ちょっとそこまで☆増刊号

週末のプレシジョンスポーツ&ドマーネ4.5親父★fairleader


テーマ:
1市役所前

お盆を過ぎてもいっこうに衰えを見せない熱さ。台湾やタイでも35℃が当たり前のように続いたりはしない。朝の6時でも暑さがマシというだけでまったく涼しくない。

定点観測化している武庫川河川敷市役所前。台風の影響か、空気が澄んでいる。

2市役所前山側

いつも太陽を画面に入れているので暗く写るが、実際はこんな感じ。朝からコントラストが強い。

3仁川合流

仁川合流。たくさん人がいる。誰でも考えることは同じ。昼間は暑すぎて。

5CR終点

サイクリングロード終点。見事な青空。

6パナソニック

霞や薄雲がないので、太陽だけが丸く写っている。しかしiPhoneのカメラも大したものだといつも思う。

7左岸へ

日曜なので、帰りは左岸を走る。

8六甲山全部

六甲山がかなりの範囲で見渡せる。

9武庫大橋

国道2号線武庫大橋。

10車止め

堤防道路は日曜祝日車通行止め。コーンが立っている。

11橋から南山が見える

信号待ちの間に海側を振り返ると、向こうに和歌山方面の山までくっきり見えている。小学校のとき、転校生が山の上から大阪湾を見て、大きな川だなあと言ったのを思い出した。

12堤防道路木のトンネル

左岸の堤防道路、並木のトンネルになって木陰もあり、なかなか雰囲気がいい。

13木のトンネル2

路面状態もいいので、気持ちよく走り抜ける。

14美景ポイント

右岸に戻って河川敷を走る。以前、ダホンと写真を撮ったポイント。

14.5飛行機

仁川合流上空を、飛行機が旋回降下中。この日は台風の影響で風が変わり、伊丹空港は北西からのアプローチで14を使用。武庫川上空を右旋回で着陸していく。

15山の方

雲も減って、ますますきれいな青空。

16販売機

冷たいものが飲みたくなって末広公園に寄った。販売機に貼ってあったポップ。SNSにアップしてここは大陸ではありませんとか言っていたら、あちらには自販機なんかありませんwと突っ込みが入った。最近は窃盗団が貯金箱扱いしていたりするが、まだまだ日本は自販機が成り立つ平和な国なのだ。

更新予告。鋭意作業中ですのでお楽しみに。
・台中で公共レンタルバイクを登録して走る
・バンコクでジャングルのようなサイクリング



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル写真

2016年7月末、台湾台中市のサイクリングロード、后豊鉄馬道&東豊自行車緑廊をレンタサイクルで走ってきた。

鉄馬道は、台中市中心部の北、大甲渓をはさんで后里から豊原付近の旧山線鉄道廃線跡に作られたサイクリングロードだ。自転車王国台湾のサイクリングロードらしい素晴らしい充実ぶりだった。さすがに台湾の夏の暑さは半端なく、その全貌を堪能するところまでいかなかったのだが、朝から3時間程でも充分に楽しめた。

最初に書いておくと、サイクリングロードそのものは、予備知識なしに行っても不自由なく楽しめるくらい整備されている。旅行者として気になる問題は、そこまでの交通と、レンタサイクルを借りることだ。そのあたりを中心に、走行日記台湾編をお届けする。


台中站(駅)から后里站へ

1台中站

台鉄台中駅から区間車(各駅停車)で北上、后里站に向かう。とにかく暑いので、出来るだけ朝早くにということで、台中6:48発の電車だ。

3后里站看板

4駅23分で后里(ホウリー)站に到着。なんということもなく、あっさり到着した。

2后里站ホーム

輪行している彼は通学中の高校生。電車に輪行用車両がある台湾らしい光景だ。この列車は専用車両がなかったらしく折りたたんで輪行袋に入れているが、専用車両だと自転車を押してそのまま乗り込める。

4乗ってきた区間車

乗ってきた区間車。先頭車の造作が、日本の各駅停車とは雰囲気が違う。
人影が少ないが、ローカル駅の平日の朝なのでこんなものだ。たまに観光客らしき集団を見かけるが、大陸や半島の人たちだろう。

5改札

こんな渋い無人の改札を抜けるとすぐに駅前。キオスクもまだ開いていない。あ、台湾もキオスクって言うんだ。

6駅前

レンタサイクル屋は目の前から3軒並んでいるが、7時15分現在、まだどこも開いていない。グーグルマップの店情報では7時からとなっていたが、平日だしまあそんなものだろう。

7奇典租車

3軒並びの一番奥、奇典租車。数少ないネットの評判を頼りに、ここで自転車を借りようと決めていた。

一般に、台湾でレンタサイクルを借りるときは身分証明書を預けなければいけない。旅行者はパスポートを預けることになるわけで、これが少々抵抗がある。それがこの店は、パスポート預けでなくデポジットでOKだったという話を読んだからだ。

9駅前を眺める

駅舎内のベンチに座って、のんびりと駅前を眺める。7時半を回ると、だんだん通勤通学の人の行き来が多くなる。客待ちのタクシーもいる。電車がつくと、まとまって人が降りていく。

8時刻表

暇なので帰りの時刻表を確認しておく。昼間は1時間に1、2本という本数だ。


レンタサイクルを借りる

8時になると、女の子二人が駅から降りてくる観光客相手に客引きを始めた。手をクルクル回して、自転車乗りませんか?とやっている。女の子と目が合ったが、さすがにこちらには上がってこない。駅舎内の営業はアウトなのだろう。

このとき、駅の目の前のレンタサイクルはまだ開店していなかったので、このお姉ちゃんたちが奇典租車だとは知らなかった。そろそろ開店しているかなと様子を見に行ったら、店のシャッターを開けて自転車を表に出しているところで、そこに客引きのお姉ちゃんもいた。駅舎から出ると素早く営業に来るお姉さん。まあ上はジャージ着てるし、いかにもだわな。自転車乗りませんかとクルクルするので、うんうんうなずきながら店に行く。

10借りたMTB

店は開店直後というか、絶賛開店準備中で、まだ店の表に自転車が出ていない。
にいちゃんが、「これっ! 1日いーぱいぅう(NT150)」と出してくれたのが、GIANTのマウンテンバイク風スポーツ車。けっこう使い込まれているのが一目で分かる。

奥の方にもっと良さげなクロスバイクが見えるのだが、店先に並ぶのはまだ先の様なので、とりあえずこれで手を打つことにする。

さて問題のレンタル手続き。パスポートのコピーは何枚か持っているし、デポジットでいけますかという中国語のメモも用意してきた。お金を払って、可以デポジットとか適当に言うと、にいちゃんは「は?」という顔をして、そんなもんいらんと言う。預かり証をもらって、自転車返すときにこれ渡してね、何かあったらココに電話してね、と自転車に付けたプレートを指差すと、また慌ただしく自転車並べをはじめた。忙しいからもう行ってよし、だ。

おおっ、これはラッキー!
パスポートを預ける覚悟もしていたのだが、コピーすら要らなかった。
これでずいぶん気が楽になった。


サイクリングロードを走る

11線路沿いに南下

サドル高も調整して、自販機で水を買って背中のポケットに突っ込み、いよいよ出発。これは、駅舎を出て目の前の道を線路沿いに南下するところ。皆様は店の横の道を通って行くみたいだが、ストリートビューで予習済みの道を行くことにする。

12橋を渡って

住宅地というより線路沿いなので、空き地や雑木林もあるなんでもない道をちょっと走ると、左折して線路の上を越える橋がある。とにかく線路沿いを離れず、この陸橋を目印に行くと良い。

13鉄馬道入口

陸橋を渡ってすぐ。
来たー! ここまでのつまらない道とは大違い、サイクリングロード入口を大いに主張している。
大きい看板は車で来た人用のレンタサイクル屋の。捷安特(ジャイアント)の名車採用だって。

14案内図

この付近の観光案内図。サイクリングロードだけでなく、けっこう広範囲にわたっている。いずれ季節のいいときに1日がかりで回ってみようか。

15改めて今日の自転車

さてここで、改めて今日お世話になる自転車をじっくり観察。
ブロックタイヤ、重そうだな~。実際転がり抵抗が大きく、スイスイ進む感じはない。駆動系は、クランクまわりが頼りなく、変速も雑にやるとチェーンがはずれそう。しっかり踏める感じではない。まあこんなもんでしょう。のんびり行きます。さすがに前カゴはついてないが荷台付は便利だ。

16入口全景

それなりのレンタサイクルだが、サイクリングロードを見ると気分が上がってくる。樹のトンネルが向こうまでずーっと続いている。電車が走っていたときは、こんな景色のはずはないので、サイクリングロードのために植えた木だろう。

17並木トンネル

緑のトンネルに入って、木陰なのもありがたいし、雰囲気がいいのでまた同じような写真を撮って、なかなかスタートしない(笑)

18自転車停めて

誰もいないので、思わずヒャッホーとか叫びながら下り基調の緑の道を軽快に走り抜ける。
景色が変わったところで自転車を停めて撮影。

19CR風景

振り返るとこんな感じ。最初から実に気持ちいい。サイクリングロードのツカミとしては最高だ。

20高架下どっち

電車の高架下で、道路に色が塗ってあり、いかにもここでいったん停まってね的な景色になる。
実は、今回走ったサイクリングロードで、ここだけがちょっと考える場所だった。CR(サイクリングロード。以下CRと書きます)は行き止まりとなり、横に一般道が並走している。

21案内板2

案内板を見てみるが、肝心なところがよくわからない。



ストリートビューではここ。画像ではまだ塗装や看板がないが、車止めの向こうで私が自転車を停めて?となっている場所だ。この高架に沿って150mほど行けば、またサイクリングロードが始まるので、安心して道なりに進んで下さい。

22入口その2

交差点まで来ると、向こうにサイクリングロード入口が主張しているのが見える。こういうわかりやすいつくりは本当にありがたい。一般道横断なので車に十分注意。

23気持ちいいCR

ふたたびCR。こちらはまた違った雰囲気で、本当に気持ちいい。道路の「慢」はゆっくり走ってね、だ。

24気持ちいい2

しかしこれ、本当に自転車専用なの?と思うほど素晴らしい眺め。木陰なのもあって暑さを忘れている。



この道を気持ちよく走っていくと、線路下をくぐる専用トンネルがある。ストリートビューではバス停のような屋根付きベンチも写っている。

トンネルをくぐると上り坂になる。店があったりカーブがあったりするが迷うことはない。上りなので足をつかずに一気に走って写真は無し。

25トンネル入り口

そしてここ。トンネル入り口。后豊鉄馬道のメインイベント、全長1.28kmの九號隧道。廃線CRならではだ。

26トンネルの中

トンネルの中は気温が低く、出口が見えない。灯りがあるので危なくはないが、天井付近にコウモリが飛んでいたりして、なかなか楽しい。コウモリも、日本でよく見るアブラコウモリサイズではなく、ひとまわり大きかった。人影が見えないとヒャホーと叫んでエコーを楽しみながらどんどん行く。

27トンネル抜けて鉄橋

そしてトンネルを走り抜けると二度目の驚きが待っている。全長382.2mの花樑鋼橋。狭いトンネルからいきなり展望が開けて、思わずおおーっと声が出る。

28トンネル出口

振り返るとトンネル出口。ライトつけてねとあるけど、この租車ライトついてないです。

29河川敷ジャングル1

大きな川なので、まだ川筋が見えない。

30河川敷ジャングル2

河川敷というかジャングルに近い茂り具合。

31茶屋

ここで一休みすることに。途中にも店はあったのだが、まだ開いていなかった。ここから先にもCR用の店は点在するのだが、平日なのと時間が早いせいもあって、ほとんど開いていなかった。朝から行く人は、補給水分の携行お忘れなく。

32アイス

日月潭紅茶というのが気になったが、暑いのでアイスキャンデーを食べる。このキャンデー、米だか麦だかの粒が入っていて、あまり甘くなく、不思議な味だった。ピント合わせ失敗で文字が良くわからないが、なにか米のようだ。

33大甲渓1

一休みして鉄橋を渡る。中ほどで停めて川を眺める。大甲渓という名にふさわしい絶景。地震で壊れたのだろうか、橋の構造物が放置されている。

34大甲渓2

台湾の地層すごいっ! 古そうなガッチガチの堆積岩がむき出しで浸食されている。けっこう傾斜しているな。ゴロゴロしているでかいブロックは何だろう。

35鉄橋渡って

鉄橋を渡り終えると、ここもいい感じに整備されている。木陰やベンチもある。横に鐵道之郷酒莊という良さげなワイナリーがあるのだが、まだ人影もないしパス。季節のいい時にまた来てゆっくりしていきたい。でも飲酒運転はアカンのではないか。

36さらに気持ちいい道

気持ちいい道をさらに進む。ちなみに右端のしょぼいのが一般車道で、対行二車線黄色センターラインのが自転車道。どう見ても自転車道の方が上等だ。

37ロータリー

ロータリーのようなところ。街灯があるが、地元の人は夜も走っているのだろうか。左側には店もある。

38用水沿い

並木が続くので、意外と周囲の景色が見えにくいのだが、田んぼが広がる田舎の風景になってくる。

39用水沿いデッキ

田んぼ沿いの用水の上にウッドデッキが。よくぞこんなオシャレなものを作ったものだ。自転車よりも夜に散歩したら良さそうだ。

40ロータリー2

后豊鉄馬道と東豊自行車緑道は、一部並行して走っており、そのまま行くと終わり(起点)まで突き抜けてしまう。2つを続けて走るには、引き返すような形でV字型にターンすることになる。



ストリートビューは、2つのサイクリングロードが合流する一般道沿いの良馬祖車の手前あたり。車で来る人は良馬祖車の免費(無料)駐車場に停めて、自転車を借りるわけだ。2つのうちどちらでも選んで走れるので、車でお出かけ→近郊サイクリングというレジャーには最高の場所だと思う。

41ホームが残ってる

東豊自行車緑道に入ってどんどん行く。川沿いのわずかな上り基調なので、ブロックタイヤがうらめしい。こちらのCRには駅のホームが残っている。朴子口車站。隣のポイントまでの距離がきっちり表示してある。

42ホーム2

レンガ造りと赤い舗装が美しい。こちらも並木トンネルがしっかり手入れされている。

43どんどん行く

並木道と月台(ホーム)、売店が並ぶ道が続く。

44立派な東屋

立派なつくりの東屋。

46駅名板

次は石岡車站。2つのCR合流から4.5kmほどの地点だ。

45またホーム

なにやらホームの向こうが急に盛り上がっている。

47断層

行ってみると廃線の線路が壊れている。ここは1999年の921大地震で表れた活断層だそうだ。台湾も日本と同じ地震国である。

この石岡で東豊自行車緑道の4割ほどになるのだが、残念ながら今回はここまで。

弱いとはいえ上り基調が続いて、心拍は上げていないものの自分のロードバイクならもっと楽に走れるのにと思いつつ、目に流れ込む汗をぬぐい、ペダルを回しながら生あくびが出てきたので、これはヤバいと感じた。

確かに夏の台湾の陽ざしは強烈だが、気温だけなら最近の日本の方がえげつないことになっている。自転車に限らず、夏の炎天下で活動することがなく、毎週乗っている自転車でも朝の9時過ぎたら暑くて走れないなどと軟弱な親父なので、無理はしないことにする。

48距離表示

幸いなことに、CR沿いに休憩場所はいくらでもある。木陰のベンチでしばらく休んだ後、来た道を引き返す。走り出すと風が当たって涼しいし、下り基調なのでどんどん走れる。座っているより楽になった。

帰り道に撮ったのは、こんな下向きの写真しかない(笑) 
距離表示が道にもていねいに書かれている。

49戻ってきた

ノンストップであっという間に后里駅前の奇典租車まで戻ってきた。片道10kmほどなので、散歩の距離だ。だいたい帰り道は早く感じるものだ。

時刻は10時半。店は客でざわざわにぎわっていた。みんなこれから走るんやね。暑いのに元気だな~、オジサンはもう帰るよ。帰りの電車まで20分ほどあったので、隣のジューススタンドで甘く冷たいウーロン茶など飲みながらまったりする。

50帰りの列車

帰りの区間車。先頭車両にくちばしみたいなのがついている。どうも連結機を隠すデザインのようなのだがどうなのだろう。

51すいてる車内

11時前の区間車。ガラガラだ。エアコンはよく効いて快適。汗も引いて、台中へ着く前に気持ちよくクールダウンできた。楽しかった。あんな素敵なサイクリングロードは初めてだ。また来よう。


資料編

パンフ表

奇典租車でくれたパンフレットをそのまま載せておく。料金はNT$100だったような気もするのだが、どっちにしても安い。

パンフ裏

裏面がガイドマップ。沿道に観光施設がたくさんあり、売店や食堂もある。今回行けなかったダムや鉄橋もあるし、あちこち見て歩けば丸一日遊べるだろう。サクッと走り抜けるなら往復30数キロ、半日あれば十分だ。

次に季節のいいときに行く機会があれば、空いている9時くらいから走り始めて、行きはサイクリングロードと景色を楽しみ、帰りは施設にゆっくり立ち寄りながら戻ってくるパターンかなと思う。


おまけ…台湾小吃

52豚脚大王

昼飯は台中駅と台中公園の間にある阿水獅猪脚大王。とことん煮込んだぷるぷるコラーゲンの豚足と煮卵ウマー。空芯菜の炒め物しゃきしゃきウマー。計$NT150でサイクリング後にしっかり栄養補給。


※続編予告「台中の公共レンタルバイク、UBikeに乗ってきた」


にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
市役所前

7月最後の週末。梅雨も明けて暑い日が続く。昼間は暑くて自転車に乗る気になれないので、朝出来るだけ早起きして出かける。涼しいとまでいかなくても、いきなり汗が噴き出すこともない。

いつものように市役所前から河川敷に降りる。ジョギングや散歩の人がけっこういる。みんな考えることは同じで、暑さを避けて早くから出ているのだろう。

仁川合流ポケモン

いきなりだが仁川合流にいたポケモン。ちゃんと水関係なのがかわいい。さすがに河川敷にポケストップがたくさんあるわけではない。ゆるゆる走っていたわけではないので、きちんとチェックはしていないが、思った通り仁川合流にはいた。

終点南

ママチャリ速度で走っていけば、自転車はポケモン集めにはいい。しかしさすがにロードバイクでこれをやっていたらストレスが溜まってしまう。市街地は信号で停まるとポケモンチェックしていたが、ノンストップで走れる武庫川では、休憩ポイント以外ではあきらめた。で、サイクリングロード終点。

終点パナ

パナソニック工場の向こうに昇る朝日。

終点ポケモン

ここにもポケモンはいた。マドンではなくヤドン。

43号線

帰り道の43号線と阪神高速。

2号線

国道2号線、武庫大橋。

2号線南

武庫大橋付近から南側。

CR道標ポケスト

うれしいことに自転車関係のポケストップがあった。サイクリングロードの道標。ingress時代に自転車乗りの誰かが設定してくれたのだろう。

クリーンセンター

今日もいい天気だ。


にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1猪名川

三連休3日目。今日は猪名川へ来た。朝から日差しはまぶしくセミはじわじわ鳴きまくっている。

2高速高架

阪神高速の高架。青空と緑の間にクリーム色が映える。

3高速高架2

きれいな色なのでもう一枚。

4サイクリングロード

サイクリングロードはこんな感じ。この辺りはグランドもないので走りやすい。

5サイクリングロード2

振り返ると北摂の山が見える。

6土手道草刈り

空港近くの土手道に上がると、草刈りが終わっていてすっきり走りやすくなっていた。


7着陸誘導灯

ITM14Rの着陸誘導灯。

7離陸

おなじみのツーショット。草刈り済で、土手にしゃがんで撮るのがやりやすかった。一眼だと狙って1枚で撮れるのだが、コンデジだと早い連写がないと無理。その点iPhoneは助かる。

8土手道

道幅いっぱい使えて快適快適。草がはみだしているとすれ違いがストレスになる。さすがにむき出しの足でススキとかに突っ込むのは嫌だ。

9景色

水道橋の向こうに見えるのはコンクリート工場。

10農業公園

猪名川橋を渡って、猪名川と藻川に囲まれた中洲にやってきた。この中洲の外周に、自転車歩行者専用道路がある。茶色い舗装はなめらかで走りやすい。

11農業公園2

が、農業公園から浄水場をぐるっと回って反対側の宮園橋まで、4kmほどで舗装は終わっている。

12案内板1

なのでいつもここで引き返すのだが、今日は未完成部分を探検してみることにした。

13未舗装路

舗装は終わって、土手道は地道になる。しかし目の細かい土でしっかり固められているので、砂利道や下手なひび割れ舗装路よりはましだ。普通に生活自転車も走っている。

14阪急鉄橋

南下していくと、阪急の鉄橋が見えてきた。

15草道行き止まり

道は草地になり、猪名川側と同様、行き止まり。でも階段があって河川敷に降りられる。MTBだったら乗ったまま行けそうだ。

16下をくぐる

鉄橋下をくぐって、

17また草道

すぐにまた階段を上がるとふたたび草道。轍が見えて希望が出てくる。

18阪急電車

電車が通るのを待って1枚。

19園田橋

阪急をくぐってすぐの園田橋は、上は縄張りがしてあって渡れない。交通量が多くて危ないということだろう。下をくぐるようになっている。車止めがあるが、自転車なら一応降りずに抜けられる。

20園田橋渡る

そしてまた未舗装路をしばらく行くと、

21案内板2

東園田橋手前に案内板が。いずれちゃんと全線整備するぞという計画はこれでよくわかるが、未整備の点線部分が長いことそのままなのも、看板の古さでわかる。東園田橋は普通に車道と交差していて渡れる。その先の名神高速道路も、下をくぐって軽くスルー。

22草道行き止まり

そして最後の県道338号線の橋の下は、とうとう自転車をかついで河川敷に降りないといけない。草道の轍は1本しかなく、もはやサイクリングではないが、ここをくぐると中洲の南端なので、無理矢理行ってみる。階段ではないが、スタンドのような大きな段々があり、歩いてなら普通に降りれる。

23下に降りる

草ボウボウの河川敷は、人が通った形跡(ゴミ)があるので、まったくの未開の地ではないはずだ。

24中洲先端

おおー、中洲の南端だ。藻川と猪名川が合流している。とりあえずこの景色が見られたので満足して岬を回り、猪名川沿いを北上する。

25土手道へ上がる

引き返すことも覚悟していたが、ちゃんと土手道に上がる階段があった。

26舗装路

振り返るとさっきの県道の橋。

27しばらく走ると

快適な茶色い舗装をしばらく走って、

28この阪急はくぐれる

こちら側(猪名川左岸)の阪急鉄橋は下をくぐれた。そのあと県道606号線の橋の下があやしく、一般道に迂回したが、人家もあるような区域なので普通に走って再び土手道に戻った。

そこから北は自転車から降りることもなく、稲川公園から園田競馬場と順調に道が続いて、猪名川橋まで戻ってきた。中洲一周完了。南の3分の1ほどはサイクリングとは言えないが、子供のころの自転車探検気分が味わいたい人にはいいかもしれない。いつか全周の整備が完了することを期待しておく。

29やきたてい

最後は100円パンによって朝食を調達。最初からそのつもりでサコッシュも持ってきていた。
駐車場にはロードバイクが2台。テラス席で優雅に朝食をしていらっしゃった。こちらは帰ってシャワーしたあとの朝食が楽しみなので、さっさと帰る。

首を痛めて以来、長くて半日程度しか乗らないので、食事とライドが結びつかない。でも連休3日のうち2回乗れた。これでも私としては十分だ。この日のニュースでは梅雨明けを報じていた。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1終点

7月三連休初日は、涼しい朝だった。6時で25度なら申し分ない。このところ朝から暑かったのでとても涼しく感じる。連休中日は天気が崩れるそうなので、走れるうちに走っておく。

写真はおなじみ武庫川サイクリングロード終点。太陽の方を向けているので暗く映っているが、実際はもっと明るい。

最近ほぼ毎週走れているし、体調もまあまあなので、そろそろ山に登りたくなってきていた。しかし気持ちとは関係なく、この朝は最初から右膝に違和感。痛みはないがギクシャクするので、様子見でいつもの武庫川に行く。CR終点まで来て体が温まっても膝がいまいちなので、海釣り公園も鳴尾浜も行かずに引き返す。

2堰堤

そろそろ整骨院で骨盤矯正してもらわないと、またアライメントがずれてきているのだろう。最近関節の軟骨も減っている感じなので、無理はしない。

ということで、帰りはのんびり走っては停まり、写真を撮っていた。

最初から気になっていた左側の雲の層。写真ではわかりにくいが、断崖のようにエッジが立っていて、その割には厚みは大したことない。寒冷前線の雲とも違うし、何にしても雲量は多く天気は明らかに下り坂。

3ハト

ハトと視線が合うと、ポコポコとこちらへ歩いてくる。

「おっさんなんか食いもんあるんか? ないんか? ある?」
「ないっ」
「ふん。しょーもな」去っていく。

そのうちパンの耳とか持って餌やりにこようと何度も思っているが、いまだに果たせず。

4クスノキ

大きなクスノキのところまで来ると、日が当たって緑がきれいだった。

5雲の崖

やはりこの雲が気になる。

7仁川合流

仁川合流。普通に写真を撮ると、こんなふうにちゃんと青空もあって、気持ちのいい朝だ。

8清掃局

クリーンセンター。まだこの時間だとサッカーもやっていない。人がいなければのびのびと走れる。

9市役所前

市役所前。いつもは行きに写真を撮るので、このアングルは珍しい。

10末広公園

末広公園前で堤防に上がる。河川敷の緑色がきれい。やっぱり朝はいい。



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。