サッカーに詳しいわけではないけれど

Jリーグは開幕戦のマイヤーのゴールから結構見てきた。



AFCでレッズが優勝したときも

「あのJ2にまで落ちた浦和がなあ」と歴史を感じてみたりした。

福田の涙のが印象的だったりする。



地域密着を掲げたJリーグが15年目においては

着実に根付きつつあるのだと思う。

浦和でのインタビューではおじさん・おばさんがレッズの話を

楽しそうにしているのが印象的だった。

移籍してきた大物選手(たとえば阿部とか)がきちんと馴染んで

一方で岡野みたいな選手も愛されていて

本当にいいクラブだと思う。


何がいいって、一体感があるから楽しいんだと思う。



地方にはイベントが少ないという話につながるけど、

サッカーは地方に夢を与えれる気がする。

プロ野球は仕組みがどうしても硬直的だけど、

サッカーは仕組みを微妙に柔軟に変えながら

うまくJ1、J2、JFLのピラミッド組織をつくっていっているきがする。


JFLまでいれれば47都道府県すべてにチームを置くのも不可能じゃない。

そうしたら、自分の都道府県のチームは応援したくもなるんじゃないんだろうか。

毎年一喜一憂があるのも刺激的でよいと思う。



ファジアーノ岡山を応援しようと思う今日この頃。

(三菱水島FCでもいいんですが)

愛媛とか徳島と「瀬戸内ダービー」なんて日がきたら

おもしろい。

AD

岡山に来てはや8年。

すっかり溶け込んで不自由は減りつつあるも、

休日になると少し都市部にあこがれたりする。



ネットの進化に伴い、本とかCDとか大概のものは

地方にいたまま買えるようになったので不便が減ったけど、

イベントがないから休みがむなしくなりがち。


たとえば食事。

老若男女問わず、というより年を重ねるにしたがって

グルメは大切な娯楽になってきていると思うけど、

そういったときは店の数が圧倒的に少ない。


たとえばイベント。

クワタのコンサートもさのさのさ以来岡山によったりしないし、

ジャパンカップのような競馬もない。

野球もない。



ここで、女と博打に走り勝ちなんである。

パチンコ屋の数はめちゃ多い。

浮気している人が多いかはまったく知らない。



そんなことを後輩の部屋にあった「Gainer」を読みながら思った。

東京の人はもうクリスマスのホテル問題は解決したのだろうか。

こちらはそんな悩みをもったことすらない。

AD

かつさと(最近近所にできたチェーン店のカツ丼屋)で

一人黙々と昼ごはんを食べていた。


ELTの曲(タイトル忘れた。イントロが武藤敬司の入場テーマに似ているやつ)

が有線(だろう)で流れていて、

懐かしいなあなんて思っていたら、

次にかかったのがこの曲だった。



この曲。

当時、クワタ氏がいままでのサザンと違うところに行こうと

もがいていたのがわかるような曲。

僕は好き。

ハードロックな方向を模索していたのだろう。



ただ、いわゆるサザンを好きな人にとっては

「あえてクワタがやる必要はない曲」ではないのかも。


というのもやはりクワタの最大の売りである声が前面に出てきてないから。


イントロのギターとかはかなり格好いいと思う。

上下にゆれるようなベースラインも結構いい感じ。


確かに、クワタがやる必要はないかも知れないけれど。



あと、クワタは照れ隠しなのか

ハードな曲をやろうとすると余分な音を入れてしまう傾向がある。

シンプルにハードにはできないものか。

(KUWATA BANDのトラウマがあるのかもしれないが)




この曲とPARADICE,イエローマンあたりは

サザンの中でかなり異質な存在になっている。





01 MESSENGER~電子/サザンオールスターズ
¥1,000
Amazon.co.jp

子供の成長

テーマ:

子供と接する時間が非常に短くて

たまに自分が親だというのが

すごい遠い事実のように感じてしまう時がある。


昨日、久々に娘と遊んでまた驚いた。



jitennsha


いつの間にか、

しっかり自転車に乗れるようになっていた。

(前はこぐことができなかったのです)



子供と触れ合える時間はほんの少しであっという間だという

嫁の言葉が妙に身にしみました。


もっと、お父さんお父さんしたほうがいいのかなと思いました。

まだまだ自分が未熟で子供なんで、

父親の自覚が少し薄いなあと反省しきりな夕暮れ時でした。

七五三

テーマ:

七五三のお参りに行ってきました。


けど、写真ありません。

というか携帯で写真をとる時間がありません。



「なんであなたは自分からビデオとるとか言わないの!!」


と嫁にいつも起こられる私。


本日はビデオを撮ることに集中しておりました。




二十歳ぐらいになって

「じゃあ、今から七五三のビデオでも見ようか!!」なんて

絶対に言わない と思うのですがいかがでしょうか。


晴れ姿の娘はいいものでしたが。

しかしまあ、みんなビデオ・写真とりまくってましたけど。


うちの嫁の写真への執念は人8倍くらいに感じた。



結局13時半に一人で帰宅。(嫁と子供は実家へ)

14時から18時まで4時間寝たあと、再び会社へ。


会社で後輩とこの話をすると、

後輩(彼も岡山の女性と結婚)が一言。


「県民性なんじゃないですかね!?」


と一言。

彼の嫁も同じような傾向があるらしい。



どうなんだろうとビールを飲む午前1時半。

明日も6時起きで会社です。