131215

テーマ:

約5年ぶりに、とても穏やかな気持ちになっております。



過去の自分のブログをざっくりと読んでみて、

5年前の激震も、そこから始まった底辺生活も負のスパイラルも、

きっと今の自分が自分であるために必要だったのね!



・・・なぁんてことは全く思いません。思えません。

こんな激震なかった方が幸せだったし、無い方がよかったに決まってるし、人生順調だったし、そこからの負のスパイラルたるやもう。。。

思い出したくもないけど、でも書いちゃうけど、、なかなか昇格できないジレンマにずっと悩みながら、モチベーションも上がらないままの、部署の解散やら上司の変更やら、、、

そんな出来事が一気に吹き飛ぶくらいの、転居を伴う異動話、その合間の昇格試験(断ったから昇格もできなくなるかと思ったけどそれは大丈夫だった)関西一大変な部署への異動、全く未経験の仕事(管理職含む)やら・・・


あーもうなんなの!


でも、これだけは言える。


激震の日から、本来ならば見えなかった景色が見えて、大半は見たくもなかったものだけど、でもある時に、これは、順風満帆な人生を続けていたら見えてなかった景色だよなぁ、と思ったら、なんだかそれもありなのかなぁ、と。腑に落ちた瞬間だった。


そんな中でも見えてよかったこともあったのよね。

資格試験仲間なんてその最たるもので。

Xデー前の私なら、試験を受けようとも思わなかった。


そのご縁が今でも繋がっていて、これからも繋がっていくという不思議。


穏やかで、とても不思議な日々だ、最近。


あと、確かなことがひとつ。


今も、これからも、スキーが私を救ってくれる。

救ってというのは違うな。

スキーが人生の中心であり続ける。

うーん。

スキーが私の精神安定剤であり続ける。

うーん。

スキーが幸せの元である。

うん、これだな。



それにしても、、、5年かぁ、5年もたっちゃうんだね。良くも悪くも、時は流れるね。

本当に、人生は何が起こるかわからない。

AD

コメント(2)