1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月28日

讃岐戦が明けて…

テーマ:ブログ
広報の齊藤です。

讃岐戦、ナイトゲームにもかかわらず、約2,300名の皆さんがPikaraスタジアムまでお越しくださり、勝利することができました!

ホームでの瀬戸大橋ダービーは8月14日。6月26日の勝利で対戦戦績を五分に戻せましたので、8月14日のホーム戦では、勝ち越しを狙いに行きましょう!


讃岐戦終了後、矢島選手、豊川選手はU-23日本代表に合流するためチームを離れました。29日のU-23南アフリカ代表戦が楽しみですね!

そして、その矢島選手が掲載される本が発売となります。

ついに、ファジアーノ岡山(いや、矢島選手ですが…)がananに登場します!すでにHPではご案内いたしましたが、ムック本として販売になります。

撮影中!

取材は少し前になりますが、オール女性スタッフで撮影、取材をしていただきました。女性誌ということで、いつもとは違う矢島選手の表情やインタビューになっている…かもしれません。
7月4日発売予定ですので、ぜひお楽しみに!!

考え中!
↑インタビュー中考える矢島選手。矢島選手自身、普段の雰囲気とは違う取材を楽しんでいた様子でした!


そして、もう一つ撮影していたものが…。

子どもの人権110番のポスターです。登場したのは、押谷選手、加地選手、篠原選手。
良く晴れたとある日の午後、撮影が始まったのですが…。
担当者が「足元まで写真に入るので靴ひも、結んでくださいね!」と言ったところ、最年長の加地選手が「結んで!」と押谷選手、篠原選手に一言。
靴ひも結び中!
↑押谷選手、篠原選手ともに言われた通りに結んでます(笑)。いわゆる体育会系ですね!


そんな波乱(?)のスタートが物語ったように、2人は加地選手のペースに巻き込まれていきます…。
「こんな感じは?」とポーズをとったり(下の写真)、ファジ丸にも「ちゃんとして!」と指示を出したり…(笑)。
人権ポスター撮影中
↑最終的には使用されなかった加地選手考案の撮影ショット。それを見つめるファジ丸…。

押谷選手、篠原選手も「この写真、使う?(笑)」と言いつつ、加地選手の盛り上げもあって自然な感じで撮影ができました。

小中学校やスーパー、金融機関などに掲出される予定です。各所でご覧ください!

人権ポスター撮影中2
↑こんな感じでまじめな(笑)写真も撮っていますよ!実際に使われた写真はまた別の写真ですので、お楽しみに!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月26日

J2第20節 カマタマーレ讃岐戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2016明治安田生命J2リーグ 第20節
6月26日(日)19:03キックオフ @Pikaraスタジアム

カマタマーレ讃岐 0-1 ファジアーノ岡山
前半 0-1
後半 0-0

得点者
30分 赤嶺真吾


◆長澤徹監督
アップの時からスタンドを見たらサポーターがたくさん来てくれていて、人数を聞いたら2,300人ほど来てもらって、アウェイだったがホームもしくは讃岐のサポーターも素晴らしくて中立の所で戦っているような雰囲気を我々のサポーターが作ってくれたので、本当に感謝している。
ゲームの方は、予想していたように激しい戦いが待っていて、球際の体の接点というか当たり合い、それが腰なのか肩なのか色んな所があるが、そういうところを力強くいこうと、それと隙のないゲームをやろうと言って選手を送り出した。そういう点では讃岐の気迫あるチャージに対してしっかり真向に受け止めながら、自分たちのジャッジを狂わせず正確にプレーし続けたのは、すごくこのゲームを見ていて頼もしく思った。
実は昨日のトレーニングで少し非公開にしてセットプレーのところだけやらせてもらい、サポーターの皆さんにそこだけ我慢してもらって、最後のシュート練習の時に来てもらったが、まずそういうサポーター含めクラブのスタッフ含め、そういう協力があったということ。そこで集中してトレーニングできたのが、一つ集中力を高めた要因だと思う。
ただセットプレーから点を取って、やはりもう1点という部分でまだまだファイナルサードのジャッジの部分では問題が残っていて、ああいうところを仕留め切らないとやはり相手は攻勢に出てくるのは当たり前のこと。その中で2・3本入られたが、そこはボックス内の球際を抑えながらゲームを進めるのは、中林を中心にディフェンス陣もしくは戻って矢島とか伊藤とかがディフェンスにしっかり参加して、ボックス内を制覇してプロテクトしたのも一つ進んだところだと思う。
ゲームは勝ったが、この瀬戸大橋ダービーが一昨年から始まってここでようやく追いついた形なので、もう一戦をホームで迎えることになる。今日で2勝2敗1分けで次はホームであるので、その勝負までにしっかり成長してまたしっかり勝点が取れるように精進していきたいと思う。

◆赤嶺真吾選手
アウェイで勝点3がしっかり取れて良かった。
(ゴールは)うまくこぼれてきたので、押し込むだけだった。チームは得点を取っているが、自分はゴールをするチャンスがあるにもかかわらず取れていないのが結果だったので、一つ取れてまた次に繋がる。
今日はたくさんファン、サポーターの方が来てくれてホームのような感じだった。ゴールを決めたことは嬉しいし、もっと多くのゴールを取っていきたい。
まずは次の清水戦で、上位の清水をホームだし、しっかり勝ちたい。

◆矢島慎也選手
無失点だったことは良かった。少しピンチもあったが中林選手を中心に守り切れて、中林選手がいての自分たちの守備だと思っているし、中林選手に感謝している。相手のロングボールで自分たちが跳ね返すところのセカンドボールをうまく拾えればいいなと思いながら、守備をしていた。
セットプレーで点を取れるのは、今のうちの強みだし、流れの中でもいいチャンスは作っているが得点は取れていないので、そこは練習をするしかないし、あとはチャンスを生み出したい。
(29日の)U-23日本代表戦ではオリンピック代表の発表も近いし、アピールするためにも出たら全力でプレーしたい。どこのポジションで出るか分からないが、たぶん攻撃的なところで出ると思うので、点に絡んでいきたい。

◆中林洋次選手
振り返ってもなかなか思い出せないくらい完封試合がなかったので、嬉しい。
何本か相手にチャンスがあったが、今日はよく手が出た。前半のピンチのシーンは完全に裏を取られてしまったので、あそこを狙ってるのは何回かあった中で、ディフェンスとコミュニケーションを取りながらやるべきだったと思う。あのプレーで、自分が乗れたということはあったと思う。
なかなか1点リードして追われる立場でうまく試合を終わらせることができない状況であることは反省点だし、もっとリードしているからこそ優位に運べることをチームとしてやっていけるのが理想だが、こういう耐える時間、耐えなきゃいけない試合で今日はゼロに抑えられたことは大きいし、監督も「1歩前進」と言われていたが、こういうのを1個1個自信にしていけたらと思う。
次の清水戦はホームでできるので、そこで皆さんにしっかり勝っている姿を見せられるようにしたい。清水はJ1から降格してきたチームでタレントは豊富なので、上位対決ということも含め、気持ちの持って行き方をしっかりしたい。

讃岐戦

赤嶺選手讃岐戦
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月24日

瀬戸大橋ダービーです!

テーマ:ブログ
広報の齊藤です。

週末に向かうにつれて、練習場の周りがザワザワしてきました…。
そう!今週は瀬戸大橋ダービー!!!
訪問先の企業で、食事に立ち寄ったお店で…色んなところで「讃岐にだけは負けちゃいけん!」とスタッフも叱咤激励をいただいております。

過去のカマタマーレ讃岐との対戦戦績は、ご存じのとおり、1勝1分2敗。まずは日曜日の試合を勝って、五分に戻さなくてはなりません。

過去3得点を挙げ、ダービー男とも呼ばれる押谷選手は「アウェイにも岡山からたくさん来てくれて、力になるし、気持ちも高まる。スタジアムも盛り上がるので、盛り上がったまま皆さんに帰ってもらえるようにしたい!」と話していました!
2014讃岐戦での押谷選手
↑2014年ホームでのダービーでゴールを決めた押谷選手。

ぜひPikaraスタジアムをファジレッドに染めて、ともに戦いましょう!

ちなみに、19日に行われた前哨戦(?)ともいえるファジアーノ岡山U-18vs.カマタマーレ讃岐U-18のトレーニングマッチ(45分×3本)は、3-0で勝利したことをお伝えしておきます!


その讃岐戦の前日に放送となる25日(土)の「スポeもん」内のファジスタでは、先日200試合出場を達成した竹田選手のインタビューが放送されます!堀アナウンサーの愛情がたっぷり詰まった手作りフリップにもご注目ください!

スポeもん中
↑放送内のBGMも竹田選手のお気に入りの音楽にしてくださったそうです!そちらもお楽しみに!

では皆さん!日曜日はPikaraスタジアムで、そしてテレビ、オンデマンドの前でお会いしましょう!
AD
2016年06月20日

J2第19節 ツエーゲン金沢戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2016明治安田生命J2リーグ 第19節
6月20日(月)19:03キックオフ @石川県西部緑地公園陸上競技場

ツエーゲン金沢 1-1 ファジアーノ岡山
前半 0-0
後半 1-1

得点者
46分 山﨑雅人(金沢)
70分 押谷祐樹


◆長澤徹監督
平日にもかかわらずサポーターの皆さまが応援に来てくれて、非常に感謝している。選手にも言っているが、こういう平日に来てくれるというのは、我々のためにすべてを捧げてくれるサポーターの方が来てくれている訳で、その人たちにいつものように何とか誇りを持って帰ってもらおうと送り出した。いつも本当に感謝している。
ゲームの方は、金沢のロングボールからセカンドに入ってきてとか、本当に徹底した戦術に対して非常に粘り強く戦っていたと思う。ただ我々としてはそういう部分をやはりきちっと上回っていくという意味では、後半最初の失点は全体で猛省しないといけない。粘り強く戦っていた分、何ともない競ってからのこぼれという部分を反応しきれなかったことに関しては、二度と無いようにいい薬として今回しっかり学んで次に進んでいきたい。
徹底した戦術とか勝点のためになりふり構わずくる相手を、今までだったらこういうゲームで先に点を取られたらそのまま敗れるのが今までだったが、一瞬だが矢島がリスクを冒してワイドに2枚いることを確かめて内側に打ち込んだパススピード1本で押谷が抜け出てPKという部分は、相手を外して動き出したところを見逃さなかったプラス周りが的を絞らせないように動き出していた部分に関して、一瞬だけは評価しても良いと思う。
ただやはりこういうゲームを上回りたい。そういう意味ではまだまだ我々には課題がある訳で、しっかりとこういう部分をみんなで反省して、最終的にはこういうゲームを勝ち抜けるようなチームに成長していければと思う。

◆押谷祐樹選手
相手に引かれてブロックを組まれた時に、やっぱり点を取れないというのは今年も課題だと思うし、コーナーキックは多かったのでそういうチャンスで決め切れば流れが変わったという部分はあった。
矢島選手が良いボールをくれて、トラップがしっかりできていればそのままゴールに行けるボールをくれていたので、そしたら矢島選手にもアシストが付いて喜んでいたと思う。ちょっとトラップミスしたけどキーパーが出てきたのが分かったので、どうすることもできないなと思ってうまくPKに持っていけたと思う。
今年の自分のPKは取れそうで取れないというPKになっているが、入れば一緒なのでいいかなと思う。
(次節の)讃岐は去年も勝ち越せていないので、今年こそ勝ち越したい相手だし、ダービーということで難しい試合に毎試合なっているので、絶対にそうなると思うけど何とか乗り切って勝っていきたいと思う。

◆矢島慎也選手
(PK獲得となった)スルーパスは、スピードもコースも良かったと思う。点に繫がったことは良かった。
(勝点1については)最低限取れて、追い付けたことは良かった。でもどんな試合でも自分たちが目指す目標に関して言えば、勝ちしか求められていない状況で、こういう試合を勝ちに持っていけないと上で戦っていくのは難しくなると思う。
(次戦に向けて)今日はボランチのところで不用意な位置でボールを取られているシーンがあったので、それはなくしたい。ノーミスで試合を終えたいので、ああいうシーンは自分でキープするのか、味方を使うのかという判断をしっかりしたいと今日は一番思った。
あとは片山選手のところが空くシーンが多かったけど気付くのが遅くて、もう少し自分のところから対角にロングボールとか合わせていけば、そこを入れ始めたら相手は広がってきて、間のスルーパスも生きてくるので、気が付くのが遅かった。あれを前半からやりたかった。

◆岩政大樹選手
謙虚に考える必要があって、J2のチームはそんなに差はないし、勝点はきちんと積み上がっている。
今日は相手のリズムに対してチャレンジのパスを出す選手が限られていて、寄せて来ないからといって、ボールは繋げるが繋ぐことが目的ではなくてリズムというか、自分たちで取りに行くリズムというか、今年は後半の得点は多いが、前半は様子を見ているような自分たちで相手をコントロールしようという思いが強すぎるかなと思う。昨年には無かったことなのでいいことではあるが、もっとアグレッシブにいかないと自動昇格を考えるのであれば、相手を圧倒できるようなチームでないと2位以上なんてものにはなれない。それだけの勝点を取るためには、90分を通して相手を圧倒するということにまず力を注ぐべきだと思う。
プレーオフ圏内を目指すのであればこの戦いでいいのだろうが、勝点数は毎シーズンほぼ決まっていて6位以内は60くらいで、その勝点は今の戦い方で十分取れると思うが、昇格を目指すのであれば、プレーオフでも上の方の順位でなければいけないし、自動昇格となれば70、80と取っていかないといけない訳で、42試合で計算していけば勝点1では駄目なわけで、勝点3を毎試合取る戦いというと、やっぱり相手をある程度圧倒してチャンスを多く作ってということに舵を切っていかなくてはいけないところで、そこはまだまだ足りないところ。
シーズンは半分しか終わっていないし、チームも個人も成長していかなくてはならない。成長していく選手に引っ張られる選手が増えていかないとチームの勝点は積み上がっていかない。自分の殻をどんどん破っていかないと、今まで僕たちはJ2にいた選手たちだから、J1なんてそんな簡単ではない。ここから上に上がっていくのであれば、自分の常識をどんどん打ち破ってどんどん伸びる選手が出てこないと届く訳がない。そういうものは結果が出てから届く訳ではない。自分たちでどう殻を破っていくのかというところで、昨年からの殻は一つ破っていると思うが、後半戦に向けてもう一つ先に進んでいくのか、ここで終わってしまうのかというところに、どうそれぞれが挑戦していくのかだと思う。

アウェイ金沢戦
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月19日

ファジアーノ号、出発準備中!

テーマ:ブログ
こんにちは!
スポンサー営業の森井です。

アウェイの金沢戦の前日ですが、今回はいよいよ一週間後に迫った瀬戸大橋ダービーで運行する特別列車「ファジアーノ号」についてです!

3年目となる瀬戸大橋ダービー。
今年の試合当日もJR西日本様ご協力のもと、丸亀行きの特別臨時列車「ファジアーノ号」が運行されます。
そんな「ファジアーノ号」のツアーの中身を一部ご紹介します。

まずは岡山駅の電光掲示板に「ファジアーノ号」の表示が、、!


そして特別臨時列車のヘッドマークには毎年オリジナルデザインをご用意いただいております!
2014年はこちら。


そして、2015年はこちら。


今年のデザインは当日のお楽しみとなっております!

さらに車内には当日限定の中吊り広告!
2014年と


2015年。


今年のデザインは選手も登場し、よりかっこいいデザインに仕上がっているようです!
(ちなみに車内企画として、中吊りポスターに選手がサインしたものを、抽選で選ばれた参加者の方にお渡ししますのでこちらもお楽しみに!)


その他、車内ではJR西日本のマスコット「イコちゃん」が登場したり、なんと選手の特別メッセージを放送したりとイベント盛りだくさん。


また、ファジアーノ号への乗客の皆さまにはJR西日本×ファジアーノコラボメモパッドをもれなくプレゼント!


締め切り直前ですが、まだお申し込みは間に合いますので、ご興味をお持ちの方は下記ご参照の上、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
(詳しくはこちらから)

まずは明日の金沢戦、そして翌週に迫る瀬戸大橋ダービーを、皆さまとともに盛り上げてまいりたいと思っております!
引き続き、熱いご声援をどうぞよろしくお願いいたします!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月18日

時は巡って…。

テーマ:ブログ
広報の齊藤です。

6月の3連戦を3連勝で乗り切ることができました!!!後押しくださったすべての皆さま、ありがとうございます!!
約24時間の首位でしたが、「終わったときにどこにいるかが大事」と選手たちは口々に話します。まずは次の一戦に向けて、ともに戦いましょう!

松本戦では、竹田忠嗣選手がJリーグ200試合出場を達成しました。6月8日のアウェイ徳島戦で200試合出場を達成した押谷選手とともに、試合開始前にセレモニーがありました。
200試合おめでとう!

今回花束を贈呈したのはU-18の羽村選手と西林選手。
実は竹田選手が100試合出場達成セレモニーを行った時のプレゼンターは…当時はU-18の選手だった加藤健人選手と板野圭竜選手でした!!

竹田選手100試合
↑加藤選手(右)と板野選手(左)。

まだ幼さの残る二人。時は巡って、今は竹田選手と同じプロサッカー選手です。
今回竹田選手、押谷選手に花束を渡した2選手も、いつか同じピッチにいる…なんてことになったら素敵ですよね。

ところで、選手がもらったこのお花、どうしているのかな…と思ったことありませんか?
毎回素敵なアレンジをしてくださっているので、とてもきれいですし、あのような花束、日常生活でなかなかもらうことってありませんよね。
そこで、聞いてみました!竹田選手、押谷選手ともに当日持って帰ったのですが…。
竹田選手は自宅に飾っているそうです。押谷選手はオフの日に外出する予定があったので、花が枯れないように椎名選手(の奥様)にプレゼントしたそうですよ。

時々、「クラブで飾って!」と事務所に持ってきてくれる選手もいます。その時は花瓶に活けて大切に飾っています。選手が弛まぬ努力をしたからこそ、ここにあるお花。なんだか見るたびに身が引き締まる思いです。

さて、今度の試合はアウェイでのツエーゲン金沢戦!イレギュラーに20日(月)の開催です。
対戦戦績は0勝2分0敗。昨シーズン、J2に昇格した金沢ですので、まだ対戦は2回のみ。いずれも引き分けなので、ここは白黒つけなくてはなりません!(もちろん白の方で!!!)

金沢とは日本三名園の繋がりもあり、「アラウンド・ザ・日本三名園」を水戸とともに実施しています。このアウェイの金沢戦でも実施されるのですが、金沢市より、当日ご来場くださった岡山の皆さんには『ぱっきん箸』が先着333名様にプレゼントされるとのことです!

その金沢戦の前には、NHK「もぎたて!」内のもぎファジをチェックしてくださいね!
松本戦で2013シーズン以来のゴールを決めた澤口選手が登場ですよ!お見逃しなく!

澤口選手ナイスゴール!
↑押谷選手と伊藤選手の嬉しそうな顔!澤口選手のゴールがCスタをさらに一つにしてくれましたね!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月12日

J2第18節 松本山雅FC戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2016明治安田生命J2リーグ 第18節
6月12日(日)19:03キックオフ @シティライトスタジアム

ファジアーノ岡山 2-1 松本山雅FC
前半 1-0
後半 1-1

得点者
45+4分 矢島慎也
57分 澤口雅彦
73分 高崎寛之(松本)


◆長澤徹監督
雨の中だったが、たくさんのサポーターが背中を押してくれて本当に心強かった。選手にはミーティングの時に、足を運んでくださったサポーターや子どもたちも居たと思うが、しっかりと岡山という誇りを持って家路に着いてもらうことを目標に、今日のゲームに臨んでいった。少しながらでもそれが出来たのは、選手たちがよくやったからだと思う。
ゲームの方は、松本は規律がすごく正しいチームで、その規律に対してしっかり制限をかけながら自分たちのオープンプレーを時間経過と共にどう連動させて勝負していくかがポイントだった。
結果的には2対1というスコアだったが、後半が始まってからのチャンスを含めていくつか決定的なチャンスを作っていったが、決め切らないとサッカーの法則で厳しいゲームにはなるけど、今の我々はまだ成長過程なのでそれをきっちり決め切って横綱相撲と持っていきたいところだが、そうではないので今日も選手には基本的なゲームプランはアディショナルタイムだぞと伝えていた。その通りにならなくてもいいが、今はそういう状況なのでアディショナルタイムまで持っていって守り抜くというゲーム展開になった。
そういう中でもきちっと狙い通りのプレーとチャンスを作り出していたので、少しずつではあるが前進しているのかなと思う。ただ、まだ道半ば、半分も過ぎていない。今節や次の節でシーズンが終了するのであれば喜んでいいが、そうではなく次からアウェイ2連戦、非常に厳しい戦いが待っている。3連戦やって本当に選手たちは死力を尽くしてくれたので、まずはリカバリーして次のアウェイ金沢戦、その次に讃岐戦が待っている。そこに向けてまた自分たちが前進できるように精進していきたいと思う。

◆澤口雅彦選手
非常に勝ちたいゲームで勝って良かった。松本には大学の同期もいて、J1に先に行って悔しい思いもあったので、そういった意味でも気合が入っていた。
(得点シーンは)ボールが良かったので、うまく相手を外すことができた。ゴールの感触は良かったがその後失点したので、そこは自分の中で悔しい気持ちがある。
得点は僕も興奮して、思わずガッツポーズをしてしまった。得点よりも勝てたことが非常に嬉しい。連勝は上に行くうえで必要だが、意識せず次の1試合に向けてやるだけ。
(様々なポジションで出場していますが?)自分自身はどのポジションでも毎回持っている力を発揮するだけなので、いい準備をするだけだと思っている。
次も勝たなければいけないゲームなので、何としても勝ちたい。

◆矢島慎也選手
(PKは)押谷選手が蹴りたいかなと思って、じゃんけんしようかなと思ったが、譲ってくれたので蹴った。キーパーを見て蹴っているので、逆に蹴った。
ゲーム展開的にハードだと見られがちだが、自分のところでミドルシュートで何点か決めていれば試合展開が違ったかなと思う。いいプレーより悪いプレーの方が自分には印象が強すぎて、納得はできていない。自分のところで決められるチャンスが何試合かあって決められてないので、決めたい。
(3連勝は)苦しみながら勝ってどんどんチームとして成長しているのは感じるが、さらに上に行くためには決めるところを自分が決めていればというのがあるので、ミドルシュートの精度とかを上げたい。先を見ないで1つ1つ戦っている感じがあるので、それがいいと思う。
(次戦に向けて)しっかり休んで100%で行けるようにしたい。

◆竹田忠嗣選手
今回の3連戦で最後の松本戦に連勝で乗り込みたいということで、それが実現できて準備してきたが、それを3連勝に繋げられたことは自信にしていいかなと思う。
僕たちが目指す場所に行くためには、今日は勝たなくてはいけなかったし、まだまだ半分も終わってないので満足することなく、自分たちで準備することをしっかりして行かないといけない。
(200試合出場は)一つ節目ということで、50試合、100試合、150試合、そして今回200試合と毎回色んな思い入れがあってこれまで歩んできた道を振り返るタイミングになる試合だったが、今日は対戦相手に喜山選手や石原選手がいて感慨深い試合だった。
一人ひとりの判断やプレーの責任は長い間チームにいる中で、選手たちの能力も含めて今年は一番高いと思うし、どんどん強い集団になっていることを僕自身実感しているので、それを結果として繋げるために自分自身ができることをやり続けることが大事だと思っている。
今日も200試合に出場できて、ファジアーノ岡山というチームにかかわってくれた人に感謝している。次の300試合を迎えることが目標だし、上のステージに行く1年にしたい。

松本戦

澤口選手
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月10日

曇、最高気温29度!(の予報!)

テーマ:ブログ
徳島戦、やりました!
平日にも関わらず、約400名の皆さまが徳島までご来場くださいまして、誠にありがとうございました。最後、ドキドキしましたが、監督も話していた通り、全ての皆さんの力で凌ぎ、勝つことができました!次もよろしくお願いします!

連戦は試合があっという間に来ますね。早速、松本戦のお話、いきましょう!

過去の対戦戦績は3勝1分2敗。ホームでは2勝1分0敗で負けなしです。現在2位の松本と、3位のファジアーノとは順位も勝点も1差。これは負けられないですね!

松本戦の試合前には、押谷選手のJリーグ通算200試合出場のセレモニーが行われます。徳島戦で達成したのですが、200試合出場達成の試合でゴールを決めるなんて、カッコ良すぎますよね!
セレモニーの時には、押谷選手に温かい拍手と声援をお願いいたします。

そして、この松本戦では、2016年最初のカードフェスタを実施します!

3パックお買い上げごとに空くじなしのスピードくじにチャレンジできるのですが、先日の練習終了後に選手たちがその賞品にサインを入れました!カードにサインを書きながら「これ、もらえないの!?」と選手たちが話すほど、かっこいいカードがいっぱいです!
サイン中林選手
↑練習終了後にサインを書く中林選手。左利きなんですね!

サイン豊川選手
↑実は前日、サインをすることを忘れて帰った豊川選手。この日は忘れませんでした!

今回の1等には選手提供グッズがあるのですが…担当者は頑張りましたよ!
加地選手と岩政選手からスパイク(使用済み)をいただいたようです!!!

担当者が加地選手に「何かいただけませんか…?」と聞いたところ、その場で「じゃぁこれを」とスパイクをくれたようです。岩政選手は、わざわざ自宅から持ってきてくれました!!
いずれもサイン入りですよ!ぜひくじにチャレンジして、当ててくださいね!
加地選手とスパイク
↑加地選手が提供してくれたスパイクです!

11日(土)のスカパー!「Jリーグマッチデーハイライト」(21:00~22:30)内で翌日の試合の見所を話すコーナーにて、岩政選手のインタビューが放送される予定です。片山選手、矢島選手のインタビューもありますので、お楽しみに!

加地選手は、本日10日(金)深夜のユタンポに登場予定です。

さぁ!タイトルにもしましたが、松本戦の天気予報(気象庁)も雨マークは消え、曇に変わりました!最高気温も29度!夜には多少気温が落ちるでしょうから、サッカー観戦にはちょうど良い気温になりそうです。

お誘いプロジェクトもありますし、皆さんお誘いあわせの上、Cスタへお越しください!
松本山雅FC戦は12日(日)19時キックオフです!
2016年06月08日

J2第17節 徳島ヴォルティス戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2016明治安田生命J2リーグ 第17節
6月8日(水)19:04キックオフ @鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

徳島ヴォルティス 2-3 ファジアーノ岡山
前半 1-2
後半 1-1

得点者
20分 佐藤晃大(徳島)
30分 竹田忠嗣
39分 伊藤大介
67分 押谷祐樹
78分 渡大生(徳島)


◆長澤徹監督
岡山からサポーターが400人近く来ていただいたと聞いた。今日の夜、通行止めがあるが、そういうことも踏まえて足を運んでくれて感謝している。また、試合に入る前にこの勝負は必ずアディショナルタイムまでもつれ込むと断言したが、本当にアディショナルタイムまで手に汗握るゲームになった。そこを耐え抜いた形になったが、それを耐えさせてくれたのは間違いなくサポーターの力だと思っている。本当に感謝している。
ゲームの方は、入り方が少し硬い部分はあったが、徐々にボールコントロールをしながらゲームをコントロールしながらゲームに慣れてきたところで、コーナーキックからのカウンターをひとつ食らったところからスタートした。ただ(ピッチの)中ではそんなに慌てた様子もなく、ゲームをしっかり流していこうということで、自分たちのプレーをしながらセットプレーで追い付き、左サイドを突破してクロスから取るという形で逆転に成功した。ただそこから何度かチャンスもあったし、ジャッジの部分でもう少しアジャストしていかないと、あそこでゲームを仕留め切れなかったのが後々すごく難しい局面に追い込んだひとつの要因でもあると思う。
後半に入って相手も当然攻勢に出てくるわけで、その中でゲームをやりながら一瞬の隙を突いて次の1点が勝負になるとハーフタイムで繰り返し言ったが、その1点を押谷がしっかり押し込んだところまでは良かった。そこからやはりリードした時のワンプレー、ワンプレーのジャッジがもう少し適切というか、少し余裕があり過ぎたような状況判断がいくつか重なった部分が反省点だと思う。その辺はしっかり修正していきたい。
終盤にもつれ込む展開になったが、別に狙っていたわけではないが、あそこを全員で耐え抜くということがどうしてもシーズンを通して進んで行くためには必要だったので、本当にあそこを身を挺して全体で球際の部分を一歩でもあさりながら勝利を掴んだというのは、チームの成長という意味で今日の最後の耐え方は非常に大きかった。
また3日してホームで松本戦があるので、しっかり頭を切り替えて松本にチャレンジしていきたいと思う。

◆伊藤大介選手
苦しい試合だったが、勝点3が取れて良かった。
(得点は)逆転したい思いで、枠に蹴り込もうと思って打ったら入った。
(後半は苦しい時間もありましたが?)すべてうちの時間になるとは思っていなかったので、ああいう耐える時間もあると思っていた。みんなで耐えられたのは良かったが、2点リードしてからのゲーム運びには課題が残ったが、みんなで守り切る一体感は次に繋げていきたい。
苦しい時間帯は絶対来るし、そこをいかに凌いで、自分たちのリズムに持って来るかがサッカーは大事だと思うので、ああいう時間を凌いで、前半も苦しい時間があったけど凌いで逆転にまで持っていけたので、苦しい時をみんなで分かって凌いで、また自分たちの時間にできたことは良かった。

◆押谷祐樹選手
先制される難しい状況だったが、うまく前半のうちに2点取れて逆転でき、2点目を入れられたけどみんなで守り切れて良かった。
(得点は)片山選手にボールが入る時に、片山選手は体が強いので落としてくれるかなと思って、そこにうまく走り込めたのが良かった。
(通算200試合出場ですが?)それは特別な思いというか意識しているところもあったので、今日は点を取りたい意識も強かった。前半は惜しいのを外してしまったので、後半こそ入れたいという気持ちが強かった。
(松本戦に向けて)2連勝していい形で連戦の最後をできるので、前回2連勝した時に3連勝できなかったので、次に繋げていきたい。

◆竹田忠嗣選手
試合前からミーティングでアディショナルタイムまでもつれる準備ができていたので、最後凌いで勝点3を取ることができて良かった。3-1になった時に、あそこで1点を拾わせないことができれば、うまく試合を仕上げることができたのかなという印象。
次はホームで試合なので、サポーターの声援を味方に戦いたい。

伊藤選手徳島

押谷選手A徳島
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月07日

すぐに次はやってくる!

テーマ:ブログ
広報の齊藤です。

熊本戦は雨となってしまいましたが、お越しくださった皆さま、ありがとうございました。
お仕事などで残念ながら来ることができなかった方、気持ち届きました!
ナイスゴール!
↑ホーム2戦連続ヒーローの田中奏一選手!

熊本戦では、復興支援として熊本物産販売や、売り上げの一部を寄付するファジフーズの復興応援メニューの販売などを実施しました。いずれも皆さまのお気持ちによって完売の商品が大多数出るなど、多くの皆さまにご協力いただきました。ありがとうございました。

ご来場いただいた皆さん、この日はある動物が多くいたことにお気づきでしょうか!?動物と言っては怒られるかもしれませんが…。
熊本戦!

そうです!『くま』です!
左からよう太、さん太(山陽新聞キャラクター)、くまなく(JR西日本岡山支社 吉備の国くまなく旅し隊の隊長)。そして写真にはいませんが、くまモン。対戦相手は熊本…。
本当に偶然なんですが、『くま』づいた1日でした。
ちなみにさん太は、よう太のお父さん。くまなくの横にいるたびにゃんは、くまなく旅し隊の副隊長です。くまなくはファジステージでダンスも見せてくれました!

時々、こんなファジ丸のお友達も試合に来てくれますので、お楽しみに!


さて、今週は連戦です。そのためチームは休みなく、熊本戦の翌日から練習に励んでいます。そんな熱のこもった練習を行っている政田サッカー場に、こんなものが突然現れました…。

トマト

…トマトですね(笑)!選手が水や時には氷もあげたり(いいのかどうかわかりませんが…)すくすく育っているようです。熊本戦前に見た時は、真っ赤なトマトがなっていたので、だれか食べたのかもしれません…。そういえば、「もう少しで食べごろだな!」と、誰かがつぶやいていました…。
種などが飛ぶと芝の成長に影響があるので、植物は増やせませんが、外に出てひなたぼっこをしているこのトマトがなんだか和ませてくれる気がします。

さぁ!徳島戦です!
過去の対戦戦績は6勝2分5敗。アウェイでは3勝1分3敗と五分です。PRIDE OF 中四国の一戦ともなるため、岡山の威信をかけて、負けられません!連戦ですが、多くの皆さまとともに戦って勝利をつかみたいと思います!

徳島までお越しくださる皆さま、帰りは通行止めの箇所もありますので、お気を付けくださいね!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。