2012年01月08日(日)

映画「ワイルド7」応援企画 1

テーマ:映画


昨年やろうとしててすっかり忘れてました。実写映画化された「ワイルド7」の応援企画なんですが、要するにあまりネタが集まらなかったんですわ(苦笑

さて、実際の映画を観ての感想なんですけど、その昔「ダーティーハリー2」でワイルド7をパクったことを懺悔してかワーナーブラザースが本当に気合を入れて作った作品なのでアクションシーンも気合入ってます・・・が、最早派手なアクションは漫画の中であまりにもやりすぎたのでこっちに気合を入れてもしょうがない部分があるんですよ。実際。

んで、観るべきポイントは生身の人間がやってるからこそでけるドラマの方なんですが、これが誰も信じないのですが意外と良かったんですよ。

ワーナーさんは何しろドラマの部分が全てダメの世紀の大駄作「ダークナイト」なんかを作ってるんで心配だったんですが脚本家さんはワイルド7のテーマであるアウトローの部分を「アウトローとは何やねん?」という観点から初心者にもわかりやすく深田恭子に焦点をあてて解説する形で説明してるんですよ。

んで、アウトローっていうと大げさやけど私が知ってる京都のそっち系の人たちの性質とこの映画に出てくるワイルド7のメンバーの気質って丸きり一緒。やるとなったらとことんやる、傷つくことを恐れない、という感じです。

アウトローな連中というのは世間に迷惑ばっかりかけてるのにどっかでみんなに愛されてる部分があって、それは何かと言うと「保身に全力投球して自分が悪い割食うのが大嫌い」な一般人にはない上記の部分だと思うんです。そこだけ描けりゃ合格なんですよ。


というわけでアウトローに焦点をあてて今回はこの人を紹介します。モーリス"マム"ブーシェ




Wikiも英語ですが参照してください。 こちら

簡単に日本語で説明しますとモーリス”マム”ブーシェさんはヘルズエンジェルス(以下HA)のカナダのモントリール支部長として「ケベック・バイカー・ウオー」というバイカー抗争の中心におった人です。

この抗争、アメリカから密輸されるドラッグの販売利権を独占しようとするHAと対向組織の「ロックマシーン(リーダーはブーシェ氏のかつての盟友)」とが対立、パペットクラブという下部組織も巻き込んで血で血を洗う一大抗争をカナダのケベックで起こしたものです。

この抗争が90年代にはかなり激化したため死者は関係無い一般市民を含め160人、200人以上が負傷する事態になったわけなんです。「仁義無き戦い」で有名な広島抗争をはるかにしのぐスケールですな。

カナダの警察はこの事態を収束すべくブーシェ氏の身柄を拘束しようとしますが彼の犯行はなかなか立証できませんでした。何故かというと裁判で証言を行う目撃者はHAから脅迫、暗殺されてしまうため法廷に出頭できなかったからです。

さて、HAの得意技と言えば「爆破テロ」なわけで、中でもブーシェ氏は爆発物を扱う仕事をしたこともあって爆破のブロとも言うべき筋金入りだったので敵の根城をバンバン爆破します。

そう、ブーシェ氏こそワイルド7に出てきた爆破のプロ「両国」そのものな人物だったのです。(どっちもメガネかけてます)

というわけでワイルド7に出てくる両国(映画ではパイロ)みたいな「バイクを操る爆破等の過激な破壊活動が得意なアウトロー」は実在します。

そんなブーシェ氏も証人を政府の保護プログラムで手厚く保護されて口封じができない状態での裁判で2002年に一級殺人の実刑を受け無期懲役で服役しました。

その後彼がカナダ検察庁から悪党どもを退治する特殊部隊メンバーとしてリクルートされたかどうかは不明ですがワイルド7が漫画の中だけの荒唐無稽なだけの存在でないことがわかるかと思います。

なお、HAをはじめとするバイカー連中というのは溜まり場になるクラブハウスなんてのを持っててそこでおねいちゃんがストリップなんかもやったりするんです。
だから映画「ワイルド7」の劇中で主人公・飛葉が謎の暗殺者を追って入り込んだところがこの柄の悪そうなバイカーが集まるクラブハウスだったという描写もリアルなんです。だってバイカーには爆破テロもやっちゃうような連中もいるわけだから殺し屋に商売道具や情報を提供しててもおかしくないわけですよ。(日本では無いと思いますけど)

結論:映画「ワイルド7」に出てくるアウトローの描写は非現実的でなくリアルである。

またネタが見つかったらぼちぼちと第2弾やります。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

fabriceさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。