12日午前6時10分ごろ、愛知県刈谷市のトヨタ車体富士松工場から「男性が乗用車の中で死亡している」と119番通報があった。県警刈谷署が調べたところ、稼働前の生産ライン上の車の中で男性が死亡していた。

 車の窓ガラスには「硫化水素充満中」と張り紙があり、消防が調べたところ車内から硫化水素が検出された。近くに遺書があったことから、刈谷署は自殺とみている。男性は40代の同工場に勤務する期間従業員。

 影響でラインは約4時間停止した。同工場はトヨタ自動車の人気車種「新型プリウス」の生産拠点の一つ。【山口知】

【関連ニュース】
ネットカフェ:男性自殺 硫化水素検知し140人避難
自殺か:全焼の乗用車から警視の遺体 奈良
首つり死:二所ノ関部屋マネジャー、自殺か 大阪・茨木
女性遺体:80代姉妹が焼身自殺か…大阪・大東
自殺か:名古屋港で軽乗用車が海へ 車内の男性会社員死亡

【風】利用者本位の制度に(産経新聞)
オノで妻の頭を…八王子の67歳、殺人容疑で逮捕(産経新聞)
<火災>倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明(毎日新聞)
<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
龍馬も香りをかいだ?グラバーのラン販売へ(読売新聞)
AD