「一緒には暮らせません」

テーマ:

実家から帰ってきましたアセアセ

ここ数年・・・ホントに自分の中に、自分で言うのも何ですが(笑)、

こんなに“奉仕の心”があるなんて意外や意外、ってくらい、

両親の用事を色々とやることに喜び・・・とまでは行かないけれど、

心の充足を感じている自分を客観的に発見して時々ふとビックリ(´◉◞౪◟◉)。

それだけ僕自身の魂も成長したのかもしれないし、

両親が歳を重ねたことが明らかになっているだけのことなんでしょうけど・・・。

 

でも実際には・・・僕が子供の頃の親との関係が根底にあって、

そこからは抜け出せないものなのだな、と思ったりもします。

親はいつまでたっても親で、子は50になろうが子なんですねタラー

嫁も子もいないから、益々持ってこの”子”のポジションは固まるわけでガーン

世間一般の50歳男性からしたら、異様かもしれないし、

恥ずかしいと思うかもしれませんけど・・・

家族の中での役割がずっと変わらないのって、

それぞれの魂の成長にとって・・・マイナスなのかな!?

そんなことないですよねタラー

 

なんでこんなことを言うかと言うと・・・

 

色々とやってあげたい両親ですが、

やっぱり一緒にいれるのは2日が限度汗・・・ぶっちゃけ(苦笑)。

 

 

色々と心配してくれてのことなんだろうけど、

あれこれ突っ込んだことを言われたり(by てりママママ

僕の人生や意向、志向を無視して勝手に自分の人生の

“エクステンション”だと思っている発言があったり(by てりパパパパ

これも家族の形態が変わらないからなんでしょうねショボーン

 

やっぱり僕の責任なのかなはてなマーク

 

とはいえ、両親との時間はますますもって大事にしなくてはならないと思う。

この辺のバランスが・・・僕の魂の成熟度にかかっているのかもしれませんね。

 

変な話ですみません・・・。

結局のところ・・・記事タイトルの意味としては(笑)、

つくづく

 

「僕は誰かと一緒に暮らすことは無理だなえーん

 

ということを言いたかったのです(笑)。

 

もしとても大好きな人が出来たら・・・

同じマンションの階違いとかがいいなラブラブ(爆)

隣同士だと様子が知れちゃうしねニヤリwww

 

変な話になったのでこの辺で。

 

独りになって好きな音楽漬けになっていると、

ようやく心のパワーが充てんされてきたので、

気持ちを整理できています。

 

ではでは・・・5月もあと二日。

楽しいことが皆さんにもありますように❤

 

Regine Velasquez -Pangako-

今夜はRegineに癒されていますニコニコ

前にピ●●ブでこの曲をタガログ語で歌ったら・・・

お姉さんたちから注目浴びましたよ~(笑)

タガログ語はほぼほぼローマ字読みで行けるので、

カラオケでもメロディ知っていれば歌えるはず!

男性諸君・・・是非レパートリーにどうぞ(笑)

 

PangakoPangako
価格不明
Amazon