Yassan's GPS Drawing Project やっさんのGPS絵画プロジェクト(ブログ)

GPSトラッキングで地球に描く地上絵。 【世界最大のGPSドローイング/Largest GPS Drawing】としてギネス世界記録に認定されました。 作品はGoogle Maps(TM)で公開中。


テーマ:

パリに続き、今回はロンドンです。


大英博物館前からスタート。

まだ朝なため、開館していませんでした。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--01大英博物館

大英博物館を東へ進みます。

やや小雨気味でしたが、ここではいつもの天気。

道路工事を行っている区間が多く、歩行者でないと通れないところがちらほら。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--02ブリンストンストリート

このような敷地内を通過します。

門で仕切られているため、入るのにちょっと勇気が要りました。

でも、入ってみたら意外と普通のパブリックな空間で安心。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--03グレイズインフィールド


敷地内で野生のリスを発見。

あちこち走り回っていましたが、木の上に留まったので撮影。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--04リス

敷地を抜けると、路上で市が開かれるようで準備中でした。

こちらは、まあ、見たままですね。

ちなみに今日はワールドカップの開会式。

イングランド旗をあちこちで見ることができました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--05リーザーレーン

ホルボーン。

この付近は比較的景観保護関連の条例がゆるいのか

ガラス張りの建物が見られます。

(ロンドンもパリ同様、条例で景観保護が義務づけられています)

この一帯は『シティー』と呼ばれ、銀行・保険関係の企業が集中しているエリアでもあります。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--06ハイホルボーン

ロンドンは2階建てバス(ダブルデッカー)が有名。

最近は交通料金システムの変更に伴って車掌の乗っているバスが全廃されてしまい、

このような新しいタイプのバスが走っています。

車掌が乗っていた頃の古いバスに慣れていたせいか、ちょっと違和感が…

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--07バス広告


教会。

このような古い建物が普通に存在しているのがヨーロッパ。

自身が少ないですからね。

数百年レベルで古い建物はざらです。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--08教会

聖ポール大聖堂。

こちらもよくガイドブックに出てきます。

1710年に完成し、チャールズ王太子とダイアナ妃が結婚式を挙げたところとしても有名です。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--09セントポール大聖堂

テムズ川にたどり着きました。

対岸にはテート・モダン(現代美術館)が見えます。

かつては戦後の電力不足を補うために造られた火力発電所でしたが、

1981年に閉鎖され、2000年5月、ミレニアムを祝う新施設としてリノベートされました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--10テートモダン


橋を渡り、テムズ川のサウスバンク(南岸)へ。

ノースバンク(北岸)が金融街であるのに対し、サウスバンクは倉庫街として栄えました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--11バンクサイド


河川敷にあるパブにて。

ワールドカップのためか、万国旗がデコレートされていました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--12パブ

WAGAMAMA

ロンドンを中心に世界中に展開している日本食レストラン。

ただし、日本では展開していない。

Yo!Sushi もそうだが、世界中で展開しているがなぜか日本では展開しない日本食レストランは多い。

そもそも経営者が日本人じゃないけど。
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--13WAGAMAMA

鉄道教の下に見掛けた光るパネル。

用途は不明。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--14サウスワーク


ちょっと下町風の建物の間を抜けていきます。

もともとは倉庫街だったのだろうか。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--15ラントストリート


ちょっと新らしめの集合住宅を取り抜けました。

駐車している車を見て、この住宅街がいかに高級なのかを理解。

だって、ランボルギーニが普通に屋外駐車されてます。

日本だったら絶対ありえない光景。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--16住宅街

エレファントキャッスル。

ロンドン南部の駅ですが、新しい建物ができていました。

以前滞在したときにはなかったのに…景観的にはかなり浮いています。

最近までイギリスは好景気で、その際に条例なぞなんのそのといった感じで

様々な新しい建物が建ち始めたらしい。

(現在は景気後退で真逆の状況ですが)

その一環でしょうか。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--17エレファントキャッスル

駅前の公園。

子供向けの施設でしたが、平日の昼間ということもあり誰もいませんでした。

かなりカラフル。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--18公園

ケニントンレーン。

ここまで郊外に来るとちょっと近代的な景観になってきます。

東京とちょっと似たような雰囲気。

自動車も左側通行なので、そういったことも働いているのでしょう。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--19ケニントンレーン


道端にあったポスト。

日本のレトロなタイプとそっくり。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--20ポスト


道端にあったケバブショップ。

郊外に行くとこのような店をよく見掛ける。

ケバブからハンバーガー、フィッシュ&チップと幅広く扱っています。

すごくポピュラーな存在ですが、味は保障できず。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--21定食屋

旧タイプのロンドンバスが走っていましたが…落書きがすごい。

しかも背面にはエアコンの排気ボックスが。

まさか、新手ののスクウォッティング(合法的な不法占拠)か??
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--22バス


テムズ川の南岸に沿って、南西に進みます。

この辺りは倉庫街になっているため、人通りはまばら。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--23ナインエルムスレーン


バッタシー火力発電所。

1982年にすでに閉鎖されました。

テートモダン同様、文化施設にリノベートされる予定でしたが座礁。

将来はどうなるのでしょうか?

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--24火力発電所


ちょっとした住宅街になりました。

近くにはサウスバンクでも大規模な公園がありますが、

かつて夏目漱石が自転車の練習をした場所です。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--25バッターシーパークロード

バッタシーの交差点で右折し、一気に北上。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--26バッターシーブリッジロード

この辺りは比較的新しい高級住宅街が連なっているようです。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--27バッターシーブリッジロード


バッタシーブリッジを渡り、再びノースバンクへ移動します。

テムズ川には船上生活のボートが見られました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--28船上生活

さらに北上すると、

ちょっと古い感じの住宅街に。

でも、やっぱり高級な感じは否めない。

ワールドカップのため、イングランド旗をつけて走行している車を頻繁に目撃する。

日本の道路でこんなことやったら違法な気がするが、こちらではOKなのだろう。

スーパーでは車載フラッグセットが2ポンドで売っていました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--29ボーフォートストリート


ボートフォートストリート。

こちらは建物が真っ白。

道もそんなに汚れている訳でなく落ち着いた雰囲気。

きっと高級住宅街なのでしょう。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--30ボーフォートストリート


カイナンスミューズ。

周りとはまったく違った雰囲気を醸し出していました。

伝統的なイングリッシュガーデンに囲まれた清閑な住宅街。

こんな場所もあるのか。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--31カイナンスミューズ

と思ったら、すぐにこんな超高級住宅街が。

マセラティやフェラーリが路上駐車されているエリアは世界的に見てもそうはないかと。

ナンバープレートもも大使館くさい。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--32ビクトリアロード


ケンジントン。

このエリアはレンガ造りのため赤い雰囲気。

エリアによってまったく違った感じにさせてくれるところがロンドン的。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--33ケンジントンコート


ケンジントンパレスガーデン。

ここは大使館が立ち並ぶエリアで出入り口には守衛所が建っています。

当然ながら撮影禁止。

そもそも、立ち入れること自体が奇跡ですな。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--34ケンジントンパレスガーデンズ

画像がなくてあれですが、いかにもな超大型戸建物件が立ち並ぶ、

自然に囲まれた通りでした。

すべての建物が大使館のため、お隣さんは隣国、ということになるのでしょう。


大使館外を抜け、再び高級住宅街を進む。

窓際にいかにもな犬が座っていたので撮影。

アフロ犬ですな。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--35犬


レンスタースクエア。

このエリアは真っ白な雰囲気。

自動車が縦列駐車じゃないところが新鮮でした。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--36レンスタースクエア

工事現場で見掛けたトラのぬいぐるみ。

現場らしくメットをかぶっていました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--37工事現場

ウェストバーンパーク。

ロンドン北西部に位置する、ちょと大き目の公園です。

午前中の小雨がうそみたいに晴れ上がり、小休止。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--38ウェストバーンパーク

運河を横断。

こちらにも船上生活者が多く見られました。

鴨も多く、誰かが餌を与えていました。
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--39グランドユニオンキャナル

この辺りは、ビートルズで有名なアビーロードのような雰囲気がします。

…というか、アビーロードはこの近くです。

今回は通りませんでしたが。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--40クリフトンガーデンズ

リージェントパーク。

ロンドン北部に位置する、超巨大公園です。

野生の鴨や鳩が人馴れしてふてぶてしく水場で休んでいます。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--41リージェントパーク

とりあえず道ですが、ほとんど獣道。

なにか間違ったような気もするが…まあいいか。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--42リージェントパーク

公園の橋で一息ついていた鳩。

人慣れているため近づいてもまったく動ぜず。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--43鳩

よく手入れのされた庭園を抜けます。

観光客は少なく落ち着いた雰囲気。

観光地からも近いので結構おすすめな場所です。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--44リージェントパーク


公園を抜け、市街地に向け南下します。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--45パーククレセント

リージェントストリート。

完全に観光地のため、人通りがすさまじい。

これまで住宅街や公園ばかり通ってきたので、突然の人込みに躊躇。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--46リージェントストリート

トッテンハムコートロード。

オックスフォードストリートと交わる、かなりメジャーな交差点のはずでしたが…

地下鉄工事の影響でオックスフォードストリートがえらいことになっていたため

それほど栄えている感じではなくなっていました。

自分の記憶にある交差点と違っていたためショック。
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--47トッテンハムコートロード

本日スタートした大英博物館に戻ってきました。

休憩を挟み、約10時間のウォーキングでした。

なんだかんだでロンドンの名所も巡れたため、結構お勧めの散歩コースかもしれません。

こちらも時差があれども遅くまで明るいので時間の感覚が狂ってしまう。

こんなに明るいですがまだ午後7時前。

ちなみに午後9時まで明るいです。
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--48グレートラッセルストリート


この後、繁華街へ繰り出しましたが、
ワールドカップのオープニングだったため

あらゆるパブが満員…というか溢れていました。

グラスも足りず、プラカップにビールを注いでのどんちゃん騒ぎでした。

(実際には行きませんでしたが、トラファルガースクエア(ロンドンで最も大きい広場)では

 パブリックビューイングをおこなっていたらしい。

 当たり前だがポリスライン付きでアルコールはNGだったらしい)



yassan's gps drawing in the world yassan's gps drawing in the world
GPS LOG 3 : London (UK)
yassan's gps drawing in the world yassan's gps drawing in the world


- Google Earth

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/works/googleearth/yassansgpsdrawing_london.kmz

* access by "Copy and Paste".


- Google Maps

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/googlemaps/100611london.htm

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--GPS100611London

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日は気絶するように寝てしまいました。

ほんと眠かった…


昨日から続けます。

ジェネラル・ルクレール通り。

パリ北西の、セーヌ川沿いの郊外ですが、こちらは落ち着いた雰囲気。

さすがに観光地でないため、人通りが少ないです。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ジェネラル ルクレール通り


シャルル・ドゴール通りに出ます。

この通りは、凱旋門~グランダルシュ(新凱旋門)を結んでいます。

かなり広い通りで、上り車線と下り車線の間に公園が造成されています。

写真の場所は、公園よりグランダルシュを望んだところ。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--新凱旋門


ブローニュの森。

パリ西部に位置する、800万平方メートルを超える広大な公園。

全仏オープンテニスの会場もここです。

昼間はジョギングや散歩を楽しむ方が見られますが、

夜になると違った顔も見せます。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ブローニュの森

公園を抜け、フォッシュ通りに出ます。

ここから凱旋門に向かってまっすぐ進みます。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--フォッシュ通り

凱旋門。

ワールドカップの開会式を控えているためか、

巨大なフランス国旗が凱旋門に掲げられていました。

また、デモも行われたいたようで、辺りの交通は麻痺していました。

(フランスはデモが多い。市民革命で成り立った国であるため日常茶飯事のようです)

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--凱旋門

先ほどのフォッシュ通りから南へ進みます。

パリの古い町並を残しつつも観光地っぽくない雰囲気。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ベルフィユ通り.

ビル・ケアム橋。

ここからセーヌ川を渡ります。

上のフロアは鉄道になっていて、下のフロアは車道と歩道になっています。

このときはレンタルサイクルを使用していますので、自転車道を通りました。

(パリにはレンタサイクルヶ充実していて、格安で借りることができます)

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ビル アケム橋


橋からはエッフェル塔を望むことができました。

こんなに近い。

パリの町並は京都みたいに景観保護がされていて

高い建物を作ることができません。

なので、エッフェル塔だけが突出して高く目立ちます。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--エッフェル塔


さらに南下します。

完全に住宅街の風情です。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--マドモワゼル通り

ジュルダン通り。

パリの南端です。

この通りにはトラム(市電)が走っていました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--トラム


パリの南端から、東側へ北上します。

ルモンド。

いわずと知れたフランスの高級新聞。

現在経営が傾き身売り中のはず…

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ルモンド


オーステルリッツ橋。

大通りをレンタサイクルで通り抜け、セーヌ川を渡ります。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--セーヌ川

マンドール通り。

観光地然としたエリアを通り抜け、いかにも裏路地のような小道を通ります。

建物の壁面に巨大な落書きを発見。
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--落書き

ゴベール通り。

住宅地っぽい雰囲気になってきましたが、

先ほどとは違って、どちらかというと下町といった雰囲気。

路上に留まった車の状態を見ると、おおよその生活水準が推定できます。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ゴベール通り

ペール・ラシューズ墓地。

パリ東部に位置する、巨大墓苑。

東京で喩えたら青山墓地や谷中墓地みたいなものか。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ペール ラシェーズ墓地

墓地を抜けたら、今度は坂を登ります。

このエリアは小高い丘になっています。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--ミュリエ通り

さらに階段まで。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--階段


階段を抜けると、今度は公園を通り抜けます。

遊具は日本と大差ない。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--公園

さらに坂を上っていきますが、このエリアは小規模のギャラリーのような施設がちらほら。

ロンドンのイーストエンドみたいなものか。

地面にも、このような落書き(広告?)も描かれていました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--地面の落書き

メニルモンタン通りからパリ市街地を望む。

この通りはパリ市街地へ向け下り坂になっていて、

遠近の町並を同時に見ることができます。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--メニルモンタン通り

クリメ通り。

丘を西側へ下っていきます。

この辺りはこざっぱりした雰囲気になり、アフリカからのエスニック系住民が多く見られました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--クリメ通り


運河にさしかかりました。

車道は巨大な跳ね橋になっていて、その橋が開いたときのための歩道橋が平行して渡してありました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--桟橋


運河脇に建つシーフードレストラン。

ここで夕飯をいただきました。

パリの夏は日が長い。

レストランを出たときもまだ空が明るい。

このとき、午後10時。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--運河のレストラン

リケ通りから鉄道を横切ります。

さすがに暗くなってきたので本日はここで中断しました。

続きはまたパリに来たときに行いたいと思います。

…って、いつ?
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--リケ通り


当初予想していたより距離があり、今回は終わりませんでした。

またパリへ来る口実ができただけでもありがたいか。

来年までには再訪して仕上げたいです。



yassan's gps drawing in the world yassan's gps drawing in the world
GPS LOG 2-2 : Paris
yassan's gps drawing in the world yassan's gps drawing in the world


- Google Earth

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/works/googleearth/yassansgpsdrawing_paris.kmz

* access by "Copy and Paste".


- Google Maps

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/googlemaps/100608paris.htm


やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--100608Paris

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんだかんだいって、ついに海外展開することになりました。

ただし、今回の旅の目的は『新婚旅行』なので、

あまりやりすぎると成田離婚になってしまうんじゃないかと心配ですが…

とにかく進めます。


パリに到着しました。

まだ午後の早い時間だったので、せっかくだからGPS絵画を進めます。


チュイルリー庭園。

凱旋門~ルーブル美術館の間は、大通りによって直線で結ばれています。

この庭園は、ルーブル美術館側に位置します。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--スタート地点

コンコルド広場。

18世紀に設計された広場。

当初はルイ15世の像が置かれていたため『ルイ15世広場』と呼ばれていたが、

その後、フランス市民革命により現在の名前となりました。

なお、マリー・アントワネットが処刑されたところもここ。

エジプトから運ばれてきたオベリスクがそびえています。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--コンコルド広場

噴水。

こちらは、映画『プラダを着た悪魔』で主人公が最後のシーンで携帯電話を捨てた場所。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--コンコルド広場


夕方であったため、退社時間でもありました。

スーツ姿の原チャリ部隊が帰宅の途に向かいます。

ちなみにこの広場の周りは、道路に車線が引かれていない。

方々から車が集まっているため、現場は大混乱。

よく事故にならないなと不思議に思う。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--原チャリ部隊


シャンゼリゼ通り。

凱旋門とルーブル美術館の間を直線で結んでいる道路です。

この通りが、おそらくパリの中でも有名でしょう。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--シャンゼリゼ

公園を抜け、ブティック街を抜けます。

いくつかの店舗が工事中でした。

その中の仮囲いのひとつ。

日本にもこういった趣向の凝らした仮囲いがあっても面白いかもしれません。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--シャンゼリゼ

午後7時近いがまだ明るい。

さすが夏のヨーロッパは過ごしやすい。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--シャンゼリゼ

エトワール凱旋門。

世界的にも有名な凱旋門で、単に『凱旋門』といえば、これのことを指すくらい。

ちなみに、この広場は12本の道路が放射状に延びていて、

その形状が星(エトワール)に見えることから『エトワール広場』と呼ばれています。

凱旋門の名前も然り。

ちなみに、1806年にナポレオンの命により建設が始まり、完成したのが1836年。

石造りで数百年級の建物が多いパリの建造物としては意外と新しい。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--凱旋門


凱旋門の下では、何かのイベントを行っていました。

詳細は不明。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--凱旋門


凱旋門よりさらに郊外に進みます。

パリの路地は、基本的にはこんな感じ。

あちこちに路上駐車がしてあります。

パリの道路事情によるのですが、パリの中心地は数百年レベルで古い建物が現存しています。

建物が建造された当時は自動車というものがなかったため

当然駐車スペースという概念がなかった。

そのため、駐車する場所は路上になってしまう。

駐車している車の数もすごいが、車同士の隙間もすごい。

ほとんど隙間がないので、駐車するときどうしているのか不思議。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--路駐天国

パリ郊外・ピノー通り。

パリ北西部にあたる場所ですが、こちらは比較的新しい建物で

道路も整備され広くなっています。

…が、路駐は相変わらず。

文化なんですかね。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--郊外住宅街

セーヌ川を渡ってグランドジャッド島へ。

カヌーをしている人も。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--セーヌ川

船上(ハウスボート)で生活する人たちがいました。

そういえば、オランダに滞在していたときもこの手の人たちがいました。

(スキッパーとか言っていました)

このようなボートはきちんと許可を取って生活しているので、

電気や上下水道は完備され、さらに住所までも存在しています。

ちょっとうらやましい。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--スキッパー


2時間くらいの散歩でしたが、

さすがに移動での疲れがあり、ホテルへ戻りました。

明日、本番です。

余談ですが、宿泊先のホテルにて。

ホテルの本棚に多様な言語の本が並んでいましたが、日本語の本も発見。

…が、タイトルが『税金がわかる本』。

誰がパリにまで来て日本の税金についていちいち考えなくてはいけないのだろうか?

おそらく誰かの忘れ物なのでしょう。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--本



gpsdrawingintheworldgpsdrawingintheworld
GPS LOG in Paris
gpsdrawingintheworldgpsdrawingintheworld


- Google Earth

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/works/googleearth/yassansgpsdrawing_paris.kmz

* access by "Copy and Paste".


- Google Maps

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/googlemaps/100607paris.htm

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--GPS100607Paris

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来週、海外で制作するため、まずは予行演習を行いました。

パリやロンドンの状況と似ているところ……銀座が適しているかと。

中高層の建物に囲まれた道というコンディションが似ていると判断しました。


また、新しいGPSロガー(HOLUX M-241C)の実験でもありました。

従来使用していた機種(SONY GPS-CS1)に比べ、

GPSの受信ペースを調整でき、かつ受信感度が高い。

機種が違うため、当然、使うソフトウェアも変わってくるので

きちんとこのブログに対応できるかの実験でもありました。

まずは始めてみないと分からないのでやってみました。


   *   *   *


新橋駅前を出発。

土曜日の午前中ということもあり人通りも少なく、移動は楽。

サラリーマンの町なので、非実の昼間はスーツ姿の人々であふれています。
そういえば、初めてスケールの小さい作品を制作します。

(通常は数百キロレベルのため)

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--新橋

汐留めまで歩いてきました。

浜離宮の入り口まで歩いてきましたが、朝日新聞社が見えます。
やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--朝日新聞社

高級ブランドのブティックや高級クラブ、画廊が入り乱れた街です。

メインストリートはブランド関係の建物が多いのですが、

裏に入るとクラブばかり。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--銀座


歌舞伎座も見えました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--歌舞伎座


銀座4丁目交差点。

銀座でもっとも有名な場所です。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--銀座交差点

あの高級小型車・MINIの販売店舗です。

中国人観光客らしき一団が、車と一緒に記念撮影していました。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--MINIショールーム

宝町付近にて。

この辺りになると東京駅にも近くビジネス街っぽい雰囲気になってきます。

BtoCな店舗は減ってきてますね。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--京橋


本日のゴール、宝町の路地にて。

土曜日ということもあり、完全にシャッター街でした。

平日は運送関係でにぎわっているのでしょう。

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--京橋


気が付いたらたったの2時間で終わってしまいました。

通常よりゆっくり歩いていたため、実際には10キロも歩いていないかと。

この程度だとほんとにただのエクササイズかも知れません。


あと、銀座の町は観光客が多かった。

特に目立ったのが中国人の団体ツアー。

一昔前、日本の農協が世界中に団体ツアーで巡っていたことから

『メガネ・カメラ・グループ』

が日本人のアイコンとして定着した時期がありましたが

まさにそんな感じですね。

(お断りしますが、差別的な意味で発言している訳ではありません。)

ビザが規制緩和の方向に向かっているので、ますます増えるかと思われます。



gpsdrawingintheworldgpsdrawingintheworldgpsdrawingintheworld
gpsdrawingintheworld GPS LOG gpsdrawingintheworld
gpsdrawingintheworldgpsdrawingintheworldgpsdrawingintheworld


- Google Earth

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/works/googleearth/yassansgpsdrawing_yassan.kmz

* access by "Copy and Paste".


- Google Maps

http://gpsdrawing.xxxxxxxx.jp/googlemaps/100529ginza.htm

やっさんのGPS絵画プロジェクト -Yassan's GPS Drawing Project--GPS100529

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。