ヘルシーラブスターを推奨する理由について 1/3
http://ameblo.jp/fairlady-sp310/entry-12028446805.html
こちらからご覧になれます。
-----------------------------
ヘルシーラブスターはこの2点に於いて、ほぼ完璧な動作を行う飼料です。

栄養素の問題を考えた時、成分表の構成を数値として満たしているか否かばかりを気にかける風潮がありますが、幅広い食性を持つフナ科の魚として問題としなければならないのは、「栄養素の由来」です。
私たち哺乳類と魚類では「代謝」が決定的に異なります。「代謝」とは、食物を摂取した場合、どう分解されて吸収されるのか?という一連の動作を示すものです。
例えば糖分は、哺乳類の場合単糖類を摂取することが最も効率良くエネルギーを獲得する手段であると知られています。これは、哺乳類が持つ消化酵素の働きによります。
しかしながら金魚の場合、最も効率良く摂取出来るのは多糖類になります。彼らは多糖類を分解吸収する消化酵素を多く持ち、単糖類はあまり好みません。代表的な多糖類として、人間には消化できない「セルロース」があり、これは成分表では粗繊維として表記されます。
吸収の良さ=速やかにエネルギー(血糖)となる「糖分」として考えた場合、粗繊維の量を考慮しなければなりません。
また、たんぱく質には植物性のものと動物性のものがあります。この2つの違いは、たんぱく質を構成するアミノ酸の比率の差と分子構造の差です。更に動物性たんぱく質も、由来物質(哺乳類/鳥類/爬虫類/両生類/魚類/軟体動物/節足動物等)によって、アミノ酸比率と分子構造が大きく異なります。この差は、消化・吸収・排泄の速度と腸内細菌叢に大きな影響を与えるので、たんぱく質が何由来であるのかということは極めて重要な要素となります。
野生のフナが活動する水域で摂餌可能なたんぱく質は、甲殻類・昆虫類がメインです。季節によっては両生類の幼生から摂取したり、魚の死体がある際にはついばむこともありますが、日常的に摂取しているものは甲殻類と昆虫類になります。(この2種には多糖類のトレハロースが大量に含有されているので、糖分の補給源としても都合が良いのです)彼らの持つ消化酵素と腸内細菌は、甲殻類・昆虫類をたんぱく源とすることに特化していると言っても過言ではなく、魚肉由来のたんぱく質は消化吸収がしにくいものになります。余談になりますが、甲殻類/昆虫類由来のたんぱく質の消化吸収速度が速いことは人間の健康学でも知られ、近年、良質なエネルギー源を求める層には昆虫食なる商品も発売されております。たんぱく質の由来が何であるかということは、人間の世界でも厳しく取り沙汰される項目でもあります。
ヘルシーラブスターの主原材料に「甲殻類粉末」があり、フィッシュミールではなくこれを主なたんぱく源としていることは金魚にとって非常に好ましく「腸に負担をかけない」構成になります。自然の状態で摂取しているものという着想より、甲殻類や軟体動物に多く含有されているタウリンを配合しております。これらにより、自然界で捕食するものから得られる栄養素のバランスを極力崩さないイメージとして仕上がっております。

腸内細菌叢の保持という点を考慮すると、生菌(バチルス等)の配合を謳う商品が多くありますが、これは全く好ましくはありません。腸内細菌叢には「パターン」はあっても、厳密には一個体一個体の構成は微妙に異なるものであり、それは個々の体質に適合した比率構成となっています。消化・吸収・排泄のサイクルを強化するにはこれらを強化(増量)することが一番良いことであり、他所から生菌を持ち込んで定着を試みることは良いことではありません。持ち込まれた生菌は従来持っている菌相や構成比率をかく乱し、腸内にトラブルを発生させるケースが多々あり、それは中~長期的には斃死リスクを上昇させます。
菌類は原則として、最も好んで捕食するのは「菌類の死骸」です。
この性質を利用し、腸内細菌叢を活性化&改善する手段に「死菌賦活効果」というものがあり、人間の医療の分野でも多く利用される技術です。「死菌賦活効果」には、腸内細菌叢の改善ばかりでなく、人間の場合には小腸の細胞に接触させることで免疫力を急上昇させる効果があり、類似した反応は哺乳類以外でも確認されています。このことは最早人間の医学では「常識」として認識されています。
ヘルシーラブスターの原材料には、乳酸菌・酵母菌・麹菌・納豆粉末(バチルス属納豆菌の芽胞ではなく菌体)を加熱処理し「死菌」化させたものが総重量比23%以上含まれます。(バチルス属の菌類は、芽胞の状態で高い耐熱性を持っているが、活動体の状態である納豆を間歇加熱することで死菌化が可能)これは生菌と異なり、金魚の持つ腸内細菌叢をかく乱せず、元々持っている菌相比率を保持したまま飛躍的に活性化させます。そして、「死菌賦活効果」により、免疫力を向上させ、金魚の体質を根本から改善し、あらゆる疾病にかかりにくい健全なものに導きます。
-----------------------------
3/3に続きます。


ペタしてね