地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」から分離され、オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠に落下したカプセルについて、宇宙航空研究開発機構などの現地探索隊は14日午後、接近して安全性を確かめるなど回収に向けた作業を本格化した。作業は同日夕にも終える見通しという。
 また宇宙機構は同日、落下時にカプセルから分離された耐熱用の外殻が2枚ともカプセル付近で発見されたことも明らかにした。
 宇宙機構によると、カプセルに大きな破損はないという。今後、着陸時に付いた土を落とし、専用コンテナに収納した上、18日にチャーター機で日本に運び、宇宙機構相模原キャンパス(相模原市)に搬入。その約2週間後に開封する予定。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「はやぶさ」すばるもとらえた=帰還の姿、ハワイの望遠鏡で

父と小6次女が死亡か=店舗兼住宅で火災―愛知(時事通信)
雑記帳 東京ディズニーランド 1万組目の結婚式(毎日新聞)
南アW杯 日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
亀井氏辞任「異常な事態」=自民の大島幹事長(時事通信)
新首相動静(6月8日)(時事通信)
AD