北欧雑貨・マリメッコなど北欧生地のハンドメイド・インテリア

マリメッコなど、北欧生地を使ったオーダーバッグや北欧雑貨などのハンドメイド品。
リサラーソン・ムーミンなど北欧インテリアの自宅、北欧ヴィンテージの器なども紹介しています。


テーマ:
 
先週のアナザースカイだったかな?
左官職人 挟土秀平さんの特集
 
職人フェチである私は超釘付け☆
 
夫が帰ってきて、何やら話しかけられた気がするけど、
右から左へ・・・ ってやーつ!
全く聞いてませんでした💦
夫さん、ご・め・ん・な・さ・い。。。
 
 
何かこう・・・こだわりを持ってモノづくりをされるオジサン(⇐失礼)、めちゃくちゃカッコイイです。 職人であり、アーティストであり、その魅力に本能でグイグイ惹かれます♡
 
さすがは、「土のソムリエ」 
超絶カッコイイ ⇐2回目
 
 
で、いきなり何の話?って感じだけど、
こだわりのモノづくり繋がりで、
GW最終日に訪れた素敵な工房のおはなし♪
 
 
 
 
以前、 「粉麦」 さんで出会った素敵な器(プレート)
IMG_20170225_175307241.jpg
 
陶芸家 若狭祐介さんの作品です。

江田島にアトリエがあるということで行ってきました。

 
趣のある古民家で、
1階が工房、2階がギャラリーとなっていました。
 
 
 
素敵な展示にうっとり♡
IMG_20170509_141322098.jpg
 
 
 
 
こちらは奥様の作品です⇓
私が伺った時には、他にお客様がおらず、とてもラッキー。
若狭さんとゆっくりお話しさせていただきました。
かなり贅沢だよね~~
 
 
 
 
この中に、連れて帰った子がいます♪⇓


 
 
釜で焼いているところ

 
実は、若狭さんのプレートが、私にとって初めてお迎えした作家さんの器!
だから、工房を訪れることができただけでも興奮なんだけど、若狭さんのご厚意で、個展に出展予定の制作段階のものを見せていただくことができました。
 
 
こちら ⇓
 
この黒い平皿、釜で焼くと金色になるそうです。
私が持っている 「枯金釉」

 

 

 

 

 

 

こちらのブルーもこれから磨いて仕上げる制作途中のもの ⇓

「ブルーは難しく、つや消しの場合、色が器に移ってしまうから作らない人が多い」というお話をしてくださいました!
 
 
そういう難しいものを、自分の作品として世に送り出すんだから、それだけ責任と自信をお持ちの方なんだなぁ~って尊敬しました。
ぽってりとした丸いフォルム♪
可愛らしい形なんだけど、
やはり男前だと感じるのは私だけ??
ぜひ、完成品を見てみたいです☆
 
 
19日~23日まで個展が開催されますね。
@littlewomen りとるういめん
すんごごーーーく行きたいけど、
夫に要相談かな(笑)
若狭さんとお話しもさせていただき、大満足なアトリエ訪問でした。
 
 
 
そして、色々見て私がお持ち帰りしたのは、
IMG_20170509_141322173.jpg
プレートとお揃いのカップ。
 
 
展示は1つだったんだけど、
粉麦さんでプレートを選ぶとき、全部広げて好きなものを選んだ!とか話したもんだから、「4つあるから選びますか??」って。
 
 
あ~~~
こういうとこ
お人柄~♡
 
 
けど、プレートのときもそうだったんだけど、
割と即決!
「選ぶの早いですね!」って 笑
 
 
そう! 私は大抵、
すっごぉーーーーーーい悩むか、即決かの極端なタイプ。
 
 
で、このカップ、ソーサーは無いのかな?と思い伺ってみたところ、
 
「1人で使う時って、ソーサー使わないことも多いでしょ!」って。
 
だから、あえて無いんだそうです。
使いたいときは、
プレートをソーサーにしたりしてね♪
 
 
あ~、
そんな風に、日常に寄り添って気取らないところも、また惹かれる~~☆
 
IMG_20170509_141322074.jpg
そして、実際使ってみて思ったこと。
 
取っ手が非常に持ちやすい!
 
言葉ではうまく説明できないけど、ちゃんと指にフィットするようにできてるんですよね~~。 過去の作品も色々見ちゃいました。
 
 
デザインも勿論素敵なんだけど、使い勝手も抜群。
やっぱり、人の手で作られてるから、こういうところが既製品とは違うんだろうな~~
IMG_20170509_141321843.jpg
また珈琲を淹れる楽しみが増えました♡
 
 
 
GWのことも書きたいんだけど、
なかなか時間がとれず・・・
インスタに記録してるので、そちらを見てね♪
 
 
作品はこっち
 
 

ショップ 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

北欧ハンドメイド トモさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント