最近のドラえもんについて

テーマ:

土曜日、病気療養という建前上

家でごろごろしていると、

子供の相手をせざるをえなかったりした。


HDDに適当にとってあったドラえもんを一緒に見ることに。

(HDDって本当に便利ですね。ビデオだと全然録画しなかったのに

最近はちょっとした番組を録画してしまう)



声優人が代わったこと以外にもなんとなく

自分が見ていた20年前よりは現代風にアレンジされているような気がする。


 ・しずかちゃんが昔より若干活発風味になっている。

 ・のび太がへたれなわりに、結構強気になったりする。(逆切れ風味というか)

 ・のび太のお父さんの存在感、小さすぎ。

 ・最後にちょっと泣かせるストーリー展開が多い(ドラマ仕立て具合が強い)

 などなど…


全て些細なことなんだけど、なんかちょっとずつ変わるもんだなあと思いながら

見ていた。


ところが、20数年の時を越えても変わらない

永遠の名セリフがスネ夫から放たれる。


「のび太のくせに生意気だ!!」


これは史上最強のコトバですよ。

理由が「のび太だから」なんですから。


昔の漫画とかって今思えば

いろいろと酷い描写があったのかなあなんて思う。



でも、ほのぼのしているんだから

20数年たってもドラえもんはたいしたもんだ。




3歳になった娘と映画館までドラえもんを見に行こうかと思っています。

娘にとっては、初めての映画館。

いい思い出になればと思います。

AD

子供というのは

テーマ:

大晦日、元旦と嫁の実家で過ごしました。


嫁の妹家族も来ていて、

大人6人、子供4人、総勢10人で

にぎやかでてんやわんやだったのですが。


子供。

どうして食事の途中であんなに落ち着かないんでしょうか。

少し切れかけてしまいましたが、

嫁にたしなめられたり。


そういう、嫁も切れぎみでした。

こらえていたのが良くわかる。



最近は褒める教育が主流、

と本で読んだこともあったので

怒るのは控えるようにしているところがあるのですが、、、、



食事中にすぐ歩き回ったり、

食べ物で遊びだしたり、、


いってわかるのか!?本当に。



ものすごく自問自答していました。

おしりぺんぺん的なことをしないとわかんないんじゃないかなあ、3歳児。


この辺のしつけは今年のテーマになりそうです。

「ならぬものはならぬこと」をしっかり教えなくてはいけないような。


だから、眠くなりがちですが、

「武士道」を早く読まなくては、というところに落ち着きました。

AD

モノはいいよう

テーマ:

モノゴトの解釈というのは難しい。

モノはいいようである。


今の自分の環境は特に思う。

一度管理職になり、最近は特命で実務にもどっているので

両方の言い分がわかったりする。うっとうしい。


たとえばノルマ設定。

高い目標設定は大切。

ただ、無茶な設定は誰でも言える。

「それをどうするか考えろ!!」というのが

教育とう考え方もある。

だからといって根拠なき無茶振りはついていきようがない。

ただ、結構日本人は頑張ってノルマ達成しようとするから、

叱咤叱咤叱咤!!!!の経営者の評価が高かったりする。


非常に紙一重。


後者が強まると、

第二次大戦に突っ込んでいく日本みたいになる。



いま、うちの会社、職場、そんな感じ。

AD

サッカーに詳しいわけではないけれど

Jリーグは開幕戦のマイヤーのゴールから結構見てきた。



AFCでレッズが優勝したときも

「あのJ2にまで落ちた浦和がなあ」と歴史を感じてみたりした。

福田の涙のが印象的だったりする。



地域密着を掲げたJリーグが15年目においては

着実に根付きつつあるのだと思う。

浦和でのインタビューではおじさん・おばさんがレッズの話を

楽しそうにしているのが印象的だった。

移籍してきた大物選手(たとえば阿部とか)がきちんと馴染んで

一方で岡野みたいな選手も愛されていて

本当にいいクラブだと思う。


何がいいって、一体感があるから楽しいんだと思う。



地方にはイベントが少ないという話につながるけど、

サッカーは地方に夢を与えれる気がする。

プロ野球は仕組みがどうしても硬直的だけど、

サッカーは仕組みを微妙に柔軟に変えながら

うまくJ1、J2、JFLのピラミッド組織をつくっていっているきがする。


JFLまでいれれば47都道府県すべてにチームを置くのも不可能じゃない。

そうしたら、自分の都道府県のチームは応援したくもなるんじゃないんだろうか。

毎年一喜一憂があるのも刺激的でよいと思う。



ファジアーノ岡山を応援しようと思う今日この頃。

(三菱水島FCでもいいんですが)

愛媛とか徳島と「瀬戸内ダービー」なんて日がきたら

おもしろい。

岡山に来てはや8年。

すっかり溶け込んで不自由は減りつつあるも、

休日になると少し都市部にあこがれたりする。



ネットの進化に伴い、本とかCDとか大概のものは

地方にいたまま買えるようになったので不便が減ったけど、

イベントがないから休みがむなしくなりがち。


たとえば食事。

老若男女問わず、というより年を重ねるにしたがって

グルメは大切な娯楽になってきていると思うけど、

そういったときは店の数が圧倒的に少ない。


たとえばイベント。

クワタのコンサートもさのさのさ以来岡山によったりしないし、

ジャパンカップのような競馬もない。

野球もない。



ここで、女と博打に走り勝ちなんである。

パチンコ屋の数はめちゃ多い。

浮気している人が多いかはまったく知らない。



そんなことを後輩の部屋にあった「Gainer」を読みながら思った。

東京の人はもうクリスマスのホテル問題は解決したのだろうか。

こちらはそんな悩みをもったことすらない。

挫折のとき

テーマ:

30歳(まもなく31歳)にして挫折のときを迎えている。

できないことが山積していて

タイムリミットから逆算すると

いかに「できない」を上位に伝えて

人に振ってもらうかを考えてもらわないといけない。


「できない」を伝えると

「何故」が返ってくるのだが、

「何故」がいえるんだったら、もうできている。

「何故」を考える暇が一ミリもないほど

作業に押しつぶされている。


とにかく何事もうまく運ばない。

挫折のときのようだ。


さて、どう対応したものだろうか。

心根が折れかけている、最近。

仕事(というより作業)の待ち時間ができてしまったため、

現在ネットカフェで時間つぶし中。


3時間で1050円。

昼ごはん食べてなかったんでカツカレーで480円。

2000円でおつりがくる。

ネットし放題。漫画読み放題。


インドア系の人間にはこれ以上ない良い空間で、安い。

3時間って、パチンコ負けたら3万円じゃすまない。

まっとうに彼女と映画+食事でも5000円くらい軽くいってしまうだろう。


居心地がいいわけである。

今、私が座っているいすもマッサージチェア。


先日フジテレビでネットカフェ住人のことが放送されていて

なぜ彼らはそんな生活をするのかみたいなことを言っていたけど、

居心地が良いのである。

別の番組でやっていた外国のスラムとかは

もっともっとえぐい環境なのに意外とお金は同じくらいだったり。

最低限の生活のレベルがどんどん上がってしまっているから

「下流でもいいいや」という発言が今の日本ではできてしまうのだろう。




一定の寂しさの壁を乗り越えてしまうと、

人はすべてに無関心なほうが心が楽なんだと思う。

お金、心、環境などあらゆる角度から見ても

ネットカフェ住人は発生するべくしてしたのだろう。

下流でもいいと割り切ると

決して自殺はしないだろうし。



自分が若いころにはこれがなくてよかったのかもしれない。

結構嵌っていってしまったかもしれない。



明日晴れるかな

テーマ:

最近は仕事が完了して終わることがまずない。

期限を過ぎたものを抱えてることのほうが多い。


それでも頑張らなくてはいけない。


明日晴れるかな。


他人任せではあるけれど、

そんな心境でも結局会社にはいくしかないわけだし。

部長の宿題できてないし。



吹雪が過ぎ去るのをひたすら待つというのは

辛いけど、そんな時もあるのかと。

止まない吹雪はない、はずだ。





「できない」というコトバ

テーマ:

上司がもっとも嫌う「できない」というコトバ。

どんな自己啓発本にも「どうすればできるかを考えよ」的なことが書いてある。

上司たちは当然そういう本も呼んでいるわけで

このコトバを口にしたときの

その後の凄惨な叱責の状況は想像しやすいものである。


ただ、昨日僕は言いました。

もうどうにもならなかったので。

マイナス方向への動きかもしれないけど

何か、変わるためには言わなくてはいけないと思ったので。


結果、フォーメーションの変更が発生しました。

自分としては仕事を取り上げられた格好になるけど。

ただ、それでいいと思っている。


自分にとってもいいし、

自分が抱えることで負担がかかっていた周りにもいいはず。


そうなる前に何とかしておかなければいけなかったというのは

何よりも反省しなくてはいけないのだが。


失敗をリカバリーしきれずに抱えると

恐ろしいことになっていく。

失敗に気づいていないときも結構ある。


そんなことを感じています。

地元以外にいるとわからないことですが。


世の中の会社員というのは

どれくらい毎日寝ていて

どれくらい残業しているんでしょうか。

(どれくらい休みは会社に出ているんでしょうか)


岡山にいると

会社絡みか嫁絡みの人しか知り合いがいないので

情報に偏りがあるような気がする。


かといって、

ネットの情報は(これもネットなのに矛盾あるけど)

うそ臭い情報が多くてなんともいえない。


というわけで、

一言教えてくれる人がいたら嬉しいです。

世の中の生の声を知りたいのです。


ではでは。