障害者団体向け割引郵便制度の悪用をめぐる障害者団体証明書偽造事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の初公判が27日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。村木被告は罪状認否で「私は無罪です。部下に指示した事実は一切ありません。一切犯行にかかわっていません」と述べ、起訴内容を全面否認した。

 最大の争点は、村木被告が部下だった元係長、上村勉被告(40)に証明書偽造を指示したか否か。弁護側は、捜査段階で村木被告の指示を認めていた上村被告が現在、単独犯行を主張しているとしており、証人尋問などで双方の激しい争いが予想される。

 検察側は冒頭陳述で、実体のない障害者団体「凛(りん)の会」会長で民主党参院議員の元秘書、倉沢邦夫被告(74)=公判中=が議員の口添えを得て厚労省元部長に証明書発行を依頼し、元部長が村木被告に便宜を指示したと主張。その上で「村木被告は少し考え込んだものの、議員案件だったので了承し、上村被告に早急に証明書を作るように指示した」と事件の構図を示した。

 一方、弁護側は「証明書の不正発行をしてまでも国会議員の機嫌をとらなければならない事情はない」と強調。村木被告と倉沢被告の手帳に2人の面会記録がないことや、証明書の作成時間が検察側の主張と整合しないとして、「検察の作り上げたストーリーは支離滅裂で破綻(はたん)している」と述べた。

 起訴状によると、村木被告は障害保健福祉部企画課長だった平成16年6月、倉沢被告や上村被告と共謀し、障害者団体としての実体のない「凛の会」が割引郵便制度の適用を受けるために必要な証明書を上村被告に偽造させたとされる。

【関連記事】
村木元局長はクロかシロか? 検察、弁護双方が自信深める理由は
郵便不正などで赤字拡大 ウイルコの09年10月期決算
村木被告「なんでこんなことが」 郵便不正事件
「議員案件でルール無視は幻想」 郵便不正事件
村木被告が会見「記録も記憶にもない」 郵便不正事件

雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)
小沢幹事長の続投支持=鳩山首相(時事通信)
「だまされたふり」で摘発強化=2月に振り込め撲滅月間-警視庁(時事通信)
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果(産経新聞)
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
AD