15日午後7時35分頃、福岡市中央区城内の鴻臚館(こうろかん)跡調査事務所から出火、プレハブ平屋の事務所約125平方メートルの一部を焼いた。普段は火の気がないことから、福岡県警中央署は放火の可能性もあるとみて調べている。

 同署の発表などによると、散歩中の女性が煙に気づいて119番。約45分後に消し止められたが、史料の一部が燃えた。事務所には出土した土器や陶磁器、調査用の図面、出土品の写真など約500箱分を置いていた。国や市の指定文化財などはなかったという。

 鴻臚館は古代の迎賓館で、市教委が発掘調査を進めている。この日は調査員ら5人が勤務。午後5時40分頃に事務所を出ており、出火当時は無人だった。

 14日午前には、事務所の西約500メートルにある市指定文化財「名島門」の扉の一部を焼く火事が起きており、同署は関連も調べる。

 市消防局は16日午後、名島門の周辺に放火監視機器2台を設置する。センサーが炎を感知すると、音を出して威嚇し、周辺に火災発生を知らせる。

<山崎さん>「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る(毎日新聞)
<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
遺言書作成、若年層も 20・30代が亡き後案じ一筆(河北新報)
3月の自殺者2898人=前年同月比7カ月連続減-警察(時事通信)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上-東京国税局(時事通信)
AD