神奈川県は1日、屋内の喫煙を規制する受動喫煙防止条例を施行した。国の健康増進法が禁煙や分煙を努力義務としているのに対し、条例は対象施設は限定するものの罰則がある。県によると、同様の条例は他自治体では例がなく、全国初の取り組みという。
 県は、禁煙を義務付ける「第1種施設」に、学校、病院、劇場、映画館、金融機関、福祉施設など公共性の高い建物を指定。これらの1種施設では同日から、条例に違反した場合、施設管理者に2万円、喫煙した個人に2000円の罰金を科す。
 施設管理者への罰則は(1)禁煙措置を取らず、入場者などに自由に喫煙させている(2)灰皿などの設備を撤去していない(3)県が定める「禁煙」と書かれたステッカーを表示していない-などの場合に適用される。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
国会、議員会館の全面禁煙を=超党派議連が要望
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定
阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で
海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ

自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)
加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)
複数擁立に不満=民主・福山氏(時事通信)
<相模原市>全国19番目の政令市に 神奈川県で三つ目(毎日新聞)
金星探査機 「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
AD