自民党の浜田靖一国会対策筆頭副委員長は20日午前の記者会見で、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の被害拡大をめぐる赤松農相に対する不信任決議案について、「きょうの(衆院本会議での)答弁などを勘案しながら考えていく。当然検討に値する」と述べ、国会への提出を目指す考えを明らかにした。

 また、社民党の重野幹事長は20日午前の記者会見で、「口蹄疫」の被害拡大について、「初動対応に遅れはあったんだろう。農水省の初動対策、対応に不十分さがあったということになれば、責任はとらないといけない」と述べ、赤松農相の責任に言及した。

<三社祭>「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)
清水の舞台で“融合”「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(産経新聞)
HSUPA方式の携帯電話、ペースメーカーに影響せず(医療介護CBニュース)
AD

コメント(1)