海難事故防止のために海上保安庁が提供する情報と同じ周波数帯で無線電波を流したとして、大阪府警と第5管区海上保安本部(神戸市)は24日、電波法違反の疑いで、大阪府八尾市恩智中町、無職藤井俊彦容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、藤井容疑者は3日、総務相の免許を受けないまま、海保の大阪湾海上交通センターが船舶に提供する情報と同じ周波数帯で無線電波を流した疑い。 

<新党改革>現職3人立候補せず…参院選の第1次公認発表(毎日新聞)
日米同盟深化に意欲=首相、クリントン長官に表明(時事通信)
選挙期間中のHP、ブログ更新OK…与野党合意(読売新聞)
<うつ病>「国レベルで対策を」学会が共同宣言(毎日新聞)
安全機能の搭載義務化=使い捨てライター、来夏にも規制―子供の火遊び対策・経産省(時事通信)
AD