陸上自衛隊は26日、那覇市に本部を置く第1混成団を第15旅団に改編した。軍備力を増強する中国を念頭に置いた南西諸島の防衛力強化が狙い。定員を約300人増の約2100人とし、中核となる普通科連隊のほか、偵察隊、化学防護隊などを新編した。
 第1混成団の旅団化は、1995年策定の防衛計画の大綱に盛り込まれた陸自改革の一環。北海道などの4師団を旅団に縮小し、沖縄、香川両県の混成団を旅団化する計画で、今回の改編で全国5方面隊の部隊は9師団6旅団体制となる。 

<地下銀行営業容疑>韓国籍の女3人再逮捕 埼玉県警(毎日新聞)
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?(産経新聞)
鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
AD