サザンと僕

テーマ:

初めて買ったCDはベスト版「すいか」

中学1年生でした。


オリジナルアルバムは「Southern all stars」から。

かれこれ18年の付き合いになるわけです。


「Southern all stars」についていた腕時計はどこかに行ってしまった。

スイカパンツは未だにタンスに入っています。


初めて行ったライブは「THE 音楽祭 1991」

今はなき西宮スタジアムでした。

中3の夏。受験勉強をさておき、友人と2人ではせ参じました。

アンコール2曲目の「女呼んでブギ」

中学生にはちょっと刺激的でほれ込みました。


中学卒業の時にハマった曲は「旅姿六人衆」


高校の時に行ったのは「歌う日本シリーズ」と「しじみ」

しじみの一曲目がチャコだったときはしびれすぎました。

この曲をライブで聴けるとはっ!!と感動しました。


正直ホコリにまみれた「ホタルカリフォルニア」

秀樹に感激しつつも

なぜか筑紫哲也を目撃しました。


20周年は渚園。

静岡までの遠征は暑く、長く、でも愉快な思い出。

ミスブランニューデイとアンコールのBYE BYE MY LOVEが

特に印象的。

帰りは友人が東海道線の車内の床で寝ていました…



大学卒業の時に行った「セオーノ」

新横浜で待ち合わせた友人が言った一言、

「TJO、TJO、俺、チケット忘れた!!!」

は衝撃的だった。

(彼は母親にチケットを持ってきてもらい、

JAPANEGGAEのイントロの途中に通路を疾走してきて

かろうじて間に合った)



就職と共に岡山へ流れた私は、

一度サザンから離れようとした。


が、離れられなかった。

「TSUNAMI」でつながった2000年頃の恋もあった。



03年、25周年でライブに再参戦。

神戸まで、今の嫁と初の泊りがけ遠征となった。

会社の同期がなぜかサンバホイッスルを寄贈してくれて、感謝の涙。

会場では回りの様子を伺いつつも

シンドバッドの途中からは吹きまくり踊りまくり。


嫁は、「あんただけじゃないんだねえ~」と

不思議な納得をしてくれていました。




いつも、サザンがあって、サザンが流れていました。

中学~大学はじめくらいは

宗教の布教活動のごとく

よくベスト版のカセット(←年を感じます)を作ったものです。



「サザンはみんなのごはんのようなもの」とは

ベースの関口の言葉。

そう、僕にとってもご飯のようなもの。

いつもあたりまえにありました。


ご飯だけじゃダメ飽きるから、

たまにはおかずも食べておいて、と

30周年後の休止を解釈してみる。



また、ご飯は当たり前のように必要になるでしょう。

そのときにはきっと当たり前のようにまた、サザンが流れている気がします。



まずは、今年。

まずは横浜、日産スタジアム。

狂喜乱舞の08年夏になることは間違いありません。



一曲目はなんでしょう?

この予想、18年で一度もあたったことありません。

それでも、予想してしまうんでしょう。

AD

ライブで一番良かった希望の轍

テーマ:

どんなに好きなものでも

あまりに続くと飽きるのかしら。


さすがの私でも

最近ライブで希望の轍を聴きすぎている気がする。

(この前の弾き語りはそれはそれでよかったけど)


で、余談ですが、

ライブでやった中で一番良かった希望の轍はいつのでしょうか。



私は2006年 ap bank Fesでの希望の轍が一番好きです。


「サザンはライブだと走りがち」とは松田弘も昔言っていたけど

ライブの希望の轍は早いことが多い。


早いのはそれはそれでよいのだが、

ap bank Fesでのテンポは心地良かった。


あのテンポであのピアノだとまた音がさえるとも思った。




そう、希望の轍って本当はサザンの曲じゃないんですよね。

クワタとコバタケの曲なんだよね。



他のライブの映像とかでもずいぶん希望の轍を見ましたけど、

あの希望の轍は良かったです。


AD

波乗りジョニー最強説

テーマ:

GWに嫁の実家で風邪をもらって以来、

まったく咳が止まる気配がなく

どうしたものかと思う今日この頃。


こんなとき、通勤の車は好きな、馴染む、聞きやすい、

クワタになりがち。


先日の石垣島のライブを

横浜の実家の父(63歳)にMDにとって送ってもらい、

最近は聞き続けている。

(倉敷の我が家は何故かFMが入らないため)



このライブで自分が一番好きなのは

 いなせなロコモーション~Johnny B. Goode~
 ~ 波乗りジョニー

の後半の盛り上がりのところなんだけど、

波乗りジョニーのイントロが流れると

キターという感じにならざるを得ない。


躍動感と焦燥感。

いとしさと切なさと。

明るい夏なのに恋は哀しいものなのね。


とにかく色々な夏が、ない交ぜになった曲。

史上最強のメロディライン。


「クワタを聞け!」では音作りが豪華すぎてわざとらしいと

若干評価の低いこの曲だけど、

僕はこのアレンジで好きなんです。


わざとらしさに絡まれることこそ

クワタ音楽の醍醐味、と勝手に思う。

この曲こそ、top of the pops、と言いたい。



波乗りジョニー、まだ2%ぐらいしか言い表せてないですが、

最強です。(今更ではありますが)



波乗りジョニー/桑田佳祐
¥1,100
Amazon.co.jp


TOP OF THE POPS/桑田佳祐
¥1,650
Amazon.co.jp





AD

Jazz Formula

テーマ:
倉敷のタワーレコード。

僕の知る限りでは一番洋楽売り場面積のちいさいタワーレコード。

寂しさをおぼえるのです。






僕にとって洋楽はタバコのようなところがあった。


はじめにタバコがおいしくて吸う人っていない。


格好つけたくて吸い始める。


僕はそうだった。






はじめに洋楽を聞いたとき、


そんな感じだった。


初めて買った洋楽はたぶんクラプトンのアンプラグド。


メチャメチャべた。そんなことはおいといて。








高校生になって僕が横浜に出て行った頃、


(なんと16年前にもなるわけだが)


「渋谷に5F建てのタワーレコードができる!!」と聞いて


それはそれはびっくりした記憶がある。






そんなに洋楽買う人いるのかなあ?


というのが僕の思いだったのですが、、、、






いるわ、いるわ。流石東京。


と、当時は思わずにはいられませんでした。






たぶん、大阪とか神戸でも洋楽買う人は


今にして思えばいたんだと思うけど、


ちょうど東京に出たタイミングでそういうものをみたので


そういうものなんだ!!東京は!!と思ってしまったのだと思います。






タワーレコードで訳知り顔で洋楽を選んでいる人は格好良く見えた。


タワーレコードって僕にとってはそういうところだった。




だから、邦楽が50%を占める倉敷のタワーレコードはちょっと寂しい。






だから、タワーレコードに行くと、ちょっと訳知り顔でCDを選びたくなってしまう、


世界一しょぼい私。






で、JAZZ.。


JAZZのことなんて、びたいち語れませんが、


うっかり試聴して買ってしまったこのCD。






齢30を過ぎると


徒然なるままにインストの曲を聴きたいときはたまにあって、


そんなとき、へこむでもなくさらっと聞けるCDだった。






Jazz FormulaのFormulaは疾走感のある曲が入っているからなのか?


と僕なりに解釈してみる。


まったりしすぎないところが心地よいです。








エルダー層に対して「ど真ん中」の訴求力を発揮、加えて「マイナー・ジャンル(JAZZ)商品」のご実績が無い店舗様にこそお薦めしたい「売れる内容」!






なんて売り文句もあるようです。

買ってもいいCDかと、思います。



JAZZ FORMULA/オムニバス


¥1,980

Amazon.co.jp

creep , creep ,creep

テーマ:

止まらないヘビーローテーション。


洋楽の曲である一曲をこれほど繰り返し聴いていることは

私の人生では数えるほど。


意味を調べ見たら

なんともネガティブな…

私と波長はあうなあと。


椎名林檎が「私の一番好きな曲」と紹介したそうな。

力強い後ろ向きというか、合いそうです。


ノエルは「ヨークはcreepだけでいい」

といったそうな。


逆に言えば毒舌ノエルギャラガーも認める曲。

それが「creep」


マイブーム、ヘビーローテーションは続きます。


「Pablo Honey」 / Radiohead

テーマ:
Pablo Honey/Radiohead
¥1,323
Amazon.co.jp

2曲目でデビューシングル(後で知った)の「creep」 。

これだけのために買いました。




きっかけはKORN。

今年はじめに買ったアンプラグドの中でこの曲のカバーをしていた。


この曲を演奏する事の意味合い、位置づけとか

僕は全然わかってなかったけど、

色々なレビューに薀蓄がのっていたり。


そしてそのカバーもいい曲だった。



原曲買うべきだろうなあと思いつつも、

輸入版でも2千円オーバーな現実に

何故かやたらと二の足を踏んで2ヶ月ほどたった。


すると、どこかのレビューでニルヴァーナの「Smells like teen spirits」となんかと並ぶ

3大名曲と書いてあって、

そりゃあんた、聞かないわけにはいかないわけですよとなった。

「Smells like teen spirits」って理屈いらないんです、私の中で。

F→B♭→A♭→D♭なコード進行を

友人にはじめて聞かせてもらった97年(だいぶ遅いですが)から

もう、ぐるぐる頭の中を巡っているんです。



そんなこんなで、おととい勢いで買いました。



買ってよかった。

creepはいろいろいいところあるんだけど、

途中で入ってくるギターの轟音の音色、タイミング、

これ、完璧すぎますね。

このががっ、ががっ、って感じのギターの音が

この2日間ぐるぐる回っています。



アルバム全体としてもバンドらしくギターの分厚い音が結構前に出ていて

リズムも割合シンプルで私みたいな素人にも聞きやすい。

最近の機械音を駆使した感じとかって

好きなんだけど哲学的すぎるところがあるんで。



自分の中では「OK computer」 ≒ Radiohead からスタートしていたので

このアルバムを聴いて少しだけ近いところにRadioheadが来た気がする。

洋楽の中で曲とタイトルが一撃で一致することって自分にはめったにないし、

当分聞きまくるんだと思う。


リアルタイムで聴いていないところがなんとも格好悪かったり

恥ずかしかったりするんだけど、

当時聞いてもこれほど食いついたかはまたわからない。



ある曲とめぐり合うタイミングは人それぞれでいいですよね。

自分は青春自体に感じれなかった、タイミングを失っていたものを

30過ぎても取り返しにいっている気がします。



「pablo honey」 → 「OK computer」 → 「In Rainbows」な流れを感じようと思います。

FLASH / HIGH-LOWS

テーマ:
FLASH~BEST~/THE HIGH-LOWS
¥2,447
Amazon.co.jp


金銭感覚というのはまったく不思議なもので、

2447円という金額を出すのにやたら悩む私。


人間が金銭感覚を失うのは以下の2つ。

 ・飲み会

 ・パチンコ屋の中


最近はパチンコはしなくなったけど、

飲み会だとやたら金を使わされる。


1次会で5000円くらい。

2次会はスナックみたいなところに拉致されて10000円くらい。


だいたい、おっさんはどうしてスナックが好きなんだ。

ドラえもん、もとい大山のぶ代みたいなおばちゃんが出てきてもいいのか?




そんな話はさておき、

ハイロウズのベストをレンタル落ちの1780円で手に入れる。


実は去年の9月くらいからなんとはなく気になっていて

やっと買ったもの。

700円くらいで悩むなと自分に突っ込んでみる。




結局、いろいろと音楽を聴いてはいるのだけど

帰る場所というのがあるのだと思う。


それはボーカルの声なんだろう。



学生の頃、洋楽好きな友人がオフスプリングを聞いていて、

きょとんとしている仲間に、「俺はこいつの声が好きなんだ!!」と

言っていたのを思い出した。



「サザンはファンにとってご飯のようなもの」といったのは

サザンのベーシスト関口だが、

この表現は僕にとっての桑田佳祐の声のことをあらわしている。


毎日食べても飽きないご飯。

毎日聴いても飽きない桑田の声。




そして、ご飯と同じくらい日常的なもの、

休日の朝に食べるトーストぐらいの気分。

それが甲本ヒロトの声だったりするのかなあと思う。


ブルーハーツでもハイロウズでも

彼の声でいつも懐かしい気持ちになり、

「青春」というコトバを恥ずかしげもなく言える気分になる。


甲本ヒロト、岡山出身。

水道橋博士の同級生。

ヒロトもアツイ。岡山アツイ。



アルバムで一番聴きたかったのは「日曜日からの使者」

はじまりがとってもヒロトらしい男らしさで格好いい曲です。

マーシーのギターもいいんだろうな。



車通勤ですが、

ミサイルマンが流れる朝は

なかなか戦闘力が高まります。

そのちょっと昔、

こち亀の両津勘吉は

ほしいものをゲットした喜びをこう例えた。


「発売日前日にマンガ本を手に入れる気分」


そう、何はなくともとにかく手に入れたくて

手に入れただけで満足する勢い。



こういう思いは大切な思い。



そして、今日。

その思いが沸々とわきあがる。



3月12日発売の標記のDVD。

本日買いました。買ったことが大切です。

今見ています。




内容は、すでに見ている年越しライブなんだけど、

音も映像もかなり良い。

というがWOWOWが悪すぎ。

DVD発売がやっぱり前提だったんだな。


そりゃそうだろう。

いい加減気づくよ31歳。


それでも買うよ、好きだから。


桑田さんのお仕事 07/08 ~魅惑のAVマリアージュ~(初回限定盤)
¥5,410
Amazon.co.jp

07-08の年越しライブのDVD(wowowで録画)が

知人から届きました。

(ありがとう、知人!!)


良すぎる。

熱すぎる。

このライブに行けなかったことを

私は3年間くらいは後悔するだろう。


ヒット曲を網羅した選曲。

ヒット曲だけにもたれかからない選曲。

一曲目のプリズナーもいいけど、

BAN BAN BANはイントロでぐっときた。

いつか何処かでは初めてライブで見た。

イントロのアレンジ格好良すぎる。


こんな僕でよかったらの

なんか昭和のキャバレーっぽい感じが親しみやすさを醸し出す。

中盤に地下室のメロディ、東京ジプシーローズのロックがあるのもアツイ。

ダーリン、ライブでも一体感あるなあ。

哀しい気持ち、波乗りジョニーはイントロでしびれます。


アンコールのONE DAY。

たぶん、僕は死ぬまで生で聞くことができないんだろう。

とんでもないチャンスを逃してしまったなあ。

大阪は水曜日だから無理、と

非常に会社員的解釈をしてしまった自分が

腹だたしくてしようがない。



後悔先に立たず。

もう、ソロでのコンサートはきっとないだろう。


今回の教訓。

迷ったことはとりあえずやっとこう。

同世代の皆さん。

われわれは意外と若くない。

いや、若いのだとは思うけど。

「一生に1回モノ」に出会うことが

ちょくちょく出てきてるよ。



サザン30周年モノには

何があっても参加する意思が

逆に固まった年初でした。



しかし、ONE DAY と いつか何処かで。

聞きたかった、いや、本当。

「ダーリン」 / 桑田佳祐

テーマ:
ダーリン(初回限定盤)/桑田佳祐
¥1,290
Amazon.co.jp

どこかの雑誌に書いてあったんですが、

まさに平成の尾崎紀世彦、また会う日までです。

ジャケットのちょい悪感と曲は

まったくあっていないように思いますが、

曲は非常に馴染みやすいです。

好きです、からっとしたわびしさがあります。



2曲目の現代東京奇譚は

ダークなこれまた歌謡曲。

こっちのが昭和の匂いが漂う。



2曲とも歌謡曲。

自分で言っているくらいだから

本当に「ど歌謡曲」

みんなで口ずさめますよ。



「ダーリン」のプロモーションビデオも結構好きです。

この手のいつかどこかで別れた女性を想う的な気持ちは

いつの世にも語り継がれる男心というものではないでしょうか。

夏目ナナみたいな女性にはなかなか出会えませんが。



何回も何回も年の瀬に聞いていました。

聞いて歌うほどに馴染んでくる曲です。