あけましておめでとうございます。


8月の夏休み記事から更新できておらず、季節は逆転してしまいました。


なんと!今シーズンは年末年始は滑りに行っておりません!

年末年始どころか!!!初滑りも終わっておりません。なんてぇこった、この私が!!!


ま、諸事情により、なんですが、1月の連休と2月の連休(作った)は死守します、八甲田。

多分それ以外は滑りに行けない予感・・・なんてぇこった。


でもこれは自分で選んだ道、わかってたことなのでしょうがないです。



今さらではありますが、どうしても記録しておきたい夏休みの思い出が。


8月13日

関空のラウンジでのんびりしていると、石垣ー波照間便の高速船が運航未定のお知らせが。

1週間前から天気図とか見てたけど、特に問題なさそうだったに、もうドキドキして大好きな飛行機に乗っている間も気が気じゃなかった。

そして石垣島に到着、確認すると、欠航・・・・あぁぁぁぁぁぁ!!

Tさんより「波照間便欠航やで」という優しいメール(Tさん仕事中のはずなのに)


とりあえず波照間の宿しかとってなかったので石垣の宿を探すことに。

めぼしいところに電話するも全部無理、しかたなくインフォメーションに相談して、観光協会に加盟している宿のリストをもらって上から順番に連絡していく。

10件ほど断られ続け、かけ方もこなれてきて(こなれたくないが)「急なんですが。。。今日は空いてないですよね?」と否定から入る。そして「あいてないです」と断られること約30件。

さすがに疲労の色が見える。


やっとの思いで繋がった宿は聞いたこともないところ。この時期なのに素泊まり3000円なんて怪しい以外の何物でもないけど、いざとなったら交番の近くで野宿を覚悟していただけに、見つかっただけで嬉しかった。


まぁ宿はお値段なりだったけど、この際文句は言わないよ。


で、翌日。

波照間航路が欠航になっても、木曜日は貨物船が出るので、どちらに転んでも取れるように、相棒と別れて並ぶ(こういうとき、一人じゃないって本当にいいなぁと思う)


高速船が欠航になったので、貨物船にて。

その旨を宿の人に言うと、「今日は揺れますので覚悟してきてください」と言われる。

揺れに弱い私はビビってしまう。


しかも船長さんのだめ押し。

「今からビニール袋を配りますので、必ずもらってください!運航に影響はないですが、今日は揺れに強い人でも大変だと思います。あと吐くときはビニール袋の中にしてください。でないと健康な人にも影響が出ます」


あぁぁぁリーアールーーー。


酔い止めを飲み、出発。


ほどなくしてぐわんぐわん揺れる。船内にいたけど辛くなって外に出る。


後ろを向いて座っていたけど、もうアトラクションばり。

船尾がぐわんっと上がる→くるくるくるくるーーー!身構える→ざっぱーーーん。波がかかる→船尾がぐわんっと上がる の繰り返し。


最初は「これはやばいー!」とか話をしていたけど、だんだん無口に。

気持ち悪い。妊婦さんはこんな感じなんだろうか。

身構えるときに腰を浮かせてふんばって揺れを自分に感じさせないように船の動きと自分を一体化させる術を身に着けたり。

でも頭の中ではいざってときのことを考えつつ。

時計を見ながらあと何分って思いつつ。


この揺れなのに常に笑顔のキュートな女性に救われつつ(多分笑い顔なんだろう。波がどばしゃーってかかってたときも笑顔だった)


こんな状態が2時間。あぁ本当に長い時間だった。


無事波照間に渡れて、ニシ浜を見た時はホッとした。そしてつらかったこと全部忘れた(あほ)



ニシ浜の写真は以前載せた気がするのでニモ。ニモも前に載せたかな?ま、いっか。
ニモの写真50枚くらいある。



そして11月にも弾丸石垣島ツアーにいきました。

土曜の朝7時すぎに出て、日曜の昼12時に帰ってくるという、石垣島滞在1日のまさに弾丸ツアー。


秋の石垣島は初めてでしたが、暑かったです。半袖で充分でした。


川平湾。きれいな海で泳ぎたかったけど、ここでは無理なのね。


ま、そんなこんなで元旦に昨年を振り返ってみました。えへへ。


今年もゆるゆるとですが、自分のペースでがんばります。

AD

コメント(8)