2012-10-14

0→1

テーマ:日々つれづれ

昨年私が取った資格試験に、今年後輩2名がチャレンジしていたので、時折相談にのったりしていたんだけど、今日一次試験が終わったそうな。


1名からはヤマが外れたとの知らせがあった。

論述は独自ストーリーを書いたらしい。

私はばっちりヤマが当たったので論述の物語化は免れたけど、四択がね・・・

まー、でも、なんとかなるよ(笑) 


あんなに勉強していたのが1年前のことだなんてね。

でも「受かるために」って自分なりの戦略たてて必死になったし、しんどいけど久々に脳を活性化したので、充実してたし、今でもリアルにそのことが思い出せる。

ちゃんと一発合格という結果も残せたし私の中ではサクセスストーリーに(笑)

2名とも受かりますように。



話は変わるけど、私は0から1へ、モノゴトを形作っていく作業が非常に苦手だ。

昔っから苦手で、それができる人は心底うらやましいし尊敬する。

高校の時の彼氏も、そーいうとこが好きで付き合ったと思う。


なぜ今になってそんなことを思い出したかというと、金木犀がいい香りだからで、この香りをかぐと冬への喜びはもちろんだけど、昔のこの時期に遭遇した切なさみたいなものもぶわーっと蘇ってくるのです。

その思い出はたいてい学祭(高校生の一大イベント)に結びついていて、そこで壁一面を飾る大きなパネルをデザインから作成していた彼を思い出すんだな。


そういうこと、私はできない。

一枚の画用紙を渡されて「自由に使っていいよ」って言われたら、絵ではなく文章を書くだろう。間違いなく。



そんなことを想う秋なのでした。

冬もいいが、秋もいい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-09-17

波照間ブルー2

テーマ:沖縄

てなわけで、愚痴だけ残すのはやっぱりいやなので、

まさかの2連続、波照間ブルー。


■■ 雪山依存症 ■■

波照間は、海の中も本当にきれいで、夢のようで、

でもいい写真が撮れなかったのが残念。



波照間に行く前に、すっごく船が揺れるから気をつけてって言われてた。

私はあまり乗り物に強くないので、もちろん酔い止め必須。

席は後ろがいいと言われてたので、もちろん一番後ろ。


何かあっては困るから、室内ではなく外で。

ビニール袋も完備。

トイレの場所も確認済。


黒島を過ぎたあたりから揺れると聞いていたんだけど、

30分たたずに上下に揺れる。

揺れから気分をそらせようと、ヘッドフォン装着。

・・・が、エンジンの音がうるさすぎて聞こえねぇ!


前では家族がきゃっきゃと騒いでいる。

父親は本を読んでいる。ありえない、ありえないぞ!この揺れの中で。


これは遊園地のアトラクションだよー、楽しい楽しい。

気分をそらせる作戦続行中。


隣を見ると、青い顔をした男性。

しばらくしてトイレに消えてった。出てこない。あー。


見なかったことにして、音楽、瞑想、寝る努力、最後は無になってようやく到着。

1時間が長くて長くて。港が見えた時は心底ほっとした。

よかった、何もなくて。


てなわけで、波照間はちょっとの波でも船が運休になるし、

揺れるし、私にとっては難易度の高い島なのでした。


でも、行けて本当に良かった。


今度は長期滞在したいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-09-17

連休が終わる。

テーマ:日々つれづれ

心の支えにしていた3連休が終わる。


今の私はサザエさん症候群なんて生やさしいもんでもなく、

もう本当に休みが終わるのが怖い。

休みの間も仕事のことを考えると暗くザワザワしてしまうので、

できるだけ気分がそらせるようにとそればかり考えている。


3連休前の金曜日、

上司に話をしたけれど伝わってないというか、

もう悠長なことを言ってられないと、

上司がいない隙にまたMさんに相談しに行った。

(上司には直談判の許可はもらってる)


ようやく伝わったようで、要望を聞いてもらえることになったけど、

一番の要望に行きつくまでには時間がかかりそう。


それでも、ようやくようやく伝わってうれしくてほっとして、

よくよく考えてみたら、

私はずっと一緒に戦う仲間が欲しかったのだと気付く。

仕事云々はきっと嫌いではないのだ。


でも明日は一人。しばらくは一人。

これからどうなることやら。


一番しんどいのは、

もう無理と思っていることと、

覚悟も中途半端なままなことと、

その覚悟さえももう折れてしまっていることだな。


早く周りの景色に色が戻ってきますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-10

波照間ブルー

テーマ:沖縄

なんだか久々の更新が愚痴だけってのもアレなので、

波照間の写真!



■■ 雪山依存症 ■■-波照間ブルー!

波照間ブルーというけれど本当にそうで

いろんな人が波照間いいよ、おすすめだよって言うのが

わかる気がした。


来年また絶対行く!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-09-10

折れた。

テーマ:日々つれづれ

久々にパソコンを開けたので、ブログでも・・・と思ったら前回から1ヶ月経っていたのね。


毎日毎日、「もう無理だ」と「頑張ろう」の間を

もう無理だ、寄りでギリギリ歩いているかんじで

いろんな人の話や愚痴を聞きながらも

一番助けてほしいのは私自身やってば!と思いながら日々を過ごしていたら

本当に心が折れそうになった。


というか折れた。


ので上司に話に行った。


でもごくごく前向きに無理ですって伝えたもんやから

じゃ、これとこれがなくなれば解決するよね!というかんじで、

しかも私もヒートアップして、あーだこーだと前向きな進言をしたもんだから

何だかしんどいつらいの大切な部分は伝えきれなかった気もするけど。


不毛な感じ?

でも伝えただけまし?


ようやく私はここ最近、上司に甘えるということができるようになった気がする。

もう働き始めて1・・・年は経っているっていうのに!(歳がばれる)


それこそ新人の頃の上司(Mさん)には甘えたら怒られるんじゃないかとか

仕事できないと思われるんじゃないかとか

そもそも甘え方もよくわからなかったから私は愚痴ひとつ言わなかった気がする。


そして甘えることができないトラウマでMさんが苦手でもあったんだけど

さらに上の役職になって関西に戻ってきたMさんが声をかけてきてくれたので

直談判にこの状況を何とかしてほしいと言ったならば

「それは何とかしてあげたい」と言ってくれて、さらには

「小雪ちゃんがそんなこと言ってくるなんて今までなかったから、よっぽどのことなんやろう」

とまで言ってくれて、私は、あーわかってくれてたのかと泣きそうになった。


で、それからはことあるごとに弱い部分を見せている(きっと飽きるくらい見せている)

まるで別人になったかのように。


・・・・・

何が書きたいかわからなくなってきたなー。

波照間のことを書こうと思ったのになー。


てなわけで毎日ギリギリなので、波照間から帰ってきて以降の週末はほとんど寝て過ごし

休日も仕事のことばっかり考えてしまうので(モバイルPCだから家でも仕事ができてしまう)

それを振り払おうと、3DSまで買ってしまったのだ!

ぜいたく!夏の終わりの贅沢!


というわけで、冬が始まるまでは超インドアで過ごそうと思います。


で、結局何が言いたかったのかな・・・

今日は終電じゃなくて21時に帰ってこれましたよって話だったかな。違うよね。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-11

変わらない青い春

テーマ:日々つれづれ
一番会いたい人に会えたはいいけど、
帰り際の一瞬で、すれ違い程度だった。

ふた言ばかし話をしたけれど、
もっと話せばよかったと後悔。
深くふかく後悔。

こういう感じはほんとーーうに昔から変わってないのだ、私。

多分向こうはこんなに早く私が帰ると思ってないやろな。ちょっと外に出たくらいだと。

子供とお揃いのバレー部ぽいユニフォームを来てた。
変わってないのは私だけだねー。

石垣や波照間にこれから行かなくてもいいから体育館に戻りたい。
とまで思うくらい一瞬でスイッチ押された。
かなわんなー。ほんま。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-08

青い春

テーマ:日々つれづれ

撮りためた嵐にしやがれを見ていたら

花より男子の1シーンを演じる場面があって

DVDを借りて見たら、やはりはまってしまって

(すでに過去に見たことあるのに)

最終話を何度も見ちゃっております。


うそつけ、お前おれにほれてんだろ

ほれてるよ、バカで、うそつきで・・・


ハグ!


ぎゃー!


甘酸っぱい青春はもう返ってこないのか。

(帰ってきません。自分が一番よくわかってる)


がしかし。


今週末に高校バレー部のOB会があるので

ちょぴっとだけ顔を出してこようかと。

後輩に頼まれてたことをできてなくって、

それを詫びに行こうとは思ってたんだけどね。

まさか青春を取り返しに行くことになるとは。


行っても高校時代は戻ってこない。

余計寂しくなる、ような気がする(過去に経験済)


でもま、いいや。

その後は波照間に行くから。

嫌なことはあのきれいな海が流してくれるだろう。


一番会いたい人には会えるだろうか。

確認することもできるけど、あえてしない。

お楽しみは取っておこう。

ロマンチックにね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-05

黒島&竹富島 5日目

テーマ:沖縄

来週の沖縄の準備をしつつ、、、な今日一日。

7月の黒島&竹富島のこと書いておかないと!

風化しちゃうわ!


=====


竹富島ラストデイは、やり残したことをやる日。


といってもそんなにないので、まったり散歩的な感じだけど。


北海道のご家族を見送って、チェックアウトして、縁側でまったりして・・・


■■ 雪山依存症 ■■-機織り機


縁側にある機織り機。

古いけどまだまだ現役らしい。

ちょうどやりかけのミンサー織がかかってた。




縁側にいたら、水牛車が目の前に止まって、あぁもうそんな時間だと重い腰を上げてまず向かったのはIsland。

ブレスレットは想像以上にかわいくて、早速装着。


ネックレスも欲しかったけど、それはまた今度にしよう。


ちょっと歩いただけで、暑いのなんのって!

■■ 雪山依存症 ■■-あぢぃなぁ


牛さんたちもこの通り。

日陰でまったり。



■■ 雪山依存症 ■■-シーサーも暑いね

シーサーも暑いよね。


暑くて暑くて熱中症になりそうだったので、お店に避難。



■■ 雪山依存症 ■■-この旅2回目

避難とか言いつつ、これ目当てで歩いてたんだけど。

この旅2回目のぱいぬ島。

今回はマンゴー!ミルクはマスト!


すぅーーっと体にしみこんで、不思議と暑いのを忘れてしまう。

三線の音楽もまたいい感じで、泣きたくなる。


再び歩きだす。


■■ 雪山依存症 ■■-きれいっ!

泉屋もきれいだけど、ここもとってもきれい。


そしてどうしてもやりたかったこと・・・


■■ 雪山依存症 ■■-パタゴニア!

愛用のマイバッグ、ブーゲンビリアって名前なのだ!

色が一緒!

どうしても実物と一緒に写真が撮りたかった。

けど、人がいるとちょっと恥ずかしくて、結局最終日になっちまった。


このバッグ、軽くて丈夫で使いやすい上に、見ただけで沖縄のこと思い出してテンション上がるっていう魔法のバッグ。



■■ 雪山依存症 ■■-アップ


お花のアップ。花の中に花がある?!



■■ 雪山依存症 ■■-これまた古い


これまた古いおうち。

扇子状の何かが干してある。



■■ 雪山依存症 ■■-2階建て

めずらしい2階建てのおうち。



■■ 雪山依存症 ■■-きれいなんだけどね


このお花、めっちゃ可憐でかわいいんだけど、ぶんぶんぶんぶん、虫が多い・・・!



■■ 雪山依存症 ■■-虫目線

葉っぱの下から写真を撮る。

お!テントウムシ!



■■ 雪山依存症 ■■-遠くになごみの塔

遠くになごみの塔。


たきどぅんにサーターアンダーぎーを買いにきたら、何と閉まってる!

昨日来た時は開けてるって言ってたから、昼休みかな・・・



■■ 雪山依存症 ■■-八重山ラーメン

てなわけで、かき氷食べたばっかりだけど、やらぼで八重山ラーメン。

カレーラーメンを食べようと思ってたんだけど、辛いって書いてあるし暑いしで断念。

これも次へ持ち越しだね。


最後にかけこみでサーターアンダーギーを買いにいったら、おばちゃんがおまけでキンキンに冷えたさんぴん茶をくれた。

飲みたかったけど、なんだか飲めなくて、そして今もまだ家に残ってる。


てなわけで13時には竹富を出て、石垣でお土産探し。


有名なジンジャーエールを買ったり、公設市場に行ったり(市場って本当に楽しいね)、石垣は行く気がなかったので結構バタバタだったけど、土地勘がちょっとだけついた気がする。


石垣空港までのタクシーの中。

タクシーのおばちゃんがジンジャーエールのお店を知らなかったので教えてあげた。

それで一気に打ち解けて色々しゃべってた。

空港が見えたときに「空港に着いちゃう~旅が終わる~」って嘆いたら、「また来ればいいよ」って。

「それを励みに頑張るって素敵じゃない。移住してこれが生活になると当たり前すぎてつまんないよ」って。

そうだねー。本当にそうだ。

また来ればいいだけのことだ。


この時は、まさか来月にまた来るなんて思ってもみなかったけどね。

おばちゃんに会えたら、また来たよって言いたいな。

名前覚えておけばよかったな。


あと1週間頑張ろう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-07-29

黒島&竹富島 4日目

テーマ:沖縄

毎日あづいっす。

沖縄も暑かったけど、カラッとしてるからまだ我慢できた!

でも関西はムワッと湿気もあるのでもうイラーとして行動しようという気が起きない。


てなわけで。竹富島へとりーっぷ!

旅は4日目、竹富島は2日目。


今日は1日竹富島で遊べるぞー!

ビーチに行くならいつがいいか、宿のお母さんに聞いたら、11時が干潮だから午前中に行くといいよって。


まずは、ビーチ、行きますか!


自転車チャリチャリこいで、5分ほどで到着。




■■ 雪山依存症 ■■-ザ・海!


どーん!

コンドイビーチ。


遠浅でめちゃきれい!!



■■ 雪山依存症 ■■-もいっちょコンドイビーチ

白い砂浜が美しい。

あーー、本物はもっともっともーーっときれいなのに!


てなわけでもちろん泳ぎました、泳ぎましたとも!


が、遠浅な上に干潮が近いので、全然深くならない。

魚もちょこちょこいるけど、うわーっとはいないので写真撮れず。


そうこうしている間にお腹がするくらいの浅さになったので。



■■ 雪山依存症 ■■-ひたひたコンドイビーチ

泳ぐのはあきらめて、白い砂浜に座ってただぼーっと。

船が見えたり、音が聞こえたり、波が寄せては返すのをただ眺めてた。


そんなきれいな海だったけど、びっくりすることが。。。





■■ 雪山依存症 ■■-なまこ・・・・

なまこ!

(あまり画像が美しくないので小さ目で)

こーーんなにきれいなのに、なまこだらけ。


最初はあ、なまこだ!って嬉しかったんだけど、わんさかわんさか、魚よりもうなまこしか見えなくなって、気をつけて歩いても踏んずけちゃうほどだった(すまんなまこ)


砂浜に上がって宝探し。

タカラガイ好きなので、見っけ、もって帰ろーと思ったら。


■■ 雪山依存症 ■■-中身入っとったわ


中身入ってた。

びっくりしたけど、貝さんもびっくりしただろう。

もちろん逃がしましたよ!

ずっとここでぼんやりしててもいいな、と思ったけど、まだまだ行きたいところがあるので退散。

それでも2時間くらいはいたかな。


そのあとは。。



■■ 雪山依存症 ■■-星砂☆ビーチ

星砂ビーチ☆


星砂を自力で見つけたくて、でも最初は小さいのしか見つけられなくて、それを掴もうとするとぽろっと落ちて・・・きー!ってなって。

小粒では満足できなくて、熱中症になりそうになりながら探して、大粒を7粒ほど見つけた。

持って帰るために、小さな袋を準備した方がいいかも・・・

(ビニール袋より、チャックのついた袋)


私が行ったときは干潮だったので、砂がちょっと濡れてるあたりを探すと結構見つかった。

ちなみに売店でも売ってます。でも、、、なんか悔しいやん?

ちなみに売店で売ってるのは海藻から取ってるらしい。


そしてまた集落に戻って、気になってたアクセサリー屋さん、islandへ。

ここは貝の標本も置いてある楽しいお店。


そこで物色してたらお店の方が色々声をかけてきてくれ、「こーいうのもあるよ」ってまだ最終加工する前の夜光貝を出してきてくれた。その中で、真ん中に緑色が残ったタイプを発見。

これ!と言うと「ビーズの色も自由に選んでいいよ」ってことで、たくさんある見本の中から迷って迷って緑っぽい青をチョイスしたら、緑の方がいいんじゃない?ってあっさり言われちゃった。

さすがプロ。そっちのがかわいいので、それでお願いすることに。

店長さんは奈良の出身なんだって。遠い島で同郷の人にお会いできるって何だかとっても嬉しい。


明日取りに来ることを約束して、さて、お次は。。。


ようやく水牛車に乗ります。

■■ 雪山依存症 ■■-重くてごめんね

一番前の席で、おじさんの話を聞きながらのんびりと観光。

普通は島に来た一番最初にすることかもしれないけどね・・・



■■ 雪山依存症 ■■-新田荘

説明で必ず止まる新田荘。

これは我が宿でもありますよ。

縁側がさいこーに気持ちいい、素敵な宿。

縁側に座ってると、水牛車が止まって写真を撮られるので、何だか有名人(か、動物園の動物)になった気分にもなれる!


牛さんはもちろん暑そうだった。

内輪差も考えるし(えらいねぇ)、水をかけてくれる場所では必ず止まるし(わかってるんだねぇ)、早く帰りたくて最後の方は早足になるしね。

途中からは三線とおじさんの歌で、これぞ竹富島に来た!って感じだったよ。


水牛観光が終わってからは、歩いて観光。

あづいよー。


■■ 雪山依存症 ■■-竹富に来たんだねぇ

これぞザ・竹富島。



■■ 雪山依存症 ■■-念願のぱいぬ島

あまりにも暑いので、ぱいぬ島でかき氷!

一番人気のぜんざい氷+ミルクかけにしてみました。
(おいしいと聞いてた生マンゴーのせはマンゴー入荷ができず売り切れ!残念!)


ほてった体にすーっと入ってく氷。うんまいっ!絶品!


食べた後はまた歩く!



■■ 雪山依存症 ■■-郵便局もこの通り

郵便局も竹富仕様。



■■ 雪山依存症 ■■-猫ちゃんも暑いよね


猫ちゃんも日陰でぐったり。

(写真撮ったら「なんだよ」って見られた。す、すまん)



■■ 雪山依存症 ■■-牛さん頑張って!

歩いてたら水牛車に遭遇!

頑張って牛さん!

これは何度乗っても楽しいだろうなぁ。



■■ 雪山依存症 ■■-竹富らしい景色


赤瓦の屋根。



■■ 雪山依存症 ■■-シーサーコレクション


沖縄のシンボル、シーサー!

いろんな表情の子がいるのよね。


■■ 雪山依存症 ■■-なごみの塔


街を見下ろせるなごみの塔。

眺めはいいけど、階段が急なので、気をつけないと!

塔の上も、階段も一人しか登れない。


街を一通り回って、お店も入ったらいい時間。


夕食に戻ったら、どうやらお客は私以外にひと組だけで、しかもご家族みたい。


今日は夕日は一人で見にいくべ、と縁側に出てみるとご家族の内の一人が寝ていた。

別の人が出てきて話をしていると、どうやら北海道から来たらしい。遠路はるばる。


北海道には来たことある?って聞かれたので毎年行ってますよーニセコに。というとすごい喜ばれた。

スキー好き。こんなとこで役に立った(笑)


私よりちょっと年齢上の人かなぁ、と思ったら、妹が還暦で退職したからみんなで竹富に旅行に来たのよ、とか言ってて、とてもそんな年齢には見えなくてびっくりした。


てなわけで、彼女達も西桟橋に行くと言うのでちゃっかりご一緒した。

話せば話すほど面白い、そしていろんなところに旅をしている人だとわかった。



■■ 雪山依存症 ■■-太陽を手にする女

きれいに見えたけど、やっぱり下の方は雲があるんだよ!

夕陽はリベンジだな。


そして戻って、ロシアに3ヶ月ほど旅した話とかを聞いて、私は最後の夜を満喫すべく、街に繰り出す。


どうしてもやりたいことがあって。




■■ 雪山依存症 ■■-なごみの塔からの夜景2


わかるかな?

なごみの塔からの夜景。

これをどーーうしても見たかった。



■■ 雪山依存症 ■■-なごみの塔からの夜景1

上の写真の左の方。



■■ 雪山依存症 ■■-なごみの塔からの景色


お昼はこんな感じ。


誰もいないだろうと思ったら、同じことをしている女性がいて、私が降りた後もまた女性が来た。

みんな考えることは同じ(笑)

行くなら懐中電灯は必須。階段に注意!


その後は、HaaYa でお酒。

飲みながら、夜景を眺めながら、本を読みながら最後の夜を味わう。


明日は最後どうしようかな、行きたいところまとめておかねば、と思いつつ眠りに落ちる。


いよいよ、とうとう、ラストデイ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-07-28

黒島&竹富島 3日目

テーマ:沖縄

あぢぃぃぃ。あづくてあづくて。


黒島&竹富島の続きを書こうと思ってるけど暑すぎて文章が浮かばない。

そして1回途中まで書いてたのに消えちゃってもう、書く気が起こらない。


今回の旅の目的はまぁ色々あったけど、シュノーケリングしてて唯一達成できてないのは、クマノミを見ること。

久米島のイーフビーチでも、はての浜でも、渡名喜のあがり浜でも、黒島の仲本海岸でも見れなかった。


3日目は竹富島に移動する予定だったけど、パナリ島シュノーケリングツアーに参加してから行くことに。

このパナリ島のツアーもゆんたく中に聞いたのだ。ありがたや。


チェックアウトしてお迎えが来るまでお庭のブランクでゆっくり。

こうやって何もせずゆっくりする時間って贅沢だなぁ。


お迎えが来た途端豪雨!なんでやねん。

しかもトラックの荷台に乗ったもんだからずぶ濡れ。


ずぶ濡れで風に吹かれながら荷台に乗る機会なんてめったにないから何だか楽しい。

こーいうことも楽しめる人間でよかったよ。

まぁこれから海に入ったらどうせ濡れるからってのもあるけどさ。


船で少しだけ移動して、ピチャピチャ泳ぐ。

ここにもきれいな珊瑚とお魚がうようよと!

「晴れたのでポイントまで移動しますよ、」と言われた時に、えっここポイントじゃなかったの!?って思うくらい普通にきれいだった。


そして1つ目のポイントに到着。

勢いよく船からぽちゃーんと入ると。




■■ 雪山依存症 ■■-クマノミ!

どーん。

クマノミ!


ぎゃーーーー!!


もうずっと会いたかったんだよぉクマノミちゃーーん。

と近付くと逃げる。警戒心が強いのですぐ珊瑚の中へ。



■■ 雪山依存症 ■■-クマノミ!!


隠れてても見えるし。



■■ 雪山依存症 ■■-赤ちゃんクマノミ!


これは赤ちゃん。真ん中へんにいるのが見えるかな?

大人のクマノミと一緒に撮ることができなかったけど、

上の写真と同じ珊瑚なんで、対比でその小ささがわかるかな、と。。。



■■ 雪山依存症 ■■-クマノミ!!


ひょこっ出てきた。



■■ 雪山依存症 ■■-青い魚

青い膜に覆われたような、魚を見つけた。

わかりにくいけど、写真の真ん中よりちょっと左上。


仲本海岸は光が届く海だったけど、このあたりは珊瑚があるところ以外は深い。

20mくらいはあるだろうか。


プカプカ浮いてるならいいけど、まだまだ潜るのは初心者で、ブクブク潜っている人がいてうらやましかった。



■■ 雪山依存症 ■■-そしてまたクマノミ!


そしてまたクマノミ!

(もうええって?・笑)


クマノミを中心にあっちこっち泳いでる感じだった。


そして揺れるかもしれないけど、きれいなポイントがあるから行く?東洋の竜宮城って言われてるところ、と言われてもちろん行くーと行った先には。


ボッチャーンとダイブして中を覗き込んでみると。


すっごい小さい魚がたくさん、本当にたくさんいて、うわーって思った。

そして、今までと違って青い!深い!

(写真撮ったんだけど、ただのゴミにしか見えなかったっていう・・・)


今までいた魚だけじゃなくって、シマシマの魚とか、大きな魚も。

この景色なら、ウミガメに乗って、竜宮城に行けるってのも、なんか信じられる気がする・・・



■■ 雪山依存症 ■■-ミノカサゴ

ミノカサゴ?だっけ(大きくしたら見えるかな?真ん中より左上くらい)

ふわふわ漂いながら泳ぐ感じ、うらやましかった。


深すぎて、ちょっと怖いくらい。

そしてこういう景色を見ると、やっぱりダイビングしたいなって思う。

ダイビングが目的になると、それで予定が決まってしまうのがいやでやめてたけど(そしてお金もかかるので)やっぱり、やっぱり、どこまでも魚を追いかけたいよね・・・


波が高くて、少し泳いだだけでちょっと気持ち悪くなってきた。

他の人もそうだったみたいで、船での集まりが良すぎた。


その後はパナリ島へ。

ここは定期船がないので、通常は上陸できないらしい。

(とはいえ、定期船がないけどパナリに泊まりに行くって、黒島の宿が一緒だったさわやか男子は言ってた。後日談が聞きたいわぁ)


いたって普通の、沖縄っぽい街並み。

手入れが少ない、緑が濃い場所だった。


でも結構現代的な家も多く、聞いてみると別荘らしい。


■■ 雪山依存症 ■■-パナリ島の中

こんな感じ。


一周して、船着き場に戻って、5mくらいの岸から海へダイブ!

足が離れる瞬間怖かったけど後にひけないからわー!って思いながらダイブしたら楽しかった。


戻って急いでシャワーして船着き場まで送ってもらってお土産うわーって買ってお昼すぎの便に飛び乗る!


ありがとう黒島!また来ます!!


で、石垣の離島ターミナルまで戻ってそのまま竹富島へ。

便が多いし、10分で着くし、何だか気楽。


宿に着くと縁側で涼んでいる人が二人。

気さくに話しかけてきてくれてほっとする。


お腹がすきまくりだったので、遅いお昼を食べてから散策。

渡名喜より観光地化されていて、人が多いイメージ。


水牛車が歩いているのとか、色鮮やかな花がいっぱいだったりとか、ザ・沖縄の風景を見ながら歩く。

歩いたら遠いかな?遠かったら戻ったらいいか、と思いつつ、南潮庵というアクセサリーのお店へ。

ブレスレットを購入~。その場で着用。


街並みを見ながら帰り、夕食の時間。

一人旅×4人で、一緒のテーブルに座って食べる。

夕食の後は、4人そろって西桟橋まで夕日を見に行く。


■■ 雪山依存症 ■■-西桟橋からの夕陽。

みんな夕陽を見にきていて、結構な混雑。

でも前日は歩けないくらいいっぱいだったらしい。


海に落ちる夕日は残念ながら雲に遮られたけど、ゆったり話をしながら落ちる陽を見るのはやっぱり贅沢だと思った。


他の3人は明日から別の島に渡るそうで、明日は見えるといいですね!と言ってくれる。

(みんな優しい・涙)


その後は宿のお父さんに連れられて飲みに行く。

いいなー、こういうの。島の人のリアルな話って貴重。


暑さにやられてたのか、疲れがたまっていたのか、夜はすっこーんと眠りに落ちた。


さていよいよ、本格的に竹富観光!


続く~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。