RSファクター参考施工紹介ブログ

ファクターで施された作業内容の紹介
エンジンオーバーホールやチューンナップ・チューニング、修理
ボディ補強~足回りのチューニング
ECUや電装系
オリジナルパーツ・オリジナル加工
お車によって内容は異なりますがご来店の際の参考にしていただければと思います


テーマ:

ホンダのシビックやインテグラ(EG・EK・EF系やDC2やDB8)に

お乗りの方に一押しの足回りチューンナップをご紹介します。



RSファクター参考施工紹介ブログ



今回ご紹介するのは

リアまわりで効果を感じられるチューンナップポイント

リアのトレーリングアームピロへの交換です。


「リア トレーリングアーム ピロブッシュ化」メニューです。



RSファクター参考施工紹介ブログ



足回りのチューニングパーツは数多く出ており、

全ての箇所を変更したい気持ちはよくわかります。


そしてヘタってきたブッシュを交換した方が良いのも当然ですが、

全てを交換しようとするとその分費用もかかってきます。


予算も限られている方が多いと思いますので

そんな方におすすめしたいのが

効果のあるポイントの「トレーリングアームピロ化」なんです。




どの部分かというと、

リアの足回りの、

RSファクター参考施工紹介ブログ


このブッシュ部分です。

(画像の物は劣化でヒビがありますね)

RSファクター参考施工紹介ブログ



コーナリングでリアの足がストロークする際、このトレーリングアームブッシュを支点にトレーリングアームは動きます。

サーキット走行などでは動きも激しくなりブッシュへの負担も大きくなりますので劣化も進みます。




そしてコーナー中は、トレーリングアームが上下にスムーズに動かないといけないのですが、

ゴムブッシュですと動きもピロに比べて規制されてしまいますし、コンペンセーターアーム(トレーリングアームの先端に付いている小さいアーム)を介して左右にも動いてしまうんです。

左右に動いてしまうとトーのアライメントも変化してしまう事になります。




この部分をピロに変えるとコンペンセーターアームも取り外す事が出来ますし、しっかりとスムーズにストロークする事が出来、

バンプ・リバンプのストローク時のアライメント変化も抑えられますので、

コーナリング性能がアップするんです。








RSファクター参考施工紹介ブログ

この部分はリアの足回りの重要な部分なのです。

ここのブッシュがヘタリ、切れ等を起こしている車も多いんです。



足回りのオーバーホールとして、

ノーマルブッシュ打ち替えや強化ブッシュに打ち替えるのであれば、

ピロ化にする事をおすすめします。




ノーマルブッシュや強化ブッシュに変えても、

大きな違いは感じられないと思いますが、ピロ化は本当に効果を味わえます。




値段に関しては、作業内容は同じなので値段の差は部品の差のみなのです。




足をばらすという大がかりな作業をするのですから、

せっかくですのでピロ化にした方が無駄では無いと思います。











参考に作業風景を紹介していきます。


RSファクター参考施工紹介ブログ







リアのアームをバラし、

トレーリングアームをおろします。

そして先ほどのブッシュ部分をプレスを使い取り外します。
RSファクター参考施工紹介ブログ






これを入れ替えます。
RSファクター参考施工紹介ブログ




トレーリングアームにこのピロブッシュを嵌め込みます。

その際寸法を出して嵌め込んでいくのですが、

嵌め込み位置が決まれば溶接止めします。

RSファクター参考施工紹介ブログ


また取付の際、

コーナーを攻める車でGがかなりかかるような車の場合は、

この嵌め込みが位置がズレたりする場合もありますので、

頑丈に溶接します。
RSファクター参考施工紹介ブログ




そしてアームを取付けしていきます。
RSファクター参考施工紹介ブログ



そして初めの方で説明しましたコンペンセーターアームが必要なくなりますので取り外します。

(赤マルのアームです)
RSファクター参考施工紹介ブログ
コンペンセーターアームを取り外せばスムーズな動きになるんです。





ノーマルではトー調整はコンペンセーターアームで調整していたのですが、

取り外した場合、ピロブッシュの左右のワッシャーを入れ替える事で調整ができます。
RSファクター参考施工紹介ブログ








アームを取り付けて次に行う事は、

4輪アライメントです。
RSファクター参考施工紹介ブログ


ここできっちりとアライメントを調整します。
RSファクター参考施工紹介ブログ
いくら良い物を装着していても

アライメントが狂っていれば性能は発揮できません。



ここでも4輪バンプ・リバンプを確認しながら調整していきます。



以前よりもコーナリング性能アップの一台が仕上がります。
RSファクター参考施工紹介ブログ








バンプ・リバンプでのアライメント変化が抑えられて動きが良くなると言っていますがイメージしやすく言えば、、、、


ノーマルのリアの足は沈み込みながらトーイン側にアライメントが振られる構造になっていますので、

例えば右コーナーでは車はロールして左側に沈み込みますがこの時に左リアのアライメントはトーイン側に振られてしまいます。

そうなればコーナー中やコーナー出口の立ち上がり中などで、もう少しリアが回り込んで欲しいのに、リアが粘り過ぎてアンダーステアの方向になってしまいます。


シビックやインテグラではよくある状況ですよね。


そういう時にスムーズな動きをしますので、アクセルも早く踏んで立ち上がる事が出来タイムアップを望めます。





そしてノーマルブッシュの場合と違いピロになる事で、

ノーマルブッシュでは分かりにくかったグリップのフィーリングがダイレクトに伝わり、

リアの車の動きやグリップが感じやすくなり余計な動きも無くなりますので、

自然とコーナー速度が上がっていたりもします。





RSファクター参考施工紹介ブログ



ですので、装着されたお客様の皆様おっしゃる事が、

街乗りの方では、「何かシャキシャキと安定感があります」

サーキットを走られる方では、「頑張らなくても自然とタイムが大きくアップしています」




足回りのリフレッシュやチューニングをお考えの方で予算ともご相談の方、

本当にお勧めの作業です!!





参考価格になりますが、


「リア トレーリングアーム ピロブッシュ化」

   部品・取付工賃

   (4輪アライメントも含めて)・・・・・・・・・・・105,000円(税込)



参考価格ですのでご相談ください。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

レーシングサービス ファクターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。