるのは当たり前ではないということを実感しています。

 

全てがうまくいっているときも、自分のことを見失わない。

 

全てがうまくいかず、全てを呪いたくなるっていないときも、自分をあきらめない。

 

どんなときも「自分」を大切に扱うことができたら、きっと人生は満足感に満ちた豊かなものになるはず。

 

そんなことを常に頭でくりかえしていた1年。

 

気がついたら、また宝石に戻っていました。

 

明日から、大好きな宝石と関わる道が大きく開きます。

 

詳細はおいおい発表していきます。

 

1年間の意識の引きこもりから、いよいよ動き出します。

 

 

「もう自分には何もない」と思ったところからがスタート。

 

そんな思いになっている年度末のスーパーフライデーは、友人とジャズを聴きにおでかけ。

 

1年の締めと、新たな扉を開くセレモニーのような時間になりそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。