冷蔵庫にあるものをフライパンで焼く。

オリーブオイルを多めに敷いて焼く。

それだけ。

それでも、意外とおいしい。


「焼く」にあたる英語がグリルなのかローストなのか

いまいちピンとこないので日本語になってしまった。

Wikipediaのグリルは「炙り焼く」とでてきたので

ちょっと違うのかなと思ってしまった。

フライパンでただ焼く場合の英語がわかる方

ぜひ、ご教示ください。



sgd



今回焼いたものをたとえると


 ・豚肉しそチーズ巻き ⇒ 三塁打

 ・レンコン ⇒ 二塁打

 ・トマト ⇒ 二塁打

 ・おくら ⇒ ヒット

 ・やまいも ⇒ ファーストゴロ


という感じでしょうか。

トマトは焼くと意外においしいです。



やまいもは焼き方が悪いのかもしれませんが

オリーブオイルを吸っちゃって微妙になりました。

2回目は生で食べました。



sdg


野菜たちには上の調味料をつけて食べました。

左がカレー塩。右は豆板醤とマヨネーズのソース。


カレー塩は本当に万能です。

豚肉とか青物野菜とかれんこん、

つまりほとんどのものに合いました。


豆板醤ソースにあったのは生のやまいもでした。

そこらへんは最後まで微妙でした。

AD

コメント(14)