天然石アクセサリー・シャドーBOX・刺繍のハンドメイドブログ

作品の写真や製作中のエピソード、日常のできごとなどを
書いゆこうと思います。


テーマ:

私のアトリエは東京都の調布市にあるんですが、


近くに流れる野川(河川名)には結構野鳥がいるんです。


今日は、散歩に出かけた時に撮影した町の中では珍しい


鳥さん達を、少しですがご紹介します。




川鵜












【 川鵜 】


 集団で巣を作って暮らすらしいが

 

 野川の川鵜は1羽か2羽しか見か


 けない。大抵は決まった電線に


 とまり、夜を過ごしている。 水鳥


 の仲間では羽に一番脂分が少な


 くて、水はけが良くない。なので


 翼を広げて乾かしている所を良く


 見かける。



 この日は、突っ立ったままあまり


 動かず、きょろきょろしていた。


 翼は広げていなかったが、体を


 乾かしていたのかも知れない。









川鵜
この川には、カワセミがいるんですね。


本当はカワセミに会いたいんですが、なかなか難しい


のです。    でもこんなに近くで川鵜に会えたので


まあいいか、です。 体長80センチほどですが、翼を


広げると結構大きな鳥に見えますよ。














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次のが、珍しいんです。




カラスバト






















     【 カラスバト(黒いハト) 】



   遠くから見つけた時は、カラスかと思いましたが、近づいてみるとカラスバトでした。


   カラスバトは御覧のとおり全身黒で、首の後ろに金属質の青黒い羽があり、スマートで


   尾羽がやや長く、足は赤いのです。


   この鳥は、奄美諸島の全島に生息している天然記念物なんです。(準希少種の指定)





カラスバト屋久島などでは、森の木の上の方(樹冠部分)にいて


なかなか見つけにくいそうです。


主に木の実を食べて暮らし、単独でいる方が多いとか。


体が黒いのは、カラスから身を守るために進化したとか?


面白いのが、鳴き声が牛に似ている事から奄美では


ウシバトと呼ばれているのだそうです。(^^)



皆さんの暮らす街にも、よ~く見ると小さな自然や珍しい事がきっとありますよ。

鏡をのぞいたら「あ~!こんな所に毛が生えてる~」なんてことがあるかもよ。

探してみてね: *:・( ̄∀ ̄)・:*:



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コスチュームジュエリーのフェアリーハンズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。